Category[ Modern Roses(Min) ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女神 レ・パンディア

2010年06月08日 11:37

レ・パンディア (ClMin)


IMG_6844.jpg


いくら調べても素性のはっきりしないこのミニの蔓薔薇は地元の薔薇園で購入した物です。
このミニ薔薇はピンク色ですが、その薄いピンクの色合いがとても上品で綺麗です。
長めの蘂も直ぐには黒くならない所も気に入っています。
鉢植えで円形のワイヤーにつたわせていますが今年の冬にはもう少し良い物に仕立ててあげようと思っています。




次は良く知られているこのミニ薔薇です。


グリーン・アイス(Min)

IMG_6856.jpg

IMG_6854.jpgIMG_6882.jpgIMG_6880_20100608091652.jpgIMG_6879.jpg

グリーン・アイス(Min)

花季:四季
花色:白から後にグリーンがかる
樹高:0.3m~
香り:ほとんどない
作出:1971年 R.S.Moore アメリカ


このグリーン・アイスも丈夫なミニ薔薇です。
春の花はまた柔らかく、ゆったりと咲いてくれます。
この薔薇は花持ちがとても良く白から薄いグリーン色に変化する様子も楽しめます。
でもやはり早めにカットした方が後のことを考えれば良いのでしょう。
ミニ薔薇は条件させ良ければ繰り返し花を咲かせます。樹性に気を使いながら、長く楽しみたいと思います。


もうひとつ、最後は花弁をちょっと虫に食べたれていますが、元気をもらえそうなはっきりした色合いが特徴的なこの薔薇です。


リトルアーティスト(Min)

IMG_6873_20100608105435.jpgIMG_6874.jpg

リトルアーティスト(Min)

花季:四季
樹高:0.3m~
香り:微香

ベルベットのような花弁の質感とこの元気をもらえそうなくらい明るい花色が特徴的なミニ薔薇です。
とても強健な薔薇で、見た感じは派手そうに見えますが、可愛らしさもありどことなく和風の趣さえ感じます。


大きな木立薔薇の一番花ももう終わろうとして寂しくなってきました。
ミニ薔薇を薔薇と構えないで普通の草花感覚で、もちろん丈夫なミニ薔薇を選ぶ事が前提ですがこんな風に手元に幾つか置けばまたこの後も楽しめます。どなたでも一年を通して薔薇のある生活を気軽に楽しむ事ができると思います。
スポンサーサイト

愛らしい蔓薔薇、安曇野とブルーマジェンダ

2010年05月27日 20:59

IMG_6614.jpg


IMG_6617.jpg

安曇野 (ClMin)

花色:赤、中心は白
花径:2~3cm
花形:丸弁一重咲き
樹形:ツル性
樹高:300cm
香り:ほとんどない
用途:鉢植え、庭植え、アーチ、オベリスク、フェンス、壁面


家の安曇野は鉢植えです。
日陰がちな家にあってもこのぐらいは咲いてくれます。
日照がもっと確保できるなら、それこそ株を多い尽くすようにびっしり花で覆われるはずです。
強健な薔薇で、病気にかかった事がありません。
とても育てやすい薔薇だと思います。






IMG_6592.jpg


Biue Magenta ブルー マジェンダ (R)

花色:濃い赤紫
花径:2~3cm
花形:丸弁ロゼット咲き
樹高:300cmほど
香り:ほとんどない
用途:鉢植え、庭植え、アーチ、パーゴラ、壁面 、窓辺
1900年 頃 作出 

ブルー マジェンダの色合いはなにか人を惹きつけるものがあるような気がします。
少し咲き進むと退色して、赤みが抜けてさらに落ち着いた色合いになります。
花型と色からはやはりオールドローズの雰囲気を感じさせれくれる貴重なランブラーローズです。



最後はオールドローズのレーヌ デ ヴィオレットです。
ほんとに日陰に植えてありますが、オールドローズの中にはそれでもそれに耐えてこんな風に咲いてくれる薔薇もあります。
やはり花付きは落ちると思いますが、毎年この薔薇に合えると選んで正解だったとつくづく思うのです。
枝と刺の少ない直立気味のスレンダーな枝振りとクォーターロゼットの花型とその香り!
ブルーがかった色合いに退色する様子も見逃せません。美しいです!  


IMG_6173_20100527200311.jpg


IMG_6598.jpg

Reine des Violettes レーヌ デ ヴィオレット(HP)

樹高:2.0m程度
花期:二季咲き(返り咲き)
花色:赤みを帯びた紫
香り:強香
花型:大輪・盃状クォーター咲き
作出年:1860年
作出者:Millet Malet フランス

夏に咲くれんげローズ

2009年08月04日 09:46

ミニ薔薇のれんげローズです。八女津姫とも言います。
丈夫なミニ薔薇ですから、屋外で雨ざらし状態ですが、また咲き始めてきました。
でも春の時より花数が減っています。

IMG_2517.jpg
IMG_2518.jpg
咲いた所はもちろん可愛らしい薔薇ですが、ぷっくりしたこの位の蕾の感じが好きです。


次は頂いた多肉の中から、今の時期とってもその葉が涼しげに見えたので出します。
何回か花もつけてくれています。この次の植え替えで鉢をちゃんとしないと可愛そうですね。


ビオラセア/豹紋 (Scilla violacea) ユリ科 Scilla属

IMG_0114.jpg
IMG_2527.jpg
IMG_2530.jpg
すてきな葉っぱです。

ミニ薔薇とお絵かきとメダカ

2008年06月24日 17:40

毎日雨がこう降っては、地植えの薔薇は咲いても可愛そうです。
花弁の弱い物などは直ぐ痛んでしまいますね。
ミニ薔薇はそれでも簡単に避難させることが出来て良いです。    

 名無しのミニ薔薇 
IMG_7267.jpg




snap_rosendorfsparieshoop_200862131538_20080624151203.jpg

紫陽花をこの頃皆さんが良く使われている
こちらのお絵かきエディターを使って私も描いてみました~・・・どうでしょうか?
難しいけどとても楽しかったです(笑)

それから家のメダカに待望の赤ちゃんが生まれました!!
Royさんありがとう~~!!


IMG_7262.jpg
小さくてわかりづらいですね。それに撮るのが下手です。
今10匹ぐらい孵って、どんどん大きくなっているようです。
皆さんまた見てくださいね。





のぞみに似た女神レ・パンディア

2008年06月17日 11:15

IMG_7160.jpg

この薔薇は“のぞみ”によく似ていると思います。
地元のバラ園では、“レ・パンディア”と言う名前で苗が売られていました。でもいくら調べてもそれ以上のことが分かりません。
この画像では花は大きく見えますが、2.3センチほどの小輪の蔓薔薇です。
たしか昨年は秋にも少ないですが開花しました。“のぞみ”は寒冷地を除いて一期咲きですからそこが違いますね。
小輪ですが品のあるピンク色でとても綺麗です。

気に入った薔薇は何時ものことですが色々知りたくなってしまいます。
レ・パンディアの事を調べて見るとギリシア神話のなかで、ゼウスとセレネの子供にパンディアという名前が出てきます。彼女は天界の女神たちの中でも一際優れた美女であったと言われています。
でも薔薇に女神の名前を付けるなんて、名前をつけた方はよっぽどギリシア神話に詳しいくて、好きなんだと思います。こんな感じで勝手な空想は色々広がります(笑)。


次は額紫陽花の“紅”(くれない)です。
日陰になる所は色が出ませんでした。そのかわり本物の花が今咲いています。これはこれでまた綺麗だと思いました。

IMG_7155.jpg


あとこちらは“墨田の花火”と言う紫陽花です。作りもそうですが色の繊細な額紫陽花です。

IMG_7170.jpg

紫陽花も家ではもう終わりです。これからが本格的な梅雨だと言うのにです。
そろそろアガパンサスが咲き始めてこようとしています。もうそんな時期なんですね。

レンゲローズと今咲く宿根草

2008年05月14日 10:36

IMG_6389.jpg


IMG_6391.jpg IMG_6398.jpg


八女津姫( レンゲローズ) (Min)


この薔薇は八女津姫が正式名称です。でもレンゲローズの名前で知られていますね。
今年は株も大分大きくなつたので大鉢に植え替えました。いっぱいの花を見たかったのです。それなのに後になって本を見ましたら、こんな事が書いてありました。「ごく小さい鉢で適宜ピンチしながらさかせるとびっしりと鉢を覆うようにさく」とあったのです。
ごく小さい鉢って!私のしたことは何だったんでしょう!無駄な事をしたのでしょうか?しかたがないので、その後のピンチのところを生かしてどんな風になるのか見てみるつもりです。それにしてもこのごく小さい鉢とは意味の捉えどころが難しいですね。
ピンクの花色は中心が白く抜けています。色はだんだんと全体の色も薄くなって一鉢で綺麗なグラデーションが楽しめます。とても好きなミニ薔薇です。
この色のほかに白の「白れんげ」、濃桃色の「咲耶姫」、濃桃色で平咲きの「リトル・タイニー」が有るそうです。


次は今咲いている家の花を少し♪


ユキノシタ(雪の下)  ユキノシタ科  
晩春~初夏に咲く多年草
花言葉は 「切実な愛情」 「博愛」

花は秋に咲くダイモンジソウ(大文字草)に良く似ています。
私の持ち株は園芸種だと思いますが普通 5 弁で下の 2 枚が白く大きく,上の 3 枚は薄紅色で濃い赤紫の点がある様です。長い雄しべもめだちます。葉にはうぶ毛が生えています。葉は食べる事もできるそうですがまだ食べた事はありません。
 

IMG_6419.jpg IMG_6421.jpg




まいずるそう(舞鶴草) ユリ科マイズルソウ属
晩春~初夏に咲く多年草

ハート型の葉が2枚ならんだ様子をツルが舞う姿に見立てた名前だそうです。
小さな白い花はとても可愛いです。鉢植えで楽しんでいます。

IMG_5964.jpg


二月のストロベリー・スワール

2008年02月11日 16:35

ストロベリー・スワール(Min)

IMG_4529.jpg

IMG_4534.jpg IMG_4532.jpg


もう咲かないと思ったあのミニモスのストロベリー・スワールが咲いたのは、薔薇友達の「切花にして家の中に」と言う助言のおかげです。あの硬い蕾が日数も掛かりましたけれど魔法のように開いてくれました。お花は春のときと比べると半分ぐらいの大きさしかありません。でもちゃんとマーブル模様になって楽しませてくれます。
名前の「渦巻き柄した苺?」・・・には少し花弁が少ないけれど、可愛く咲いてくれました。




・・・・・・次は苺つながりで食べる苺です・・・・


【苺】  バラ科 
  花言葉・・・「幸福な家庭」(親株からランナーを出して子株が沢山出来る様子から)

家の苺の苗にも実が付きましたけどまだまだ小さくて食べられません。
今日は何時ものスーパーに行きましたら、この苺の鉢植えが目に留まったのです。
ピンクの色のお花が目を惹きました。さて色付いたら私はこの実を食べることができるでしょうか?

IMG_4537.jpg

                                                      
                                      大きくして見てください
IMG_4541.jpg IMG_4545.jpg IMG_4555.jpg

最後のストロベリー・スワール

2008年01月28日 11:10

ストロベリー・スワール(Min)

もうこの蕾は開きませんね。ようやくついた蕾なんですが残念です。
IMG_4129.jpg


ストロベリー・スワールはこんなお花が咲きます。絞りの綺麗なモスローズです。
春に期待しましょう。これは昨年7月に咲いた時のものです。
IMG_0890.jpg




IMG_4102.jpg IMG_4103.jpg


日本水仙  ヒガンバナ科 花言葉・・・・「自己愛」

香りのよい水仙です。どの水仙よりもいち早く咲き始めますね。
水仙は植放しでも、花後の葉をそのまま枯れるまで残して肥培させればどんどん増えていきます。枯れるまで茎と葉を残しておく事が大切です。切りたくても我慢しましょう。

水仙の花が咲くとギリシャ神話のこの話を思い出しますね。
復讐の女神メネシスはナルシスに対し、 自分だけしか愛せないようにしてしまう。 そしてナルシスは泉の水面に映った美少年(本人)に恋をしてしまい、 泉から離れる事が出来ず、やがて命を絶ってしまう。 そこに咲いた花が水仙であると。なぜ水仙かと言うと水仙は俯くナルシスの姿に、頭を下げて咲く形が似ているからともいわれていますね。


      ・・・・・ つぎはペット♪です・・・・・・

  
      ・・・・・・・・さて今日のうちのメダカの様子は?・・・・・・・


IMG_4122.jpg IMG_4126.jpg


すみません。今日はメダカの写真はありません。
家の中でぬくぬくとさせているもんですからいっぱい食べて、うんちもいっぱいして水がすぐ汚れてしまって写せません・・・見っとも無くてこの次の投稿にしました。それで昨日はメダカのえさと、敷石を買ってきました。
えさは奮発しても、小さいタイプ(オレンジの物)で157円でした。これでは贅沢させようがないです♪

七草粥

2008年01月07日 11:10

グリーンアイス(Min)

家の薔薇のなかで今一番綺麗に咲いています。
ある方にグリーンアイスのグリーンを見て欲しいと思ったのですが
今の時期はグリーンに色変わりするはずがピンク色になってしまいます。
すみませんグリーンの色は春まで待ってくださいね。
MG_3668.jpg



話は変わりますが今日は1月7日、皆さんは七草粥を食べましたか?
私の家では、毎年作ります。でもそれぞれ好みがありますから、嫌いな者もいますが、そんな時でも小皿に一口だけでも食べるようにしています。一年間の健康を、祈願して頂くわけです。
この頃ではスーパーなどにセットになって出ていますね。その七草の芹なんですが、売られている物は香りが薄いですね!つまりません。
私は小さい頃によく祖母と採りにいったものです。近くの田んぼの畦道にです。畦にへばりつくように生えているのですがそれをカミソリで出来るだけ根際を切るのです。
芹は葉よりも根際近くが香りがいいと思います。この芹は今売られている物とは全然違います。
丈も短くてどちらかと言うと横に伸びているのです。でも家に持って帰ってからの処理が大変です。泥がいっぱい付いていますから。
その頃は子供心にどうしてこんな大変な事をしてまで、食べるのかな~?と思いましたが、もし今私の家の近くにそんな所があったなら、またその季節にいってみたいですね。
でも今そんな事をしていたら、変なことしているおばさんがいる!と言われてしまうでしょうね。


とっても 得した気分♪

2007年12月17日 10:06

実はこのバラ、ホームセンターでひどい状態で投売りされていました。名前だけは聞いたことがあったので買ってみましたが、調べた物とあまりに顔が違うのでラベルを疑ってしまいます。でもこんなに可愛く咲いてくれました。とっても得した気分です。


トレンディ(Min)

花形 丸弁カップ咲き//花径 5~7cm/芳香 微香/樹高 25~30cm やや立ち性
IMG_3379.jpg





今日、庭で見つけたもの・・・それは綺麗に紅葉した日高ミセバヤです。根元にはもう来年に備えて小さく次の葉がロゼット状になって待っています。寒さに弱い植物が冬を乗り切る素晴らしい知恵ですね。

日高ミセバヤ (ベンケイソウ科) 多肉植物です。

IMG_3398.jpg

IMG_3397.jpg

少し前にはこんな花が咲きました。小さな可愛いお花です。
IMG_2076.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。