Tag[ 実生 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を呼ぶ花

2014年02月17日 20:47

二月は寒さが一番きつい時期ですが、家ではこんな花が咲きはじめています。


IMG_7352_201402172016317b4.jpg


IMG_7351.jpgIMG_7358.jpg
Marlothistella uniondalensis マルロチステラ・ウニオンダレンシス


南アフリカ原産のメセンの仲間です。
軸部分の直径は8センチまで成長し、高さはおよそ15センチほどになるようです。初花ですが、花がきたいしたものより小ぶりでした。でもとても可愛い花です。




そして庭では今年もクリスマスローズが咲き始めてきました。


IMG_7363.jpg



春まで、あと少しの辛抱ですね。


オトンナ達

2014年01月30日 12:21

IMG_7311_201401290844103dc.jpg

これはキク科、オトンナ属のオトンナ ピンナータOthonna pinnataの種子ですが手持ちの半分の6粒を蒔いてみました。
種子はなかなか可愛い形をしています。
Othonna pinnataはPinnated Othonna・・羽状のオトンナとも呼ばれるようです。
それはその葉の形から呼ばれてると思いますが、こんな感じなのです・・・グーグルイメージ検索

それでこれを蒔く時ですが私は毛羽状の部分を毟って蒔きます。これは御まじないのようなもので、少し発芽が良くなるようにとかそんなつもりなのでその効果の次第はわかりません。多分しなくても変わりないかもしれません。
ただこのような鞘付きで毛の付いた種子はかび易いと思うので消毒などは気をつけます。
夜は室内の蓋付きトロ箱に加温なしで入れてあります。

じつはオトンナは一昨年の秋10月に蒔いたものがあります。



播種日 2012.10.13
撮影日 2012.10.28
IMG_5607.jpg


左から
Othonna macrosperma
Othonna sp Clanwillian Dam
Othonna cakilifolia


次のものが播種から一年三ヶ月経った現在の姿です。
今年の冬は二度目の冬になりますが昼夜とも屋外の屋根付きベランダに風除けをして置いてあります。


IMG_7316.jpg

ちょっと野菜の苗のような菜っ葉状態で塊根がわかりづらいですが、それぞれ出来ています。
ただこの中でOthonna cakilifoliaだけは地上部分には塊根が見えません。
次のものがOthonna cakilifoliaです。


IMG_7318_201401300903326bd.jpg

これは葉がものすごく大きくなっています。
昨年秋に一度鉢増ししてありますが、もう追いつきません。
仕方がないのでもう一度しました。
鉢を開けるとこんな感じに地下に塊根が出来ています。


IMG_7319_20140130090333a06.jpg
Othonna cakilifoliaの塊根

この塊根と言うかダリアの球根に近い感じのものは、今まで二回移植しましたが一度も上に出たがりません。
普通オトンナは黄色い花を咲かせますが、これは赤紫色の花色です。そこもちょっと違っています。
オトンナも色々ですね。



IMG_7324.jpg

こうして今までの軽く5.6倍は入る鉢に植え替えましたが、土の量が一気に多くなるので水はけが良いようにそれだけは気をつけました。
この時期動かしたので、花を見られるかちょっと心配ですがもし春先に咲きましたら見ていただきたいと思います。


マイウェニア・笛吹 Maihuenia poeppigii

2014年01月18日 20:28

頂き物の種子でした。
冷蔵庫に半年以上入れてあったものを夏過ぎに取り出し蒔いたのですが、ある日気がつくとわらわら発芽していました。

これは一週間ほど前に撮ったものですが、今も二階の屋根付きベランダに置いてあります。

IMG_7283.jpg
Maihuenia poeppigii

双葉が互いに邪魔をするもので真っ直ぐに立ってない苗も見えますがまぁ今のところ元気だと思います。
置いてあるベランダは風当たりが強いので苗が小さいうちは倒れて根が浮いても面倒なのもあり、風を避けられるように大きな植物が植えてある鉢の横に置いてあります。


笛吹は南米パタゴニアの寒冷地を原産地とするサボテンです。
生息地は主にパタゴニアの1500メートルの高度亜高山森林で薄い草原や石の多い火山高原だそうです。
そこでは低くマット状に一株で高さ15センチ直径一メートルほどにも育った様子を見ることが出来ます。
それはとてもサボテンとは思えない様子です。こんな感じ・・グーグルイメージ検索


これをなんとか一本でも残るように、育ててみたいものです。
この次は夏越し後に投稿してみるつもりですがそれが無い時には駄目になったということになります。

突っ張ってないで、丸くなれ♪

2014年01月05日 10:45

新年おめでとうございます!

年初めの投稿は咲いてる花も少ないし何にしようかとさんざん悩みました。それで室内に置いてあるビニールハウスの中から花ではありませんがこれを選んでみました。

見ていただくと分かるのですが恥ずかしいことにすごく伸びています(笑)
これを今年はなんとか形にしたい!できるだけ丸くなって欲しい!とそう思っています。
発芽した時から伸びていたかはよく覚えていませんが、気がついたら伸びていて夏を越して何ヶ月か経っているのにこの姿。これを丸くするのはなかなか手ごわいかもとは思うのです。
さて今年もはじまったばかりでなんですが、年末までに少しは丸くなってくれるでしょうか?
それとも時期がくれば自然と形になるものでしょうか?



種子購入先はサクシードで、laui四種類蒔いてそこそこ発芽しましたが残ってるのは二種類だけです。
あぁ~もったいない! ほんとに馬鹿だ.. 今年はサボテン中心にいこうと思ったのはこんなところにもあります。


174 Copiapoa laui FK 439
3813 Copiapoa laui FK 794
175 Copiapoa laui fma FK 1053
176 Copiapoa laui fma FK 1055



IMG_7269.jpg
左 Copiapoa laui fma FK 1055                  右 Copiapoa laui fma FK 1053

IMG_7266.jpg


それから蒔いた中で残っていないCopiapoa laui FK 439の苗がどうしても欲しかったので先日種を取り寄せて蒔いてみました。
これが小さくて可愛いい花が咲くのです。その様子はまるで梅の花のような感じなのです。
まぁコピの花なので黄色い色ですが。
これは年末また残っていましたらこの二鉢と合わせて見ていただきたいと思います。


こんな感じでまた一年、きっと実生投稿が多くなると思いますが宜しくお願いいたします!





今年の〆花~**

2013年12月31日 13:02

ことしも残すところあと半日ほどになりました。
ブログの更新もこのところだいぶ少なくなっていますが、それでもこうして一年続けられたのは見に来てくださる方がいらして、励みとなったからです。
ほんとうに有難うございました。


少し前にトリコディアディマのこの株に蕾が付いたのは承知していましたが、年末までに開花が間に合うといいな!と思って毎日日当たりの良い所を求めては動かし、こうしてなんとか咲いてくれました。
この株は私が三年前にはじめてメセンを蒔いたのですが、その中の一つです。

この花を今年の〆花とします。
皆様、良いお年をお迎え下さい。





IMG_7206_20131231125319c1d.jpg
Trichodiadema calvatum







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。