Archives[ 2007年12月 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルル・デ・ジャルダン(Tea)の蕾・・その後

2007年12月26日 13:43

ペルル・デ・ジャルダン(Tea)

蕾に色が見えてからもう一ヶ月たちます。
年末になってもまだ咲ききりません。
開花記録として、このバラを掲載したいと思います。
はたして、あと何日で完全に咲いてくれるでしょうか?



(12月21日)
額が開ききりました。とても綺麗なライムグリーンの蕾です。何かを期待させてくれるそんな蕾かな?

IMG_3456.jpg



(12月26日)
今5分咲き位いでしょうか、こんなに綺麗なバラだとは思いませんでした。
言葉もありません美しいです。この香りがティ香というのでしょうか?
このバラで初めて分かったような気がします。

IMG_3507.jpg


この後何日くらいで完全に開くか分かりませんが、
その時には掲載したいと思っています。
また是非ご覧ください。



(12月30日)
こんな感じに咲いてくれました。綺麗なレモンイエローです。

IMG_3598.jpg

IMG_3596.jpg

IMG_3597.jpg



皆様今年も、大晦日になりました。リンクして頂いた方そして、
私の拙いブログをわざわざ見に来て頂いた方々、皆様にお礼申し上げます。
新しい年も、どうか変わらず宜しくお願い申し上げます。ありがとうございました。
12月31日 sae

スポンサーサイト

純白のクリスマス・ローズ

2007年12月24日 06:30

今年はクリスマスに開花が間に合うかとても心配しました。このクリスマス・ローズを毎年一番はじめに見るのですが、毎年その度その姿に見とれてしまいます。



蜜線の周りににじませるほのかなグリーンが純白の花に彩りを添え
いっそうその清らかさを際立たせていると思います。
ニゲルのこの清楚な美しさはクリスマスにぴったりですね。

クリスマス・ローズ(ニゲル)

IMG_3482.jpg

次に咲く蕾は今こんな感じで控えています。
IMG_3485.jpg



何回もアップしていますが、ポリーが綺麗にひらいたのでまた出してしまいます。
今回はピンク色で可愛く咲きました。香りのよい育てやすいバラです。

ポリー(アーリー・ハイブリット)
IMG_3467.jpg





陽だまりで咲く家のバラ♪

2007年12月21日 11:34

ここは、家の日当たりの一番いいところ、どんなに固い蕾でも咲き始めてくれる・・そんな気がする陽だまりです

アーリー・ハイブリットのポリーです
IMG_3434.jpg

ティのペルルデ・ジャルダン
IMG_3456.jpg

ミニバラのレンゲローズ、少しずつ咲いています
IMG_3386.jpg


もう直ぐ今年も終わりだと言うのにまだ蕾がついているものがかなりあります。いくらなんでも終わりにしなくてはと思っていたのですが、こんなにカットするものがあると辛いものです。それとも試しに咲くものは好きなだけ咲かせてみようかとも思ったりもしますがなかなかその決心はつきません。
ポリー、・・このバラは夏の終わりからですがもう三回目の開花になります。いま蕾が5個もあるんですよ。
ペルルデ・ジャルダン、ほんとに開花がスローな子です。今年中に間に合うかしらね。他にも、アイスバーク、ストロベリー・スワール、ストロベリー・アイス、グリーン・アイス、粉粧楼、ティのニフェトス、ミニバラの幾つか・・あなたたちがんばらないとだめだからぁ~ほんとに!


☆エリックスミシイ Ericsmithii☆

2007年12月19日 10:32

エリックスミシイ Helleborus 'Ericsmithii'
クリスマス・ローズ、シングル斑入り葉。花の大きさ小輪


原種 ニゲル(ニガーまたはノイガーとも言う)とステルニーとのの交配種で咲き進むにつれ花色が変わっていきます。白っぽい可愛い蕾が開くと初めはニゲルのように白ですがだんだんピンク系の色が筋のように挿し始め、あとではもっと濃い赤みが全体に広がります。そして花つきの良い品種ですので沢山咲き始めると一株で色々な色を楽しむ事ができます。またその斑入り葉はとても綺麗で花の無い時期でも楽しめます。開花期は去年はオリレンタリスより少し早いと思いました。


みょうがの様なかっこうの芽がもうこんなに出ていました。古葉はまだ切ってないと言うのに!
IMG_3352_20071218225439.jpg

今こんな感じになっています。
IMG_3360.jpg

お花はまだ咲いていないのでこれを見てください。でもラベルのお花より実際の方がずーっと綺麗ですよ!
IMG_3417.jpg


・・・・次はエリックスミシイの交配親、ニゲルとステルニーのことを調べてみました。
                      興味のある方はお読みください。・・・・・・

ニゲルは原種です。本当のクリスマスローズと呼ばれるものはこれをさして言います。色幅は少しありますが白い花を咲かせます。白い花なのに、どうしてニガーと呼ばれるのか?その訳が解りましたニゲルの特徴として 根が黒いことからニガーと呼ばれるらしのです。私はこのエリックスミシイの根が黒いのか調べてみました。やはり黒かったのです。
片親のニゲルの血を確実にひいています。

ステルニー はリビダスとコルシカスの交配種です。 葉もユニークで花色は両者の中間的な感じです。でもややどちらかに偏るものもありリビダスに近い緑が強いもの、コルシカスに近いピンクを帯びるものなど様々幅があるようです。

このことから顔はステルニーから体はニゲルから受け継いだのではないかと素人考えをしたんですがどうでしょうか?でも葉っぱは?・・・あ~良く解らなくなってきました。葉っぱはどっちに似ているんでしょう~?




とっても 得した気分♪

2007年12月17日 10:06

実はこのバラ、ホームセンターでひどい状態で投売りされていました。名前だけは聞いたことがあったので買ってみましたが、調べた物とあまりに顔が違うのでラベルを疑ってしまいます。でもこんなに可愛く咲いてくれました。とっても得した気分です。


トレンディ(Min)

花形 丸弁カップ咲き//花径 5~7cm/芳香 微香/樹高 25~30cm やや立ち性
IMG_3379.jpg





今日、庭で見つけたもの・・・それは綺麗に紅葉した日高ミセバヤです。根元にはもう来年に備えて小さく次の葉がロゼット状になって待っています。寒さに弱い植物が冬を乗り切る素晴らしい知恵ですね。

日高ミセバヤ (ベンケイソウ科) 多肉植物です。

IMG_3398.jpg

IMG_3397.jpg

少し前にはこんな花が咲きました。小さな可愛いお花です。
IMG_2076.jpg

★素敵に 色付く Sempervivum 6種★

2007年12月14日 11:13

長野の寒冷地から家に来たこのセンペルビブムはなかにはもう家に来た時には綺麗に紅葉している物がありました。センペルビブムの紅葉は、初めて見ます。素敵です!家にあるこの他のはまだここまで綺麗に発色していません。
見ていただけると解ると思いますが、大きくなっても10㎝止まりのこの植物になぜか惹かれる物があるのです。不思議です。
今日のセンペルビブムはヨーロッパ原産のものです。野生のセンペルビブムはどんな風に自然の中にあるのでしょう。それを想像してまとめてロックガーデン風に仕上げてみたい気持ちでいますが、器探しから色々考えるのも楽しいものです。


左上から時計回りで科名:ベンケイソウ科 Crassulaceae 学名:Sempervivum 6種ご紹介します。

IMG_3331.jpg


ロジー Logy 
グレーがかった葉色が綺麗です。
よくみると、とても細かい毛に覆われています。
夏はもう少し明るいグリーンになるようです。
IMG_3332.jpg


シャンハイローズ ShanghaiRose
明るいグリーンで葉先が綺麗に色変わりして
コントラストが素晴らしいです!
IMG_3344.jpg


ムーランルージュ Moulin Rouge
赤味の濃い灰色が特徴的です。特に低温期には
鮮やかに発色するそうです。
IMG_3335.jpg



オデッティー Oddity
葉がストローのような筒状で面白い形をしています。
いま葉先が赤く発色していますね。とってもキュートです
IMG_3340.jpg


リトルボーイ Little Boy 
照り葉でやや長細く整った美しいロゼットです。鮮やかに発色しています。少しブロンズがは入った濃い紫と言った所でしょうかとってもいい色です
IMG_3339.jpg


モーニングバード Morning Bird
明るいグリーンの小型種です。これは年間常緑です。
子株が旺盛に出るらしいので寄せ植えやグランド・カバーにもいいようです
IMG_3337.jpg


これで家のセンペルビブムは10種類になりました。
それぞれ良く見ると可愛い所があります春から子も増えて
もっと楽しませてくれるでしょう。





冬のバラ

2007年12月11日 10:23

昨日はコリウスをかたずけました。ほんとによく夏から頑張って咲いてくれました。さてそのあとにこぼれ種で大きくなったマラコイデスと千鳥草を植えようかなと、見回したらまだインパチェンスが咲いています。この花は花期が長いですね~綺麗に咲いているものは抜けません。
私の所ではインパチェンスも家の窓辺に鉢植えのものを取り込めば、冬の間中花は小さく成りますが咲きつづけます。マラコイデスと千鳥草は今しばらく後になりそうです。
こんな風ですので、今年の秋バラの開花はよけいにおかしいです。秋バラの開花が一ヶ月以上遅くなったのか・・それともずっーと続いていると言った方がいいのか?いまだに蕾を付けます。
これはゴールデン・セレブレーションです。コーネリアを抜いて今ではすっかり家のシンボル・ローズになりました。

ゴールデン・セレブレーション(ER)

蕾は美味しそうな桃のようですね
IMG_3037.jpg

IMG_3260.jpg

IMG_3257.jpg

次のバラはバラ園の人に大きく成るけどいいの?と言われて
それでも持ってきてしまった、
ラベンダードリームです。私は名前に弱い。困ったものです。
IMG_3299.jpg

次の物は少し退色した時のものですが、本来の色はこれにもう少し
ブルーがは入った感じで綺麗です。
IMG_3300.jpg




バラではありませんが今年最後のベル・オブ・ウォーキングが咲きはじめてきました。もう色がのってきません。うすいグリーンですね。
ほんとは薄いブルーの綺麗な色なのに。
IMG_3280.jpg

秋の一番初めに咲いてくれて、名前を教え頂いたあの時の花はこんな風に種になつて、楽しませてくれています。暫くしたらまた来春までこのお花ともお別れです。
IMG_3285.jpg




蕾のままのペルル・デ・ジャルダン

2007年12月08日 16:30

IMG_3254.jpg


ペルル・デ・ジャルダン Perle de Jardins(Tea)
ソフトイエロー/ 中輪/ 1874年/樹高1m



ティーの貴婦人と呼ばれるこのバラ、果たして咲いてくれるでしょうか?
少し蕾が割れてきましたがこれから先が今の時期ほんとうに時間がかかるんです。
このペルル・デ・ジャルダンが咲いてくれれば秋から家に来たティーの三種類がみな咲いてくれた事になるのだけれど・・・果たしてそんなに上手くいくのでしょうか?
ティーの貴婦人と呼ばれるこのバラを早く見てみたいものです。






次は裏庭にある大きな多肉・・これも多肉ですよね!


ウチワサボテン・・・サボテン科 オプンティア属

ウチワサボテンがまだ咲いています。
夏の終わりからずーっとですよ!おどろきです。
冬になって蕾は赤く濃く染まりました。でも花色は艶感がなくなり薄くなっています。

IMG_3182_2.jpg

これは9月11日、蕾の周りの蜜に蟻が集まっています。蕾の色は薄いですね。
IMG_1744.jpg

9月の花は艶々して黄色味も強くほんとに綺麗でした。
IMG_1723.jpg





キダチアロエ・・・・ツルボラン科(ユリ科) アロエ属

これはよくあるキダチアロエですが左側が写っていませんが、
もうほんとに増えて大きくなってしまって
この葉を大量に何か有効に使えないかと考えています。
たとえばお風呂に入れるとか・・だめかな~
何か良い案があったら教えてください。いま丁度花が咲いています。
IMG_3174_2.jpg




いいね!このアイスバーグ

2007年12月05日 13:29

冬色に染まったアイスバーグの蕾がゆっくり開いてきた・・・嬉しい!

それにしてもこんなに春と違って透明感ある花弁のアイスバーグは、はじめて見るような気がする。
どうしたわけか12月になってようやく調子がでてきたみたいで、いくらなんでもこれでは遅いです。
小さい蕾もまだあるけれど、これから綺麗に咲くのはもう難しいかもしれない。


アイスバーグ(F)

IMG_3076.jpg

IMG_3206.jpg

IMG_3218.jpg




木の実のリース

もう直ぐクリスマス、散歩道や公園で少しずつ集めた木の実で、和風の私の家にもあう様なリースを作ってみました。
IMG_3228.jpg

IMG_3232.jpg

松ぼっくりは先日海に行った時松林の中で、どんぐりと他の木の実は公園で、黄色いムギワラギクとヒイラギは家のもの唐辛子は頂きものです。
IMG_3225.jpg

この次は、ロースヒップを使って、家の中に置く小さな物を作ろうと思っていますが、師走の忙しさの中さてどうなることでしょう。

オールド・ブラッシュとアイス・バーグ

2007年12月01日 09:56

咲きはじめの何日間か夜閉じるバラってあるんですね。私は初めてそれを知りました。
このバラは家で一番古くからあるバラなのに始めてそれに気づいたんです。それともそう言う事ってわりと有る事なんでしょうか。草花ではたまに見ますがバラでは見たことがありませんでした。
この時期咲いているバラも少なくなって、初めてじっくりひとつのバラを眺める事で、気が付きました。

オールド・ブラッシュ(Ch)

昼間はこんなふうに咲いているのに夜になると下の様に閉じて、
早朝はまだ開いていません。日が高くなって温度が上がると開くようです。
もう4・5日こんな事を繰り返しています。
IMG_3060.jpg

IMG_3032.jpg




アイス・バーグの冬の蕾はピンク色に染まります。まだ幾つか蕾があるんですが、上手く開花してくれるでしょうか?強健なバラですから大丈夫だと思いますが少し心配です。

アイス・バーグ(F)

IMG_3073.jpg




次は散策です。沼津市我入道海岸

その文学碑は風が吹くと、その造形の面白さから特異な音を出す事で、地元の人には知られています。この前ここに来たのはもう随分前になります。思い立って今日はそこに寄ってみました。それは、芹沢光治良の文学碑です。直ぐ横は海です。
芹沢光治良の代表作は「人間の運命」「巴里に死す」などです。

これがその文学碑です。今はほとんど忘れ去られた存在になっています。
この間を海風が通って音を出すのです。これは計算して作られたものでしょうか?
この右手はもう浜辺がすぐそこにあります。小さい頃光治良はこの場所が好きだったようです。
IMG_3117.jpg

ぜひ大きくしてご覧下さい。
IMG_3118.jpg

IMG_3114.jpg

IMG_3112.jpg


浜におりてみました。今日は時折小雨のふるあいにくの天気です。
先に見えるところが大瀬崎(オセザキ)です。
ハマユウの花とダイビングで知られた所です。
STA_3121.jpg

文学碑の直ぐ近くで磯菊が咲いていました。
IMG_3134.jpg

防風林に成っているところで、こんな実を付けた樹が沢山植えられていました。トベラと言う樹だそうです。ぶらぶら自然観察日記のdogwoodさんに教えて頂きました。
dogwoodさん有り難うございました。
IMG_3124.jpg

IMG_3126.jpg

今日はその音は聞けませんでしたが
今度又何時か、季節を変えて来ようと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。