Tag[ ラケナリア ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラケナリア・ヒルタ

2014年03月06日 19:26

ラケナリア ヒルタですが播種したのは2010年10初旬ですから3年5ヶ月経っています。
今日は天気も良くてベランダで水遣りしながら植物の様子をじっくり見ていました。

IMG_7381_20140306115455297.jpg
Lachenalia hirta



ヒルタの葉はとても魅力的です。

IMG_7396.jpg




それでよく見ましたら蕾が付いている事に気がつきました!
大きな株の方だけ初め気がついたのですが、右のチビ株にも付いています。

IMG_7386_201403061155343b1.jpg IMG_7385_2014030611545647a.jpg

また咲きましたら見てください。




つぎはイポメアからです。

これも今日撮ったものですが、昨年イポメア・プラテンシスの蔓を挿しておいたものです。
これを今日掘りあげてみました。しっかりお芋が出来ていました。
冬の間も軒下に放置して、雨は大雨で吹きかけなければ普段は掛からない場所です。



IMG_7374.jpg


下は昨年夏に咲いた親株の様子です。この株の長く伸びた蔓を挿しておいたのです。
綺麗な花だと思います。

IMG_6436.jpg
Ipomoea platensis



スポンサーサイト

遅咲きのラケナリア・ビィリディフローラ

2013年01月08日 14:45

開花がラケナリアにしては遅いのかもしれません。
それでもこれは私が種を蒔いてはじめての開花で、それも南アの球根植物としては初めてのこなのでとても嬉しいです。



2ヶ月前の昨年秋はこんな感じで今シーズンこれで花が咲くとはとても思えませんでした。
IMG_5696_20121110155207.jpg


播種は2010年11月06日ですから、開花まで丸2年と2ヶ月かかったこととなります。
でも球根としては早い種類だと思います。

見ていただくと分かりますが、花穂も短いのでまだ未熟な小さな球根だと想像しています。
それでも光線具合では特徴のターコイズ・ブルーの色がはっきり綺麗に見えて見飽きません。



今日の様子です。
IMG_5983_20130108111642.jpg
Lachenalia viridiflora ラケナリア ヴィリディフローラ



IMG_5979_20130108111644.jpg

葉には斑点が出ているものとそうでないものとの二種類があります。

IMG_5981_20130108111643.jpg
IMG_5980.jpg
これも面白いところですね。
今現在屋外に置いてありますが、半耐寒性植物とされているようですが
割りとその中でも育てやすいほうではないでしょうか。
家では気温としては今日までに-2度まで2.3回下がった日がありましたが大丈夫でした。





秋の種蒔き、追い込み中!

2010年11月06日 14:33

この秋は植物の種蒔きをいくつかしたのですが、10月25日の記事ではアデニウム、フォッケア、イポメア、アガベの種蒔きの様子を見ていただきました。
それに続いて、今回は追い込み種蒔きとしてこれも蒔きましたので見てください。

まずLachenaliaを蒔いてみました。
ラケナリアは ユリ科ラケナリア属 原産地は南アフリカ 英名:Cape cowslip 別名:アフリカヒヤシンスと呼ばれるもので、小型の球根を作ります。

蒔種したものは次の通りです。                           
                                                    11月6日現在の発芽本数

ラケナリア コンゲスタ Lachenalia congesta                       20
ラケナリア ヒルタ Lachenalia hirta                              3
ラケナリア プシラ Lachenalia pusilla                           0
ラケナリア トリコフィラ Lachenalia trichophylla                     3
ラケナリア ヴィリディフローラ Lachenalia viridiflora                  3
ラケナリア ミックス Lachenalia Mix                             0
              


ラケナリア コンゲスタ Lachenalia congestaの今の様子。

今日で蒔種から29日目
IMG_8823.jpg



ラケナリア ヒルタ Lachenalia hirtaの今の様子。
今日で蒔種から29日目
IMG_8827.jpg

コンゲスタだけが飛びぬけて、発芽が早かったのですが、他のものも少しずつここにきて発芽し始めています。
まだまだこれからだと思いたいです。




次はAlbucaです。
Albucaの原産地もこれも南アフリカです。ユリ科アルブカ属で小型の球根を作ります。


蒔種したものは次の通りです。
                                                   
アルブカ スピラリス Albuca spiralis        11月6日現在の発芽本数 1
今日で蒔種から11日目
IMG_8848.jpg



アルブカ マキシマ Albuca maxima       11月6日現在の発芽本数 40  
今日で蒔種から11日目
IMG_8833.jpg

アルブカ マキシマはAlbucaの中でも最大の大型種だそうで、1メートル以上優にこす大きさになるそうです。
40本も出来てしまったら、、ほんと今はあまり考えないようにしています(笑)
アルブカ スピラリスはナマクエンシスよりさらにその葉がくるくるになるようです。もっと発芽してほしいです!

次の二種はアヤメ科の植物です。10月25日に蒔種しましたがまだ発芽していません。
一応品種名を書いておきます。


ゲイソーリザからはこのひとつ
ゲイソーリザ コルーガータ Geissorhiza corrugata (ゲイソリザ コルガータ)アヤメ科 ゲイソーリザ属 
                                     くるくる葉っぱの面白い品種
ロムレアからもこのひとつ
ロムレア トルツオサ Romulea tortuosa アヤメ科 ロムレア属



以上ですが、ラケナリアはフォルさんにお願いして一緒に取り寄せていただきました。
後のゲイソーリザ コルーガータとロムレア トルツオサ、それにアルブカの二種はフォルさんのご好意で頂いたものです。なので、一本だけでもいいので今発芽していないものも発芽して欲しいと期待しています。



また、今回蒔いた種ではありませんが、以前夏頃投稿しましたバオバブのその後の様子をここで出してみます。
双葉がまだ残っていましたが、ようやく黄色くなってきました。そろそろ寒くなって少しずつ落葉しはじめるかもしれません。

以前の記事はこちらから。


蒔種したのは8月中旬。
発芽から10日目で植え替えしたところ。    今はこんな感じ。摘心しながら太らせてきました。
IMG_7776.jpgIMG_8844_20101106115306.jpg


蒔種40日後の土の中ではお芋が出来ていました。   今の様子です。少ししっかりしてきていました。
IMG_8305.jpgIMG_8822.jpg

まだ蒔いたものは他にもあるのですが、この次にその2として投稿したいと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。