Category[ Modern Roses(F) ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日には薔薇苗二本 2011年

2011年05月06日 09:46

IMG_0379_20110506045538.jpg

IMG_0380_20110506045538.jpg



娘から今年も母の日にと薔薇苗二本をプレゼントされました。
薔薇園から持ち帰る途中の車の中はこの志野の香りがして、あぁ~やっぱり薔薇の香りはすばらしいとあらためて思いました。
昨年も薔薇の苗を貰ったのですが、この苗は新苗ではありません。
薔薇園では二年生苗と書かれて売られているものです。
早く言えば、昨年の新苗の売れ残りです。あまり良い状態のものではないのですが名前と色と香りで選びました。
上手く育てば秋の茶色を帯びた薄墨色を滲ませて咲く美しい花色も見れるのではと楽しみにしています。
それにしても良い香りの薔薇です。

志野(FL)

花形:剣弁高芯咲き
花径:7cm
樹高:高さ100cm、枝張り100cm
開花期:四季咲き
芳香:強香
用途:鉢植え、花壇・庭植え、切花
作出:河合伸志 2005年



もう一本はこれです。

IMG_0416_20110506093848.jpg


イングリッシュローズの中でもカップ咲きの綺麗さでは定評のあるクイーン・オブ・スウェーデンです。
これは新苗です。
娘とレジに持っていくと、お店の従業員さんは慣れた手つきで「蕾は取らせていただきますね!」と言ってつまんで包んでよこすのでした。
これで秋まで花はおあずけです(笑)


次はまだ蕾の状態ですが

IMG_0402.jpg

チャイナローズの粉粧楼の蕾です。
ごく薄いピンクの巻きの厚い薔薇ですが、蕾の時にはこんな赤い色が見えています。
今年こそは春一番花をボーリングなしで見てみたいと期待しています。




IMG_0400.jpg

イングリッシュローズのゴールデン・セレブレーションの蕾です。
シュラブですが、蔓薔薇のようにも枝が伸びます。
コーネリアと共に家のシンボルローズとなっています。
この薔薇もとても良い香りでお勧めできます。



こんな風にまた幾つかこの他にも次に咲く薔薇が待っています。
お天気次第ですがあと二三日良い天気が続けば一斉に咲き始めてきそうです。

スポンサーサイト

Sweet Moon

2010年11月15日 10:52

IMG_8909_20101115104658.jpg


IMG_8907_20101115104659.jpg



スイート ムーン Sweet Moon (FL)     

花 色  淡紫色
花 径  中輪
香 り  良香
開花性  四季咲き
樹 形  半直立性 
樹 高  1.2m~1.5m
作出年 2001年  
作出者  寺西菊雄 



今日の庭の薔薇からです。

Gruss an Aachen グルス・アン・アーヘン

2010年10月04日 14:52

グルス・アン・アーヘンが久しぶりに顔を見せてくれそうだと気がついてからは毎朝様子を見るのが楽しみでした。
でも反面、虫に蕾をかじられやしないかとそれが心配でもありました。
ようやく咲いてくれて一安心です。片伸びした枝先に咲いています。  
この薔薇はオールドローズの面影を残すフロリバンダです。素敵な色合いと香りの持ち主は古くから愛され続けています。



IMG_8315_20101004112128.jpg


IMG_8318.jpg





Gruss an Aachen グルス・アン・アーヘン(FL)
樹高:1m
花径:中輪
花色:パールピンク
香り:中香
作出年:1909年 Geduldig ドイツ




次は薔薇ではありませんが庭の葉の綺麗なものを撮ってみました。



ミセバヤ
IMG_8319_20101004112250.jpg

ミセバヤに蕾がついて、少し色も見えてきました。
丸い可愛い葉の淵の赤いラインが目を惹きます。



ランタナ
IMG_8324.jpg

これは斑入り種です。こんな色合いもいいと思います。
手間なしで毎年咲いてくれます。




ハツユキカズラ
IMG_8329.jpg

少し株元が間が空いてしまっています。植え替えが必要のようです。
葉はいつ見ても色々な色合いを見せてくれていいですね。
カズラでも分かるように蔓のように枝を伸ばしていきます。日当たりを好むので家では少し可愛そうな気もします。


10月は秋薔薇の季節になります。家の薔薇も咲きましたらそのつどこの後も投稿したいと思っています。



何時も通りの冬が来る。

2009年12月17日 17:43

見て頂くとわかると思いますが少し前にこのブログも5万アクセスを越えました。
これも見に来てくださる皆様が支えとなって二年半も続けられたその結果で、こうして記録となって残っている事に感謝しています。有難うございました。
ただ3万アクセスの時もそうでしたが5万の今回もあまり気にしないうちに過ぎていきました。
カウンターも解析も付けていますが以前より自分がそれを気にしなくなったように思います。

解析はどんな記事で見に来てくださるのか?それが分かるのはいいですね。以前の記事に来てくださるとそれは嬉しいものです。
ひとつの記事が、何かの参考になるのかどうか?
いくら頑張っても同じような感じでしか書けないと思いますが、これからも宜しくお願いします。


それでブログをはじめて、この何年間で幾つかの薔薇を無くしています。
そのわりに新しい薔薇は増えていません。私は薔薇が好きですが、庭の薔薇のほとんどがブログを始める前からあったものです。何年も育てている植物がなくなるとやはり気分が落ち込みます。薔薇だけでなく、どの植物でもそれは変わりありません。
庭の雑草でさえきちんと春になると小さな花を咲かせるのです。
薔薇は雑草とは勿論違いますから、ほっておいてはいい花が見れません。
どの植物にも言える事ですが、出来るだけいいお花を咲かせて見たいものです。

そんな庭で薔薇もこの頃の暖冬のせいでしょうか、まだ蕾を付けているものがあります。この傾向は年々増えている様な気もします。



スイート ムーン   Sweet Moon (FL)     

花 色  淡紫色
花 径  中輪
香 り  良香
開花性  四季咲き
樹 形  半直立性 
樹 高   1.2m~1.5m
作出年 2001年  作出者  寺西菊雄

これは春に撮った物です。                         そしてこれが今朝の蕾の様子。
IMG_1122.jpgIMG_4372_20091217105724.jpg



スイート・ムーンはまた咲きましたら出してみたいと思います。
今日はお礼と薔薇をひとつ見ていただきました。

丸顔王子と呼んでみた

2009年06月19日 15:40

IMG_1979.jpg

薔薇の二番花が咲き始めています。
このグルス・アン・アーヒェンは自分の中で、丸顔王子と呼んでいますが、丸顔の薔薇なら他にも色々ありますが、何故かこの薔薇だけ王子様!扱いです。
この薔薇はとてもよい香りがするのです。
そして丈夫で安心して育てられるところと、顔立ちも何か丸顔でも品がある?(笑)
そんな気がして王子様なんですね!

グルス・アン・アーヒェン Gruss an Aachen(FL)
四季咲き、中輪房咲き。花は丸弁ロゼット咲き。クリームホワイトにピーチ色のハイライトが入る。
やわらかく甘い香りがする。

次はミニ薔薇です。

IMG_1877.jpg

これはグリーン・アイス、春から途切れることなく咲いていますから何番花か分かりません。
花がやはり少し小さくなってきています。
ボタン・アイとグリーン・アイ(ちょっと小さめですが)を丁度一度に見せて咲いていましたので撮って見ました。整った綺麗な花を咲かせるお勧めのミニ薔薇です。

グリーンアイス(Min)
丸弁の八重平咲き 花径3㎝~4㎝
パウダーピンクから白へ。更 に透明感のある淡いグリーンへと、 咲き進むにつれて花色が変わる
1971年・米国:ラルフ・S・ムーア 作出

アイス・バーグ

2008年10月25日 11:27

白薔薇が好きです。
やはり春の花は大きく見ごたえもありますが、また秋の薔薇も落ち着いた感じでいいのでは?と思っています。
ただ、私は薔薇がどんな風に咲いても可愛い!と良い所だけ見て満足してしまうほうなので他の人が見てなにこれ!と思われことも多いと思います。
自分が植物を育てるとこんな気持ちでいるのは皆さん同じではないでしょうか?


アイス・バーグ また咲き始めてきました。今は純白ですが冬にはピンク色を帯てきます。
IMG_8387.jpg

他の薔薇は開花まであともう少しです。


・・・・ 次は家の花からすずらん赤い実 ・・・

IMG_7341.jpg
IMG_8378.jpg
IMG_8385.jpg
この中に6粒しか入っていませんでした。
そのせいか種の大きさは思っていたものより大きくてゴマの3・4倍はあります。





今年初めてスズランの実をじっくり観察したのですが7月の初めにはまだこんな風に青々していました。
それがもうとっくに落ちてしまっていると思いましたが、見てみました。
綺麗に色付いてまだ幾つか残っていました。
あまりスズランの実のことを考えたことが無いのはスズランが幾らでも地下茎で増えるからです。
でもこれを見れば突然他に生えてきてもおかしくないかも知れません。
ただスズランには毒性があって動物で運ばれる事は少ないとは思います。
考えてみるとあれだけ花が咲いていたのに実が付いて残ったのはこの一本なのです。
その必要性があまり無いものはこんな風に実の付き方も少なくなってしまうのかもしれませんね。



アイス・バーグと蜂と紫陽花

2008年05月23日 10:48

IMG_6760.jpg

IMG_6768.jpg

アイス・バーグの花粉?を一生懸命集めている蜂がいました。何回も写真を撮っても逃げようとしません。庭に出るとぶんぶん蜂の音がして怖いのですが、こんな可愛い蜂なら大歓迎です。
それにしてもあの大きな蜂はなんという蜂なのでしよう!脚長蜂と蜜蜂は分かるんですが。。

もう沖縄地方は梅雨入りしたそうですね。春の薔薇の季節も、もう直ぐ終わりです。
梅雨の時期を知らせる家の紫陽花ですが中にはもう大分色付いてきたものもありました。

【紫陽花】ユキノシタ科 アジサイ属

紫陽花 「 紅(クレナイ)」
IMG_6770.jpg

紫陽花 「姫額紫陽花 青」?
IMG_6773.jpg

紫陽花 「墨田の花火」
IMG_6776.jpg

よく見たらみんな額紫陽花でした。そうでない手まり系の紫陽花も家にはあるのですが今日撮ったのは偶然そうなってしまいました。
二番目の紫陽花は葉の色が少し違いますね。紫陽花もこの頃では沢山の種類があつて綺麗ですね。

雫を身につけて咲くストロベリーアイス

2008年01月30日 09:53

ストロベリー・アイス(F)

IMG_4210.jpg

綺麗な薔薇です。昨日の雨に濡れてもその花蓉は失われないでかえって雫も味方につけて、物憂げに咲き始めてきました。この気まぐれな薔薇はその顔をもう忘れてしまうくらい久しぶりに咲いています。私は寒さも忘れて今朝はこの薔薇にしばらく見入ってしまいました。





・・次は草花です・・・・・


スノードロップス  待雪草(まつゆきそう)  ヒガンバナ科

花言葉・・・・希望、慰め、友を求める、恋の最初のまなざし、恋の最初のためいき、告知

IMG_4114.jpg


可愛いスノードロップスが一輪だけ咲きました。雪の雫、雪のイヤリングとも例えられるこの花、この色から受ける気持ちはあのクリスマスローズのニゲルと同じです。
清らかな花に心洗われる気がします。
でも花言葉の「恋の最初のまなざし」「恋の最初のためいき」は何処が?って感じもしますが・・・・そんな事もないですか?
調べましたらこのスノードロップスはその白の清純さから、カトリックでは聖母マリアの清めの祭日、2月2日に捧げられる花だと解りました。なるほど~!という気がしてくるから不思議なものですね。調べて解ってくるとこの花の見方も少し違って、いっそう身近な物になりますね。





<+ )))><< ・・・・・・・・つぎは家のペットから♪・・・・・・・・<+ )))><<

・・・・・今日のメダカの様子は?・・・・・

IMG_4173.jpg IMG_4156.jpg

かわりありません(笑)
割れた素焼き鉢をいれてあるのですが
その陰が好きなようです♪

気まぐれなストロベリー・アイス

2008年01月21日 11:15

ストロベリー・アイス(F)
IMG_3976.jpg

きまぐれなこの薔薇は確か夏の終わりに咲いたきりその顔をみせてはくれなかった。でもたしかに元気がないのだと思う。少し前に鉢替えした時もその原因がわからなかった。
この薔薇は元気がいいと小さな蔓薔薇ぐらい枝が伸びるらしい。でも家のはシュートが2本、60cmでそれでその後うんともすんとも言わなかったのに、ここに来てやっとひとつ蕾をつけた。肥料もあげているのに。まったくどうしてこんなに時間が空いたのか訳がわからない。




・・・・次は冬の屋外で綺麗な葉を物つ植物を写してみました。・・・・

サクララン(ホヤ)  ガガイモ科 日本南部 中国~豪州原産
      花言葉・・「人生の出発」
IMG_3988_20080121125046.jpg

           
綺麗な艶のある斑入りの葉をした蔓性の植物です。冬は最低気温4.5度まで必要とするらしいのですが今のところ屋外で問題ありません。でもあまり長く日陰に置いたせいか夏の頃には見られた、ピンク色した葉が無くなってしまいました。初雪かずらに似て白、グリーン、ピンク、が見られてとても綺麗でした。花ですがピンクから赤までの色をした蝋細工のように綺麗な花が手毬状について綺麗です。またサクラランという名前の謂れですが、蘭ではありませんが蘭のように綺麗な桜色をした花を咲かせると言うところから付いたようです。 花の付いた写真が無くて残念です。



オリズルラン ユリ科 南アフリカ原産
 花言葉・・・「子孫繁栄」

  ヒロハ・オリズルラン(中斑オリズルラン)   オリズルラン (外斑オリズルラン)
IMG_3998.jpg IMG_4003.jpg
IMG_1537.jpg

家には中斑オリズルランと外斑オリズルランがあります。一般的にオリズルランと呼ばれているのは中斑オリズルランの事が多いいようです。葉も少し広めで綺麗ですね。ランナーも外斑オリズルランより多く出るような気がします。
この花は夏頃撮ったものです。小さなお花ですが良く見れば本当に可愛い花です。名前の「折り鶴蘭」はこのランナーの先に出来る子株を見て付けられたようです。





白妙菊(ダスティーミラー) キク科 地中海沿岸原産
  花言葉・・・「あなたを支える」

IMG_3817.jpg IMG_3819.jpg

銀葉でおなじみですね。綺麗な新葉は見るといつも触りたくなってしまいます。ラムズイヤーと同じようなフエルトのような質感で柔らかい線毛で覆われています。今日は、花が咲いていましたのでマクロで撮ってみました。そしたら葉っぱは、雪の結晶の様にも見えてとても綺麗でした。

いいね!このアイスバーグ

2007年12月05日 13:29

冬色に染まったアイスバーグの蕾がゆっくり開いてきた・・・嬉しい!

それにしてもこんなに春と違って透明感ある花弁のアイスバーグは、はじめて見るような気がする。
どうしたわけか12月になってようやく調子がでてきたみたいで、いくらなんでもこれでは遅いです。
小さい蕾もまだあるけれど、これから綺麗に咲くのはもう難しいかもしれない。


アイスバーグ(F)

IMG_3076.jpg

IMG_3206.jpg

IMG_3218.jpg




木の実のリース

もう直ぐクリスマス、散歩道や公園で少しずつ集めた木の実で、和風の私の家にもあう様なリースを作ってみました。
IMG_3228.jpg

IMG_3232.jpg

松ぼっくりは先日海に行った時松林の中で、どんぐりと他の木の実は公園で、黄色いムギワラギクとヒイラギは家のもの唐辛子は頂きものです。
IMG_3225.jpg

この次は、ロースヒップを使って、家の中に置く小さな物を作ろうと思っていますが、師走の忙しさの中さてどうなることでしょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。