Tag[ ウチワサボテン ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチワサボテン播種から一年経って(冬越し後)

2013年05月16日 14:57

薔薇の季節ですが今日は前投稿の流れで、団扇サボテンの実生の様子にしてみました。

昨年は春に蒔いた団扇サボテンの様子を夏越し前には「春蒔きウチワサボテンの実生中間経過報告その1」として秋には「その2・・サボ肥ゆる秋」と題して記事にしました。
播種から一年経ったわけですが今日は冬越し後の様子を見ていただきたいと思います。


このウチワサボサボテン実生の置き場ですが、南向き二階のポリカ波板を張ってある屋根のある所にビニールハウスを置いて越冬させました。


記事はいつものように画像が主になりますが一番右が今の様子です。
経過が分かるように並べてみました。

*画像は大きくなります。


発芽間もない頃・・・→夏越し後・・・・→現在 となっています。



IMG_4759.jpgIMG_5346_20120927042800.jpgIMG_6224.jpg
Opuntia pilifera  FO-144 pink flowers, hairy pads

これは大型になるウチワサボテンです。
やはり蒔いた中で一番大きくなりました。
植え替えをしないといけない時期になっています。



IMG_4756_20120801124321.jpgIMG_5381_20120927042417.jpgIMG_6236_20130516110659.jpg  
Opuntia erinacea SB1422 nw Mohave Co, Az, hairlike sp

これはどちらかと言うと細い感じの長刺が出てきました。
見ていただくと分かりますがカイガラムシにやられています。右側の苗が特にひどいです。
成長も思わしくありません。
根腐れしているかもしれません。




IMG_4773_20120802102325.jpgIMG_4798.jpg
IMG_5359_20120927042632.jpgIMG_6240.jpg
Opuntia pulchella  RP128 Snake Valley, UT/NV, large club joints

双葉の先が萎びてしまい心配しましたが、なんとか育っています。
やっぱりあと1・2本は欲しいですが、発芽が難しいのでこの苗を大事にしないといけません。




IMG_4808.jpgIMG_5351_20120927042801.jpgIMG_6245.jpg
Maihueniopsis minuta ´mandragora´

ぽつぽつと発芽し、昨年は2株できました。
固体は小さな可愛いもので、柔らかい刺が綺麗に出ています。
そしてこの春に新しく二本また発芽しています。
でもこれほんとうにmandragoraでしょうか?もっとぷっくりしていて欲しい気がします(笑)




IMG_4619.jpgIMG_4746.jpg
IMG_4747.jpg
Miqueliopuntia miquelii KP 799

発芽は良い方でした。ただこれも双葉に殻がかんでなかなか取れないでいました。
これは直射日光にうっかり当てて駄目にしてしまいました。悔やみきれません。





IMG_4795.jpgIMG_5371_20120927042414.jpg
Miqueliopuntia miquelii JN 355

上の産地違いですが、一粒発芽しました。
生き延びているのが不思議なくらいの姿でしたがやはり駄目になりました。



IMG_4783.jpgIMG_5368.jpgIMG_6227.jpg
Marenopuntia marenae
 
発芽が二度あったものですから育ちに差が出ています。
このくらいになればそろそろ植え替えしても大丈夫でしょうか。
現在でも育ちに差があります。




IMG_4766.jpgIMG_5354_20120927042631.jpgIMG_6214.jpg
Opuntia viridiflora  SB957 /18/ Santa Fe, NM, orange fl., RARE!

発芽は遅かったのですがその後気がつけば6本出ました。
これは耐寒性も高い品種だと思っていましたが現在数が少なくなっています。
もう少し水を遣った方がよかったのかなとも思います。
耐寒性の高いものは冬場の水遣りもそれなりに必要なのでしょう。





IMG_4763_20120801124320.jpgIMG_5380_20120927042416.jpgIMG_6234_20130516110700.jpg
Opuntia whipplei  SB1813 /18/ La Boca, Col, low clumper

一粒ですが順調に育っています。
小型?のようですが、それにしては成長が早いと思います。
ある日気がついたときに先が土の中に潜っていました。
乾いてくにゃっと倒れたんだと思いますが、もう曲がった茎が戻らないまでになっていまして、その割には元気そうだったのでほおっておいたのですが、びっくりしたことに横から顔を出し始めた来ました(笑)

  


ここからは経過報告その後1の投稿の後に新たに発芽したものになります。



IMG_5364_20120927042634.jpgIMG_6226.jpg
Opuntia orbiculata 17/ Seymour, TX, bushy, 5 ft tall,round pads

育ちはばらばらですが5本発芽しました。特徴の長い白毛が出てきています。
元気そうに育っています。



IMG_5375.jpgIMG_6235.jpg
Austrocylindropuntia miquelii JN355 La Serena, light blue stems, long spines

これは上のMiqueliopuntia miqueliiと同じ品種だと思いますが、種子の購入先が違います。
Miqueliopuntia miqueliiを駄目にしてしまいましたので、これに期待していましたが、見てのとおり双葉が一枚欠けていました。それでも少しずつですが刺が見え始めてきました。
このあと嬉しいことにもう一本発芽して現在あの双葉が欠けてた苗も一緒に育っています。
丸っこい苗は今のところですがほんとに可愛らしいです。


結果はどうであろうと正直に冬越し後を見ていただきたいと思っていました。
具合の悪そうなものも少しありますが、何とか無事に冬越し出来ました。
この後は育ちをみて丈夫そうなものは順次植え替えをしたいと思っています。
スポンサーサイト

春蒔きウチワサボテンの実生中間経過報告その2・・サボ肥ゆる秋

2012年09月29日 10:09

ようやく秋らしいすごし易い陽気になってきましたが、この時期恒例の台風が近づいているようでそれは気がもめる所です。
昨日など天気の良い日にはまだ気温も30度近くまで上がっていますが、朝は20度を切るほどになっています。
この気温差の大きいのがサボテンの生育には良いそうなんです。
短い秋ですが、家の実生のウチワサボテンもこの後順調に成長して欲しいと思います。


それで今日は夏越し前に「春蒔きウチワサボテンの実生中間経過報告その1」として投稿しましたがその時に秋にまた経過を記事にして投稿しますのでご覧下さいと言いました。お約束どおり、でもどのくらいの方が覚えていてくださるか分かりませんが今日は「その2・・サボ肥ゆる秋」(笑)と題して出してみたいと思います。



このウチワサボの置き場ですが、南向きの二階のポリカ波板を張ってある屋根のある所に置いてありました。
直射日光は季節で角度を変えますが、当らないように置いてあります。
風通しの良い明るい感じです。



いつものように画像が主になりますが左が夏越し前、右が今の様子です。*画像は大きくなります。



IMG_4759.jpgIMG_5346_20120927042800.jpg
Opuntia pilifera  FO-144 pink flowers, hairy pads

これは大型になるウチワサボテンです。
苗も随分大きくなっているように見えますが、双葉を見ていただくと分かりますがまだ萎れていなくて、ぴんぴんしています。
大きく見えてももともとが大型ウチワですからそれを思うと育ち始めたばかりと言う事が分かります。
蒔いてからなんですが、先が思いやられる育ちっぷりです(笑)




IMG_4756_20120801124321.jpgIMG_5381_20120927042417.jpg
Opuntia erinacea SB1422 nw Mohave Co, Az, hairlike sp

これはどちらかと言うと細い感じの長刺が出てきました。この後どんな感じになっていくのか楽しみです。





IMG_4773_20120802102325.jpgIMG_4798.jpg
IMG_5359_20120927042632.jpg
Opuntia pulchella  RP128 Snake Valley, UT/NV, large club joints

双葉の先が萎びてしまい心配しましたが、なんとか育っています。
それにしても成長がゆっくりです。不完全な双葉でしたので余計に遅いのかもしれません。




IMG_4808.jpgIMG_5351_20120927042801.jpg
Maihueniopsis minuta ´mandragora´

ぽつぽつと発芽し、現在2株あります。
固体は小さな可愛いもので、柔らかい刺が綺麗に出ています。





IMG_4619.jpgIMG_4746.jpg
IMG_4747.jpg
Miqueliopuntia miquelii KP 799

発芽は良い方でした。ただこれも双葉に殻がかんでなかなか取れないでいました。
これは直射日光にうっかり当てて駄目にしてしまいました。悔やみきれません。





IMG_4795.jpgIMG_5371_20120927042414.jpg
Miqueliopuntia miquelii JN 355

上の産地違いですが、一粒発芽しました。
生き延びているのが不思議なくらいの姿です。多分これは駄目でしょう。




IMG_4783.jpgIMG_5368.jpg
Marenopuntia marenae
 
発芽が二度あったものですから育ちに差が出ています。
このくらい重なると私の悪い癖で直ぐに植え替えしたくなるのですが冬になりますしこのまま春まで待ってみます。





IMG_4766.jpgIMG_5354_20120927042631.jpg
Opuntia viridiflora  SB957 /18/ Santa Fe, NM, orange fl., RARE!

発芽は遅かったのですがその後気がつけば6本出ています。
綺麗な花色のようでとても楽しみです。
育てば耐寒性も高く育てやすいのではと期待しています。





IMG_4763_20120801124320.jpgIMG_5380_20120927042416.jpg
Opuntia whipplei  SB1813 /18/ La Boca, Col, low clumper

一粒ですが順調に育っています。
小型?のようですが、それにしては成長が早いと思います。
  


ここからは経過報告その後1の投稿の後に新たに発芽したものになります。



IMG_5364_20120927042634.jpg
Opuntia orbiculata 17/ Seymour, TX, bushy, 5 ft tall,round pads
育ちはばらばらですが5本発芽しました。長い白毛がそのうちに現れてくると思いますがそれまで育ってくれるでしょうか。




IMG_5375.jpg
Austrocylindropuntia miquelii JN355 La Serena, light blue stems, long spines
これは上のMiqueliopuntia miqueliiと同じ品種だと思いますが、種子の購入先が違います。
Miqueliopuntia miqueliiを駄目にしてしまいましたので、これに期待していますが見てのとおり双葉が一枚欠けています。それでも少しずつですが刺が見え始めてきました。こうなるともう、祈るようなそんな気持ちです!(笑)


以上ですが、この次の投稿は来春を予定しています。
結果はどうであろうと事実を見ていただいて、これから蒔く方に少しでも参考にして頂けたらいいと思いますので正直な所を出してみたいと思っています。

ウチワサボテン発芽!でもまた名前がわかりません

2012年09月17日 10:16

少しまえに家のタンシウチワをカットしてこんな物を作って投稿した事があります。


IMG_4449_20120627101844.jpg


実は二番花まで咲きました(笑) もうそれでも咲かないだろうと久しぶりにじっくり覗き込んでみましたら、こんなウチワサボテンが発芽していました。
発芽した場所はこの写真の鉢の右上角辺り、小石が置いてある直ぐ横になります。


これが上の今の姿。にょきっと一ヶ月あまりで新しい茎節が出ています。
IMG_5238.jpg

IMG_5232_20120917085813.jpg

IMG_5245.jpg



以前にも同じようにその時には捨て置きポットでしたが発芽したことがあります。それは札落ちのゲンコツウチワだと思いましたがそれは双葉を展開する所までいかずにだめになってしまったのです。

今回は気がついた時には前回とは違ってすでに刺が見えはじめていました。
この寄せ植えは土を使い回ししましたので、以前ウチワを蒔いたものから出たのだと思いますがまたまた名前が分かりません。

特徴は双葉がかなり大きい事。他には茎もかなり太いような気がします。
ゲンコツウチワの何かだったらいいなぁ~と思っていますがどうでしょうか?
これはもう少し大きくなれば分かるでしょうか?今度は上手くいくように念じています(笑)




話はかわりますが、昨日はペラルゴニウム アペンディクラーツムの植え替えをしました。
芋ペラルゴはもう植え替えてもいいでしょうかね?よく分からなかったのですがしてしまいました。

夏の間は水を切って休眠させていました。


IMG_5224_20120917085811.jpg




抜いてみました。枯れ葉が無いものは塊根が残っているか心配しましたが、萎びているものも見えますがなんとか全て溶けずにありました。
でも右の3つは萌芽するかどうか?危なっかしいですね。

2010・11 播種
IMG_5228_20120917085812.jpg
Pelargonium appendiculatum ペラルゴニウム アペンディクラーツム


IMG_5242.jpg

植え付け終わりました。まだ暑い日は一週間はあると思いますので、水遣りは芋に掛からないように周りに軽くしてみました。これで様子見してみます。少しずつですね。
もう少しの間、日陰の涼しい所に置いておきます。



遅咲きの古城

2012年08月19日 09:29

私のブログでは多肉の花を咲いたところはめったに載せることができません。
それは種蒔きをし始めたばかりで、それも塊根植物とかサボテンとかが多くまだ開花するまでの苗ができていないからです。
でも今日は久しぶりに咲いたところを載せれます。ただこれも購入株で私の実生したものではないのですが、あちらこちらでこの古城の開花を幾つも拝見していましたし、一年以上まってのようやくの開花はとても嬉しいものでした。




IMG_5007.jpg


IMG_4998.jpg
古城 Pterodiscus speciosus  
ゴマ科(Pedaliaceae) プテロディスクス属 (Pterodiscus)








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




次はサボテンオプンチアの実生ですが、前回より少し成長しまして刺が見えてきています。
これは興味のない方も多くいらっしゃると思いますので小さめに画像を載せてみました。
今日は中から三種類を選んでいます。

*画像はクリックして頂くと大きくなります。
IMG_5013-1.jpg  IMG_5014.jpg  IMG_5016_20120818132840.jpg


今年はそれでも幾つかこの夏を乗り越えれそうなそんな希望もみえてきたと思います。






春蒔きウチワサボテンの実生中間経過報告です

2012年08月03日 09:50

今日は前記事でお知らせしました春に蒔いたウチワサボテンのその後の様子からです。
早速見ていただきたいのですが、ちょっとその前に発芽はしたけれどその後駄目になってしまったものを記録として残すつもりで先に出してみます。




IMG_3746.jpg
XTephrocactus alexanderi v geometricus   DJF319 e Loro Huasi, Cat 



IMG_3927.jpg
XOpuntia erinacea v ursina  Yucca Valley, CA, long white hairs   



IMG_4505.jpg
XTEPHROCACTUS subterraneus Puna



IMG_4428.jpg
X(多分ですが)Austrocylindropuntia floccosa Makusani, Peru, like snow drifts
 

こうしてみるとどれも名が通ったものばかりで、とっても惜しいことをしました(笑)
中には自生地を見ると高山性のものがあったり、私には栽培するにはちょっと荷が重すぎたようです。
でも昨年は発芽さえしなかったのを思えば少しは進歩したと言えるかもしれません。
これでいくと来年は本葉や刺の出現くらいは見られるかもしれないと、こんな風にいつも前向きに考えています(笑)



ではこの後は今でも手元で残って私を毎日楽しませてくれている、可愛いオプンチアの実生苗をご覧下さい。
まだ小さいものですが、刺が出てきているものがあります。




左が発芽して間もない頃、右が今の様子です。 *画像は大きくなります。

IMG_3780.jpgIMG_4759.jpg
Opuntia pilifera  FO-144 pink flowers, hairy pads

右に2ポットありますがどちらも同じOpuntia piliferaです。
なぜこんなに感じが違うかと言いますと、左は覆土しないで蒔いて発芽後根を土に入れるのが遅かった物です。
右は左の失敗からもう一度後で蒔いたもので初めから覆土して蒔いてあります。




IMG_3923.jpgIMG_4756_20120801124321.jpg
Opuntia erinacea SB1422 nw Mohave Co, Az, hairlike sp


左の写真の発芽直後三本出ている苗は駄目になっています。根の潜りが良くなかったのですが上のOpuntia piliferaと同じようにいじるのをためらっているうちにこんなびろんびろんな姿になってしまいました。
右の写真は現在の苗ですがこれは2ポット見えますがどちらも二回目に蒔いたもので覆土して蒔きました。





IMG_4612.jpgIMG_4773_20120802102325.jpgIMG_4798.jpg
Opuntia pulchella  RP128 Snake Valley, UT/NV, large club joints


これは発芽後わりと早く手を貸して根を入れてみました。
でもなかなか硬いその殻が取れませんでした。
ある日気がついたときにぽろっと取れていましたが、双葉の先は萎びて今ではこんな不完全な双葉になっています。
今日は中心付近を拡大してみました。ちょっと気持ち悪いですが確かに生きているようです。
これからもこのまま成長してくれるのを楽しみにしている苗です。




IMG_4609_20120715104905.jpgIMG_4808.jpg
Maihueniopsis minuta ´mandragora´

これも左の苗は発芽早々だめになってしまって右がそのあとまた一粒発芽したものです。
それからはあまり過湿にならないように気をつけています。





IMG_4619.jpgIMG_4746.jpg
IMG_4747.jpg
Miqueliopuntia miquelii KP 799


発芽は良い方でした。ただこれも双葉に殻がかんでなかなか取れないでいました。
大きくした写真でそのかみ跡が分かると思います。
少し前から刺が見え始めてきました。





IMG_4795.jpg
Miqueliopuntia miquelii JN 355

これは上の産地違いですが、一粒しか発芽していません。
この品種の殻は完全に外れるまでにとても日にちが掛かります。
これを無理に外そうとすると双葉は殻に着いて毟れて残って不完全な双葉の苗になりますが、それが片方ぐらいなら成長にそれほど影響が無いものもあります。




IMG_4721.jpgIMG_4783.jpg
Marenopuntia marenae
 

前記事で出した次の日の朝気がつけば一晩で3本発芽して今5本になっています。
ほとんどのオプンチアは一晩で一気にその姿をみせますが3本出たのは初めてなのでびっくりしました。






IMG_4766.jpg
Opuntia viridiflora  SB957 /18/ Santa Fe, NM, orange fl., RARE!

元気そうな双葉です。
最近になって一粒発芽しました。





IMG_4763_20120801124320.jpg
Opuntia whipplei SB1813 /18/ La Boca, Col, low clumper

発芽したての写真が見つかりませんでした。
だいぶ刺も出てはっきりしてきました。
ここまで来ると少しほっとしますが、一粒では心許ない感じです。



こうして現在9種類のオプンチアの苗が残っています。
まだ厳しい夏は一ヶ月以上続きますがこれからどれだけ残るか?それも分かりません。
ただこの何週間で思った事は、発芽後溶けやすい種類は風通しの良い場所に置く事がこれが一番で、なにより通風重視でこれが余分な気を使わない方法かも?と思ったりしています。
光加減としては、家ではポリカ波板を張った屋根のあるベランダに置いてあります。何パーセント位の遮光になるかはちょっと分かりませんが、直射日光を遮りながら明るい感じです。
水遣りは夕方以降温度が下がった頃を見計らってしています。
腰水は双葉が見えた頃、早めにはずしています。

以上ですがまた秋の涼しくなった頃出してみますが、このやりかたがどう出るか?自分でもこうして言ってしまった以上気になるところです。どうかこの後上手くいきますように!そんな気持ちです(笑)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。