Category[ Old Roses ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭の薔薇 

2013年05月03日 10:23

庭の薔薇 5月初旬

5月初旬、庭で咲く薔薇の様子です

スポンサーサイト

秋深し

2012年11月02日 09:44

少し前から庭の薔薇が咲き始めています。


IMG_5538_20121102093007.jpg
アンブリッジ・ローズ (ER)

花色 アプリコットピンク ピンクブレンド
樹高  0.9~1.2m
花径 中・大輪カップ咲きからロゼット
作出年 1990年 David Austin イギリス



IMG_5533_20121102093006.jpg
Sonia Rykiel   ソニア・ リキエル (S)

花 色 コーラルピンク からクリアピンク
樹 高  1.2m~1.5m
花 径 大輪
香 り  強香
開花性  繰り返し咲き
作出 1995年 Guillot Massad フランス



次に咲く蕾も大分大きくなってきています。


IMG_5659.jpg

薔薇はまた咲きましたら出してみようと思っています。



今の時期はまだ犬の散歩も朝方行くのですが、近くの公園に行った時にはこれを集めはじめています。




IMG_5652_20121102093029.jpg

IMG_5656.jpg

公園の木の実です。
昨年も少なかったのですが、今年もあまり変わらずそう落ちていませんでした。
でも、少しずつ集めてまたなにか作ってみようと思っています。
木の実は毎年見ているのですが惹かれるものがあります。


2012秋の多肉の種蒔き・・色々(オトンナ、メセン、シクラメン)

2012年10月28日 12:33

実は私の実生している物ですが実際に見たことのないものがほとんどです。
それで、次のOthonnaオトンナも株を一つも持っていませんが蒔いてみました。



播種日 10月13日
IMG_5607.jpg
左から
Othonna macrosperma
Othonna sp Clanwillian Dam
Othonna cakilifolia

右端のcakilifoliaは徒長気味です。
春に蒔いた時に溶かしていますので発芽してから日当たりの良い所に直ぐには置けませんでした。これは日陰に置き過ぎたようです。
macrospermaもsp Clanwillian Damもまだ発芽しはじめたばかりでもう少し本数が出そうです。  




次はメセンですが今年は二品種だけ蒔いてみました。
その一つのが発芽して育っています。

播種日 10月6日
IMG_5613.jpg
Oscularia deltoides
(Groundcover, pink stems, grey leaves, compact, attractive mauve fl, a little known but very elegant plant. Sow Au. Zone 8.)

これはグランドカバーにもなるようなそんなものですが、小さな藤色の花はとても綺麗なものです。
同じに蒔いたOscularia cedarbergensis ? はまだ発芽していません。




シクラメンは少し前に種を蒔いてまだ発芽の気配が無い事をお伝えしたのですが、ようやくその気配が見えてきました。
播種から発根を確認するまでにまでに7週間掛かっています。
でも、まだ双葉の展開までにはなっていません。


シクラメン・ヘデリフォリウムの種を採取した親株の今の様子です。
ようやく、葉が茂りはじめてきています。
IMG_5615_20121028104127.jpg
Cyclamen hederifoliumシクラメン・ヘデリフォリウム


播種日 9月6日
IMG_5636.jpg

IMG_5630.jpg

シクラメンは嫌光性種子ですから、これも真っ暗になる所に置いてあります。
覆土すれば暗くするのにそれほど気を使わなくて良いはずですからそうしても良かったのですが、私は発根する様子もみたいので、覆土してありません。


やはり球根の出来る植物の発芽は一月以上掛かる物がほとんどのようで、土が乾かないように気をつければ後は気長に待つのが良いようです。

薔薇と宿根草

2012年05月17日 11:09

薔薇がだいぶ咲き始めてきましたが、蔓薔薇は昨年台風対策で強剪定したものがほとんどで、いつもの年のような賑わいがまだありません。
でも少しずつ賑やかになってきていますので、この次に出してみたいと思います。

今日は鉢植えのこの二種類の薔薇と、今一番綺麗に咲いている宿根草からです。



IMG_4128.jpg

IMG_4149.jpg
Queen of Sweden クイーン・オブ・スウェーデン (ER)

まだ咲き初めですが、カップ咲きに綺麗に咲く薔薇です。
咲き進むともう少し色が薄くなりますが、弁質が良くて雨にも強く崩れません。




IMG_4102_20120517100755.jpg

IMG_4101.jpg
Comte de Chambord コント・ドゥ・シャンボール(P)


こちらはオールドローズですが、見るからに花弁も多くてゴージャスです。
花色のライラックローズから薄いピンクまでのグラデーションが優しげで綺麗です。
小さい頃幼稚園などで薄紙を重ねて作ったボンボン型の花に良く似ています。
素晴らしいダマスク香をもった薔薇です。






家の玄関は北向きなので、裏庭で鉢植え管理して咲き始めてきたところを見計らって持ってきます。




これは一日花ですが次々と咲いてくれます。色合いが綺麗で気に入っています。

IMG_4130.jpg
アイリスの仲間 アヤメ科 アヤメ属


次はその裏庭の様子からです。


IMG_4145.jpg

IMG_4138.jpg
ホシザキユキノシタ ユキノシタ科 ユキノシタ属

小さな花ですが、よく見ると綺麗です。それにとても面白い作りをした花です。
毎年よほどのことがない限り忘れず咲いて、季節を教えてくれるのが宿根草の良い所ですね。





白薔薇 ブール・ド・ネージュ と裏庭の宿根草

2012年05月10日 09:38

IMG_4030.jpg


IMG_4059_20120510091223.jpg

IMG_4060_20120510091223.jpg



ブール・ド・ネージュ  Boule de Neige (B)  

樹高 半蔓
花期 周年開花(不完全)
花色 パールホワイト
大きさ・花型 中輪・ロゼット咲き
香り 良香
作出年  1867年
作出国  フランス
作出者  F.Lacharme


この薔薇はBoule de Neige ブール・ド・ネージュ、「雪の玉」とも呼ばれるブルボンの名花です。

咲き始めの花芯のピンク色は咲き進むにつれて消えていきます。

春はゆったりと柔らかく咲いています。



裏庭の花を少し。



IMG_4041.jpg

IMG_4046_20120509190008.jpg
シャリンバイ「車輪梅」バラ科 シャリンバイ属





IMG_4058.jpg
オランダカイウ「阿蘭陀海芋」 ( カラー エチオピカ又はアエティオピカ)
サトイモ科 オランダカイウ属




IMG_4047_20120509190006.jpg

IMG_4049_20120509190005.jpg
シラン 紫蘭  ラン科 シラン属


五月の裏庭の様子からでした。


薔薇の一番花・・季節は巡る

2012年05月02日 13:51

あの震災から1年余が過ぎました。
今年も庭では薔薇の一番花が咲いています。

何事もなく薔薇は咲いて、そしてその花を愛で、香りを楽しむ。
今を楽しみましょう~♪ そう思います。



IMG_3951.jpg

IMG_3964.jpg

ソフィーズ・パーペチュアル(Ch) Sophie's Perpetual

花色:ローズ ピンクグラデーション 開ききるとピンクにシルバーハイライト
花 径:中輪
香 り:良香
開花性:四季咲き
耐寒性:◎
鉢栽培:◎
作出年:不明





IMG_3960_20120501202121.jpg

IMG_3971.jpg

セレス・ムルティフローラ (Chie's Tea NO.2 Pearl改)

色 :ホワイトピンク
花 径:中輪
樹高 :1m
四季咲き性:◎
耐寒性 :O
鉢栽培:◎
作出年:不明





IMG_3974.jpg

オールドブラッシュ Old Blush (Ch)

別名:Parson's Pink China
系統:チャイナ
花色:ピンク 秋にはピンクブラッシュ
大きさ・花型:中輪・八重
四季咲き性:◎
鉢栽培:○
耐寒性:◎
作出国:中国
作出者:不詳
作出年:1752年以前

この薔薇は昨年もその前の年も一番目に家では咲いています。
10年ほど前に花友達に一枝分けてもらい挿したものがこうして毎年咲いてくれています。




五月は雨の日が結構多い気もします。
五月晴れととか言いますが、合間の晴れた日の爽やかさがいっそう際立って印象に残るからでしょう。

咲き進んで今朝撮ったものはみな雨に濡れています。
でも雨の中の薔薇もまた綺麗だと思いました。



師走の薔薇

2011年12月08日 09:58

IMG_2694_20111129110227.jpg


IMG_2737.jpg
Souv de Pierre Notting スヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタン 別名イエロー・ママン・コシェ
樹高:1m
花色:イエローブレンド
花径:中輪
香り:中香
作出年:1902年


少し前から一輪咲き始めていましたが雨で花弁が溶けてしまいました。
これはその次に咲いたものです。これも外側が痛んでいますが、、
香りだけは素晴らしく多分春以上だと思います。
香りはこれだけは見えるものではありませんので栽培している者がいちばんの身近で感じられる楽しみですね。





IMG_2749.jpg
セレス・ムルティフローラ (Chie's Tea NO.2 Pearl改)
色 :ホワイトピンク
樹高 :1m
四季咲き性:◎
耐寒性 :O
作出年:不明
鉢栽培:◎
花の大きさ:中輪



幾つも蕾が付きすぎてちょっと小さめな花になっています。
春より色濃く咲いています。
このティーローズはマウイ島で見つけられた薔薇です。

春の時にはこんな感じで咲きます。


IMG_5908.jpg


見比べると違いが良く分かりますが、これも香りが素晴らしくティーローズにしてはダマスクの甘い香りもはじめから感じます。


師走の気ぜわしい時期ですが薔薇がまた咲きました時には出してみたいと思います。



薔薇の蕾

2011年11月29日 16:17

今日は薔薇の蕾を撮ってみました。



IMG_2681.jpg


IMG_2694_20111129110227.jpg


IMG_2691.jpg

IMG_2692.jpg



予報では確か今日は雨だった気がしますが、薄日がさしてきました。
当たらない天気予報も晴れるなら歓迎です。
庭にでて薔薇を見ればまだまだ咲く気があるのも見えます。
と言うか家の薔薇は今までは虫がひどくてろくな花が咲かないのです。
やっとこの所の落ち着いた気温で咲き始めてくるようです。
蕾はまた開きましたら出してみたいと思います。





秋薔薇の咲く頃

2011年10月05日 10:53

今日は咲きはじめてきた庭の薔薇からです。


IMG_2280_20111005090257.jpg

Mme Melanie Willermoz (Tea) マダム・メラニー・ウィルモ

花色:ホワイトピンク
樹高:1m
四季咲き性:◎
耐寒性:○
鉢栽培:◎
花の大きさ:中輪
作出年:不明


花弁は少し痛んでいますが秋薔薇シーズンに先駆けてやはり一番手はティーローズが咲いてきました。
なんとも言えないほど甘い色合いですね。









IMG_2286.jpg

ブール・ド・ネージュ  Boule de Neige (B)  

樹高 半蔓
花期 周年開花(不完全)
花色 パールホワイト
大きさ・花型 中輪・ロゼット咲き
香り 良香
作出年  1867年
作出国  フランス
作出者  F.Lacharme


こちらはBoule de Neige「雪の玉」とも呼ばれるブルボンの名花です。
まだ夏顔が残っています。
もっところっとぎっしりな花弁で咲いてくれるはずなんですが、、






もうひとつは裏庭の宿根草からです。
これは私が以前花友達に一株頂いたものです。
ベコニアフローレンスと花はよく似ていますがしっとり落ち着いた雰囲気が好きです。



IMG_2313.jpg

シュウカイドウ(秋海棠) Begonia evansiana シュウカイドウ科
原産地は中国 マレー半島



ピンク  ピンク ピンク~** ピンク色の薔薇♪

2011年05月27日 20:24

IMG_0707.jpg
粉粧楼 (Ch)

完全に開ききった粉粧楼は桜貝の色。
花びら一枚だけ取ればたぶんもっと薄いピンク色だと思う。








IMG_0693.jpg

IMG_0690_20110527191445.jpg
Comte de Chambord コント・ドゥ・シャンボール(P)

コント・ドゥ・シャンボールもかなり薄い花弁だけれど上の粉粧楼より厚い。
その分少し色濃く見える気がする。
香りの良い薔薇です。






IMG_0713.jpg


IMG_0719.jpg


IMG_0783_20110527191447.jpg
Sonia Rykiel ソニア・リキエル(S) 

咲き進むにつれて、リキエルのその美しいコーラルピンクが薄くなってしまう。
でもやはり上の二つの薔薇のピンクとは色合いが違うのが分かる。
かすかでもコーラルが入るとピンクの薔薇も大人びた表情になる。






IMG_0701.jpg

IMG_0802_20110527191446.jpg

IMG_0801.jpg
St.Cecilia セント・セシリア (ER)

大人びたと言えば家ではこれ。
イングリッシュローズの名花、セント・セシリア。  
白地に薄いピンクとかすかにアプリコットも。最高に気品が感じる色合いだと思う。
香りはミルラ香。神秘的な名前の持ち主にふさわしい香りです。


今日は色々なピンクの薔薇を見ていただきました。
まだ蕾のこれから咲こうとしている薔薇もあるのですが、どうらやら台風が近づいてきているようです。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。