Tag[ イポメア ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラケナリア・ヒルタ

2014年03月06日 19:26

ラケナリア ヒルタですが播種したのは2010年10初旬ですから3年5ヶ月経っています。
今日は天気も良くてベランダで水遣りしながら植物の様子をじっくり見ていました。

IMG_7381_20140306115455297.jpg
Lachenalia hirta



ヒルタの葉はとても魅力的です。

IMG_7396.jpg




それでよく見ましたら蕾が付いている事に気がつきました!
大きな株の方だけ初め気がついたのですが、右のチビ株にも付いています。

IMG_7386_201403061155343b1.jpg IMG_7385_2014030611545647a.jpg

また咲きましたら見てください。




つぎはイポメアからです。

これも今日撮ったものですが、昨年イポメア・プラテンシスの蔓を挿しておいたものです。
これを今日掘りあげてみました。しっかりお芋が出来ていました。
冬の間も軒下に放置して、雨は大雨で吹きかけなければ普段は掛からない場所です。



IMG_7374.jpg


下は昨年夏に咲いた親株の様子です。この株の長く伸びた蔓を挿しておいたのです。
綺麗な花だと思います。

IMG_6436.jpg
Ipomoea platensis



スポンサーサイト

イポメアの堀上げと貯蔵

2012年12月01日 14:17

そろそろ最低気温がこちらでも5度を下回る頃になってきました。
家のイポメア達も葉が黄色くなって、落葉しはじめています。

昨日は冬越しさせようとベランダでこんな作業をしました。


作業の前にちょっと記念撮影です。
家には今私が種から育てた四種類のイポメアがあります。

IMG_5891_20121130153240.jpg


これを抜いてみるのですが、どんなお芋ができているのか?楽しみです。



大きいのから、小さいのまで色々です。

IMG_5892_20121130153240.jpg





IMG_5893.jpg イポメア プラテンシス Ipomoea platensis

プラテンシスの芋のでき方は優秀です。ごろごろ出来ています。
今年は初めて花が咲きましたが来年はもっと数多くを見てみたいです。















IMG_5895.jpg イポメア アルビベニア Ipomoea albivenia

意外でしたが、細根の出るタイプです。
ちょっと育ちが悪いのは土が良くなかったようです。















IMG_5897.jpg イポメア カスタータ Ipomoea costata

ネイティブ スイートポテトです。
強健種で寒さにも強い気がします。
まだ葉はかなりしっかり残っていました。














IMG_.5900_20121130153520jpg イポメア プベスケンス Ipomoea pubescens  

もともと小さい固体ですがまだ大きくなると思います。
形の良い塊根だと思います。
花色の青はもっていないので楽しみにしています。














これを風通しの良い日陰で土が乾くまで乾かしました。

そしてそのあと新聞紙で一株ごと包みます。

それをダンボール箱に入れて作業はお終いです。

IMG_5901.jpg

ただおき場所をちょっと注意しないと腐らせたり萎びたりするようです。
温度変化の少ない室内で、温度は最低5度以上から上は15度位までのところですが、高すぎてもいけないようです。
あと保温の為とビニールとかプチプチとかを使うのは良くないそうです。新聞紙は通気もあって、保温もできる最適なもののようです。
直射日光の当たらないところで春まで寝てもらいます。


明日はぐんと寒くなるようですね。この後は夕方までに鉢物サボテンのプチプチ巻きを急いでする予定です。
サボテンはそう鉢数がないのですが、簡易ビニール温室には実生の子苗があって入りきらないので今年もこれで冬を越してもらいます。
ところで今日から師走ですね。何かと忙しくなります。

イポメア・プベスケンス の播種・・3度目の挑戦!

2012年07月23日 10:30

イポメア・プベスケンスを蒔くのは今回で3回目になります。 

今回の投稿記事ですが、私と同じようにこのイポメア・プベスケンスの種蒔きが上手くいかない方もいらっしゃると思います。そんな方に少しでも参考にして頂けたらいいな!と思って書いてみました。



私がイポメア・プベスケンスを初めて蒔いたのは昨年5月の事です。
2回目はその2ヵ月後の7月になります。
1回目2回目とも5粒蒔いて1本ずつくらいしか発芽せずその後も不完全な双葉で本葉が出ずにだめになってしまいました。
今年も懲りずに3回目の挑戦を先日からしています。

私の日本朝顔の種蒔きでの経験からですが種の膨らんでいる山の方にやすりかなにかで少し傷をつけて一晩水に漬けて給水させて土の中に指先一関節ほどの深さに植え込むというやりかたです。
これで何回か朝顔は発芽して今まで育ててきました。
イポメア・プベスケンスを1回目2回目ともこの方法で播種しましたが土の中で腐って上手く発芽しませんでしたのでとても悩みました(笑)
この時一緒に蒔いた他のイポメアのアルビベニア、プラテンシスはこのやりかたで上手く発芽したのです。

それで今回ですが同じことをしていたのでは三回もトライする意味がないと思い、この種子は他のものに比べると小さいので傷もつけずに(傷から腐りやすいかな?とも思い)6時間ほどの短い給水にして播種しました。
種子は全部は沈みませんでしたがこれで1センチほどに埋めてみました。
用土は市販の種蒔き用土でピートモスがかなり入ったものですから一度完全に湿った状態にするとそう簡単には乾きませんがそれでも乾かないように気をつけています。また初めて用土を湿らせる時には殺菌剤入りの水を使いましたがそれでも漬けっ放しでは腐りやすいと思い腰水なしです。蓋もしていません。
置き場は屋外の屋根のある所で直射日光は当たらない、でも明るい場所に置いてあります。


そして、発芽しはじめました。



播種日 7月15日 発芽から2日目の今日の様子です。

IMG_4677.jpg
Ipomoea pubescens  ヒルガオ科 イポメア属

他のイポメアに比べると双葉も小さいものです。
殻が取れはじめたばかりですが今回は双葉が綺麗に揃っていました。
発芽率があまりよくない品種なのでしょうか?10粒蒔いて2粒の発芽です。
でもまだこれから発芽する事を期待しています。



これをご覧になった皆さんの中でイポメア・プベスケンスの発芽がはじめから上手く出来ている方もいらっしゃると思います。「家ではこんな風にして発芽しましたよ」とか「もっと簡単にこうすれば発芽しますよ」とか違ったご意見をお持ちだと思います。できればぜひお聞きしたいところです!

パキポとイポメア

2012年07月11日 11:07

今日は家のパキポディウムとイポメアを撮ってみました。


家のパキポディウムと言ってもまだ発芽したばかりの苗しかありません。
でも茎はぷっくりして双葉もとても可愛いですよ。


蒔いたのはみな6月9日です。


次の種子は頂き物です。有難うございます!

IMG_4587_20120711102500.jpg
Pachypodium namaquanum キョウチクトウ科 パキポディウム ナマクアナム(光堂)

双葉が大きくて少し波打つ感じが特徴的ですね。
4粒蒔いて3粒発芽しました。





IMG_4591.jpg
Pachypodium rosulatum var. gracilius パキポディウム グラキリス

沢山発芽しています。どれだけ残ってくれるでしょうか。


この他にもカクチペスとホロベンセも頂いて蒔いたんですが蒔いて直ぐにカビらせて駄目にしてしまいました。




次のは私が選んだものです。

IMG_4589.jpg
Pachypodium succulentum

これもぷっくりして可愛いです。
10粒蒔いて7粒発芽しています。
発芽は一斉ではなかったので成長に差が出ています。




次はイポメアですが家には3種類のイポメアがあります。


これはまだ発芽して間がないものです。
ネイティブ スイートポテトと販売元で紹介されていました。現地では食用にされるそうです。
ではこれはただの食べるお芋?(笑)
でもせっかくのイポメアだから大きくなったらお芋を見せてコーデックス風に作ってみようと思います。

播種日5月31日
IMG_4582.jpg

IMG_4583.jpg
Ipomoea costata




次は2010年11月に実生したイポメア アルビベニア Ipomoea albiveniaです。

IMG_4592_20120711102618.jpg
Ipomoea albivenia

今年は二度目の夏ですから花が見れることを期待しています。
でも芽はまだ一箇所、それも脇からしか出ていません。
がんばれ!私のアルビベニア!(笑)



最後のイポメア。

次は2011年7月に実生したイポメア プラテンシス Ipomoea platensisです。

IMG_4602.jpg
IMG_4595.jpgIMG_4597_20120711102731.jpg
Ipomoea platensis


春から大分蔓が延びてきています。
ただこのプラテンシスは検索で見るプラテンシスの葉と少し違うような気がします。
この丸い葉のイポメアはほんとにIpomoea platensisで間違いないのでしょうか?
ちょっと心配になってきています。
若い葉には繊毛が生えていまして、葉裏はとても白くて綺麗です。


今年の夏は名前はともかくどれでもいいのでまずはイポメアのお花を見てみたい!そんな気持ちです。





実生イポメア・・災い転じて福となる?

2011年02月17日 15:53

昨年秋の終わり、多肉の種蒔きに目覚めた私が時期はずれなのを承知で蒔いた幾つかの種の中に塊茎イポメアのアルビベニア Ipomoea albiveniaもありました。

一回目の発芽はワンコに双葉をおやつ代わりに食べられて、もう一度蒔きなおしたんですが、4粒蒔いて、一粒は発芽せず結局のところ3本の苗が出来ました。

昨年11月11日撮影
IMG_8898.jpg


3ヵ月経って、今こんな感じです。



IMG_9675.jpg
イポメア アルビベニア Ipomoea albivenia (ヒルガオ科塊茎性植物)・・・・グーグルイメージ検索

葉がしょぼしょぼですが、なんとか生きのびています 
それでこの中で、面白いことに一度葉を落としたこの株が一番お芋が太っています。ちょっと、寄ってみます。



IMG_9676.jpg

これです。ここにきて、少し元気になってまた葉が出てきました。
でもなんか出方が面白いです。にんじんの葉の出方とそっくりで、頭から何本も出てき始めました。
イポメアは蔓性植物なんです。これは蔓がこの数だけ出来るってことでしょうか?
だけど、なんだか葉の色が薄くて頼りない感じですね~
右奥の一番元気そうな株の葉、一枚見本の葉として撮ってみました。

IMG_9682.jpg

これがほんとの元気な葉ですね。綺麗です。

にんじんイポメアはまだまだ予断は許しませんね。
災い転じてほんとの福となるか? さてどうなるか? これからが見ものですね!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。