Tag[ ダウベニア ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁側で苗を眺めるのが夢~♪

2011年01月24日 13:11

時代遅れと思うかもしれませんが私の理想の家は和風の平屋の長い縁側付きの家です(笑)
目の前には好きなように自分で作りこんだ庭があって、目を横に向けると温室と肉棚、山野草棚がじゃまにならない感じである。
思いついて好きなときにサンダルを履いてとことこ見に行くそんな感じ~
思いきって田舎の土地の安い所にでも引っ越したいと時々思ったり、、(笑)

でも現実は北向きの庭に鉢植えで薔薇を栽培し、唯一日当たりが良いのは裏庭の一部と二階のベランダです。
薔薇は日を求めて春から秋まで鉢を動かして育てています。
地植えの蔓薔薇は強健種を選び、好みは次にして何とか咲かせています。

それでもそんな家の日当たり一等地の二階では今多肉の実生苗が冬の日を浴びて少しずつ育っています。

今日はベランダからこの植物の発芽の様子をご覧ください。



ダウベニア Daubenyaと言う南アフリカが原産の球根植物の種を二種類昨年秋11月16日に蒔きました。ダウベニアはマッソニアとよく似ています。マッソニアとは近縁らしいのですがどこが違って属がちがうのか?よく分かりません。それほど似ているように見えます。


蒔いたのはDaubenya marginata・・・・・・・・・・・・・・*グーグルイメージ検索     
        Daubenya aurea red form・・・・・・・・・・・*グーグルイメージ検索


IMG_9478.jpg
Daubenya marginata              Daubenya aurea red form                
20粒蒔いて→20粒発芽                  18粒蒔いて→15粒発芽

これが今日の様子です。
明らかに右のaurea red formの育ちが悪いですね。
それに播種から2ヶ月もたっている苗の育ちには両方とも見えないと思います。
実は発芽は蒔いてから一ヶ月も経ってから始まりました。ですからこれは12月半ばに発芽して約一ヶ月になります。
発芽は半分もう諦めていましたからその時には信じられない気持ちと嬉しいやらで興奮しました(笑)

でもどうしてこんな苗の育ちが違うのか?ちょっと右のaurea red formに寄ってみました。

IMG_9480_20110124101044.jpg

IMG_9480-1.jpg

この後は私の単なる推測ですがこれは発芽してから根が土にしっかり潜っていないことが原因だと思います。
二つは同じ土を使っていますから、それぞれの持っている性質が微妙に違うのかもしれません。
aurea red formは覆土して蒔いたほうが良いかもしれません。
種の殻を土の中で脱いで芽を出してくれば殻が地上に出て干からびはじめて抜けなくなる事も少なかったかもと思います。
殻が抜けないので子葉の展開が出来ず、根も張れず、それでしびれを切らして本葉が出てきたのかな?そんな風に考えていますが、はっきりとは分かりません。
それか、播種後もう少し湿度を上げて管理すれば良いのかも?と思ったりします。

この後まだ着いている殻を取って、少し増し土をしておきました。
成長は左のmarginataには遅れてもここまで育ってくれたので、無事に残ってくれることを期待しています。



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。