Tag[ アロエ ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実生アロエ・・二度目の夏越し

2013年09月12日 12:45

私はアロエを種子から育てるのが楽しみのひとつになっています。
今日は昨年春に蒔いたアロエですが大分駄目にしてしまいましたが、残っているものを出してみます。

アロエは自生地やその姿を画像検索で見るのも楽しみです。マダカスカル、ソマリエアロエなどは特に興味を持ちました。

自分が育てているものが育ちがよいかどうか?これははっきり言って分かりません。
多分よくないと思います。
だだ身近でこれを育てている人との交流がないので比べることも出来ないので、焦ることが少ないのが救いです(笑)


播種日 2012.03.25
播種方法 低温管理から始めた マダカスカル、ソマリエアロエは25度超えた頃から発芽
夏越し方法 ベランダの明るい日陰
冬越し方法 室内窓際ビニールハウス 無加温(最低温度5度前後)





IMG_6644.jpg
Aloe orientalis
自生地 マダカスカル東部




IMG_6653.jpg
Aloe bosseri
自生地 マダカスカル西部



IMG_6645_20130911132732328.jpg
Aloe ericetorum
マダカスカル中央北部




IMG_6641.jpg
Aloe megalacantha
自生地 エチオピア ソマリア




IMG_6638.jpg
Aloe labworana
自生地 ウガンダ北部、スーダン南部





ここからは別会社の種子です。


IMG_6650.jpg
Aloe dhufarensis
自生地 オマーン、​​アラビア半島 




IMG_6640.jpg
Aloe eclonis
自生地 南アフリカ




IMG_6646_201309111327301e6.jpg
Aloe cooperi
自生地 南アフリカ




IMG_6632.jpg
Aloe suprafoliata
自生地 南アフリカ北部




IMG_6659.jpg
Aloe polyphylla
自生地 南アフリカ



播種日 2013.08.21
IMG_6647.jpg
Aloe comosa
Aloe dhufarensis
Aloe suprafoliata
Aloe tomentosa


半分残して蒔き忘れていた種子を一年半経って先日蒔いてみました。
comosaは昨年春は発芽しませんでしたが今回は一本発芽しました。
ですが、気がつけば萎縮して黒くなって駄目になっていました。これは難しいです。でももう少し待ってみます。
アロエの種子はこれで分かるように二年くらいは発芽率は落ちるかもしれませんが、発芽するようです。
dhufarensisなどは今回の方が良いくらいです。


簡単に見ていただきましたが、アロエは夏に強いような気がしますが、その多くは日本の湿度が高い夏はやはり苦手のようです。
幼苗の夏越しは難しいものも多く、できるだけ風通しの良い涼しい半日陰の場所に置くのが無難な気がします。







スポンサーサイト

嵐来る?その前に・・昨年秋蒔き実生ペラルゴの記念撮影

2013年04月06日 12:28

どうやら今日の夕方から春の嵐がやってくるようです。
少しベランダを片付けて、植物をそれに備えようと朝から動かしはじめました。
鉢ですが軽いものは飛んでいってしまうので物の影に動かしたり、背の高いものは部屋に入れなくてはなりません。

次のペラルゴニウムは昨年秋に蒔いたものですが、冬越中にだいぶ駄目にしています。
整理して少しでも鉢数を減らしてぎっしり詰めて並べておいた方がいいでしょう。
鉢増ししないといけないものもありますがそれはまたこの次で、とりあえずだめになったものだけ避けてみました。

右下空のポットが見えますが、三分の一ほどもだめにしています。
残りはざっと50苗ほどありますが夏にまた減るでしょう。
秋にはどの位残って親株になってくれるか?でも、一品種で一本でも残ってくれればいいのです。



IMG_6098.jpg



播種リスト

国内購入
Pelargonium exstipulatum 

rokaさんから頂いた種子
Pelargonium quinquelobatum

銀丘
Pelargonium aridum
Pelargonium coronopifolium
Pelargonium crithmifolium
Pelargonium laevigatum
Pelargonium magenteum
Pelargonium reniforme
Pelargonium trifidum

kakteen haage
Pelargonium elongatum # Best.Nr.: KPE350
Pelargonium molliconum # Best.Nr.: KPE450

ケーレス
PELARGONIUM hirtum (5194)
PELARGONIUM quinquelobatum (7479)
PELARGONIUM tongaense (5195)


メサガーデン 
1964.162-cotyledonis  St Helena, very nice caudex, winter grower
1964.3454-pulverulentum   round tubers, near black flowers
1964.325-incrassatum   fat tuber thatched with old leaves, red fl






残った苗を少し寄って幾つか撮ってみました。



IMG_6099.jpg
Pelargonium crithmifolium


IMG_6116.jpg
Pelargonium quinquelobatum


IMG_6108.jpg
Pelargonium magenteum


IMG_6109.jpg
Pelargonium laevigatum


IMG_6101_20130406104929.jpg
Pelargonium tongaense


IMG_6103.jpg
Pelargonium hirtum


IMG_6104.jpg
Pelargonium aridum




次のこれも何年か前の実生アロエです。
今年も屋外で無事に越冬しました。
今年こそ裏庭のアロエ・ロカイの横に地植えしてみようと思っています。


IMG_6110_20130406105120.jpg
Aloe ferox とAloe ammophila  



それでアロエも昨年秋に蒔いてあります。
次の投稿はその実生アロエの越冬後の様子にしてみたいと思います。




実生アロエの夏越し

2012年09月04日 11:51

IMG_5122_20120904103509.jpg


今年の春はアロエもかなりの品種数蒔いたのですが発芽は平均にして20粒蒔いて良くて7・8粒程度という感じが多かったように思います。
でも蒔く前に気になるどうしても欲しいようなそんな品種はやはり発芽率も悪いのがほとんどでした。
まだ植え替えていない品種が二種類あってここにいれてありませんが、これが夏越し後のほぼ全体像です。



それでたった一本ですがこれが嬉しい事に欲しかったこれが育っています。


IMG_5127.jpg
Aloe orientalis アロエ オリエンタリス   ・・・こんなアロエ

アロエと言うよりラケナリアの花を見ているような?成株になると葉は少し捩れてそこも変わっています。
一本しかありませんので大事にしなくては。




次が一番成長が良いように思います。


IMG_5138_20120904103510.jpg
Aloe cooperi アロエ クーペリー
イネ科の植物のように伸びていますが、伸び過ぎかも。





反対にだんだんと具合が悪くなってきているのがこれです。


IMG_5139.jpg
Aloe bosseri アロエ ボセリー

みて頂くと色がくすんで今にも溶けそうな感じがわかると思います。これはもう少し遮光が必要なのかもしれません。



そして何かハオルチアの小苗でも見ているような、そんなぷっくり可愛い苗も一つですがあります。

IMG_5133.jpg
Aloe canarina アロエ カナリナ



アロエポリフェラも少しですが残っています。
でもポリフェラとはどう見ても思えない情けない様子ですが、なんとか持ちこたえています(笑)

IMG_5130.jpg
Aloe polyphylla アロエ ポリフェラ



次はいつもコメント頂いているrokaさんから頂いたグラスアロエですが元気にしています。
一時期アリが葉に寄るのでおかしいな?と思い、きっとアブラムシがいるに違いないとは思いましたが老眼の為よく見えず、それでも殺虫剤をまいてみました。そして葉には跡が残ってしまいましたが無事に退治しました(笑)


IMG_5144.jpg
Aloe boylei (輸入種子実生苗)アロエ ボイレイ

このグラスアロエは根元の根深葱に似たような(笑)そんな感じになるところが好きなんですが少し感じが出てきました。楽しみにしています。
またこのAloe boyleiは自分でも実生しています。




最後にこれは今年蒔いたものではありません。そのときには始めて三種類のアロエを蒔いたのですが、この品種はたった一株だけ残っています。


IMG_5134.jpg
Aloe peglerae アロエ ペグレラエ


外葉が何回も枯れて込んでいて、ちっとも大きくなりません。
でもいいんです。小さな可愛い姿もお気に入りです。

まだ幾つか今年蒔いた物で見ていただきたいものがありますが、もう少し成長して特長でも出てきたところでだしてみたいと思います。








実生アロエを急いで植え替え~♪

2012年06月19日 10:46

春からこちらでかなりの種類のアロエを蒔きました。
発芽してまだ葉が二枚ほどのものがほとんどです。
出来ればアロエの一回目の植え替えは三枚くらいになってからのほうがが安心なのですが今が屋外に置いて生育させるのに丁度いい時期だと思い3日ほど掛けて日中合間をみて植え替えました。

梅雨時期の曇の日は小さなアロエの実生苗には丁度良い日照加減で温度的にも良く雨に当てないことと合間の晴れた時の強い日差に気をつければ夏までに成長も望める時期だと思います。
梅雨が明けてからは日陰に避難させるのが安全のような気がします。



先日から発芽し始めてきているものがありますがその中にはqueiitiさんのミリオンヒット記念に頂いた種子からもあります。
頂いた種子は四種類でしたがそのうちの三種類がアロエでした。


播種日 5月21日
IMG_4416_20120618155200.jpg
Aloe boylei  Aloe eclonis  Aloe cooperi

グラスアロエ系は幼苗は一般的なアロエの苗の葉より細めで長くすーっとした葉をしているようです。


三種類のアロエですがAloe boyleiとAloe eclonis は植え替えました。
右のAloe cooperiは発芽が遅かったのでもう少し待ちます。



IMG_4417.jpg

そしてこれがqueiitiさんの種子からのも含めて今年の春からこちらで蒔いたうちの主にマダカスカル、ソマリア系とグラスアロエ系の植え替え後の様子です。


どの植物でも植え替え直後は日陰で養成して徐々に日に慣らしていくと思いますが、実生幼苗の根の弱いグラスアロエはこの時も難しそうな気がします。
この後は夏越しも待っていますのでこれがどれだけ残るか?それも分からないところです。


また頂いた種子にはアロエ以外にこれもありました。




IMG_4425_20120619103621.jpg
Cussonia paniculata ウコギ科 クッソニア属

南アフリカ原産の塊根植物です。
キャベツの木とも、和名は壷天狗とも呼ばれています。
これはかなり耐寒性もあるようです。家の塊根植物のなかでは育てやすいものになるのではと期待しています。
本葉がまだ展開していないので残念なのですが、葉は天狗の団扇にも似た形をしていてきっとそこも気に入るはずです。

ところで台風が近づいて来ていますので、植物を避難させました。
皆さんのところにもこの後被害が出ないように願っています。

春の主に多肉の種蒔き・・その2 ‘毛深いアロエ’

2012年04月20日 13:13

今日はまたまた実生からで、代わり映えしない記事ばかりで花も無くすみません。
5月になれば薔薇の季節で、それまでは多肉とサボテンの種蒔き経過の記事になると思います。


今日は春の主に多肉の種蒔き・・その2としまして、アロエからです。


アロエは10種類を蒔いてみました。


これはメサの種子です。各袋半分ずつ蒔いてあります。

Aloe comosa  (short trunk, nice pinkish leaves)  →0
Aloe dhufarensis  (stays small, soft leaf, coral-red fl) →1
Aloe polyphylla  (16/ spiral forming rosette) →10
Aloe suprafoliata  (long distichous leaves on juveniles)  →8
Aloe tomentosa  (very hairy green flowers) →3 ・・・・こんなアロエ 



次は別会社のものでこれは頂きもなんですがマダカスカル、ソマリア系アロエとか呼ばれるものです。

Aloe betsileensis 10粒→8  
Aloe macroclada 10→8
Aloe orientalis 8→0
Aloe bosseri 10→0
Aloe lavranosii (=Aloe splendens) 9→1・・・・こんなアロエ


リストの中の太字で出してありますものですがちょっとかわったアロエが発芽しました。
これを興味を持ってみていただける方はそう多くはいらっしゃらないとは思いますが、アロエにあまり興味のない方もこれを見てこんな変な変わったアロエもあるんだと知っていただければいいかなと思います。

変わったアロエとはAloe tomentosaとAloe lavranosiiのことなんですがこの二つのアロエは原産地が同じイエメンのようです。
そしてもう一つ同じ特徴としてリンクしてあります画像を見ていただくとわかりますが花に毛が生えているのです。
またお花の色も一般的に良く見かける木立アロエなどのあの色とは随分違っています。
これを見たとき、アロエにも草花にも負けないくらい綺麗な花が咲くものがあるんだなぁ~と驚きました。



それで、前置きが長くなりましたが発芽の様子です。
アロエの発芽したての子葉ですがどれも似たり寄ったりで蒔いた本人以外はたいして面白みはないかもしれません
それと蒔いた本人は間違えないとは思いますが、それでも本葉が出るまではラベル無しでは見分けるのはなかなか難いと思います。
でも一応記録として今回の発芽したものを順に出してみます。大きな画像のものがその毛深いアロエです





IMG_3828_20120420125739.jpg
Aloe dhufarensis  stays small, soft leaf, coral-red fl
ようやく一粒発芽し始めたところです。



IMG_3807_20120420103759.jpg
Aloe polyphylla  spiral forming rosette
これは前回記事にした時の倍ほどに増えています。
ぽつぽつと発芽しました。


IMG_3818.jpg
Aloe suprafoliata   long distichous leaves on juveniles
とても元気そうな苗になっています。




IMG_3825.jpg
Aloe tomentosa   very hairy green flowers

このアロエが綺麗な花を咲かせる変わったアロエの一つです。
この子葉はちょっと変わっています。葉色の緑色が少しうすく、でも肉厚で先が少し曲がっているのです。
これが私の環境からそうなるのかどうか?ちょっと分かりませんが3本とも今の所そんな感じです。
これからも観察を続けてみます。



IMG_3823_20120420112747.jpg
Aloe betsileensis
マダカスカル、ソマリアアロエは温度を下げるのがちょっと怖くて加温し続けています。
なのでどうしても徒長しやすくなっていると思います。



IMG_3821.jpg
Aloe macroclada




IMG_3809.jpg
Aloe lavranosii (=Aloe splendens)

これがもう一つの花に毛が生えている面白いアロエです。
これはまだ一本しか発芽していません。
見ていただくと分かりますが、色もとても薄いのです。
一本なので何ともいえませんが、あまり強光下では耐えられない気がします。
本葉が出てきても様子をみながら日光に慣れさせるしかないかもしれません。


今日はアロエばかり見ていただきました。
このアロエ達はちょっとこの後の管理も難しそうですがまた見ていただけるように頑張って栽培してみようと思います。
それから、今発芽していないものでこの後発芽した時にはまた画像を付けておきます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。