Tag[ 椿 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅唐子 (日光)

2009年02月27日 10:46

IMG_9871.jpg
IMG_9872.jpg

紅唐子(べにからこ) 別名:関西「日光(じっこう)」、中部地方「紅卜伴」、そして関東「紅唐子」

家に昔からある椿です。この紅唐子と言う名前は昨年始めて教えて頂いて分かったのですが、読みでも分かるように大分古い江戸時代の頃の園芸品種のようです。
どうやら京都は伏見・桃山あたりが出生源でこの辺りに古木が散在するそうです。

中心部のまとまって開かない花弁のように見える所は雄しべの変化したもので、その中から雌しべが出ているのが分かります。
この形に特徴がはっきり出ているのでこの紅唐子に間違いないと思います。
大きさは椿の中ではさほど大きい方ではないと思います。
それにしても変わった花型の椿ですからどなたでも一度見れば忘れ難いのではないでしょうか。
昨年は3月に投稿してありますから、やはり今年の冬は暖かかったのでしょう。少し開花が早いですね。

暖かい冬のせいかこの所雨が多くて家のワンコも散歩に行けない時がありストレスがたまり気味です。
昨日は晴れ間を狙って、少し遠出の散歩をしてきました。
遠出と言っても所要時間1時間といった所ですが、ワンコもそうですが私もおかげでこんな道端の花を見ることができました。
もう、日当たりのよい所では咲き始めてきているようです。


IMG_9870.jpg
カラスノエンドウ (烏野豌豆)マメ科
(名前の由来はスズメノエンドウというのが在りそれより大きくて黒い鞘が出来るところから)

この花の色と形が好きです。
とても可愛い花です。
種の入った鞘が出来る頃早めに摘み取りおひたしや胡麻和えにしても食べられます。
雑草はかなり食べられる物がありますね。つくしも探したのですが、まだのようでした。

今日はまた寒さ戻った感じですが、こんな時期は体調を崩しがちです。
皆さんも体調管理には気をつけてくださいね。

  

スポンサーサイト

乙女椿

2009年02月21日 08:44

IMG_9796.jpg

乙女椿

薔薇の花に似たこの椿は乙女椿といいます。
この乙女椿は知人から挿し木で頂いて始めての開花です。  
薄桃色の花弁が幾重にも重なって、かわいらしい椿です。
椿は、家にはこのほかに赤い藪椿があります。それはまだ蕾が開く様子が在りません。

学名 Camellia japonica ツバキ科ツバキ属
和名 ヤブツバキ
英名 Camellia

椿の花を詠んだものは万葉集にすでに登場しているのです。
幾つかありますがその中からひとつ。


「 川上のつらつら椿つらつらに見れども飽かず巨勢(こせ)の春野は」
                              春日蔵首老(かすがのくらびとおゆ) 
 

意味: 川沿いのたくさんの椿をよくよく眺めているけれど、巨勢の春は飽きないことです。

そして俳句では、春の季語としても使われています。俳句からはこちらを


「落(おち)ざまに 水こぼしけり 花椿」

                    松尾芭蕉  
           

こうして万葉の花としてその昔から自然の中に在った椿も、今では園芸種が主なものとなっていますね。そしてそのCamellia japonicaと言われる花もそのあとには主にヨーロッパの国の方に多く愛され品種改良されているようです。 日本古来の花を大事にしたいと思います。  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。