Tag[ ティローズ ] - 薔薇街道

俯いて咲く薔薇 Tea Roseの貴婦人

2009年11月29日 20:08

11月もあと一日を残すばかりとなりましたが今日など市内の量販店などに出かけますと、賑わいも何時もと何か少し違った感じで少しばかりですが気ぜわしさが感じられました。
そんな暮れの月近くになってくると決まって咲き始めてくるが家のティーローズ達です。

家にはペルルデ・ジャルダン、アンナ・オリビエ、ニフェトス、スヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタン、Chie's Tea NO.2 Pearlの5つのティーローズがあります。

その内のペルルデ・ジャルダン、ニフェトス、Chie's Tea NO.2 Pearlの3つに今蕾が付いています。
ここにきて一番最初に咲き始めて来たのが次に出しますペルルデ・ジャルダンです。
レモンイエローの花色も優しく咲くこの薔薇は、ティーの貴婦人と呼ばれている薔薇の一つで古くから愛され続けてきましたオールドローズです。


IMG_4024.jpg

ペルル・デ・ジャルダン Perle de Jardins(Tea)

樹高:1m
四季咲き性:◎
耐寒性:○
鉢栽培:○
花の大きさ:中輪
作出年:1874


同じ二階のベランダではティーローズのその後に生まれたアーリーハイブリットと呼ばれている、オーギュスティーヌ アレムが咲こうとしています。
アーリーハイブリットと呼ばれる薔薇は今の多くの薔薇が花首がしっかりして上を向いて咲くのに対して先に出しましたティーローズの影響を残していますから、ティーローズほどではありませんが枝ぶりも花首も柔らかめで、ティーローズに良く似た繊細さも感じられます。


IMG_4039.jpg

オーギュスティーヌ アレム Augustine Halem (E・HT )
 
花色 :シルバーピンクにオレンジ.弁裏ディープピンク
     ディープカップからオールドローズ咲き
樹高:80cm
花径:大輪
香り:強香
鉢栽培:○
作出年:1891年Guillot Filsフランス

また上のオーギュスティーヌ アレムや他の蕾のものが咲いてきましたらご覧ください。
寒くなってくれば、薔薇の植え替え時期がもう直ぐですね。
この薔薇達は今年もまた一番最後になるでしょう。



そして今日は薔薇ではありませんがこんな写真を散歩の時に写してきました。昨年も出しましたがプラタナスです。
今こんな実がまた付いていました。

IMG_4013.jpg
プラタナスの実
プラタナス(鈴懸の木) モミジバスズカケノキ スズカケノキ科 
花期:春

かなりの風に揺れていましたが、それほど落ちる様子もありませんでした。
大きさは3.4センチほどですが、場所によっては鈴なりに付いて風で揺れる様子は見ているととても可愛らしいものでした。



アーリーの薔薇をみて

2009年09月30日 10:20

咲いている薔薇から~・・・
             美しい白のティーローズ・・・

IMG_3187.jpg
IMG_3188.jpg

ニフェトス Niphetos (Tea) 和名:白黄

名花ミセス・ハーバート・スティーブンスの片親です。

花色:ホワイト
樹高:1m
四季咲き性:◎
耐寒性:○
作出年:1843
鉢栽培:◎
花の大きさ:中輪


ベランダで~・・・
        雨に濡れるアーリーの薔薇・・・

IMG_3202.jpg
IMG_3201.jpg

オーギュスティーヌ アレム Augustine Halem (E・HT )
 
花色 :シルバーピンクにオレンジ.弁裏ディープピンク
     ディープカップからオールドローズ咲き
花径:大輪
香り:強香
樹高:80cm
作出年:1891年Guillot Filsフランス



昨日から雨が降ったりやんだりしています。こうなるといやおうなしに秋めいて、でもその美しい季節は駆け足のように過ぎ去って季節は冬へと向かっていきます。秋は植物にとっては、暑かった夏が終わって冬前のほんのひと時の休息時期です。
毎日の世話に明け暮れていますがこれは終わりの無いお世話で、いつも満足できたと言える事がありません。

薔薇も草花も秋に咲く花は春色と少し違ってどの花もしっとり色濃く見えてきます。
気温が下がればゆっくりと色を乗せて咲いてくるからかもしれません。
花持ちも良くなって、咲く花の種類は春より少ないからかもしれませんが、じっくり鑑賞できます。

春に購入した物ですがカラスミセバヤが咲き始めてきました。
家のミセバヤの中では一番乗りです。

IMG_3212.jpgIMG_3215.jpg

カラスミセバヤ Sedum cauticola 'Ruby Glow' ベンケイソウ科

初冬になるともっと葉色が黒くなるようです。どんな風になるのか楽しみですね~
ミセバヤの中でも早く咲く品種のようです。


初秋

2009年09月22日 10:57

IMG_3072.jpg

まだ一つしか咲いていませんが、ERのスノーグースが咲き始めてきました。
下の方にはチュウレンジ蜂に食べられて葉が何も無い所が見えると思います。
この薔薇はとてもこの蜂に好かれるのです。これだけ残っているのは良い方です。

Teaのニフェトスは、とても綺麗な蕾の形をしているのでちょっと撮ってみました。
蕾はティーローズ特有の形です。

IMG_3116.jpg
IMG_3121.jpg

次はガーデンシクラメンの蕾がだいぶ大きくなってきています。
もう園芸店では開花株が出ているのにびっくりして早速家のを見てみました。
IMG_3122_20090922093932.jpgIMG_3123.jpg
まだ色がはっきりしませんが確かピンクだったと思います。
赤もありますが、それはまだまだの様です。
でもあと一ヶ月もしないうちに咲き始めてくるでしょう。
ガーデンシクラメンはとても丈夫ですね。

きょうあしたと地元の秋祭りです。
毎年お彼岸に在るので何時もてんてこ舞いしています。
なのに投稿とは! 色々後の予定がありまして(笑)




ニフェトス(Tea)

2009年05月18日 10:18

IMG_1256.jpg

IMG_1187.jpg
名花ミセス・ハーバート・スティーブンスの片親でもあるそうですが、和名の白黄から想像される黄色はあまり見ることが無いような気がします。
花の中心部分がアイボリーがかるかな?ぐらいの感じで、家ではほぼ純白です。
気品ある柔らかな白花が細枝にゆっくりと開いてきます。
俯き加減に咲くその清楚な姿は白いTeaローズの中でも特に人気があります。



IMG_1251_20090518092505.jpg
開き切れば蕾の時に受ける印象よりさらに優しい感じになります。
花弁数がさほど多くないので軽やかさも感じられます。
ミニ薔薇のように手元に置いて何時でも見ることもできますし、繰り返し良く咲いてくれる白のTeaローズです。
香りは甘みの無い純なティー香が強くはありませんが感じられます。

ニフェトス Niphetos (Tea) 和名:白黄

花色:ホワイト
樹高:1m
四季咲き性:◎
耐寒性:○
作出年:1843
鉢栽培:◎
花の大きさ:中輪



薔薇の季節の中で、次の季節を告げるこの花がもう色着き始めてきています。
春の薔薇も後少しですね。

ガク紫陽花 大虹
IMG_1284.jpg

Chie's Tea NO.2 Pearl (マウイの真珠 Found Tea )

2009年05月10日 09:46

IMG_1095_20090510075432.jpg


この薔薇は作出年不明のマウイ島に古くからあるティーローズです。
パールと名づけられていのでも分かるようにとても綺麗なパール・ピンクの花を咲かせます。
咲き切るとその花の中心部は今の薔薇のような高芯咲きにはなりません。
くしゅくしゅっとして、そこが特徴的です。
香りはあまり強くありませんがティローズ香というよりも、甘い香りがわかります。

この薔薇がマウイ島で咲いているのを想像するのはちょっと難しいです。
花色から、受ける印象が暑い所で咲く薔薇という感じがどうしてもしないのです。
でもこれは私の勝手な思い込みだったようです。

驚いた事にマウイ島の島花が「ロケラニ」と呼ばれる薔薇だそうです。
ロケラニは赤桃色の小さな八重咲きの薔薇で、ダマスクスローズらしいのです。
マウイ島に薔薇が入ってきたのはキリスト教の宣教師がハワイに渡った際、教会の庭にダマスクローズを植えたのが始まりなのだそうです。その後その薔薇がマウイ島に渡り、この島の人達は異国のその花をとても愛されたのだと思います。

そして「ロケラニ」とは、ハワイ語で 天国のバラ   ロケ はバラ  ラニ は天国  を意味するそうです。


Chie's Tea NO.2 Pearl

花色 :ホワイトピンク
花径:中輪
香り:中香
樹高:1m
作出年:不明