Tag[ フライレア属 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サボテンの実生その後と嬉しいサボ種便!

2009年08月24日 10:46

少し前にフライレア9種ツルビニカルプス4種とウバタマを蒔いたんですが、その結果サボテンの実生はなかなか難しいということが良くわかりました。
良い結果ではありませんが、あれから二週間ほど経ちましたのでまた見てもらいたいと思います。

それと後の方に出てきますが、種蒔が思ったようにいかないで落ち込んでいる私のところに先日嬉しいサボ種便がやってきました。
こんな私の救いの主さんにこの種がなってくれるかも知れません。

では最初に
 =ツルビニカルプス=
  ・長城丸
  ・昇竜丸
  ・牙城丸
  ・アロンソイ
のその後の様子からです。

これが昨日23日です。蒔いてから二週間ほど経ちました。
50粒ずつ以上蒔いたんですが、私ってこんなに下手だったとは!
アロンソイ はまったく発芽しませんでした。いまだに一粒でもいいから発芽して欲しいという気持ちで毎日見ています。
IMG_2767.jpg

そしてウバタマに至ってはたったこれだけ!一粒です。
一粒だと余計に光り輝いて見えてしまいます(笑) とても綺麗な色です。
でも一粒だとほんとにこれはウバタマ? もしかしてなにか他の種がとんで生えたのじゃぁないのか?とか、思ってしまうんです。

これは11粒蒔いた8月10日です。
IMG_2620.jpg
で、たった一粒です! 少しつぶつぶ模様が見えます。
IMG_2779.jpg
少し顔が変わってきたように見えますがこれからが楽しみです。


それでも同じ時期に蒔いたフライレアのH顔はもうこんな顔に変身しています。今の所順調そうに見えます。
はじめて実際にこの目でみるサボテンの刺の誕生には感動します。
IMG_2776.jpg


最後にサボ種便ですが、これは私がどうしても欲しくて以前にある方にお願いした物です。
青王丸の種ですが、このサボテンはとても綺麗な黄色い花を咲かせます。
初めてその花を見た時にはとても感動しました。

これはこんな風に蒔いてみました。

青王丸 Notocactus viridiflorus
IMG_2783.jpg



また発芽した時には出してみますが、沢山頂きましたので出ない時の用心に少しとってあります。
それでうっかりその方に、この記事に御名前を出していいか了解を頂くのを忘れてしまいました(笑)
何時もなんですが、私はほんとにそそっかしいのです。  




スポンサーサイト

フライレアとツルビニカルプスとロフォフォラの実生

2009年08月11日 10:08

はじめてのサボテンの種蒔き!

今月初めサボテンの実生で検索していたら偶然「種あげます」と言ってらっしゃるサイトさんに行き着いて、こうしてフライレア 9種とツルビニカルプスの種4で13種類も頂いてしまいました。

それでフライレア を早速蒔いてみました。
フライレア は採種してから蒔くのが早ければ早いほど発芽率が良いそうなんです。
大体一ヶ月経つと発芽率が半分まで下がってしまうそうです。

フライレア ってどんなサボテンかと言うと大人になっても2~4センチほどの小さなサボテンです。
そして自家受粉するそうです。ただその花は閉鎖花に成りやすそうす。
でも小さくて可愛いし、たまにでも咲いてくれれば余計に嬉しいはずです。
でもまだ続きがありまして、調べましたら花色はほぼ黄色だそうで、黄色の花のサボテンが上手くいけば一気に9種類もになってしまう!(笑)まぁ、そんなことにはならないと思いますが、、
知らなかったので、こんなに貰ってしまったのです

 =フライレア リスト=
  ・豹の子
  ・亀の子
  ・小獅子丸
  ・チキターナ
  ・士童
  ・ラルー
  ・ペルビラ
  ・シュロッセリ 
  ・ブエネケリ

驚いたことに蒔いた次の日には、もう4種類も発芽し始めました。
フライレア は早熟なんだそうです。発芽の早さもそれを物語っているような気がします。
これで4日目になりますが、今こんな感じです。

ちょっと見にくいですが、小さなまん丸な物が黒い種から殻を割って出てきました。
IMG_2583.jpg
IMG_2584_20090810103532.jpg
IMG_2608.jpg
ほかのサボテンの種の発芽の様子を知らないのでなんなんですが、フライレア はみんなこの“H”の印付きで、可愛い顔をしています  

緑色のものと薄茶色のものが見えますが、上の薄茶色のものは若しかしたら、茹で上がったか日焼けしまったのかもしれない。ちょっと心配しています。それともこんな風になる種類かも?
まだ芽の出ていない物は、チキターナと士童があるけれどもう出ないかな?
ラベルが逆さまですが、気にしないでください。挿したら名前が見えなくなってしまうので、やむなく逆さまにしました。もう一度書くのがめんどうだったので(笑)

出来れば二度に分けて蒔けば失敗が少なくなるかもしれませんね。
この種はそれが難しいところがありますが。
またこの後の様子も変化があった時には載せてみたいと思います。

他にもまだ昨日蒔いたものがあります。
それは頂いたもう一つ品種のツルビニカルプスと家で採れた鳥羽玉の種を蒔きました。

 =ツルビニカルプス=
  ・長城丸
  ・昇竜丸
  ・牙城丸
  ・アロンソイ

今回はプラスチックのケースが無いこともありますが、何かで代用できないかな?と思ってこれを使いました。

IMG_2623.jpg

卵ケースの浅いほうに穴を幾つかそれぞれ開けて、深いほうには水を入れてあります。
上手くいくといいのですが、、

そして最後は、、

 =ロフォフォラ =
  ・鳥羽玉

家のウバタマに種の入った鞘が出来たのを見た時にはびっくりしました。
でも蒔きたくてもこれが成熟しているかどうか?分からなかったので、ベランダの刺の柴犬さんに成熟具合の見極めかたを伺いました。柴犬さん、有難うございました。
アドバイスを参考に女は度胸で鞘を開いてみるともう真っ黒な種が見えます。

IMG_2611_20090810132650.jpgIMG_2613.jpg


この後種を軽く水洗いして、果肉の様な物を取って乾かしました。
一鞘で11個の種が入っていました。一鞘の数として、多いか少ないかちょっと分かりませんが、家で採れた種を蒔くのは特別な思いです。早速蒔いてみました。

IMG_2620.jpg


これはペットボトルでしてみました。少しはエコに成っているでしょうか。


色々蒔いてみましたけどどの種蒔でもそうですが、この後の管理も手探り状態です。
でもそれもとても楽しみでわくわくします。
何事も経験ですから、少しずつでもサボテンの実生も上手になれればいいと思います。
またの幾つかのツルビニカルプスとの鳥羽玉が発芽しましたら、投稿しますのでご覧ください。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。