Tag[ ER ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイーン・オブ・スウェーデンと安曇野

2011年05月29日 18:27

IMG_0810_20110529181826.jpg


IMG_0808.jpg

Queen of Sweden クイーン・オブ・スウェーデン (ER)


新苗のERのクイーン・オブ・スウェーデンにひとつ花が咲きました。
実はこの薔薇でなくてヘリテージが以前から欲しい薔薇でしたがヘリテージは蔓薔薇のように伸びるのです。
でも、もうこれ以上蔓薔薇は植えられません。

クイーン・オブ・スウェーデンとヘリテージの共通点はその花弁の巻きの美しさにあると思います。
綺麗に間隔を空けて整然と巻いているところが好きです。

ただクイーン・オブ・スウェーデンが都合が良いことにヘリテージとは違いコンパクトに鉢植えで剪定して楽しめる薔薇なのです。



次は遅咲きの安曇野が少し咲き始めてきました。


IMG_0863.jpg


IMG_0865.jpg
安曇野 (ClMin)


澄んだ赤い色は綺麗です。
満開になった時にはまた付けておきますのでご覧下さい。



最後は薔薇ではありませんが、一ヶ月ほど前にマクワウリの苗二本を購入しました。
薔薇の植え替えで出た土が沢山ありますのでそれを土嚢袋に入れて植えつけてみました。



4月30日   苗の植え付け
IMG_0312.jpg


5月30日   摘心しました。保温のためまだ上部に穴を開けたビニール袋はつけてあります。
IMG_0850.jpg

約一ヶ月経って二日前に6節目で摘心して子蔓をだすようにしました。
マクワウリは子蔓を3本ほど伸ばして、3節目で摘心して、孫蔓を伸ばしてその枝に雄花雌花で受粉させて実をつけさせるのだそうです。
マクワウリはまた実が着いた時にでも出してみたいと思います。
7月のお盆には供えるまでに実ができるでしょうか?初めてなので心配です(笑)




スポンサーサイト

ロゼット咲きも色々

2011年05月14日 09:37

薔薇の花の形には、剣弁高芯咲き、ロゼット咲き、カップ咲き、一重咲きなどほんとに色々な咲き方がありますが、今日は家の薔薇でその中のロゼット咲きを見ていただこうと思います。



これは、蔓薔薇のようにも使えるイングリッシュローズのゴールデン・セレブレーションです。




IMG_0500.jpg


IMG_0535.jpg
ゴールデンセレブレーションのクォーター・ロゼット咲き


ERのゴールデン・セレブレーションですがこの薔薇は咲き初めのロゼットは完全に開いた時にはクォーター気味に花の中心部分がなります。

先日の二日続いた雨で咲いていたこの花もぐずぐずになって駄目になってしまいましたが、幸いまだ蕾が残っていましたのでまた咲き始めてきました。





IMG_0514_20110513144058.jpg

IMG_0518.jpg
レーヌ・デ・ヴィオレットのロゼット咲きのボタンアイ


これは今日撮ったものです。
オールドローズのレーヌ・デ・ヴィオレット(HP)です。  
咲き進むと蕾の赤紫色と同じ花色からこのように退色して綺麗なすみれ色を見せてくれます。
この薔薇もロゼット咲きです。
やはり中心の花弁の並びに特徴があります。一部分だけ中に巻き込むような形です。
正面からの上の写真の方でよくわかると思いますが、この形からこれをボタンアイと呼びます。
まぁ、見た感じそのままなんですが栽培し始めた当時はこの咲き方をする薔薇を家で見てみたいと憧れました(笑)


次は同じボタンアイでも中心の蕊がグリーンのこの薔薇はミニ薔薇のグリーン・アイス(Min)です。
もう少し蕊が大きく出ていると分かりやすいのですが、今年の春は出来が悪いです。



IMG_0568.jpg
グリーン・アイスはボタンアイのグリーンアイ




今盛りと咲いているフロリバンダのグルス・アン・アーヘン(FL)は典型的なロゼット咲きだと思いますのでつけておきます。
房咲きに花束のように咲くのですが、これで一枝です。

IMG_0569.jpg
グルス・アン・アーヘン(FL)




今日は家の今咲いているロゼット咲きの薔薇の様子を見ていただきました。
次の機会にはカップ咲きもまとめて出してみたいと思います。



SNOW GOOSE スノー・グース

2011年01月07日 20:07

IMG_9324.jpg


IMG_9326.jpg


いまだに咲くスノーグースをちょっと惜しいような気もしましたが、先日剪定しました。
この薔薇は家ではこのままにしておくとぽつりぽつりと真冬でも咲き続けるのです。

それでも、この寒い時期は休ませた方がいいと思いまして、剪定と言ってもただジャングル化した枝を透かして日が当たるようにしただけですが、済ませました。
これで後は寒肥をやって春までお休みです。


今朝はとても冷え込みました。朝は市販の七草がゆセットを買ってありましたので七草粥を作って一年の無病息災をお願いしました。
七草の種類ですが「せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ すずなすずしろ 春の七草」と唱えて春の七草を覚えてしまうのもいい方法だと言われていますね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



話は変わって次はお知らせなんですが、第五回多肉余剰苗プレゼントをしています。え~と、今日からですが(笑)
題して お年玉多肉プレゼント♪ です。
いつものように、たいしたものはありませんがどうぞ右サイドにあるBBSに立ち寄って見ていってください!

白薔薇と箱庭センペル

2010年06月12日 10:37

白薔薇が咲き始めてきました。マダム・ジョゼフ・シュヴァルツの二番花です。
丸弁の可愛い花は枝も細くて、可憐です。
デュシェス・ドゥ・ブラバンが良く知られていますが持っていません。これをピンクにした感じなのでしょうか?


マダム・ジョゼフ・シュヴァルツ Mme Joseph Schwartz 別名:ホワイト・デュシェス・ドゥ・ブラバン

IMG_6908.jpg

IMG_6909.jpg



もうひとつの白薔薇はイングリッシュ・ローズのスノー・グースです。
枝を伸ばしながら、咲き続けています。
今の花が終わったら剪定しないとジャングルになりそうな勢いです。
ERのランブラーローズって感じですね。


スノー・グース(ER) Snow Goose

IMG_6910.jpgIMG_6913_20100611160223.jpg




+++  ・・・・  +++



今年ももうすぐ入梅のようです。毎年の事ですがセンペルの夏越しも思案のしどころです。
以前から札落ちセンペルの増えた子供のために小さなセンペルの庭植え場所を作ろうと思っていたのですがどこに作ったらよいものか?
裏庭には夏のセンペル置き場がありますが、ただの置き場では面白みもありません。
それで北側向きの玄関横にこんな風にセンペル箱庭を作ってみました。
まだ、ブロックで置き場を囲んで、土を入れ込んだところです。
この後の植え込みは、先日余剰苗のプレゼントに応募してくれた方にお分けしてからになります。
ここには増えた札落ちセンペルを植え込む場所です。きっと喜んでくれるでしょう。
あの牛缶センペルも沢山仔吹きし始めてきています。



IMG_6916.jpg

写真の上のほうに白い鉢が並んで三つ見えると思います。私のセンペル師匠さまから先日センペルをいただきました。
新しいセンペル達です。素晴らしい色が今でも残っています。こんな風に栽培出来ればといつも思うのですがとても難しいです。

ではいつもの様に頂いたSempervivumをひとつずつご紹介します。


IMG_6927.jpg    Kalinda カリンダ
   
   綺麗な色が残っています。
   良く見ると葉の淵の毛が可愛いいですね。












IMG_6928.jpg    Heigham Red ヘイガムレッド

   これは名前でも分かるように
   赤く濃く色着くタイプらしいです。
   来春が楽しみです。
   元気に沢山仔吹きしています。










IMG_6929.jpg   Hart ハート

   ハートは長めの葉が拝見して特徴に見えましたが
   こんなに丸まっているのも可愛いです。
   綺麗なロゼットを作る品種ですね。   













IMG_6934.jpg   そして、札落ちセンペルも頂きました。
   中にはとても綺麗なものが見えます。
   まだ土の上に置いてあるだけですがこれからゆっくり
   配置などを考えて植え込んでいくのですが、
   それがとても楽しい作業です。
   これらも上手く夏越しできれば、
   きっと来春には沢山増えてくれるでしょう。








この箱庭も植え込んで落ち着きましたらまた見ていただきたいと思います。



ベルとG・セレブのふたつの大輪

2010年05月10日 20:09

IMG_6215.jpg

IMG_6213.jpg IMG_6233_20100510195543.jpg


ベルオブウォーキング (パテンス系・八重咲)
クレマチス キンポウゲ科の耐寒性多年草(つる性)

草丈:2~3m
花径:8~10cm
花色:ピンク~藤色
開花期:5~10月
花のつき方:旧枝咲きの早咲き系(前年の旧枝に花がつく)


クレマチスのベル・オブ・ウォーキングが今が盛りと咲いています。
今年は少し色付きが悪くてその花色が少し薄い様に思いますが、それでも数咲くと綺麗だと思います。



このベルの右横に植えてあるのがイングリッシュローズのゴールデン・セレブレーションです。
ゴールデン・セレブレーションはその山吹色に近い色合いと、香りの良さでお気に入りです。

今年も期待を裏切らない花容で咲いてくれたと思います。



IMG_6219.jpg

IMG_6265.jpg

IMG_6223.jpg




ゴールデン セレブレーション(ER) Golden Celebration  
        
花 色  山吹色
花 径 大輪
香 り  強香
開花性  返り咲き
作出年 1992年  イギリス David Austin


庭の薔薇もだいぶ咲き始めてきています。この時期ですから、写真が主になると思いますができるだけ数多く投稿したいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。