Tag[ クリロー ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を呼ぶ花

2014年02月17日 20:47

二月は寒さが一番きつい時期ですが、家ではこんな花が咲きはじめています。


IMG_7352_201402172016317b4.jpg


IMG_7351.jpgIMG_7358.jpg
Marlothistella uniondalensis マルロチステラ・ウニオンダレンシス


南アフリカ原産のメセンの仲間です。
軸部分の直径は8センチまで成長し、高さはおよそ15センチほどになるようです。初花ですが、花がきたいしたものより小ぶりでした。でもとても可愛い花です。




そして庭では今年もクリスマスローズが咲き始めてきました。


IMG_7363.jpg



春まで、あと少しの辛抱ですね。


スポンサーサイト

小春日和

2013年03月05日 12:43

IMG_6079.jpg

IMG_6085.jpg


川沿いの散歩道では早咲きの河津桜が満開です。

ボケも咲き始めています。

IMG_6077.jpg



次は家の花から




IMG_6088_20130305121100.jpg


IMG_6087_20130305121101.jpg


IMG_6086.jpg


IMG_6090.jpg


シクラメン・コウムの咲く頃

2013年02月13日 18:35

シクラメン・コウムが満開近くになってきました。
原種系シクラメンの中でも小ぶりな固体でスミレにも似た雰囲気があり、好きです。



IMG_6053.jpg
Cyclamen coum

IMG_6056.jpg





次は表庭に置いてあるヘレボルス(Helleborus)ですが、咲きはじめてきています。

今日は画像が主ですが見てください。


IMG_6069.jpg

ようやく咲き始めてきました。
家のニゲルは遅いです。





IMG_6071.jpg

IMG_6072.jpg

セミダブルの綺麗な花です。





IMG_6057.jpg

同じ白系でもこちらはダブル咲きです。
ぱらぱらと中心付近から飛んでいるスポットが特徴的で、シャープな花弁と合っている気がします。



IMG_6061.jpg

これはごく普通の赤系シングルですが、かすかに緑色がさすところが気に入っています。



IMG_6068.jpg

シングル・ピンク・ピコティーです。
弁裏のこの色も開くにつれてだんだん抜けていきます。
最後にかすかに縁に赤く残るはずです。
あともう少しです。


ニゲル以外の原種系ヘレボルスの開花はもう少し掛かりそうです。
春を告げるレンテンローズはその時期とともに満開を迎える準備を今しています。
また他のもの咲きましたら出してみようと思います。


コーネリアとヘレボルスの蕾

2013年01月17日 13:54

IMG_6030.jpg

庭のコーネリアの真冬の姿です。
この薔薇はブログのヘッダー画像で今使っていますが細枝でその先はくねくねと曲がって伸びていくのです。
冬にはその花色も枝色もさらに赤くなって葉の淵までも染まっています。


耐えるコーネリアとは違って、この時期から咲き始めるのはクリスマスローズと呼ばれているヘレボルスです。
だいぶ蕾も大きくなってきています。


IMG_6020.jpgIMG_6032.jpg
IMG_6027.jpgIMG_6025.jpg



一月中旬の庭の様子でした。



2012春 クリスマスローズ その3 原種系

2012年03月10日 10:29

今日は家の原種系クリスマスローズ四種を見ていただきたいと思います。


何回も登場していますがHelleborus niger(ヘラボレス ニガー)からです。ニゲルとも呼びます。
その名のニガー、ニゲルの名の由来ですが根が黒っぽい色をしているからです。
その茎や特に根には毒性があります。植え替えなどでは普段から植物の接触で痒くなったりかぶれたりしやすい人は素手で扱わない方が無難かもしれません。
花(ガク)は純白から少し赤みを帯びるものまでありますが、その花色とは裏腹にこんな特性をもっているニゲルは古くは魔よけの儀式などにも使われたようです。
美しい花には刺など目に見えるものの他に、隠れたここが怖いのですが毒を持つものも沢山ありますね。


IMG_3248.jpg
Helleborus niger
耐寒常緑多年草 (中間種の原種)
自生地 イタリア、スロベニア、オーストリア、スイス、クロアチア、ドイツ
花色 白~赤

ニゲルの古葉取りはしてありません。葉は肉厚で艶もあり一年経っても色褪せないで綺麗です。
でも、もう少しカットして透かせた方が地際に日が当たり花芽が上がると思います。つい忘れてしまいます。
用土はアルカリ性を好むらしいのでこの次の植え替えでは苦土石灰を少し足してみるつもりでいます。






IMG_3320.jpg

IMG_3338.jpg


IMG_3323.jpg

IMG_3326.jpg
Helleborus lividus  
耐寒常緑多年草 (有茎種の原種)
シングル斑入り葉。花の大きさ小輪。
原産地は地中海マジョルカ島原産

リビダス の蕾はころころで、白く粉を叩いてまぶしたようにも見えとても可愛らしい表情をしています。
そしてその葉模様も綺麗で好きなところです。
深く3裂した葉の形をしていますが、表は灰色の網目模様を持つ緑色で裏は紫を帯びた色合いをしています。








IMG_3330.jpg

IMG_3329.jpg
Helleborus argutifolius アーグチフォリウス (別名、コルシカス)
耐寒常緑多年草 (有茎種の原種)

これは大型になる原種で、大きくなると60センチほどになるそうです。
今年は調子が悪いです。花が終わったら早めに植え替えてみるつもりでいます。
この素朴な色と花弁は新鮮に映ります。







IMG_3333.jpg

IMG_3311.jpg

IMG_3336.jpg
Helleborus Ericsmithii
ニゲル X ステルニー(リビダスXコルシカス)
耐寒常緑多年草 (原種系交配種)
シングル斑入り葉

エリックスミシーは交配種ですがとても丈夫です。
あるメーカーの苗ですが毎年期待を裏切らないで花茎を数上げて咲いてくれます。
咲き進むとこれも赤みを帯びて一鉢で白から赤みを帯びた色合いまで一緒に楽しめます。


また今日も雨が降っています。
玄関先の屋根があるところに鉢を持ってきて撮りました。
この次は残りの株を見ていただくつもりでいますが、さてその日は晴れてくれるでしょうか(笑)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。