Archives[ 2007年08月 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッシュ・ノアゼットの魅力

2007年08月31日 10:39

ブラッシュ・ノアゼット(N)


だいぶしっかりした花を咲かせるようになったブラッシュ・ノアゼット、可愛いという言葉がぴったりのバラです。
開いてしまうとまだこの時期直ぐに白っぽくなってしまいますが、私はシルバーピンクのこの花を小さなローズ・ピンクの蕾が取り巻き引き立てるさまがとても好きです。
四季咲き性も良く、香りも良いばらです。花がらを摘むとすぐまた芽を出し始めます。
まだ小さい苗ですがこの先小さな蔓仕立てにするかそれとも切り詰めてブッシュ仕立てにするか様子を見ながら決めたいと思っています。

IMG_1639.jpg









柿田川湧水

私の住んでいる近くには柿田川という川があります。この川は東洋一の湧水で知られています。
日本の名水百選・21世紀に残したい日本の自然百選にも選ばれています。

先日、市街地の中にあるこの柿田川湧水の近くに買い物にいきました。
私のブログに来ていただいている方々にも見て頂こうと思い、短い時間ですが撮ってきました。ここは保護区になっておりますが近隣住人の憩いの公園にもなっています。

IMG_1611.jpg


さあ公園の中にどうぞ!  人影が無い時を狙って写しています。いま若いカップルとすれ違いました。静かです。
IMG_1595.jpg

IMG_1598.jpg



少し歩けば川が見えてくるはずです。でも川辺までは近付けません。


IMG_1597.jpg

IMG_1603.jpg


この川のあちらこちらで、水が湧いています。

IMG_1596.jpg


そして次がいちばん湧水量の多い所で、少し上から見下ろせる様になっています。
水の色もとても神秘的です。

IMG_1600.jpg

IMG_1609.jpg

スポンサーサイト

グルス・アン・アーヘン

2007年08月28日 10:55

グルス・アン・アーヘン(F)

余りにも有名なバラですね。
このバラは晩秋に咲いた時が一番美しかったと思います。
何というか、もっと、深みのある色合いで・・・言葉ではうまくいえません。
このバラが時間を掛けてゆっくり開いてくる様子はとてもエレガントです。
これは春咲いた時のものです。
IMG_0352.jpg



春先のアイス・バーグです。細枝に房咲きしてしな垂れたもので、この感じはとても可愛いですね。
でもこのアイス・バーグ、実はうどん粉病にかかっています。
IMG_0692.jpg





散歩道

よくわんこの散歩にいく道では、野ぶどうの実が色付き始めすすきも、もう穂を出していました。秋ももうそこまで来ています。
IMG_1589.jpg

IMG_1587.jpg

ソフィーズ・パーペチュアルと庭の小さなお客さん

2007年08月25日 23:50

ソフィーズ・パーペチュアル(Ch)


なんといってもこのバラの美しさはそのグラデーションにあると思います。
春の花は外側のローズピンクが濃く出てとても綺麗です。
花径は、家の花は7,8センチ今もそう変わらないで綺麗なカップ咲きです。ただ夏花は幾分開きぎみで巻きが春の花より少なめになります。
香りは甘くかなり強い方でそれも魅力です。
春から短い周期で咲くので、なかなか大きくなりません。
鉢栽培で気軽に楽しめる、可愛いバラです。


まず春の花です。期待を裏切らないで綺麗に咲いてくれました。紫がかったローズピンク色がとても印象深いですね。
ソフィーズ・パーペチュアル


そして次が今咲いているもの、巻きが少なくなって色もすこし淡くなりましたが、大きさは春咲いたものとそう変わり無く綺麗です。さすがオールドローズのことはありますね。
IMG_1445.jpg







家の庭に来てくれた小さなお客さんです  可愛い!!

しじみ蝶ですね。なかなかとまってくれなくて撮るのに苦労しました。お花はガウラです。

IMG_1581.jpg

IMG_1582.jpg


次の蝶は初めて見ました。とても綺麗です。

バレリーナにとまっています。
IMG_1569.jpg

アイス・バーグにも
IMG_1570.jpg

このお花はバーベナのピンク・パフェです。
IMG_1576.jpg


他にも居たんですけど私があまりの暑さにダウンしました(笑)ちょうちょは元気ですね。それとも私が意気地が無くなったのかもしれませんね。

ER 夏の香りをのこして

2007年08月23日 10:21

もともと庭で咲いたバラを切ることが好きではありません。というよりなかなか切れないんです。
でもこの時期だけは、仮剪定も兼ねて順々に切ります。
花は小さくなりましたが数集まればそれなりに綺麗です。私の小さな、春には出来ない贅沢です。
ゴールデン・セレブレーション、スノー・グース、アンブリッジ・ローズ、そしてERではありませんが粉粧楼をパチ・パチと切ってきました。
これでゴールデン・セレブレーションの香りを好きなときに楽しめます。いいですね~~これが一番の楽しみです。

IMG_1547.jpg




今日は、一冊の本をご紹介します。
(ばらとは関係ありませんが犬を飼っている者として、
とても感動しました。もう読まれた方もいらっしゃると思いますが)


ハラスのいた日々
中野孝次 作
文春文庫

・・・・あとがき から・・・・
一匹の柴犬が、子のない夫婦のもとにやってきた。家に連れてこられたその日から、抱かれて冷たくなったあの日まで、犬を もうひとりの家族 とした十三年の歳月をえがき、愛することの尊さと生きることの喜びを、小さな生き物に教えられる(新田次郎文学賞)に輝く愛犬物語。-ハラスはいまも、私たちの心に生きている。

IMG_1533.jpg

オールド・ブラッシュとつるポンポン・デ・パリ

2007年08月20日 12:45

このバラは私が勝手にオールド・ブラッシュだと思っているバラです。
10年ほど前、花友達から一枝貰い挿したもので、ろくな手入れもしないのによく枯れなかったものです。
春は他のバラに先駆けて咲きます。
よく似たバラに、蔓ですが、ポンポン・デ・パリがあります。合わせて見てくださいポンポン・デ・パリもオールド・チャイナですね。オールド・ブラッシュは一年中咲きますがやはり春がいちばん綺麗です。ポンポン・デ・パリは秋に返り咲きします。



オールド・ブラッシュ・チャイナ(Ch)

春先に咲いたものです。オールド・ブラッシュだと思っているのですが友達も名前が分からないそうです。
IMG_0085.jpg

IMG_0054.jpg


これは今咲いているものです。余りにも違いますよね~~
IMG_1520.jpg


そして次がつるポンポン・デ・パリです。全体像がありません。あまり写真を撮って無いからです。というのもブログを考えてもいなかった時でした。
よく似ていると思いますがどうでしょう?

つるポンポン・デ・パリ(Ch)


IMG_0103.jpg




裏庭で今年最後のみょうがが、取れました。家の有り合せの材料で二品簡単な、酒のつまみを作ってみました。
IMG_1499.jpg


これは、瓶詰めのなめたけと合わせただけ!大根おろしをのせてたべます。
IMG_1501.jpg


つぎは、お豆腐とピーマンそしてレタスと合わせて、サタダ風にしてみました。
IMG_1519.jpg


いつも泡の出る琥珀色の飲み物とお刺身が好きな貴方、野菜も一緒にたべましょう。
良くご存知かと思いますが野菜が嫌いな方は、お豆腐、納豆なんかも植物性なもので、補えるものですよ。

バラ園で買い求めた、一本のバラ。

2007年08月17日 13:02

昨日は、近くのバラ園に苗を買いに娘と一緒に行ってきました。
色々買いたいものはあったんですが何時も娘が一本だけ!というのです。どちらが母親かわかりません。
そんなに増やしてどうするの!世話ができるの!と言うのですが、そこが問題ですほんとに。
で、買ってきたものは、ハイウエイ・ローズと言う修景バラで(また大きくなるんでしょうねこれが困る)春に見た時このバラの色と一重の花形にくぎずけになってしまいました。
返り咲きすると言う事なので、上手くいけば今年中に見てもらえるかもしれません。あとニコルがほしかったのですがもういい苗がありませんでした。他で求めましよう。


さて、今日のバラはスノー・メイアンディナです。ミニバラですが春の花は7・8センチもあり見事です。今でも小さな花を咲かせています。
ブログの事をまだ考えて居なかった時に撮ったものです。少しでもこのバラの美しさが伝わるといいのですが、すこし雨で傷んでしまって残念です。

スノー・メイアンディナ(Min)

これは今咲いているバラ3センチもありません。
IMG_1485.jpg


そして次が春に咲いたもの中心にレモンイエローを乗せてそれは綺麗です!!

IMG_0338.jpg

IMG_0337.jpg

IMG_0341.jpg

秋にはまた春ほどではありませんが綺麗に咲いてくれます。楽しみです!

陽気なアンブリッジ・ローズ

2007年08月15日 19:12

アンブリッジ・ローズ(ER)


春咲いた花と違ってとても軽やかで夏がこんなに似合うバラだとは思いませんでした。
とても綺麗です。そしてしべも綺麗に、色々な顔を見せてくれます。
咲き進むとほとんど白色になりますがそう汚れた感じにはなりません。
最後までこんなに綺麗なバラも余り無いと思います。

IMG_1448.jpg

IMG_1447.jpg

IMG_1467.jpg





八重山のいばらに実が付きました。とてもユニークな実ですよ!

IMG_1453.jpg

IMG_1454.jpg


実の部分をアップにしますがちょっとびっくりするかも?(笑) 覚悟してどうぞ!!




IMG_1455.jpg


芸術的な美しさでしよう!!? でもそう思うのは私だけかも。

ポリーが咲き始めたけれど。。。

2007年08月10日 23:46

ポリー(HT)


本当にあのお花が咲くのでしょうか?
この蕾の色を見た時は真っ先に思いました。この色ですから!
この色からあのアプリコットホワイトの綺麗な色になるのか心配です。

IMG_1356.jpg


だんだん開いてきました。周りはほとんど白になるはずですがどうでしょうか?
そして、中心にアプリコット色を残すはずです。(全てナーサリーの受け売りです笑)


IMG_1380.jpg



まだ完全に開いていませんがやはり夏の花ですね~~予感が的中しました。
アプリコットがものすごく強く出で違うバラのようです。もう少し白ぽく成ると思っていました。
でも顔が見られただけでも良かった!!
楽しみを秋にとっておきます。



家のお花達


これは春咲くヒマラヤゆきのしたですが、何を勘違いしたのか又咲いていました。
今年の梅雨がわりと低温が続いた為の勘違い。。。。?わかりませんね~

IMG_1361.jpg


勘違いと言えばもうひとつガーデンシクラメンがまた咲き始めてきました。
いつもならとっくに休眠しているはずですが。

IMG_1364.jpg


でも秋を感じる花としてシュウカイドウが咲き始めました。
ベコニアの仲間ですね。これで球根ものです。いくらでも増えますどちらかと言うと半日陰を好むようですが植えぱなしで宿根しますので手間いらずです。

IMG_1395.jpg


そして菊科の何かたぶん、こんギクだとおもいます。違っていたらごめんなさい。地下茎でよく増えます。

IMG_1396.jpg


おしまい!  また新しいお花が咲いたら見てくださいね。

夏に咲く白バラ三種

2007年08月08日 11:13

白バラは夏に強いんでしょうか?
少し小さくなりましたけれど、咲いています。



スノー・ドロップ

スタンダード仕立てです。ミニバラですから一年中咲く感じです。


IMG_1338.jpg



淡雪

ポツリポツリ咲いています。
IMG_1348.jpg

IMG_1334.jpg



粉粧楼

名前を聞かなければ何の花か分かりませんね。
IMG_1347.jpg




昨日、此方では午後から曇ってきました。
わんこを散歩に近くの公園に連れて行ってきました。


IMG_1315.jpg


IMG_1303.jpg


此の子がお母さんのプリン、とても賢いこです。
IMG_1293.jpg


プリンの子です。ももですのんびりやです。
IMG_1297.jpg


IMG_1296.jpg



野の花も咲いていました花を見ると自然ではもう秋を感じます。
IMG_1310.jpg

IMG_1312.jpg

IMG_1318.jpg


ベランダのアブラハム・ダービーと青紫蘇

2007年08月06日 11:18

アブラハム・ダービー(ER)

アブラハム・ダービーが何回目かの花を咲かせています。綺麗です~!
まだ沢山の蕾があります。好きだから全部咲かせてしまいます。とっても強いから大丈夫でしょう。
春から一度も薬を使っていないけれど病気ひとつしません。私むきのバラですね~(笑)
切り詰めてもいじけないで良く芽を出してくれますので、二階のベランダでコンパクトに育てています。
此の時期でも何とも言えない色で咲き始めます。開ききる前までがとても綺麗ですね。



IMG_1255.jpg


IMG_1251.jpg


IMG_1254.jpg

此のくらいまでが一番綺麗ですね!
開ききるとまるでダリアのようです。其れでも可愛いですけどね!

IMG_1274.jpg




青紫蘇ジュース

二階のベランダで青紫蘇が今年も出来ました.。
昨日は紫蘇ジュースを作りました。
もっと早く作りたかったのだけれど、家の誰かさんが綺麗にしてとってあったペットボトルをごみの日に出してくれちゃいました。!

私の作り方。簡単です。作ってみてください。

材料    水         1.8 リットル
       紫蘇の葉     300 グラム
       クエン酸       25 グラム
       砂糖        200~300グラム(好みで調整)

①水洗いした紫蘇を水を入れた鍋で7.80度で15~20分程度煮る。
②煮液と紫蘇を絞った液を人肌に冷ました後クエン酸と砂糖を加える。これだけ!

紫蘇ジュースは夏ばて予防に良いそうですよ。氷を入れて水で薄めて飲んだり、リカーを此れで割ったり美味しいですよ!!
IMG_1249.jpg

これに梅干を作ったときの赤紫蘇の絞り汁を少し入れると綺麗に発色します。

IMG_1268.jpg

IMG_1269.jpg

IMG_1157.jpg


クロチルド・スーペル(Min)

2007年08月03日 12:58

今年の春新苗で求めた物です。
その時はこのミニバラが粉粧楼とこんなにも似ているとは、また或る方が(同じ物であるのでは)と言われて居るのも後で知った事です。
枝ぶりも葉の形もほとんど同じです。ただクロチルド・スーペルの方が巻きが少し少ないように思います。その為開花も粉粧楼より上手に開きます。
粉粧楼はうどん粉病にかかつて居た時もこれは平気でした。
私が持って居たものが新苗の為、花を見て直ぐカットしてしまいましたが、先日、一輪咲かせて見ましたが別花のようでした。
春咲いた時のものをご覧ください。
粉粧楼と似ていますか?


クロチルド・スーペル(Min)


IMG_0674.jpg

IMG_0673.jpg

IMG_0716.jpg

ストロベリー・クラシックと春の日のマグダリン

2007年08月01日 13:32

このバラはストロベリー・アイスと間違ってナーサリーで手渡されたバラです。
今思えばどうしてこんな間違えを専門店がしたのか分かりません。
ラベルが上のストロベリーしか見えなかったのが問題ですが、枝ぶりが全然違います。
こうした訳でその後、ナーセリーの好意で2本を育てることになりました。
そんな訳で咲いてみるまで、なにも分からないバラでした。
春にはうどん粉で、どうしても咲かす事が出来ず、強剪定してしまったバラです。


ストロベリー・クラシック(F)

IMG_1169.jpg

IMG_1188.jpg

IMG_1193.jpg





春に咲いたマグダリンを出してありませんでした。
秋にも又同じ様に咲いてくれるでしようか?

メアリー・マグダリン(ER)

IMG_0278.jpg

IMG_0293.jpg

IMG_0294.jpg

IMG_0310.jpg

IMG_0323.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。