Tag[ Austrocactus ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つのAustrocactus

2012年08月31日 09:41

AUSTROCACTUS patagonicusとAUSTROCACTUS duseniを播種したのは今年の春5月の初旬ことです。



そして播種から約4ヶ月近くたって先日Austrocactus patagonicusが二本発芽しました。


IMG_5108.jpg

IMG_5106.jpg
Austrocactus patagonicus


Austrocactus patagonicusは南アルゼンチンとチリ南部が原産です。
Austrocactus patagonicusは-12,2℃までの温度に耐えることができます。


と検索しましたら記述されていましたが幼苗はそれでも零下にならないところに置いてみるつもりです。
昨年は秋にAustrocactus spiniflorusが発芽しまして、冬場はそのような置き場に置いたからです。



そして昨年秋に発芽した方のAustrocactus spiniflorusですがこのままでいけばなんとか夏越しできそうです。


これは植え替え前に撮ったものですが見ていただくとわかりますが根際が細く線の弱い感じの苗でした。


今年の春の様子。
012345a_285_6.jpg



次がポットの中から試しに4本選んで植え替えてから3ヶ月経った今の姿です。

今の様子です。播種からもう直ぐ一年です。
IMG_5111_20120831091502.jpg


IMG_5117_20120831091501.jpg
Austrocactus spiniflorus 


実はある方に実生からの栽培のアドバイスを頂いて思い切ってこの春に植え替えしたのです。
少しは精悍さが出てきたと思いますが、新刺は見えません。夏は維持するだけで良しとしなければいけないようです。でもこれからはこのサボテンは成長期になると思いますので今から期待しています。


Austrocactus patagonicusの自生地ですが、これもその方に教えて頂いたのですが「アルゼンチン業者の情報では”冬は氷点下15℃迄で多湿、夏は暑く梅雨がありません”」という貴重な情報を教えていただいて、雨がかからない風通しの良いウチワサボテンの実生達と同じ場所に置いてこの夏を過ごさせました。

patagonicusもこれからどうなるのかはわかりませんが、spiniflorusの経験を生かして日本の環境にも順応してくれれば意外と上手くいくかな?とそんな気持ちにもなったりしています。
でもなんとか維持できてもこれから成長させるのはほんとに難しそうです。

二種とも変化が出てきましたらこれからも投稿してみたいと思います。




スポンサーサイト

チリの山野草♪カランドリニアとAustrocactus spiniflorus

2011年11月02日 15:20

カランドリニアは今では園芸種の苗や鉢物として出回る事もある比較的育てやすい草花です。
ただ日本の高温多湿の夏に弱くて夏越しが難しいようです。

カランドリニアはPortulacaceaeスベリヒユ科 Calandriniaカランドリニア属の南北アメリカの西部とオーストラリアに150種以上が分布する多肉質な葉を持った植物です。
別名をアンデスマツバボタンとも呼ばれていて花弁はマツバボタンに似て艶やかです。この名前の方がどんな植物か?想像しやすいと思います。


今回はその中でもチリの高地に自生する二種類を少し前に蒔いてみました。





IMG_2482.jpg
Calandrinia caespitosa ・・・・・・グーグル画像検索 こんな植物
チリの自生地は種子購入元参考画像では海拔2700m。

この位の高度になると発芽が難いかもしれません。
実はまだ一本も発芽していません(笑)
記録としてですから出してみました。
低温の冬を越して春先の発芽があるかもしれません。






IMG_2476.jpg
Calandrinia sp. 1019 #1019・・・・・・グーグル画像検索 こんな植物
チリの自生地は種子購入元参考画像では海拔2000m

これはどういうわけか一本だけ発芽しました。たった一本ですが嬉しいです。
それからもう10日以上経つと思いますがこんなに種が見えているのに(笑)次が発芽しません。
気長に待つしかないのですがチリの植物は発芽が難しいと思います。
大事な一本は本葉が出てきました。
寒さにはこれはかなり強いと思いますが過湿にならないように様子を見て移植するつもりです。
その後は乾いて少ししてから水遣りという感じですね。
残ってくれるといいのですが。難しそうです。



次のこれはサボテンです。種子購入元が違いますが同じチリに自生します。
これは少し前に発芽の様子を秋蒔きサボテンとして記事にして出してみましたが、刺が出てきたのでもう一度登場させてみます。

Austrocactus spiniflorusの自生地は・・・こんな所

発芽から約一ヶ月
IMG_2488.jpg
Austrocactus spiniflorus

サボテンの実生は刺が見えてくると一気に可愛くなるから不思議です。
でもこのサボテン自生地の成株では可愛いには程遠いおよそサボテンとは言えない様な奇妙な姿の持ち主です。
まぁそんな姿も面白みがあって好きなんですが(笑)


今回蒔いたカランドリニアもそうなんですが自生地に思いを馳せて一時でも楽しい時間をすごし夢を与えてくれるそんな実生苗は私にとっては宝物のような存在です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。