Archives[ 2008年03月 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★センペル★と遊んで♪

2008年03月27日 10:15

IMG_5364.jpg


この日は良いお天気だったのでベランダでいくつかセンペルの植え替えをしながら、十分大きくなった子供達だけ分けてみました。子供と言えば私には娘がいますがこの子は植物に関心が無いような事を何時も言いいます。でも時々私が花の鉢を部屋に入れて置くと、休みの日などそれを眺めて嬉しそうな顔をしていたのも私は見て知っています(笑)やはり親子ですから少しは似ていなくてはおかしいですよね。
それでこれは娘のために分けた子供の中から選んで作りました。センペルですから部屋に入れておく事はしませんが娘の部屋の前がベランダですから開ければ直ぐ見える所に置こうと思って作りました。例によってこれを見てあの顔でにこっ!にやっ!と、するのかと思うとそれが楽しみです。

左上から【ミッドナイト・ローズ】下にさがって【ヤングパイン】その上【スーパードーム】そして一番右が【ブロンコ】です。
ライムグリーンの葉物はペペロミアです。みな春色で可愛いです。

植え替えの作業をしていると、レディースコットからランナーが出てきているのは前から分かっていたのですがここに来て急成長しているのに気が付きました。この鉢の大きさではすぐ間に合わなくなってしまいます。子供達が根を下ろす所を見込んで鉢を都合つけなければいけません。初めてのセンペルの春の様子は色も毎日変化していきますが、子吹きも色々でとても面白くて目が離せません。
それと今日は待ちに待ったセンペルビブムとジョビバルバが載っている本が届きました。この本はある方がブログで紹介されていた物です。手にしてセンペルの本を見るのは初めてです。とっても綺麗です!でも英語版ですから初めはただ見るだけです(笑)

IMG_5346_20080326091909.jpg IMG_5397.jpg


スポンサーサイト

クリローで遊んで♪

2008年03月25日 14:59

IMG_5335.jpg


一週間ほどで出来上がりました。セミダブルの小花弁が一部取れてしまいました。セミダブルをドライフラワーにする場合は特に開花早めの時にしなくては駄目のようです。

IMG_5491.jpg


先日試しにこんな事をしてみました。シリカゲルで作るドライフラワーです。
シリカゲルは通販で取り寄せてみました。他の方達の使っているのを拝見しますとそのシリカゲルは白い色をしているのに何故か来た物はブルーなのです。これでいいの?でもいまさらそんなことをいっても仕方ありません。

取り寄せた所からは簡単な作り方が書いてある説明書が入っていましたので、それにしたがってやってみる事にしました。
上の様に、シリカゲル2センチほど先に容器に入れてお花を置いてみました。
このあとこの上にまた入れていくのですが、ここで考えました。・・たまにはそれでも考えます(笑)
どうしたら蘂も綺麗に潰さないで埋めることができるかと!
そしてこうすることにしました。あの砂時計の砂が落ちるのをイメージしたのです。

IMG_5359.jpg


これが結構上手くいくのです。嬉しくなってしまいました(笑)
この結果が上手くいけば、薔薇の季節になったら記念に今年は押し花もするつもりですが、この方法でも各薔薇最低ひとつずつ作って残したいと思っています。

そしてこれが蘂の周りに入れた所です。そしてこの後完全に埋まるまで入れます。

IMG_5340.jpg

IMG_5344.jpg


さて結果が分かるまであと少し掛かります。アレンジには全然自信がありません。と言うより何も考えていませんでした。でも出来た物は追記しておきますので又ご覧下さい。
(4月5日) 遅くなりましたが出来上がったものをわかり易いように上に付けておきました。



もしかするとこれが最後に成りそうなシングルのクリスマスローズが咲きました。
綺麗なクリーム色のそばかす美人です。

クリスマスローズ シングル ssNo.8

IMG_5351.jpg

IMG_5352.jpgIMG_5354.jpg


つい先ごろクリスマスローズがようやく咲き始めてきたと思いましたら、もう盛りを迎えてそろそろ薔薇の咲く季節です!家のオールド・ブラッシュの蕾にももう色が見えてきました。

ツルニチニチソウと春の芽吹き

2008年03月22日 16:17

ツルニチニチソウ(蔓日々草)別名:ビンカ  
学名:Vinca major キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ属


IMG_5274.jpg

IMG_5290.jpgIMG_5302.jpgIMG_5299.jpg


青紫の素敵な色で一週間ほど前からぽつぽつとまた咲きはじめてきました。家のツルニチニチソウは斑入りです。斑が無い物もあるようですが斑入りの物はその花が咲いていない時期でも、葉を楽しめていいですね。でもなんと言っても、春の若葉の時が一番綺麗です。
ヒメツルニチニチソウという種類も有るようですが、ツルニチニチソウは大型で匍匐茎から発根しないので区別できるようです。




ギボウシ(擬宝珠) ユリ科 ギボウシ属(Hosta)

IMG_5304.jpg

ギボウシも種類が多いですね。このギボウシの名前は分かりません今年は調べなくては。春の芽出し時期に肥料をあげますが、とんでもない所にそれが写っていますね。



オダマキ(苧環) キンポウゲ科 オダマキ属

IMG_5312.jpg

これは西洋オダマキです。だいぶ新葉が伸びてきました。キンポウゲ科の花はみな綺麗ですね。
クリスマスローズ、雪割草もその仲間です。
ここまできたら、もう周りの枯れ枝を綺麗に取ろうと思います。私は防寒の為この位までそのままにしておきます。
オダマキは宿根草ですが2.3年すると株が弱ります。こぼれ種でよく発芽しますからそれを育てておいて更新するといいと思います。

★センペルの秋と早春★

2008年03月20日 14:08

昨年11月に家に来た4種類のセンペルはまだ色変わりはしていませんでした。
それから冬になり少しずつ変化も見られました。今日はその変化がどの様なものか掲載したいと思います。センペルは冬の寒さに当たると色付く物が多いいのです。ですが私の住んでいる所は冬に氷点下になることも余りありません。若しかするとその色の変化は少ないのかもしれませんが、記録として残したいと思います。暖かくなればまたその姿を日に日に変えていくでしょう。



学名:Sempervivum  
属名(読み):ピンク・パフ Pink Puff

IMG_2914.jpg IMG_5275.jpg

綺麗なセンペルです。とても産毛の美しいセンペルです。
色は名前のピンクが葉の外側から僅かに色付いて見えます。少しの変化ですが確かめられた事が嬉しいです。



学名:Sempervivum  Superdome
属名(読み):スーパードーム

IMG_2868.jpg
IMG_5277.jpg

これは全体が色濃くなるだけなのでしょうか?そしてやはり少し巻きがきつくなっています。
それから脇からもう子吹きし始めています。これからにょきにょき可愛い子供達が出てくるのかと思うとわくわくしますね。



学名:Sempervivum  Moulin Rouge
属名(読み):ムーランルージュ

IMG_2869.jpg IMG_5281.jpg

ムーランルージュの色変わりはとても綺麗です。こんなにはっきり変わるのはすごいです。
形も随分変わりました。まるで別物の様に見えます。きゅっと葉を立ち上げた姿は寒さに立ち向かった健気な姿にも見えます。


学名:Sempervivum  Midnight Rose 属名(読み):ミッドナイト・ローズ

IMG_2915.jpg IMG_5283.jpg
葉色を全体に濃くして内側に巻き込む様な感じに見えます。でも名前のミッドナイトとは程遠い色ですね。これではトワイライトローズといった所でしょうか。
もう少し寒さがきつかったら全体に色濃くなったんでしょうね。残念です。



学名:Sempervivum
属名(読み):巻絹

IMG_1095.jpg
IMG_5270_20080320113332.jpg

この巻絹は私がセンペルを集めだしたきっかけとなった物です。
家に昔からあった物ですが、これがセンペルだとは知りませんでした。名前すら知らなかったのです。
絹糸のような糸が秋には綺麗に掛かっていました。それこそ、その名前のように。
でも冬を越したらその糸が無くなってしまったんです。それに痩せて徒長しています。
そこで荒療治ですが一番徒長しているものをカットして新しく仕立てようと思いました。もし駄目になっても子供が沢山出来ていますから、チヤレンジします。ベンケイソウの仲間は土に挿して置けば着きますからこれも着くでしょう。でも無くなってしまった糸はこれから暖かくなれば出てくるのでしょうか?
実はこの巻絹にはもうひとつ私がつけた名前があります。素敵な名前なんですがこんな姿では名前が泣きます。糸を取り戻さなくては!(笑)


ブラック系のクリスマスローズ

2008年03月18日 10:44

クリスマスローズ ブラックシングル ssNo.7

IMG_5216.jpg IMG_5228.jpg
IMG_5217.jpg IMG_5261.jpg


クリスマスローズフェアー開催中を知って近くの伊豆の国市までドライブがてらクリスマスローズを見に行ってきました。
往きは御瀬崎に通じる海岸線を海を見ながら、あの沈んでしまった客船スカンジナビア号が停泊していた近くを伊豆方面に折れて所要時間40分ほどで目的のお店に着きました。
開花株700鉢以上とのうたい文句に何も買わずに帰るはずも無く、散々ダフルの品定めをした末に明日からのおかずに支障が出ない程度にと(気が小さいですね(笑)この株を連れて帰ることにしました。
色はそれほど黒くないのですが、丸弁でカップ咲きが気に入りました。これでブラックのクリローは二つめに成ります。こうして一株ぐらいならぁ~とか言いながら少しずつ増えていきます。





・・・・・・次は今咲いている薔薇から・・・・・・

庭に薔薇が咲いていないと寂しいので、咲かせてみました。何の薔薇かは言いません。
言っても信じてもらえないでしょうから(笑)

IMG_5246.jpg

IMG_5248.jpg

IMG_5256.jpg


ルーセ・ブラック

2008年03月17日 10:58

ルーセ・ブラック ssNo.6

IMG_5156.jpg

IMG_5138.jpg

IMG_5153.jpg

ブラックはダブルでなくてシングルのほうが好みです・・って、ダブルを持っていないから比べたわけではわないけれど、持っていてもきっとそう思うに違いないという事で。。。

色そのものを楽しむならシングルに限るような気がするのは、私だけかな。でもあんまりこれは黒くないかも?

ダブルがクリスマスローズでもっと一般的になってきた時に、シングルの良さが見直されて、他のお花のようにシングルダブル関係なく、平均してそのファンは分かれるのに違いないと思います。

2番目の画像の咲き始めてきてこのくらいの時覗き込むのが好きですね。花弁の内側の方が色濃くて期待させてくれます。

それにしても黒という色は、赤も難しいけれど全然色が出ていない。これでは蕾なんか濃いグレーにしか見えないけれど、どうしたら上手く撮れるんだろ~?
[ 続きを読む ]

沈丁花と若山牧水

2008年03月16日 08:24

沈丁花

沈丁花科  沈丁花属  花言葉・・・「優しさ、おとなしさ」

IMG_5206.jpg IMG_5203.jpg


私の勘違いだったようです。いつもならもうとっくに家の沈丁花が咲いているはずなのに、と思っていました。どうやら白い沈丁花は赤の沈丁花より開花が遅いのかもしれません。
少し前から裏の木戸近くに行くとその香りが風に乗って感じるようになってきましたがようやくその盛りを迎えようとしています。明日は彼岸の入りですこのお花も少し一緒に持っていこうと思います。



「沈丁花 いまだは咲かぬ 葉がくれの くれなゐ蕾 匂ひこぼるる」

「白鳥は 哀しからずや 空の青 海のあをにも 染まずただよふ」


いずれの歌も若山牧水が歌ったものです。若山牧水記念館はこちらの地元、千本松原(千本浜公園)の中に在ります。

★春に仲間入り Sempervivum 4種★

2008年03月14日 21:48

ホワイトデーに息子からはセンペルをもらう事に勝手にしました(笑)
このセンペル、冬を越していますから色がとっても綺麗です。 左からひとつずつ紹介しますね!
それからセンペルを収集しているお友達がもっと出来たら嬉しいのですが、なかなかそういう方がいらっしやいません。センペルを見に来てくださった方、ぜひ一言コメントお願いします。

IMG_5180_20080314111543.jpgIMG_5328_20080323213526IMG_5192.jpgIMG_5182.jpg



科名:ベンケイソウ科 Crassulaceae 学名:Sempervivum 4種ご紹介します。


IMG_5180.jpg【レディースコット】

中型種です。とても完成された綺麗なセンペルだと思います。中心部分から色付くのはほんとに綺麗です。コントラストが素晴らしいですね。葉はゆったりとした巻きで以前に出した、シシリアンローズによく似ていると思います。華やかさがあるセンペルです。


IMG_5328_20080323215215.jpg【チョコレートチップ】

中型種です。すごく可愛いセンペルです。葉はどちらかと言うと肉厚でつんつんしている所がいい。
色も濃くてほんとにチョコみたいな色です。元の葉の色は濃いグリーンの様です。気に入りました。




IMG_5192_20080313142004.jpg 【ダックモール】 

大型種です今10センチ近くあります。葉が幅広であひるのおしりの様な形にも見えますがそれで名付けられているのでしょうか?葉の厚み自体はそう厚くない方です。一枚ずつが少し湾曲していて、元の方が褐色に色付いています。元の葉色はグレーがかっています。


IMG_5182_20080313141932.jpgヤングパイン 】

小型種です。沢山子吹きしています。葉はカチッとした三角形、元の葉の色は明るいグリーン。
とても可愛くてすっきりとして、いいです。
寄せ植えなどに使うと、変化が出て良いと思いました。

トキ草 休眠開けの植え付け

2008年03月10日 14:01

大輪トキ草(湿地性ラン)

IMG_0056.jpg


昨年4月綺麗に咲いたこのトキ草を冬越しの為、鉢から土を落として冬越しさせたのは11月26日のことでした。
今日は冬越させた球根を取り出して植えつけようと思います。
さて芽は少しは出ているでしょうか?楽しみです。
今年は一つの鉢で幾つかの球根を一緒に植えようと思っています。
鉢の大きさは20×15×高さ8センチを用意しました。もう少し深めが欲しい所ですが今家には盆栽鉢でこれしか適当なものが在りませんでした。
花後に深めの素焼き鉢に植え替えてもいいと思ったわけです。

開けて見ましょう。上手く冬越ししていれば腐らず少し芽が動いているはずですが・・・

IMG_5110.jpg
かなりもう芽が出ています遅いぐらいですね
取り出してみます。
IMG_5120.jpg IMG_5122.jpg


色は桃紫弁と赤紫弁の二種類あります。桃紫弁の芽の出方が少し遅れているようです。
用土はさほどえらびませんが湿地性ランなのである程度水持ちがいいもので植えます。今回は赤玉小と篩い通しの腐葉土を少し入れてました。ミズゴケの硬くしたものでも良いです。それに6ヶ月程効く遅効性の粒状肥料を入れて植え付けてみました。
IMG_5103.jpg IMG_5123.jpg


IMG_5124.jpg

こんな感じになりました。球根は肩を出すくらいの植え込み方がいいと思います。
このあと暫くしたら日に当てて4月には綺麗なお花が見られるはずです。

トキ草の水遣りですが年間を通して水を切らさない事が大切です。花後の肥培も大事です。葉が完全に枯れるまでは秋にもある程度日に当てて水遣りを忘れないようにします。こうすると葉が枯れた頃には親の球根が子供を作って毎年2倍3倍にと増えてくれます。

昨年「トキ草の冬越し」の記事を思いがけず何人もの方が見てくださいました。今回の記事も少しでも参考にしていただければ嬉しいです。





・・・・次は家のお花から・・・・



椿

IMG_5095.jpg


椿科  椿属
椿の花言葉・・・「理想の愛」「謙遜」

色によって   赤色は、「控えめな愛」「気取らない美しさ」
白色は、「申し分のない愛らしさ」「理想的な愛情」「冷ややかな美しさ」 と色々です。



この椿の名前は分かりません。花弁がハートの形をした変わった椿です。
花弁の中も良く見るとなにか変な感じです。変わっています。
見ていて気持ち悪いという人も居るかも知れません。
でも家にはこの椿しか在りません。今が盛りと咲いています。

追記:この椿の名前を「薔薇冬虫」の冬虫さんに教えて頂きました。
【紅唐子】との事です。
また蘂が白いものは【卜伴】と言うそうです。
冬虫さん有難うございます。

はじめてのパーティードレス

2008年03月08日 10:58

クリスマスローズ パーティードレス系 ガーネットレッド


IMG_5057.jpg

IMG_5041.jpg IMG_5031.jpg



このガーネットレッドともうひとつパウダーピンクのパーティードレスの苗は娘からのプレゼントです。

早いものであれからもう一年三ヶ月経ちました。苗を見たその時はなんだか小さくて頼りなさげでこの株で大丈夫かな?と自信がありませんでした。もちろん娘にはそんな事は言いませんでしたが、心配だったのです。
今思えばパーティードレスの苗は他の苗と比べて葉の出かたが少ないように思います。少ないと言うより夏、葉を落しがちなのでその時の苗も小さく見えたのかもしれません。

そしていまこんな感じに咲きました。パーティードレスの花弁は独特ですね。とくにガーネットレットは弁端がひらひらして先がとがっていて直ぐわかります。
ガーネットレッドは少しくすんだ赤だと思いますがタグはもう少しパープルがかっています。やはりどの花もそうですが咲いてみるまで花色は、わかりませんね。栽培条件で微妙に違ってくるのでしょうか?

でもこれで少し安心しました。後はパウダーピンクの開花待ちですがこちらがまた困っています。まだ7.8センチしか出ていないのです。
蕾が付いているのかどうかもわからないのです今下の写真のこんな感じです。
どうしてこんなに差ができてしまったのでしょう。私には分かりません。


IMG_5090.jpg IMG_5093.jpg

パンジーのようなクリスマスローズ

2008年03月06日 12:33

クリスマスローズ シングル ピンクスポット (SSNo.5)

IMG_4985.jpg

蕾が株元に付いてから随分そのままでなかなか伸びなかったのですがいよいよ咲いたと思ったら花弁はくちゃくちゃでこれでも良くなったほうです。

クリローというよりもこれではまるでパンジーそっくりです!

今年はパンジーを植えてないので丁度いいといえばいいのだけれど、う~んそれにしてもこんな事は初めてです。





エリクスシミシイ

IMG_4688.jpg IMG_4987.jpg

エリクスシミシイも随分賑やかになってきました。咲き進むにつれて赤い色が挿すのが特徴です。

でもこの色の出方には固体差が在るようです。色が付くと雰囲気が変わりますね。

小輪ですが花つきの良い花期の長い品種です。





リビダス

IMG_4624.jpg IMG_5049.jpg

リビダスが咲きました。葉があまり写ってないのですがとても綺麗な葉をもった原種系クリローです。

蕾もとても好きですころころです。花はエリクスシミシイをもう少しシックにした感じでしょうか?

リビダスは立ち上がるタイプと匍匐気味のタイプの二種類あるようですが、どうやらこれは匍匐ぎみのような気がします。






・・・・・・次は家のメダカです・・・・・




家のメダカにも春がきました。お腹がぷっくり膨らんで卵を持っているみたいです。この頃では水草の中にいる事が多くなっています。もう直ぐ出産かもしれません。


IMG_5008_20080305144943.jpg





ダマスクの白薔薇

2008年03月03日 10:38

マダム・アルディ(D)

花色:ホワイト/一期咲き/ 樹高:2m/ 花の大きさ:中輪 /強香/作出年:1832



IMG_4964.jpg IMG_4965.jpg


中心の緑色のセンターアイが魅惑的な「最も美しい白薔薇」と言われるこの薔薇を購入したのが去年の夏の終わりです。

あれから半年経ちます。緑色のセンターアイが魅惑的な薔薇はミニ薔薇ですがグリーンアイスを持っています。ですが香りがありません。数輪の房咲きになり爽やかに香る という風に言われているこのマダム・アルディの開花を心待ちにしているのですが、今こんな感じになっています。

まだ芽がそれほどでていないのでこの枝を倒して小さなオベリスクに巻きつけるか、このままで春の花を見て、その後剪定してこの樹高を保つかまだ悩んでいます。

この薔薇を鉢植えにしたのには訳があります。咲いて一番良いときに玄関先に持っていきたいと思ったからです。家の玄関は北向きですがこの白薔薇が香りと共に迎えてくれたらと夢見たわけです(笑)
北向きの玄関先に植えつける薔薇には苦労します。こうして鉢植えにするのが一番良いのでしょうか?





・・・・・・・次は家のお花から・・・・・・・



以前インパチエンスの花がグラスで発根していたのをポットに植えたのですがどなたも覚えていらっしやら無いでしょうね(笑)
ここまで蕾が大きくなってきました。早咲きをねらったつもりでもこれではもう直ぐ苗が売りに出てきてしまいますからさほど早くありませんね。でも一応少し早咲きでしょうか(笑)

IMG_4050.jpg IMG_4969.jpg


今日は薔薇も草花も咲いているお花がなくて寂しい感じもしますけれど、たまにはこんな事もあってもいいかもしれませんね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。