Tag[ ユーコミス ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の主に多肉の種蒔き・・その1

2012年04月07日 14:52

3月終わり頃から多肉植物とサボテンの種子を蒔き始めました。
少しずつ発芽しはじめてきたものがありますので、発芽初めの様子などをご紹介したいと思います。

種子は三種ともメサガーデンからのものです。



まずアロエの中でも栽培が難しく超難物と言われているようですが、このアロエからです。



IMG_3648_20120407133902.jpg

IMG_3658.jpg
Aloe polyphylla (3602.5-spiral forming rosette)

アロエ ポリフェラは18粒蒔いて今4粒発芽しています。
このアロエは日数をかけてぽつぽつと発芽することもあるようですので、この後もまだ幾つか出てきてくれることを期待しています。

播種は種蒔き用土に腰水殺菌剤入りで覆土なしです。温度は家の室内常温管理(朝方10度位から日中20度ほど)でしました。
蒔いて初めの頃の3月終わりまでは気温も低すぎたのか気配がありませんでしたが4月に入って暖かい日が2.3日続いて発芽しました。

実は種子は半分残してあります。夏越しが上手くいかなかった場合は秋にもう一度蒔いてみるつもりです。




次は、オトンナの種子です。




IMG_3660.jpg
Othonna cakilifolia (1961.58-cakilifolia Spektakel pass, notched leaf, purple flowers)

オトンナ カキリフォリアは発芽自体は早かったのです。3日ほどで出てきました。
4本ほど出ましたが、そのあと二本溶けています。
これも冬型植物のようですが、発芽にはある程度の温度が必要かもしれません。
タッパーにポリポットで種蒔き用土に腰水殺菌剤入りです。これには軽く覆土をしています。

双葉ですが、葉裏が紫がかっています。花の色に似た茎色をした苗などは草花の種を蒔くとよく見かけますが、双葉の色にそれが見られてびっくりしました。
これはきれいな紫がかった花が咲くようです。
かなり双葉は柔らかく、この後も危うい感じがしますし、もし育ってもしっかりした塊根ができるまでの初めての夏越しは難しそうにも思います。
やはり安全を考えて秋蒔きの方がいいかもしれません。




最後はユーコミスの頂き物の種子です。

ユーコミスはパイナップルリリーと言われて良く知られています。


IMG_3661.jpg
IMG_3662.jpg

Eucomis vandermerwei (1930.4-vandermerwei Steenkampsberg, speckled leaves, super flower) 

ユーコミス バンデルメルウェイはなかなか発芽しなくて気をもみましたが、日照を長く取って温度を少し上げてみた所発根してきました。
蒔いたものの大体全て発根してるとおもいます。
播種は種蒔き用土に腰水殺菌剤入りで、覆土はしていません。

これは小型のユーコミスで鉢植えで楽しむのにもぴったりだと思います。
葉色と花色とも綺麗なもので、葉には斑もありかすかに波打つようです。
ヒヤシンス科の球根植物ですから開花には何年もかかると思いますが、大事に育てようと思います。


今日はメサガーデンの種子から3種類の種蒔きの様子でした。
この後も発芽してきているものがありますのでまたその2として出してみたいと思っています。



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。