Category[ Modern Roses(ER) ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイーン・オブ・スウェーデンと安曇野

2011年05月29日 18:27

IMG_0810_20110529181826.jpg


IMG_0808.jpg

Queen of Sweden クイーン・オブ・スウェーデン (ER)


新苗のERのクイーン・オブ・スウェーデンにひとつ花が咲きました。
実はこの薔薇でなくてヘリテージが以前から欲しい薔薇でしたがヘリテージは蔓薔薇のように伸びるのです。
でも、もうこれ以上蔓薔薇は植えられません。

クイーン・オブ・スウェーデンとヘリテージの共通点はその花弁の巻きの美しさにあると思います。
綺麗に間隔を空けて整然と巻いているところが好きです。

ただクイーン・オブ・スウェーデンが都合が良いことにヘリテージとは違いコンパクトに鉢植えで剪定して楽しめる薔薇なのです。



次は遅咲きの安曇野が少し咲き始めてきました。


IMG_0863.jpg


IMG_0865.jpg
安曇野 (ClMin)


澄んだ赤い色は綺麗です。
満開になった時にはまた付けておきますのでご覧下さい。



最後は薔薇ではありませんが、一ヶ月ほど前にマクワウリの苗二本を購入しました。
薔薇の植え替えで出た土が沢山ありますのでそれを土嚢袋に入れて植えつけてみました。



4月30日   苗の植え付け
IMG_0312.jpg


5月30日   摘心しました。保温のためまだ上部に穴を開けたビニール袋はつけてあります。
IMG_0850.jpg

約一ヶ月経って二日前に6節目で摘心して子蔓をだすようにしました。
マクワウリは子蔓を3本ほど伸ばして、3節目で摘心して、孫蔓を伸ばしてその枝に雄花雌花で受粉させて実をつけさせるのだそうです。
マクワウリはまた実が着いた時にでも出してみたいと思います。
7月のお盆には供えるまでに実ができるでしょうか?初めてなので心配です(笑)




スポンサーサイト

ロゼット咲きも色々

2011年05月14日 09:37

薔薇の花の形には、剣弁高芯咲き、ロゼット咲き、カップ咲き、一重咲きなどほんとに色々な咲き方がありますが、今日は家の薔薇でその中のロゼット咲きを見ていただこうと思います。



これは、蔓薔薇のようにも使えるイングリッシュローズのゴールデン・セレブレーションです。




IMG_0500.jpg


IMG_0535.jpg
ゴールデンセレブレーションのクォーター・ロゼット咲き


ERのゴールデン・セレブレーションですがこの薔薇は咲き初めのロゼットは完全に開いた時にはクォーター気味に花の中心部分がなります。

先日の二日続いた雨で咲いていたこの花もぐずぐずになって駄目になってしまいましたが、幸いまだ蕾が残っていましたのでまた咲き始めてきました。





IMG_0514_20110513144058.jpg

IMG_0518.jpg
レーヌ・デ・ヴィオレットのロゼット咲きのボタンアイ


これは今日撮ったものです。
オールドローズのレーヌ・デ・ヴィオレット(HP)です。  
咲き進むと蕾の赤紫色と同じ花色からこのように退色して綺麗なすみれ色を見せてくれます。
この薔薇もロゼット咲きです。
やはり中心の花弁の並びに特徴があります。一部分だけ中に巻き込むような形です。
正面からの上の写真の方でよくわかると思いますが、この形からこれをボタンアイと呼びます。
まぁ、見た感じそのままなんですが栽培し始めた当時はこの咲き方をする薔薇を家で見てみたいと憧れました(笑)


次は同じボタンアイでも中心の蕊がグリーンのこの薔薇はミニ薔薇のグリーン・アイス(Min)です。
もう少し蕊が大きく出ていると分かりやすいのですが、今年の春は出来が悪いです。



IMG_0568.jpg
グリーン・アイスはボタンアイのグリーンアイ




今盛りと咲いているフロリバンダのグルス・アン・アーヘン(FL)は典型的なロゼット咲きだと思いますのでつけておきます。
房咲きに花束のように咲くのですが、これで一枝です。

IMG_0569.jpg
グルス・アン・アーヘン(FL)




今日は家の今咲いているロゼット咲きの薔薇の様子を見ていただきました。
次の機会にはカップ咲きもまとめて出してみたいと思います。



SNOW GOOSE スノー・グース

2011年01月07日 20:07

IMG_9324.jpg


IMG_9326.jpg


いまだに咲くスノーグースをちょっと惜しいような気もしましたが、先日剪定しました。
この薔薇は家ではこのままにしておくとぽつりぽつりと真冬でも咲き続けるのです。

それでも、この寒い時期は休ませた方がいいと思いまして、剪定と言ってもただジャングル化した枝を透かして日が当たるようにしただけですが、済ませました。
これで後は寒肥をやって春までお休みです。


今朝はとても冷え込みました。朝は市販の七草がゆセットを買ってありましたので七草粥を作って一年の無病息災をお願いしました。
七草の種類ですが「せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ すずなすずしろ 春の七草」と唱えて春の七草を覚えてしまうのもいい方法だと言われていますね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



話は変わって次はお知らせなんですが、第五回多肉余剰苗プレゼントをしています。え~と、今日からですが(笑)
題して お年玉多肉プレゼント♪ です。
いつものように、たいしたものはありませんがどうぞ右サイドにあるBBSに立ち寄って見ていってください!

梅雨の合間に咲く薔薇達

2010年06月16日 21:04

昨晩から降り続いた雨もようやくあがって、梅雨の合間の強い日差しがさしてきました。
もう庭の薔薇は二番花が咲いていますが今日はそれを撮ってみました。

まず、イングリッシュローズのセント・セシリアからです。
名前も素敵なこの薔薇は、次のスイート ムーンと共に昨年娘から母の日にプレゼントされたものです。



IMG_6935.jpg

この薔薇の花容やその直立ぎみに伸びるその姿は最高にエレガントな薔薇だと思います。
イングリッシュローズの中でもアンブリッジローズと共に香りの薔薇としてよく知られています。
香りはミルラ香とよばれるものですが、甘すぎず私は好きな香りです。
また音楽の守護聖人「セント・セシリア」にちなんでつけられた名前はこの薔薇をいっそう魅力的に見せているような気もします。

セント・セシリア St.Cecilia (ER)

花 色  アプリコットピンク
花 径  中輪
香 り  強香
開花性  四季咲き
樹 高  1m
作出年  1987年 イギリス




そして次の薔薇は、家のただひとつのブルーローズです。
ブルーと言っても、薄紫色といった感じですが、薔薇のブルーローズと呼ばれているものはこの様な色合いのものが多いようです。

IMG_6948.jpg

スイート ムーン Sweet Moon (FL)     

花 色  淡紫色
花 径  中輪
香 り  良香
開花性  四季咲き
樹 形  半直立性 
樹 高  1.2m~1.5m
作出年 2001年  
作出者  寺西菊雄 



最後は良く知られたこの薔薇です。家でも昨年あたりから二番花が咲くようになってきました。



IMG_6940.jpg

ピエール・ドゥ・ロンサール Pierre de Ronsard (Lcl)

花 色 ピンクから白へのグラデーション
花 径  大輪
香 り  中香
開花性  返り咲き
伸 長  2.5m~3.5m
作出年 1987年
作出者  M L Mailland フランス

家のピエールは鉢植えで、それも樹高150センチほどです。
また、日陰勝ちな家の環境にも耐えて、毎年花を咲かせています。どれだけ、強健な薔薇かこれで分かると思います。
他所様で見事な地植えのこの薔薇を見ることがあります。
そんな時には、鉢植えでは駄目だな!と思うのですが、こうして少しでも見られればまたそれでも嬉しくて、
栽培していて良かったのだ!と無理やり自分を納得させてその気持ちをやり過ごしています(笑)

この後には、同じフランスの薔薇のソニア・リキエルや、オールドローズの粉粧楼、それにコント・ドゥ・シャンポールなど他にも幾つか蕾を持っています。
梅雨時の開花になりますが、雨に濡れた薔薇は痛みも早いですが、風情は春とは違った落ち着きもあってよいものです。




ベルとG・セレブのふたつの大輪

2010年05月10日 20:09

IMG_6215.jpg

IMG_6213.jpg IMG_6233_20100510195543.jpg


ベルオブウォーキング (パテンス系・八重咲)
クレマチス キンポウゲ科の耐寒性多年草(つる性)

草丈:2~3m
花径:8~10cm
花色:ピンク~藤色
開花期:5~10月
花のつき方:旧枝咲きの早咲き系(前年の旧枝に花がつく)


クレマチスのベル・オブ・ウォーキングが今が盛りと咲いています。
今年は少し色付きが悪くてその花色が少し薄い様に思いますが、それでも数咲くと綺麗だと思います。



このベルの右横に植えてあるのがイングリッシュローズのゴールデン・セレブレーションです。
ゴールデン・セレブレーションはその山吹色に近い色合いと、香りの良さでお気に入りです。

今年も期待を裏切らない花容で咲いてくれたと思います。



IMG_6219.jpg

IMG_6265.jpg

IMG_6223.jpg




ゴールデン セレブレーション(ER) Golden Celebration  
        
花 色  山吹色
花 径 大輪
香 り  強香
開花性  返り咲き
作出年 1992年  イギリス David Austin


庭の薔薇もだいぶ咲き始めてきています。この時期ですから、写真が主になると思いますができるだけ数多く投稿したいと思います。

白薔薇で謹賀新年

2010年01月02日 10:46

Snow Goose


               あけましておめでとうございます
               今年も変わらず宜しくお願い致します




庭で咲いている薔薇はそれでもほんの少しあります。
このスノーグースは、イングリッシュローズの中でもちょっと珍しいタイプの薔薇になると思います。
ランブラー・ローズと言ってもいいと思いますが、四季咲き性に優れたつる薔薇で、枝は見ての通り柔らかく、刺もほとんど無いので扱いやすい薔薇です。
季節ごとに表情も色も微妙に変わって、もっと寒くなると花弁はピンク色になりそれも可愛らしいです。
イングリッシュローズはあまり持っていないのですが、お気に入りです。


昨年、ブログの投稿は中二日ほど置いての投稿という形が多かったのですが、こうでもかたち付けないと私が怠け者なので、それこそ何日も投稿しない日が出来たり若しかして休止してしまうのに違いないと分かっていたからです。
自分に今日は投稿日だからと枷を付けないと動けないタイプなのです。
今年は、その枷をはずしてみようと思います。ブログをはじめた当時のあの頃の自分に少しでももっていきたい。そう考えての事です。
欲を言えば心動かすものがあって初めて書きたい気持ちになるのが自然だと思ったからです。
もっと庭にいて、植物を見てあげなくては駄目な気がします。
そんなわけで、これからの投稿ですが始めは不規則になるかもしれませんが、私が生き返れば、自然に若しかしたら今より増えるかもしれません。
そんな考えでいますが、どうか今年も変わらず宜しくお願い致します。



初秋

2009年09月22日 10:57

IMG_3072.jpg

まだ一つしか咲いていませんが、ERのスノーグースが咲き始めてきました。
下の方にはチュウレンジ蜂に食べられて葉が何も無い所が見えると思います。
この薔薇はとてもこの蜂に好かれるのです。これだけ残っているのは良い方です。

Teaのニフェトスは、とても綺麗な蕾の形をしているのでちょっと撮ってみました。
蕾はティーローズ特有の形です。

IMG_3116.jpg
IMG_3121.jpg

次はガーデンシクラメンの蕾がだいぶ大きくなってきています。
もう園芸店では開花株が出ているのにびっくりして早速家のを見てみました。
IMG_3122_20090922093932.jpgIMG_3123.jpg
まだ色がはっきりしませんが確かピンクだったと思います。
赤もありますが、それはまだまだの様です。
でもあと一ヶ月もしないうちに咲き始めてくるでしょう。
ガーデンシクラメンはとても丈夫ですね。

きょうあしたと地元の秋祭りです。
毎年お彼岸に在るので何時もてんてこ舞いしています。
なのに投稿とは! 色々後の予定がありまして(笑)




’09 、春のスノー・グース(ER)

2009年05月06日 10:22

IMG_1011.jpg

IMG_1001.jpgIMG_1002.jpg


春のスノーグースは表情豊かです。蕾は他の季節は卵色なのですが、春はそれにピンクも乗ってとても綺麗です。
昨日からの雨にもかかわらず、弁質が良いのと小輪の為でしょうか傷みません。
隣にはG・セレブレーションがあるのですがそちらはうなだれて、今日はいいところがありません。
毎年この薔薇はほうって置くと2月頃まで咲くのですが、今年は休ませました。
それが良かったのか、何時もの年より花が大きいようです。一輪でも見ごたえのある花が咲きました。

スノー・グース(ER) SNOW GOOSE

花色 花型 ホワイト ポンポン咲き 四季咲き
樹形 クライミングローズ
香り  微香
作出 1996年度 David Austin




IMG_1006.jpg

このローズピンクの可愛い蕾はオールドローズ、ハイブリットパーペチュアルの
レーヌ ・デ・ ヴィオレットです。
この薔薇は直立気味に2メートルほどにもなるのですが、細枝で刺も少なく扱いやすい薔薇です。
咲き進むと素晴らしいクオーター気味のロゼット咲きを見せてくれます。
初めは紫がかった赤から最後はブルーローズの様な色にまで退色するその過程が素晴らしく、見ごたえがあります。
この薔薇もそうですが、オールドローズは日陰がちな場所にも耐えて、毎年春にはこのように咲き始めてくれます。ですが家のレーヌ ・デ・ ヴィオレットは春の二番花までは咲きますが、秋薔薇を咲かすまでの力はないようです。
日当たりの良い場所でしたら、秋にも返り咲く薔薇です。
咲き進む過程も後日のせてみたいと思いますのでまたご覧下さい。




’09、春のゴールデン・セレブレーション・・My first rose

2009年05月03日 08:21

少し前から咲き始めてきたこの薔薇はイングリッシュ・ローズのゴールデン・セレブレーションです。
美しいこの薔薇をまた見れるのは最高の幸せです。
私の薔薇栽培のきっかけとなったこの薔薇はその色と香りが特に素晴らしいと思います。
花色は好みの分かれるところですが、とても深い黄色で、春の色は巻きも厚いので特に濃く見事です。山吹き色と言っても良いと思います。
香りは最初はすっきりとしたティー香、そのあとフルーツ香が何時までも残ります。
この薔薇は1992年作出ですからイングリッシュ・ローズのなかでももう古い部類になる薔薇ですが、同じ年に作出された薔薇には
エミリー (Emily ソフトピンク大輪) グラミスキャッスル (Glamis Castle純白中輪) ルドゥーテ (Redoute'ソフトピンク大輪) サーエドワードエルガー (Sir Edward Elgar深紅大輪)
などがあります。
いずれも今でも人気のあるイングリッシュ・ローズですがこの中のどれにもひけをとらないほどの個性を持った薔薇だと思います。  



IMG_0892.jpg


IMG_0934_20090503075319.jpgIMG_0938_20090503075342.jpg



ゴールデン セレブレーション(ER) Golden Celebration  
        
花 色  山吹色
花 径 大輪
香 り  強香
開花性  返り咲き
作出年 1992年  イギリス David Austin



薔薇の株元に植えた金蓮花が咲き始めてきました。
蒔いたのが2月の初めですから3ヶ月も掛かったことになります。
なにも早咲き狙いになりませんでした(笑)

キンレンカ(金蓮花) 別名ノウゼンハレン(凌霄葉蓮)
南米原産のノウゼンハレン科の一年草。

まだ一輪ですがとてもいい色です♪
IMG_0919_20090503075256.jpgIMG_9540.jpg



アンブリッジ・ローズ(ER)の破れたハート

2009年04月27日 10:39

IMG_0804.jpg

IMG_0810.jpgIMG_0814.jpg


アンブリッジ・ローズはミルラ香とその季節で移ろう美しいアプリコットピンクの花色で知られた薔薇です。
強健で、香りも良くコンパクトにまとまるので鉢植えで容易に楽しむ事が出来ます。
私はそれに加えてもう一つお気に入りのことがあります。
この薔薇は美しいハート型の花弁の持ち主なのです。
春はこんな風に外側のハート型の花弁を大きく広げて素敵なカップアンドソーサーの形で咲いてくれます。
昨日は強風でその花弁が痛みました。これ以上酷くならないうちにと今年の一番花を記録として撮りました。
ですがもうその時には一枚のハートが破れはじめていました。それに外側の花弁の何枚かが擦れて痛んでいる所もあります。
下の左の写真ではハートが二つに裂かれようとしているのが分かると思います。
薔薇は雨の被害より、風の被害の方がきつくでます。
また今年も台風も来るでしょうし、風に泣かされる日が来るかもしれません。
この後、鉢を動かしましたが、庭の薔薇が全体にもう少し咲き進んでいたらもっと酷い有様になっていたと思います。でもこればかりは毎年の事でどうにも成りません。

アンブリッジ・ローズ (ER)

花色 アプリコットピンク ピンクブレンド
樹高  0.9~1.2m
花径 中・大輪カップ咲きからロゼット
作出年 1990年 David Austin イギリス



同じ庭に地植えでクレマチスのベル・オブ・ウォーキングを植えてあります。
このクレマチスは薔薇と同じ年に植えました。
毎年この時期に成ると見事な万重咲きで咲きます。秋にも少し重ねは少なくなりますがまた咲いて楽しませてくれます。

IMG_0819.jpg

クレマチス ベル・オブ・ウォーキング

キンポウゲ科 センニンソウ属
花径: 大輪八重咲き、
花時期: 早咲きのパテンス系
花色: 淡いラベンダー 色
花言葉: 「精神的な美しさ」






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。