Tag[ タリナム ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋蒔きの夏型(塊茎・塊根)植物 の冬越し

2010年12月03日 19:49

暑い夏が大好きな(塊茎・塊根)植物を時期はずれの秋に蒔いた事は記事にして少しまえに投稿しました。
今日はアデニウムとイポメアあとタリナムを見ていただきますがまだ小さい苗ですからこれからの本格的に寒くなる時期を休眠させることなく乗り越えさせなくてはなりません。
種はオークションで購入したのですが、販売元の方には発芽から栽培の方法までを親切に教えていただいています。

それで蒔種は10月20日過ぎでしたので発芽から40日ほどになると思います。
種は全てセルトレーに蒔きました。
実はこのままで冬越しさせるつもりでしたが、少しずつ成長しているので二日前に思いきってポット上げをしました。
「根が回ったら植え替えしてもいい」と伺っていましたが、少し早目でしたがしてしまいました。
草花の種蒔きでの事ですが、発芽したものをそのままで育てているものと本葉が見えてきた頃植え替えしたものでは植え替えしたものの方がその後の成長がよいのを思い出したからです。
あと、蒔いた容器が小さめなセルトレーだったのでアデニウムが育ってきてバランスが悪くなってきたのです。
移す時は慎重に根周りを崩さないように気をつけました。


発芽してからは天気の良い日にはこんな風に外に出しています。
風の強い日や気温が低い日などは窓際の良く日の当たる場所を探して移動して置いています。
ジップ袋を使って保温効果を高めるこの栽培方法も教えて頂いたものです。
一袋にポット苗2.3個入りですから動かすのも楽です。
それに上はジップですから温度や湿度の調節も種類でこまめに調節できます。
でも昼中家にいない人でもお休みの日にでも日当たり具合を確認して、できるだけ長く当たっている部屋に置けばあちこち動かさなくてもいいのです。心配でしたら朝ジップを少し開けておけばいいのです。



これはベランダです。逆光で暗くなって見えていますが写した日は良いお天気でした。
IMG_8989.jpg

IMG_8992.jpg
温度計を入れてあります。日には背を向けて直接には当たらないようにして計っています。
今の時期は30度くらいまで上がります。
少し前のまだ日差しが今より強い頃は最高40度くらいまで上がっていましたが植物は元気で高すぎるということの心配はありませんでした。
これも、「40度くらいはぜんぜん平気です」と伺っていたので、出来たことです。
水滴がだいぶ見えると思いますが、日が傾く頃までにビニールの水はほぼ消えるように水遣りを加減しています。

さて中の様子です。






タリナム カフラム TALINUM caffrum
IMG_9062.jpg
本葉が2.3枚になってきました。
でもまだひょろひょろです。
これは2号ポットに鉢上げしました。



アデニウム アラビクム Adenium Arabicum
IMG_9059.jpg

アデニウムは最初の一、二年が太らせることができる勝負時期なんだそうです(笑)
春までに上手くいけば親指くらいの太さまでになるそうです。
私は自信が無いのですが、今からでも遅くないと思います。興味のある方はぜひ挑戦してみてください。



イポメア アルビベニア Ipomoea albivenia
IMG_8997.jpg

本葉がはっきりしてきました。これは二回目の蒔種ですからまだ一ヶ月経っていないのです。とても成長が早い植物です。
これは3号ポットに鉢上げしました。


今日は出しませんでしたがもうひとつのアデニウム ソマレンセも2号ポットに鉢上げしました。
他の二種類のタリナムはまだ苗が小さかったので、セルトレーに一つ一つに分けて植え替えてみました。
また昼間はこれでいいのですが、夕方からはジップ袋のままトロ箱に入れています。
最低気温が5度を切り始めてきたら、夜は保温をするつもりです。
肥料は今回はマグアンプを少し入れました。後は液肥を薄めて葉に散布するのが良く効くそうです。
それとなぜこの冬場にあえて蒔くか!という事ですが、冬場は菌も少なく繁殖も抑えられるので蒔くのにはいい時期なんだそうです。

何か他にも書きたいことがあったような気もしますが思い出しません。思い出しましたらまた付け加えておきます。
もうひとつ面白い植物を蒔いたのですが今日は長くなってしまいましたのでその植物は次回の投稿にします。


今日は実生苗の冬越しを見て頂きましたが何も花の写真がありませんでした。
少し寂しい感じもしますので、咲き始めてきたチランジアのコットンキャンディを出して見ます。
こんな時でもないとあまりチランジアの花は出す機会がありません。



IMG_9064.jpg

スポンサーサイト

Talinum三種を蒔く

2010年11月19日 17:44

家には、昨年私が実生した、Talinum caffrum(タリナム・カフラム)とおぼしきものが今二鉢あります。
なぜおぼしきかと言いますと今までタリナムカフラムという品種に間違いなどあるとは考えてもみませんでしたが、ここにきて若しかしたら違う品種なのでは?と思い始めてきたからです。


それで疑問に思ったきっかけなんですが、まず次の写真を見てください。
家のタリナムカフラムはこんな感じのものです。
夏ごろ種が沢山できまして、皆さんに貰っていただいたりしましたが、ひとつも発芽しませんでした。
いくらタリナムカフラムが発芽率が悪いからといって、まったく発芽しないのもおかしなものです。
でも今日はその話ではありません。その事はおいておいて、、


これが家のタリナムです。蒔種から約一年ほどたった今年の7月に撮ったものです。

IMG_7013.jpg

IMG_7014.jpgIMG_7017.jpg

花を見てください。 丸弁の6弁花です。


Talinum caffrum(タリナム・カフラム)は海外のサイトでは、こんな風に紹介されています。・・・こちら
いかがですか?
葉の形状が明らかに違いますし、花弁もシャープな感じで5弁花です。
それではいったい私が蒔いたものはなんだったんでしょう~?

そのサイトではこの他によく似たこのタリナムもあります。・・・こちら
葉はほんとによく似ていてこれかと思いましたが、花の写真がないので他を調べてみますとやはり花の感じと花弁数が5弁と違いました。


もうこうなると全然分かりません。どなたか家のタリナムが何であるか分かる方は教えていただけないでしょうか!
教えていただけると大変助かります。
何しろ英語力も全然ないものですから、調べて翻訳に頼るのですが、植物関係は日本語で理解すること自体難しいのに、もうお手上げ状態です。


それで話は戻りますがそんなもしかしたら違うかも?というような気持ちを持つようになった頃、ある方から3種類のタリナムの種を頂きました。
その中には、タリナムカフラムもあったのです。 

今月に入ってからですが早速蒔いてみました。


タリナムはスベリヒユ科の夏型植物ですから、発芽には最低20度以上が必要でした。蒔種から4日ほどで発芽しはじめてきました。
IMG_8937.jpg



三種類は上の画像の左からですがこれを蒔きました。縦に二段を使って同じものを蒔いてあります。

左 TALINUM guadalupense Cistanthe 20粒    発芽11本       *Googoleイメージ検索
中 TALINUM paniculatum 20粒          発芽10本       *Googoleイメージ検索
右 TALINUM caffrum 20粒
         発芽7本      *Googoleイメージ検索

右がタリナムカフラムですが発芽率はほぼ一年前に蒔いたものと同じくらいです。
あのときは、10粒蒔いて、3粒の発芽でした。


これは疑いのタリナムカフラムの以前撮ったものなんですが、発芽から8日後の様子ですから上の画像の今日の様子とほぼ同じ日数になります。

蒔種から8日目
IMG_2436_20090729105603_20101119124829.jpg


でも、同じ時の横からの写真を撮ってないのです。
少し後の様子ならこんな感じです。これで、蒔種から25日後に撮ったものです。
IMG_2555_20090914095101.jpg

本葉がみえはじめてきたところですが、茎は同じように赤紫色をしているので似ているようにも見えます。
でも私としては、今度のタリナムカフラムはあのサイトと同じタイプであってほんとは似てほしくないのです。


いずれにしても、結果が分かるのに来年初夏の開花は無理でしょうから、後一年半は待つことになります。
それか、株が充実すれば葉の様子で分かるかもしれません。
でもまずこの冬を苗が小さいので成長させながら、乗り切らねばなりません。
まだまだ先の長い話です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。