Tag[ ガガイモ ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Huernia zebrinaの開花

2011年10月28日 16:04

実は二日ほど前からガガイモの花が咲いています。
Huernia zebrinaは株を頂いたときから楽しみにしていた花ですが、見れば見るほどその個性的な作りとゼブラ模様に魅せられてしまいます。




IMG_2465_20111028092758.jpg


IMG_2467_20111028092757.jpg IMG_2462.jpg


Huernia zebrina フェルニア・ゼブリナ/赤鬼角/ 縞馬 ガガイモ科 フェルニア属

秋も終盤になって咲いた花は少しばかり検索画像と見比べると色が薄いような気がしますがどうでしょうか。
無事に冬越しして来年また咲いてくれる事を期待していますが、まずは嬉しくてお披露目しました。

スポンサーサイト

piaranthus framesii改め Piaranthus geminatus subsp. geminatus 開花

2011年08月21日 10:58


ガガイモの piaranthus framesii Piaranthus geminatus subsp. geminatusの
花が咲いたので投稿します。
初めての開花になります。

このpiaranthus framesiiPiaranthus geminatus subsp. geminatus は
昨年7月に頂いた時より一節だけ増えました。
普通でしたらもう少し成長が良いだろうと思います。
ちょっと私の水遣りが少なかったかもしれません。



IMG_1903.jpg
piaranthus framesii Piaranthus geminatus subsp. geminatus


シックな細かなゼブラ模様ですね。
中心は少し突起しています。


IMG_1932.jpg



香りを確かめてみました。
これは感じられませんでした。




IMG_7422.jpg
ちなみにこれが一年前に家に来たとき記念撮影したものです。
やっぱり今のほうが肌もごつく凛々しくなっていますね。少し安心しました(笑)

2011.10.23
追記:品種名に誤りがありましたので訂正しました。
タイトルはコメント頂いていますので改めとしています。

ガガイモと春の多肉の種蒔き

2011年06月14日 16:25

多肉植物の苗と種子を少し前にDemesne!のLepidoさんに頂いたので、今日はそれをご紹介します。

到着した多肉達を植えたのは四月の終わりごろです。


Senecio Stapeliformis キク科 セネキオ属
IMG_1178.jpg
ちょっと頭でっかちに見えますが、家に着てから上の部分だけ育ちました。
はじめこれはガガイモだと間違えました。似ていますよね。


次の3種類はガガイモです。

IMG_1182.jpg


左から
Piaranthus parvulus IB07439 Wardenkop, 10km N of Oudtshoorn

Huernia sp. Coombs IB 10806. Clay Pits, 3 km

Duvalia caespitosa IB7445 Assegaiboseh Ranch,14Km E of Van Wyksdorp

ガガイモは昨年も6株も頂いています。
その中でオルベアの花を見ました。
今年はまた増えましたし、ぜひ他の花も見てみたいと楽しみにしています。
昨年咲いたオルベアですが、今年ももう蕾が付いています。
オルベアは花が咲きやすいのかもしれません。



それから多肉植物の種子も一緒に頂きましたので蒔いてみました。



播種日4月27日

Ficus glumosa 30粒以上→6
IMG_1150_20110614100453.jpg
フィカスはクワ科フィカス属(イチジク属)の植物ですがこのglumosaは塊根を作ります。
丈夫そうで、元気に育っています。そろそろポット上げしたほうがいいかもしれません。



Euphorbia stelleta 6粒→1
IMG_1149.jpg
一苗しかありませんが、とても成長を楽しみにしています。
和名を飛竜と言うそうです。
成株の塊根も素晴らしいですし肉厚の枝を天辺からにょろ~っと出すその姿がたまりません。



Elephantorrhiza burkei 1粒→1
IMG_1151.jpg
これはマメ科の植物です。
発芽と同時に地下に塊根を作っているはずです。
はずですと言ったのには訳がありまして、これと良く似たElephantorrhiza elephantinaを種から育てていてその今までの観察からです。
これはelephantinaより全てが大ぶりな感じですが葉もよく似ています。
剪定は必要でしょうがきっと成長は早くてその塊根もより大きくなると思います。



簡単に見ていただきました。このあとも成長を追って出せたらいいなと思います。

Lepidoさん今回も珍しい多肉と種を有難うございました。大事に育てますね。


・・・・・・ + ・・・・・・・・ + ・・・・・・・・ + ・・・・・・・・・



最後のこれは多肉ではありません。前から欲しくてオキナワスズメウリを蒔いたんですがそれが発芽し本葉が大分育ってきました。


オキナワスズメウリはこんな植物・・・グーグルイメージ検索

IMG_1157_20110614111238.jpg



*突然ですがあと上の2ポット苗が定埴しないで残っています。欲しい方二名様までですがメール欄からお知らせくだだされば四種便でお送りしたいと思います。もちろんプレゼントです。お待ちしています。

追記:6月10日 里親様が決まりましたのでプレゼントを締め切ります。今回も有難うございました。

ガガイモ科の花

2010年08月30日 14:28


IMG_7899.jpgIMG_7975.jpg
Ceropegia linearis ssp. debilis




IMG_8773.jpg
Ceropegia woodii (ハートカズラ)



これはガガイモ科セロベキア属の花を撮ったものです。セロベキアは塊根を持つことでも知られています。
上の二枚がLepido(LK)さんから頂いたCeropegia linearis ssp. debilisです。下は家に前からあるハートカズラです。
そのCeropegia linearis ssp. debilisに花が咲いたのですが家でははじめての開花です。

咲いたものを一目見て形はハートカズラによく似ている気がしたのですが、でもどことなく違う所もあるような?そんな感じがしましたので撮って比べてみました。

こうして見ると色の違いはよくわかりますがCeropegia linearis ssp. debilisの花のほうが全体に細身で長さもあるような気がします。
葉の特徴が花の違いにも出ているようで偶然かもしれませんが、面白いですね。



Ceropegia linearis ssp. debilis の全体像はこんな感じです。芋に興味がある私はどうしても塊根部分に目がいきます。

IMG_7895_20100829225531.jpg






次も同じガガイモ科の多肉ガガイモと呼ばれるものですが同じ時に頂いて早くも花が咲いたものがあります。
花が咲くのはまだまだだと思っていた私はびっくりしましたがほんとにこれが蕾かどうか?
大きくなるまでは半信半疑の毎日でした。
蕾は二つあったのですが、ひとつは途中でしぼんで駄目になってしまいました。
残った蕾がようやく咲いて初ガガイモの花との対面できてほんとによかったと思います。


Orbea verrucosa
IMG_7853.jpg
      

オルベアの花はかなり匂いもはっきりわかると聞いていましたが、その匂いは期待に違わす独特のものでした。
ハエを寄せ付けて受粉を促す役目もあるようですが、ハエが好む匂いという事でものすごく嫌な匂いかな?と思っていたのですが、私が鈍いのかそんなにひどいとも思えずかすかに芳ばしいような?そんな感じでした(笑)
ですが香りの受け取り方ほどあいまいなものはなくて、人それぞれの感じ方の違いが大きく出てくるところだとは思います。


7月17日
IMG_7417.jpgIMG_8018.jpg  
向きが逆になっていて見難くてすみません。こちらに花がついたものですから。
それと今日は光線が強く日が陰ってから撮っても7月と比べて色合いが少し違う風に撮れています。


他のガガイモも今が成長時期なのでその成長ぶりもわかっるように記録として撮ってみました。
左が7月17日にとったもの右が今です。わずか一ヶ月ちょっとででかなり成長がみられると思います。

7月17日                         現在
IMG_7419.jpgIMG_8013.jpg
Huernia loeseneriana


IMG_7432.jpgIMG_8016.jpg
Orbea sp. Harmonie


IMG_7430.jpgIMG_8019.jpg
Huernia zebrina


IMG_7427.jpgIMG_8017_20100830140129.jpg
Huernia brevirostris(蛾角/蛾岳)
蛾角はどうらや生長が遅いタイプらしいので、秋に期待しています。  


IMG_7422.jpgIMG_8014.jpg
piaranthus framesii
ピアランサスは夏も成長するけど春と秋に最も生長するようです。これからですね。



多肉ガガイモの花はいくつか咲きましたら、左サイドにサボテンの花、センペルの花と同じようにガガイモの花として出してみたいと思います。
秋に咲く種類もあるようですからこれからも暫くは成長と開花が楽しみです。


東方からガガイモ軍団現る♪

2010年07月17日 14:08

IMG_7441.jpg

リンクして頂いてるLepido(LK)さんから先日届いた多肉ガガイモです。
少し前にこちらで採れたタリナムカフラムの種と少しばかりの多肉を差し上げました。お礼にとガガイモ科の多肉植物を沢山頂きました。

上の多肉ガガイモですが暖かい時期に成長する夏型植物だそうです。
「春から夏にかけては蒸れにも強く、非常に栽培し易いです。1年で3倍くらいに増えます。挿し木もほぼ全て発根します。」とはLepidoさんのお話からです。
苗は発根しているものを送ってくださいましたがしっかり根付くまではちょっとサボテンと同じように気を配りたいと思います。

ではひとつずつ簡単にですが私の思うまま、感じたままにですがご紹介します。

前列左からです。

IMG_7432.jpgOrbea sp. Harmonie

成長が早そうですね。そんな勢いを感じます。このHarmonieには深めの稜のようなものがあります。尖がっている部分がガガイモでも葉の退化したものでしょうか。これは、形からして暑さに強そうな気もします。
サボテンではないのでなんですが、稜は身体に陰を作って強烈な日射から守る役目があると聞いた覚えがあります。でもガガイモ自体が暑いのには強いそうなので、この考えはちょっと見当違いか?それでもガガイモも少しは遮光が必要なのか?良く分かりません。










IMG_7422.jpgpiaranthus framesii

これはどこかで見た感じだと思ったら家のテフロカクタスの松笠団扇に良く似ています。小型団扇なんですが雰囲気がそっくりです。こんな感じの物は文句なしに好きです。














IMG_7417.jpgOrbea verrucosa

あまり検索でも国内の情報がないのですが、私が天邪鬼なのでそこにも惹かれてお願いした品種です。
http://anti-matter-3d.com/Stapeliads/Orbea.html こちらでは、花弁が5枚から10枚まで変化にとんだverrucosaが見られます。これはそんな変化もありうる品種だという事ですね。
それとも他のガガイモでもこの花弁数の変化はあるものでしょうか?














次は後ろの列ですがこれはHuerniaばかりを揃えてみました。
Huerniaは多肉ガガイモの中では栽培しやすい丈夫な品種だそうです。
でもどの多肉ガガイモも冬場は注意が必要で室内に取り込んで水を切り、暖かい環境に置くのが良いそうです。
寒さには注意ですね。取り込み時期に気をつけないといけませんね。


IMG_7430.jpgHuernia zebrina

zebrinaはインパクトのある花を咲かせて、とても丈夫な品種らしいです。
名前からして、花模様が想像できましたが、その通りの綺麗な花でした。
早くこの目で見てみたいものです。













IMG_7419.jpgHuernia loeseneriana

細かい刺のようなものが多い品種ですね。身体自体は丸みを帯びて可愛い感じです。ガガイモは成長期の今は緑色ですが、秋から長く日に当てると綺麗な地模様が出てくる品種もあるようです。先端にそれが見えます。














IMG_7427.jpgHuernia brevirostris(蛾角/蛾岳)

あまり背の高くならない群生するタイプのようです。
この花を見ましたがとても綺麗なクリーム色に細かい斑のある花でした。
ぜひ増やしてみたいと思いました。















いかがですか?ガガイモは一度見ると忘れられない面白い姿をしています。  
多肉ガガイモは花にも特徴があります。
あと強烈な匂いのするものもあるようです。
来年はその花を見て、鼻の曲がりそうな独特な香りも確かめたいものです(笑)



それから同じガガイモ科ですが塊根植物も頂きました。これです~



Ceropegia linearis ssp. debilis

IMG_7450.jpg

実生苗の塊根部分
IMG_7446.jpg


これも同じガガイモ科ですがよく知られているハートカズラ(Ceropegia woodii)とは近縁のCeropegia linearis ssp. debilisです。

Ceropegiaの花はハートカズラを育てている方ならお分かりでしょうが、とても変わった形をしています。これもそれと良く似た花が咲くようです。
違いがはっきりしていると所は葉の形ですね。細いですが、松葉牡丹の葉のように肉厚です。
この葉も良く日光に当てると厚みが増すそうです。

ハートカズラもこのdebilisも、その塊根部分が魅力のひとつですね。
今回頂いた二株は株の小さい方はかき子苗で大きな方が実生苗なんだそうです。
実生苗の立派な塊根は何年ここまでになるのにかかっているのでしょうか。素晴らしいです。



そしてこちらはこんな感じに植えてみました。
直ぐに蔓も伸びていっぱいに成ってしまうかもしれませんが、暫くはこのままで楽しみたいと思います。



IMG_7462.jpg

早速玄関先にお披露目しました。
玄関先には多肉達がこの頃急に増えてきましたが、どれもそれぞれ個性豊かで見ていて飽きません。
この後も自分の見える場所で毎日のチェックだけは気をつけてしたいものです。
Lepidoさん、今回は貴重な植物を有難うございました。
これからも宜しくおねがいします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。