Tag[ 森林性サボテン ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森林性サボテンをヘゴ板と火山石に蒔いてみた

2012年11月26日 17:40

この秋に森林性サボテンを幾つか蒔いたのですが、その残りの種を今度は土にではなくて直接へゴ板と火山石に試しに蒔いてみました。

森林性サボテンの種子は発芽が悪いことを想定して、少し多めに購入してあったのです。
種蒔き専用土に二度も蒔いても面白みがないので少し楽しんでみようかとも思いました。



まずヘゴ板に蒔いたものですが、ディソカクタスの三種類とリプサリスの発芽しなかったRhipsalis russelliiをこのやりかたなら発芽するかもと淡い期待をして蒔いてみました。



左端がRhipsalis russelliiですがやはり発芽していません。他の三種類のディソカクタスは発芽しています。
播種日 2012.10.22
IMG_5840.jpg


IMG_5852.jpg
これはDisocactus aurantiacus,Nicaragua ですが、一番気難しい感じがして発芽後もカビが出やすい気がします。
それでもカビに負けない強いものだけが残っています。


播種の仕方ですがヘゴ板を熱湯消毒しまして、蓋つきの深めのタッパーに腰水殺菌剤を薄めで入れて蒔いてあります。
期待したのにやはり発芽しなかったRhipsalis russelliiですが家ではこのリプサリス全般に発芽率が良くないのです。
まだ種子は残っていますので春にもう一度蒔いてみようと思っています。
もしかしたらリプサリスは追熟させるのがいいのでは?と、そんな気もしています。



次は火山石がありましたのでこれも熱湯消毒しまして、同じように深めのタッパーに腰水殺菌剤を薄めで入れて蒔いてみました。



IMG_5880.jpg


IMG_5829.jpg
これはLepismium miyagawae v. espinosaeですが元気そうに育っています。


IMG_5836.jpg
こちらはACANTHORHIPSALIS monacantha - v samaipatanaですがちょっと発芽もわるく、その後の育ちも遅い感じです。
白く見える糸状のものがあちらこちらと走っています。
これはカビと毛細根が入り混じっています。悪条件でも一生懸命生きようとしているのかもしれません。


この様子から、ヘゴ板に蒔いたディソカクタスはこれからも育って幾つかは残ってくれると思います。
次の楽しみは、本根がどのような感じで出てくるのか?またその根がヘゴにほんとに着生しするのか?とか。
この後も興味は尽きません。



スポンサーサイト

2012秋のサボテンの種蒔き・・その1

2012年10月15日 12:59

秋の種蒔きシーズンがやってきましたが、私もいくつか蒔いてみました。

今日はその播種から森林性サボテンの発芽の様子を見ていただきたいと思います。


はじめはEpicactusですがこれはHybばかりを蒔いてあります。
Epicactus Hybはクジャクサボテン(園芸種)ですが、発芽率はとても良かったのです。

このまま順調に育つて3.4年もすると家中昆布葉ばかりにもなりそうですが、その時には皆さんに毎朝摘んで欲しい方にはさしあげたいと、それが夢なんです!(笑)
国内では手に入りにくい品種もあるはずですから、大事に育ててみます。


播種日 2012・10・01 全て1pktです。 
IMG_5493.jpg
Epicactus Hyb

Epicactus Hyb Princess Kelly S.
Epicactus Hyb Space Rocket
Epicactus Hyb Stern von Erlau
Epicactus Hyb Vulkan
Epicactus Hyb Walkure
Epicactus Hyb Anton Gunther
Epicactus Hyb Augenweide
Epicactus Hyb Bester von Allen
Epicactus Hyb Donna Diana
Epicactus Hyb Easter Bunny
Epicactus Hyb Erfurter Gartenschau
Epicactus Hyb Hawaii Calls
Epicactus Hyb Honey Bear
Epicactus Hyb Hungaria






Rhipsalisはやはり私の所では発芽が良くありません。
まだ一つも発芽していません。
昨年はそれでももう少し出たので気を長くして待っています。

Rhipsalis

Rhipsalis ewaldiana
Rhipsalis floccosa /gibberula
Rhipsalis micrantha
Rhipsalis russellii
Rhipsalis spec.  





Pseudorhipsalisからは一品種です。
発芽はこれからといった感じで、まだ一つしか出ていません。
分かりますか?左側真ん中辺りです。

IMG_5499.jpg
Pseudorhipsalis ramulosa






Disocactusは色々な交配親として使われたりしていますが、そのもの自体でもとても綺麗な花を咲かせます。
aurantiacusの二種がまだ発芽していません。
左から三番目のphyllanthoidesですが発芽して嬉しいです。とても可愛いピンク色の花を咲かせます。

IMG_5497-1.jpg
Disocactus

Disocactus aurantiacus WK394
Disocactus aurantiacus,Nicaragua
Disocactus phyllanthoides /NPX
Disocactus quezaltecus

赤い花がDisocactus ackermannii ピンクの花がDisocactus phyllanthoidesです。
youtubeからお借りしました。






Lepismiumです。
発芽も早くて、元気に育っています。
miyagawaeはオレンジ色の綺麗な花です。これは楽しみです!

IMG_5497.jpg
Lepismium

Lepismium ianthothele /PF mataralensis
Lepismium miyagawae
Lepismium miyagawae v. espinosae WK1002


今日は発芽の様子を簡単に出してみました。
種子はまだ残してありますので、着生サボテンの面白みを生かして、色々な素材に着生させてみようかなと考えています。
昨年蒔いたもので生育の良い物は、少しずつ昆布葉をみせはじめています。
そうなるとげんきんなものでこんなに蒔いてしまいましたが、その成長もまた見ていただきたいと思っています。

次の投稿は 2012秋のサボテンの種蒔き・・その2 として、残りのサボテン色々を予定しています。




SELENICEREUS validus セレニセレウス・バリダス・・・一年経って

2012年08月15日 19:39

IMG_1492.jpg
SELENICEREUS validus セレニセレウス・バリダス

この苗は昨年7月に撮ったもので発芽から約一ヶ月経った姿です。森林性サボテンで‘夜の女王’に似た素晴らしい花を咲かせるはずです。


これが今どんなかというと




IMG_4968.jpg



IMG_4956.jpg


大きく育ちました。
家のサボテン実生の中では一番の成長ぶりですが今年はまだ咲かないですね。
セレニケレウス・グランディフロルスの亜種の一つですがこの品種はわりとコンパクトに育って開花するようです。来年あたりの開花を期待しています。



ジグザグサボテン・・葉挿しから一年経って

2012年03月14日 11:14

IMG_9793.jpg

Cryptocereus anthonyanus クリプトケレウス・アントニアヌス (園芸名:ジグザグサボテン)
森林性サボテン。メキシコ産。

昨年の二月の終わり頃一枝をお安く購入して葉刺しに挑戦しました。
これは森林性サボテンですがそのお花はとても綺麗です。  こんなお花


季節もそろそろと春めいてきまして、昨日は少し増えたこのジグザグサボテンをうえかえてみました。
まだ朝晩は冷えますので日中暖かい日だけ外に出そうかと思っています。

一年でこれだけになっています。

IMG_3341.jpg

冬中プチプチで保温してありましたがカイガラ虫も付かず少し成長もしています。
プチプチに入りきらなくなっています(笑) これではプチプチの役がないかも


IMG_3365.jpg IMG_3366_20120313124204.jpg


根は綺麗な白根が出ていて安心しました。
冬中家の中ですごさせていましたがなんとか冬越できたようです。
下の葉は枝分かれしていましたので、植え替えでカットして今度は3本植えにしてみました。
こんな感じになりました。




IMG_3372.jpg


まだスカスカの状態ですが、これからはいい時期ですから成長してくれると思います。
この次のお披露目はもっと賑やかになったり、もしもお花が咲いたときには見ていただきたいと思います。





次は同じ森林性サボテンのイースターカクタスの実生からです。


IMG_6643_20120313200442.jpg
イースターカクタス Rhipsalidopsis
原産地 ブラジル 開花期 3月~4月


上の写真は古くから栽培していたイースターカクタスですがこれを一昨年の冬越しに失敗して駄目にしてしまいました。
かなり原種の面影を残している株だと思いますのでその時はとてもがっかりしました。

それでも何時までもくよくよしていても始まりませんので、種から育ててみようと決心しました。
種ですがいつも海外からの種子をお願いしているある方に探していただいて、運良くいい時期に蒔くことが出来たのです。
ところがですこの実生苗ですが発芽したのはよかったのですが生長が遅いんです。超がつくほどスローモーなのです

IMG_3391.jpg
Hatiora rosea v. riograndense AH 384 (South of Cambará, Rio Grande do Sul, Brazil)

生後8ヶ月の今の姿です。
小さいですよ!一センチほどです。
でもこの苗はもしこのまま元気に数が残った時には欲しい方にお分けできると思います。




そしてこの機会に以前から時々見ていただいていますが、これも森林性サボテンです。
実生苗のその後の様子です。
この冬二本あった苗のうち一本を駄目にしてしまいました。
これが残った最後の苗です。


播種日2011.9.14 25粒→4粒→1粒
IMG_3401_20120314104114.jpg
WITTIA amazonica (Disocactus amazonicus)


ウッチアアマゾニカの生後6ヶ月たった姿ですがこちらのほうがロセアよりさらに超々スローモーで、ようやく刺の姿が肉眼で見えるまでになってきています。
自然や栽培株の成株画像を見ればあんなに昆布状に大きく葉がなっているというのに、これはほんとに時間がかかりそうです。
でももし駄目になっても、次に蒔くと3回目になりますがでも挑戦してみるつもりです。
遅くても少しでも成長の過程をみるとそんな気持ちになるから不思議です。


まだ他にも森林性サボテンを蒔いていますがもう少し成長しましたら記事にしてみたいと思います。




秋のWITTIA amazonicaの実生

2011年09月27日 09:32

春に森林性サボテンを幾つか蒔いたのですがその中でも一番発芽を楽しみにしていたのがWITTIA amazonicaでした。
ですが発芽したのは一本で、そしてその一本もその後の成長が上手くいかずに駄目にしてしまったのです。


それで今また再挑戦していますがやはりこの種子は難しいです。
なにが難しいかと言いますと発根はわりとそれでも早くて播種から4.5日もすれば種の端から白くぽちっと根が見えてくるのです。
でもそれからの発芽(双葉が出る)までがとても長く掛かります。
春の時は白く見えていた根も二週間以上そのままで、その内に色が茶色を帯びて終いには小さく消えていってしまったのです。

その原因も分からないままこうしてまた蒔いてみたのですが、これが今回の様子です。



春の時と違って今回は播種数は少なく25粒です。
播種してから発芽まで時間が掛かることが予想されていましたので初めから蓋をしない開放式でしました。
腰水には殺菌剤を入れてあります。
あと発芽がある程度進んできた所で早めに腰水を止めています。



播種日2011.9.14 25粒→4粒
IMG_2242.jpg

IMG_2243.jpg

WITTIA amazonica (Disocactus amazonicus)    ・・・・こんなサボテン



WITTIA amazonicaの明記で種子を購入していますが、WITTIA属は現在Disocactus属に分類されているようです。
そのDisocactus属の特徴のひとつに葉の淵に沿ってずらっと蕾を付けることが挙げられますがこのamazonicaはその中でもとても珍しい綺麗な青紫色の花を咲かせることで知られています。

こうしてどうやら今回はどの種も芽が少し立ち上がってきていますので双葉の展開まではいきそうですがこの後の成長はとても遅い気がします。
前途多難な予感がしますがこのまま順調に生育すればまず当面の問題は冬越しです。
少し寒さに弱いらしいのです。


追記:10月4日 双葉が開きましたので付けておきます。

IMG_2303_20111004154031.jpg





そして写真はとってありませんが同じく次の森林性サボテン二種も同日に蒔いてみました。



播種日2011.9.14 25粒→4粒
CHIAPASIA Disocactus nelsonii Hybr
ピンクから紫がかった綺麗な花を咲かせるはずです。
花が少し大きくなれば花数は落ちますね・・・こんなサボテン



播種日2011.9.14 25粒→3粒
ACANTHORHIPSALIS monacantha v samaipatana
オレンジ色の花が特徴の可愛い連なりです・・・こんなサボテン


いままで蒔いた森林性サボテンの発芽率は私が下手なせいかもしれませんがあまり良いものではありませんでした。
育ちも一部のものを除いて良いと言える物は少ない気がします。
ではなぜ蒔くのか?
自分の手で初めから育ててみたいから!それが一番の気持ちです。
発芽から開花までになるのに上手く育って、いったい何年かかるのか?
途方もない時間が必要だと思いますが幾つか蒔けばその中から家が気に入ってくれるものも出てきてくれるのではとそんな都合の良い期待もしています(笑)
これからもよく観察して世話を怠らなければいつか花が咲くかも?ですね。



最後にサボテンではありませんがお花をひとつ。
原種系シクラメンのヘデリフォリウムが満開近くになってきましたので出してみます。
まだ葉の出る気配はありません。
9月の初めに一輪咲いてからここまでに20日ほど経っています。


IMG_2260.jpg
Cyclamen hederifolium シクラメン ヘデリフォリウム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。