Archives[ 2009年04月 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もみじの花と実

2009年04月29日 10:30

IMG_0849.jpg
IMG_0848_20090428201149.jpg

もみじの花と実を知っている人は少ないのでは?と思います。
ぶら下がるように咲く小さな白い花は人の手の様な形をしている所がそうです。
咲き進むと長い蘂が目立つ面白い形をしているものがみえますがこれが雄花です。
そして下の写真の右上にあるまとまった感じのもの二つが両性花(一つの花に雌しべと雄しべがある花が両性花)です。
なにやら黒い物があちこちに見えると思ったら、どうやら蟻が来ているようです。これ以上寄れないので良く分からないのですがガクの元にある蜜線から蜜が出ていると思います。
そして、もみじは盛んに動き回る蟻によって受粉を助けられているようです。
受粉すると面白い形の種が出来ます。プロペラの形をしたものが種です。
熟すと種は次第に赤く色着いてきます。この時期は若緑の葉とのコントラストが綺麗です。
種は風に乗って遠くまで運ばれるように竹とんぼと同じ形をしています。
もみじには花の色や大きさは種類によって色々違うのですがこの種の形はプロペラ型のようです。
それにしても素晴らしい自然の科学!と造型の美!・・ですね(笑)


今日の庭仕事から~

今日は刺無しノイバラの枝を少し止め直しました。
今頃なんなんですが、あまりにも伸びすぎて小さい藪になってしまいました。
家では毎年花後に切り詰めてその後は自然に任せています。
丁度コデマリの花が枝垂れて咲くような(もう少し荒めですが)それと似ています。
裏庭ですから余計洒落っ気がありません。
5・6本の支柱で株を支えています。強風や台風では何時も斜めってしまいます。
日当たりはあまりよくないのですが、ノイバラにもようやく花芽が着き始めてきました。

IMG_0854.jpg


スポンサーサイト

裏庭の白い花

2009年04月28日 10:04

IMG_0834.jpg
IMG_0826.jpg

シャリンバイ(車輪梅)(バラ科 シャリンバイ属)

この花はあまり目立つ花ではありません。
厚みのある葉に上向きに固まって咲く花はそれでも何か品のようなものを感じます。
バラ科の植物なのですね。やはり5弁花です。
名前の由来は字でわかるように枝が車輪の車軸状に一カ所から放射状に多数枝分かれする様子から付けられたようです。
この樹は秋の実がとても綺麗です。
真っ黒な実は鳥に食べられてそのうちになくなってしまいますが、鳥が運んだ実から、またどこかで芽生えているのでしょう。私の家のように。


IMG_0836.jpg
IMG_0839.jpg

今年もまた鈴蘭の花が咲いています。
香りが素晴らしいです。この花束をプレゼントする人は最高にセンスのよい方だと思う。
それもさりげなくあげて欲しい。
フランスの恋人にあげる習慣を真似しろとは言わないけど、
今の若い人には夢がない!!(笑)

鈴蘭、別名 君影草 ユリ科 ヨーロッパ、アジア原産 4~7月 毒性を持つ
花の形から。英語で谷の百合「 Lily of valley 」
花言葉は「意識しない美しさ」「純粋」
恋人に捧げる花。パリの風習で5月1日にこの花を人に贈ると、幸福が訪れるという。
春の女神オスタラがこの花の守護神。




アンブリッジ・ローズ(ER)の破れたハート

2009年04月27日 10:39

IMG_0804.jpg

IMG_0810.jpgIMG_0814.jpg


アンブリッジ・ローズはミルラ香とその季節で移ろう美しいアプリコットピンクの花色で知られた薔薇です。
強健で、香りも良くコンパクトにまとまるので鉢植えで容易に楽しむ事が出来ます。
私はそれに加えてもう一つお気に入りのことがあります。
この薔薇は美しいハート型の花弁の持ち主なのです。
春はこんな風に外側のハート型の花弁を大きく広げて素敵なカップアンドソーサーの形で咲いてくれます。
昨日は強風でその花弁が痛みました。これ以上酷くならないうちにと今年の一番花を記録として撮りました。
ですがもうその時には一枚のハートが破れはじめていました。それに外側の花弁の何枚かが擦れて痛んでいる所もあります。
下の左の写真ではハートが二つに裂かれようとしているのが分かると思います。
薔薇は雨の被害より、風の被害の方がきつくでます。
また今年も台風も来るでしょうし、風に泣かされる日が来るかもしれません。
この後、鉢を動かしましたが、庭の薔薇が全体にもう少し咲き進んでいたらもっと酷い有様になっていたと思います。でもこればかりは毎年の事でどうにも成りません。

アンブリッジ・ローズ (ER)

花色 アプリコットピンク ピンクブレンド
樹高  0.9~1.2m
花径 中・大輪カップ咲きからロゼット
作出年 1990年 David Austin イギリス



同じ庭に地植えでクレマチスのベル・オブ・ウォーキングを植えてあります。
このクレマチスは薔薇と同じ年に植えました。
毎年この時期に成ると見事な万重咲きで咲きます。秋にも少し重ねは少なくなりますがまた咲いて楽しませてくれます。

IMG_0819.jpg

クレマチス ベル・オブ・ウォーキング

キンポウゲ科 センニンソウ属
花径: 大輪八重咲き、
花時期: 早咲きのパテンス系
花色: 淡いラベンダー 色
花言葉: 「精神的な美しさ」



Souv de Pierre Notting スヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタン(Tea)

2009年04月25日 11:25

IMG_0783.jpg
IMG_0793.jpg


Souv de Pierre Notting スヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタン 
別名イエロー・ママン・コシェ

この薔薇は1864年に作出されたマレシャル・ニール(ティー・ノワゼット)と
1893年作出のママン・コシェ(ティー・ローズ)とから生まれたティーローズです。

マレシャル・ニールは淡い黄薔薇。ママン・コシェはピンクブレンド。

そして昨年家で咲いたものが下の写真です。
別名イエロー・ママン・コシェと言う名前どおりに黄薔薇で咲きました。



今年のスヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタンはピンク色濃く咲いています。
名前からすれば、昨年の花が本来の花色なのでしょうが、仕方ありません。
樹が弱っているのだと困りますが、この後の様子を気をつけたいと思います。
でも、この顔も綺麗だと思いました。

Souv de Pierre Notting スヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタン 
別名イエロー・ママン・コシェ

樹高:1m
花色:イエローブレンド
花径:中輪
香り:中香
作出年:1902年

~~ +++ ~~~~ +++ ~~~~ +++ ~~~~ +++ ~~


プリン と もも

IMG_0758.jpg
何時も行く公園で、久しぶりに家のワンコの写真を撮って見ました。
吹き渡る春の風に気持ち良さそうです。
辺りは、今年もシロツメクサが咲いています。
IMG_0743.jpg
プリンはすっかり歳をとってしまったけど、相変わらずいいお母さん振りです。
ももは、何時までも甘えん坊です♪



アンナ・オリビエ(Tea)

2009年04月24日 11:06

IMG_0718.jpg

これが今年のアンナ・オリビエです。

IMG_0620.jpg


少し前に蕾で投稿しました。ティーローズはどうしても花首が弱いので俯いて咲いてしまいますが、上の写真は下から覗いて写しています。

この薔薇は年々逞しくなっているような気がします。春の色と花型を見てそう思いました。
今年のアンナ・オリビエはとても色が濃く出ていますがこれは好き好きな所もありますね。

昨年は春一番花の花型がこんな感じに整いませんでした。色も乗っていないような気がします。
IMG_5764.jpg  
薔薇は毎年色々な顔を見せてくれます。
色は今年の色と昨年の色を足して二で割った位がいちばん好きなんですが、、
なかなか思いどおりにならないところも、薔薇に惹かれるところかもしれません。

アンナ・オリビエ(Tea) 和名 采女(うねめ)

花径:中輪  剣弁高芯咲き
花色:クリームサーモン後にピンクがかる
香り:中香
樹高:1m
作出:1872年Pernet-Ducherフランス  


つぎは今日の朝の庭仕事から~
IMG_0735.jpg
IMG_0737_20090424094550.jpg
玄関先に名無しのホスタを持ってきました。
これからかなり長く楽しめます。下のホスタはなかなか大きく成りませんが、そういうタイプなんだと思います。葉も小ぶりです。でもベランダなどで楽しむのにはこのくらいがいいと思います。
ホスタは綺麗な花もこれから咲きますし、葉は見てのとおりこの時期とても瑞々しくて綺麗です。なにより日陰を彩ってくれる貴重な植物ですね。

マダム・アルディーの蕾

2009年04月22日 12:32

春になると毎年少し鬱状態になるのはどうしてか分かりました(笑)
薔薇の育ち具合が気になるのです。頭から離れないのです。

何年経ってもこれは薔薇の開花が始まるまで続きます。始まってしまえば諦めもつきますから、このどきどき感も収まって、鬱もけろっと直ってしまいます。

このことが分からなかった少し前まで、私は悩みました(笑)

そんな私が今一番嬉しいのが、このダマスクローズの名花マダム・アルディーに蕾が着いた事です。
でもその反面無事に咲いてくれるかそれがまた問題なのです。

IMG_0639_20090422094923.jpg
マダム・アルディーの蕾はオールドローズらしくガクがとても長いですね。
このガクだけでも芸術品を見るようです。
そしてこの薔薇は春だけの一期咲きなのです。
今年咲いてくれれば、新苗から二年越しのようやくの開花となります。このブログと同じです(笑)

mme_arudi_m.jpg
これがマダム・アルディーです。
写真はリンクさせて頂いている、ローズ・アンティーク さんよりお借りしました。

素敵な白薔薇です。もうこうなれば一つだけでもいいです。無事に咲いて欲しいと思います。
この次は自分の薔薇の写真で、投稿したいものです。



つぎは簡単に少し、これをシリーズとして投稿できればいいなと思っています。

綿栽培記録 №1

少し前に綿の種を蒔いたのですが、無事に発芽しました。これまでの経緯はこちらから。
これでまず第一歩を踏み出す事ができます。よかった~~
IMG_0456_20090410100019.jpg
蒔いてから10日ほどで発芽しました。  
IMG_0660.jpgIMG_0657_20090422095042.jpg


綿栽培記録 №2、3 と出来るでしょうか?頑張って育ててみます。


・・・・・・・・       ・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・

名前が分かれば~

2009年04月21日 15:52

IMG_0623.jpgIMG_0622.jpg
昨日は知り合いのお宅で大きな多肉を貰ってしまった。
私はエケベリアの七福神ではないかな?っと思っています。

これはそれでも7センチほどあるのですが、この親は10センチ以上もあって沢山子吹きしてそのお宅ではプランターにいっぱいになっています。
普通の土で育てていましたがそれは見事でした。

きっと普及種だと思いますが、普及種はこうして育てることが出来るんだといいお手本を見てきました。
とっても綺麗だった~~!!普及種ってすばらしい!


IMG_0667.jpg

これは家にある逸れこそ普及種のアロエ属、綾錦です。
少し前まで名前をはっきり知らなかったのですが、先日ネットのお友達に名前を教えて頂きました。
寒さにも強くて家では一年中外で過ごしています。
当たり前ですね。地植えですから、動けません。
大きさは大きな物では30センチ近くあると思います。
沢山子吹きをする、強健種です。
少し子供だけでも待遇を考えてみようと思いますが、
あまり増えすぎるのも困るので、悩んでいます。  
でもとりあえず、周りの草を何とかしないと駄目ですね。

今日は昼過ぎから雨が降り始めてきています。少し寒いくらいの陽気です。
皆さんこんな時は体調管理が難しいですが、体調を崩さないように気をつけてくださいね。

・・・・・・・      ・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・

杏色の薔薇

2009年04月20日 10:47

薔薇は蕾の美しさを楽しむ事ができます。
私はその蕾を楽しむということががかなり高い割合を占めています。
眺めるにしても、株の満開の時期より、蕾が多めの3.4分咲きのほうが美しいと思っています。
この感じ方には個人差が勿論在るとは思いますが、、

そして色々な種類の薔薇が在りますがそれぞれその蕾の形には特徴が在るような気がします。

私の中で最高に美しいと思うのはティローズの蕾です。繊細なその形は綺麗に先窄まりになる和筆の形によく似ています。

今そのティローズのアンナ・オリビエの蕾が少し開いてきました。


IMG_0620.jpg



アンナ・オリビエ(Tea) 和名 采女(うねめ)

花径:中輪  剣弁高芯咲き
花色:クリームサーモン後にピンクがかる
香り:中香
樹高:1m
作出:1872年Pernet-Ducherフランス 


そしてもう一つコーネリアがぽつぽつと咲いてきました。
この薔薇は房咲きに、ピンクにサーモンが混ざりあった美しい花を咲かせます。
私はこの薔薇の咲いたときよりもずっと赤いその蕾が可愛くて好きです。それと細くてくねくねとこまかく曲がるその枝ぶりも好きな所です。


IMG_0608.jpg
IMG_0615.jpg

コーネリア Corneria (HMsk)

花径:小輪 半八重 房咲き
花色:コーラルピンクからピンク濃淡
香り:ミックスフルーツ、水仙、ヘリオトロープに似たムスク系の香り
樹高:約300cm
作出:Pemberton,1925(英)

今日は薔薇でよく言われる香りの事は言いませんでしたが、香り、花型、花色の他にも色々な楽しみ方があります。人それぞれ感じ方が違うので楽しみ方も色々だと思います。

・・・・・・・・       ・・・・・・・・・       ・・・・・・・・       ・・・・・・・・・

雪晃のティアラが、、

2009年04月18日 10:40

きのうは薔薇で投稿、その前は多肉だった。まだ道端の花とか庭の草花でもしたいし、この時期が一番忙しいかもしれない。

そして今日はというと久々のサボテンです。
雪晃の花が満開近くになってきました。今が一番綺麗だと思います。
以前にたった一個咲いたときがあったのですが、この次はティアラの様にぐるっと咲いた所が見たいと言っていたのです。でも実際咲いたのはこんな頭にちょこんと乗せるタイプのティアラだったのです。
思い描いていたのとはちょっと違ったけど、前の時より色濃く咲いてくれました。


雪晃 (せっこう) (ブラジリカクタス属)
IMG_0596.jpg
IMG_0591.jpg
IMG_0592.jpg



それから次はサボテンではないんですが、一ヶ月ほど前にブログのお友達に沢山多肉を頂いたのです。
その時沢山の葉挿しもしておきました。
それが、大変なんです。すごい事になりそうです!
今こんな感じです。ちょっと見難いかな?

IMG_0480.jpg

分かりやすくちょっとアップにしてみました。  
IMG_0475.jpgIMG_0476.jpg
この子の根が一番威勢がいい。        こっちの子はもう子供が出来てる。     


IMG_0479.jpgIMG_0589.jpg
柔らかい葉だったけど、大丈夫そう。   これは庭に蒔いたもの。大丈夫そうです。

これはほんの一部でほとんど全部がこうなのです。
なにやらみんな伸ばし始めていたのです。根っこをです!!
早いものでは葉の付け根の所にぷつぷつと子供を乗せているものもあります。
生きている!動きはじめそうなそんな風にも見えます。
庭に蒔いておいたものも根が出てきています。これだと発根率80~90%位いくと思う。
やっぱり時期が良かったのだと思います。いやぁ~ほんとに、これから大変だ♪(笑)


・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・        ・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・

’09、春のカイゼリン・オーギュスト・ビクトリア

2009年04月17日 11:09




IMG_0540.jpg



IMG_0572.jpg


Kaiserin Auguste Viktoria カイゼリン・オーギュスト・ビクトリア

' kaiserの妻ヴィクトリアオーギュスト'の意味なのですが、
kaiserはドイツのプロイセン王・ドイツ帝国皇帝だった人物です。
その妻のビクトリアの名前を与えられたこの薔薇は作出当時(1891年)では始めてのアーリーハイブリットの白薔薇だったようです。
ですが白と言っても純白では在りません。中心部は重ねも多いいからかもしれませんがクリーム色が濃く見えます。
花弁が薄いのですが100枚以上もあるので、上の写真で分かるように重さで俯いてしまいます。
まるで開く前は白饅頭のようです。どこかでこの形の薔薇を見たことがあると思ったのですが、ピエール・ドゥ・ロンサールが丁度こんな風ですね。こちらの方がそれよりまだ大きいような気がします。

昨日は気温もどんどん上がって、この2枚の中間のベストだろうと思われる写真を撮り損ねました。
油断していたのです。
昨年一番目の花がボーリングして咲きいらなかった事を思えば、まぁ良しとしなくてはいけませんが、悔やまれます。



Kaiserin Auguste Viktoria カイゼリン・オーギュスト・ビクトリア 和名【敷島】(E・HT) 

樹高:1m~
花色:クリームホワイト ~ホワイト
花径:大輪
香り:中香
作出年:1891 Peter Lambert ドイツ

・・・・・・・・・       ・・・・・・・・       ・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・

ビリフェラ錦とセンペルまん丸もふもふ組~☆

2009年04月16日 10:41

Aloaceae Haworthia 軟葉系

ビリフェラ錦

IMG_0484_20090423105535.jpg


IMG_0489.jpg

この二日間で花芽が急に伸びてきました。
ハオの花はみな同じようだと聞いた事がありますが、まだ一度も見たことが無い私にはどんな花であれ楽しみです。
ビリフェラ錦はほんとに綺麗。
葉を透かして撮らなかったけれど、その白さで株が浮かび上がって見えます。
葉先の透明な部分は窓と呼ばれるそうだけど、 このハオは窓の斑入り具合が模様になってとっても綺麗です。
見難いですが先のちょろっと出た糸のような毛?がお気に入りです(笑)
一二枚、色の変わった元気の無い葉が心配だけど、どんどん成長してくれれば毟ってしまおうと思っているけど、どうかな?
このままがっちり、どっしりと大きく育って欲しいと思います。


次はハオではないけれど、これもいい感じに繊毛で覆われてきました。

先日頂いたセンペルがいい感じになってきました。
少し家の土になじんできてふっくらしてきたようです。

今日はその中から可愛い、まん丸もふもふ組です!
みんな色といい毛具合といい最高です。


Sempervivum

Pacific Plum Fuzzy パシフィックプラムフィジー

IMG_0507.jpg
全体が小豆色に染まっているので、毛の出かたが良く分かります。
白い繊毛とのコントラストがとても良いと思います。



Yukon Snow ユーコンスノー

IMG_0524_20090415111657.jpg
これは葉の内側にグリーンの色があるので、より優しく見えます。ニュアンスカラーが綺麗です。
繊毛はより細く、細かいです。


ciliosum Borisii ボルシー

IMG_0530.jpg
この子の繊毛がとても面白いと思いました。どこかサボテンにも似た感じです。
さわやかな若葉色に白い繊毛が華を添えて今が一番綺麗ではないのかな?と思います。

センペルは大きくて華やかな物もいいけれど、こんな子供達の成長を見るのがとても楽しいものです。



・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・        ・・・・・・・・・・・・・・・ 

四月の雨の日に思う事

2009年04月14日 13:21

雨の日に思う事は色々在るけれど、散った桜の花びらがこれでいっぺんに汚れてしまったに違いないとか、畑のあの野菜たちは喜んでいるにちがいないとか、、
やっぱり植物のそんなことを考えます。

朝方はまだそれでも降ってはいませんでしたので、草むしりや終わり近くになったクリスマスローズを引っ込めたりしていました。

ブログは大体一日おきに投稿しているので投稿しない日には写真を撮ったり、庭弄りを少し長くしたりするのですが、庭の薔薇を見て、今年は投稿をどんな風にしようか考えています。
というのは、薔薇は以外に丈夫な植物ですから家の庭のスペースでは新しい薔薇を迎えるのがなかなか出来ないのです。
毎年同じ薔薇では、どんなものでしょう?
私がブログを見る側だったら、やっぱり新しい薔薇を見たいと思うからです。

それでも、薔薇街道ですから薔薇の検索での方が多いのです。以前の記事での検索でこられる方が、検索しやすいようにと少しは工夫をしているつもりですが、古い記事はだんだん埋もれていってしまいます。

それを考えれば、また一からスタートのつもりで、咲く薔薇を今年は全部載せてもいいかもしれません。

なんだか自分が何を言っているのか、、これではまるで日記ですね。
また良く考えて見ます(笑)

すみません。それで今日の庭の花からはこれで~す!(笑)

イカリソウ   メギ科 イカリソウ属

IMG_0467.jpg
ものすごく細い花茎は見た目より硬くしっかりしています。
その先きには和船の錨に似た花が俯き加減に咲きます。
雨の日にはこんな山野草が似合うと思います。




・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・

コデマリとソラマメと葱坊主

2009年04月13日 09:48

IMG_0462.jpg


コデマリです。

これは3日ほど前に撮ったものですから、今はもう少し咲き進んでいます。
玉になって咲く様子はとても可愛らしいバラ科のお花です。
でも何時でしたか、このお花を活けて大変な事になったことがあります。
実はこの花、咲き進むとぱらぱらと落ちて、それは辺りが大変な事になります。
片付ける時でさえ廊下は花弁だらけという始末でした。
この花は庭でそのまま楽しんだほうがよさそうですね。


同じ日に散歩の途中でこんな可愛い野菜の花を見かけました。
野菜の花でも色々でかなり綺麗です。


IMG_0434.jpg

ソラマメの花ですがツートンカラーが目を惹きます。
マメ科の花はやはりみな作りが似ています。
良くは分からないのですが、ソラマメは体質的に会わない人がいて、
まれに酷い中毒を起こすそうです。でも初めて食べる時にどうしたらその体質が分かるのでしょうか?
それを知りたいものです。
どうやらこの体質を多く持っているのはイタリアなど地中海地域周辺の男性が多いようです。
そして遺伝的な要素も考えられるようです。まず日本人は大丈夫そうですね。


IMG_0421_20090408082752.jpgIMG_0423.jpg

これは葱の葱坊主の様子が面白かったので撮ってみました。
小さな花が寄り集まって、葱坊主と呼ばれる所が出来ています。
今丁度花が開いてきていました。
良く見ると可愛らしい作りです。
それで花言葉を調べてみました。
それが傑作でした!
私は本当に面白いと思ったんですけど、、

葱坊主の花言葉・・“愛嬌”

いったい誰がつけたんだか~ほんとに!!
でもほんとに言い得て妙ですね(笑) 

・・・・・・・・     ・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・

早すぎる?ワタの種まき♪

2009年04月10日 10:17

IMG_0454.jpg

バラ咲きカランコエ ロザリナシリーズ

薔薇咲きカランコエとはどんな物なのか?
蕾が着いた時から毎日眺めては、まだかまだかともういい加減に待ちくたびれた頃やっと咲いてくれたのですが、その花は期待以上に素敵なものでした。
何が素敵かって色々あるんですが、挙げてみると

蕾が可愛い・・蕾の可愛らしさ、綺麗さというのは私にとってはとっても重要です 
開き始めの顔に特徴がある・・一度見たら忘れられない
色が深い赤で赤の中でも抜群に綺麗・・・綺麗な赤にはなかなかお目にかかれない
葉もむやみに大きくなくて好み・・・花の大きさとのバランスはとても大事だと思う

とまぁ、べた褒めです。
カランコエも色々なタイプが出てきているのですね。
これはブログ友達の阿銀さんの所から頂いたのですが、春の寒の戻りの時に少し葉を落としてしまいました。
あれほど気をつけると言ったのに駄目ですね~。
なので本当だったらもっと豪華に咲いたはずなのに阿銀さん、ごめんね。
でも見てもらえるまでに咲いてよかったと思います。

それから、もう一つ阿銀さんに頂いた物で、もうそろそろやってもいいかな?
そんな感じのものがありました。
タイトルでもう分かりますね。これです!

頂いた綿の実
綿の実IMG_0456_20090410100019.jpg

ワタ アオイ科 学名 Gossypium
原産地 世界の熱帯・亜熱帯
草丈 80cm~1.5m 開花時期 7~9月

この種を蒔いたのですが、いくら暖かい私の所でもちょっと気が早いかもしれない。
調べたら八重桜の咲く頃で「発芽温度が20~25度と高温ですので、気温が充分上がってから5月以降がまき時です」となっていたのに蒔いてしまいました。
種は一晩水につけてから蒔くと良いとなっていましたので、そうしてみました。
さて、どうなる事でしょう。
この2.3日は日中気温20度は楽に越えているので、発芽までは家の暖かい所でして、そのあとは二階のベランダです。
もうベランダ満杯状態ですが、植物はいまだに増えていて、なかなかとまりません。
ワタの実も楽しみですが、アオイ科ですから花もきっと綺麗でしょう。それも楽しみです。

種まきで覚えている方が居るかどうか分かりませんが、早咲きを狙って2月に種を蒔いた金蓮花のその後ですが苗は出来たのですがまだ花が咲きません。
お店ではもう開花株が売っているのにです!(笑) まぁ~こんな事は私にしたらよくある事で、自分が蒔いた花は、どんなであれ可愛いので咲くのを気長に楽しみながら待つことにします。
それで、苗は先日薔薇の株元に定植しました。
残りの苗はご近所二軒に貰われていきました♪
IMG_0446.jpg


・・・・・・・・        ・・・・・・・・・        ・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・

枝垂れる木香薔薇

2009年04月08日 10:56

モッコウバラ (木香薔薇)

IMG_0406.jpg木香薔薇は可愛いですねぇ。
でも家には刺無しノイバラがあるのでもうそんなには植えられない。モッコウバラはとても大きくなるんですよ。これはご近所で咲き始めてきたのでちょっと撮らせてもらいました。
綺麗なクリーム色です。蕾も愛らしい。



IMG_0420.jpgこの黄色の八重が一番花付きがいいようです。香りは一重のモッコウバラにあります。八重には無いのが残念ですね。  


  






ボケ
IMG_0411.jpgこれは少し前に出したボケの木にもう実が幾つも出来始めていたので、パチリと一枚です。
まだこれから大きくなるんだと思います。
公園の実は貰ってもいいのでしょうか?ボケ酒ができるのにね。

以前のボケ酒の記事はこちらからご覧下さい。作り方を載せています。





ナガミヒナゲシ
IMG_0416.jpgボケのすぐ横で咲き始めようとしていた野ゲシです。
咲いてみないと分からないのですが、よく野原で咲いているオレンジ色の小さめな花を咲かすあのナガミヒナゲシとはちょっと違うような気もします。このピンク色の蕾がとても可愛いと思いました。



最後は家の花からです。
都忘れが咲き始めてきました。
この花もこの時期に成るとろくに手入れもしないのに忘れずきちんと咲いてくれる優秀な花です。

都忘れ 

IMG_0424.jpgIMG_0433.jpg
蕾から咲き始めのこの色がこの花では綺麗です。惜しい事にだんだんと退色していきます。
花言葉・・・ 「しばしの憩い」「別れ」「短い恋」. となっていました。

八ヶ岳スミレと呼んで♪・・ビオラ ソロリア・フレックルス

2009年04月06日 17:29

IMG_0397.jpg

IMG_0392.jpgIMG_0394.jpg

仮称、八ヶ岳すみれ 
             
ビオラ ソロリア・フレックルス(ソバカスの意味)
北アメリカ原産


このスミレはブログ友達のRockyさんの家からやって来ました。早いものでもう直ぐ一年が経とうとしています。
初めての家での開花です。頂いた時には4株あったのですが、2株に成ってしまいました。
でもこうして無事に咲いてくれてほっとしています。それに思い描いていた通りにそばかすも出ていました。とても綺麗です。

スミレはこぼれ種では容易にその場所で増えますがいざ株を掘りあげて、根を崩さず移そうとしてもなかなか根付いてくれません。
これはこぼれ種からのまだ若い苗をそれも丁寧に送って頂いたのが上手くいったのだと思います。

それと面白い事に株の中に先祖帰りした花が見えています。
そばかすの無い青い花です。綺麗に一株の中でそばかすのと咲き分けてくれたら最高です。
Rockyさんありがとう やっと咲いたよ~♪

次は家の薔薇の様子を少し。
オールド ブラッシュはあと少しで咲きそうですが、二階のベランダではこの薔薇もここまで蕾が大きくなって色が見えてきました。

Kaiserin Auguste Viktoria
カイゼリン・オーギュスト・ビクトリア アーリーHT 和名【敷島】
IMG_0404.jpg
すっごーく大きな蕾です。
この薔薇は花弁数100以上もあるので、このぐらいぷっくりしていてもおかしくないのですが、問題は上手く咲き切ってくれるかです。
昨年の春の一番花は駄目でした。
今年こそ上手く咲いて欲しいものです。

センペル強化月間・・パート3

2009年04月05日 10:47

以前私はセンペルの記事でセンペルは“名札が命”と十分に分かったようなことを言っていました。
今ではその気持ちに少し変化があります。以前ほど名前の有り無しに拘らなくなったことです。
この頃ではただまん丸もふもふっとしたその姿と春先から少しずつ変わる色などを名札を気にしないで楽しむようになりました。ただそれは名前が大事だと言うことを分かったうえでです。
名前が大事だということは、当たり前のことですが名前は区別して認識することができるからです。
全体でなく、一つを分かってみれるからですね。それによって、それはよけいに大切な物になるのでしょう。
でも名前が無くても、大好きなことには何も変わりはありません。

それで、今日は頂いた名前付きのセンペル25種をご紹介します。


★Sempervivum★

IMG_0384.jpg


名前は格段左から右の順になっています。画像は大きくなります。

IMG_0385_20090405083304.jpg
Averil アヴリル
ciliosum Borisii ボルシー
Cho チョウ
Casa カーサ
Doll Dina's ドールディナ

IMG_0386.jpg
Eifen zauber エルフェンザウパー 
Flander's Passion フランダースパッション
Hester ヘスター
Hey Hey ヘイヘイ
Inge インジ 

IMG_0387_20090405083316.jpg
Leocadias レオカディアスネフュー
Mulberry Wine マーベリーワイン
Mate メイト
Oh My オーマイ
Pacific Plum Fuzzy パシフィックプラムフィジー

IMG_0388.jpg
Pacific Rim パシフィックリム
Sirius シリウス
Shirley's Joy シャーリーズジョイ
Sassy Frass サッシーフラス
Starshinc スターシャイン

IMG_0389.jpg
The Judds ザ・ジューズ
Winter beauty ウインタービューティー
J sobolifera ソボリフェラ
Yukon Snow ユーコンスノー
Sanford's Hybrid サンフォードハイブリッド


今回も沢山のセンペルを頂きました。
繊毛の綺麗なころころになるタイプが好きなので出来ればそんな感じのものをとお願いしました。
ほんとに可愛くころころタイプを送ってくださいました。
今は植えつけたばかりでぎゅっとまだ締まっていますが、少しすればどんどん綺麗になるそうです。
これからの成長が楽しみです。

昨年もセンペルを頂いたのですが、今その子達は仔吹き、真っ最中です。
大きくなりましたら、いくつかをブログでお知らせしてお分けしたいと思います。

そして今回頂いたセンペルと多肉達も大事に育てたいと思っています。
お師匠様有り難うございました。


センペル強化月間・・パート2

2009年04月04日 10:34

さて、今日はきのうに引き続いて春のセンペル強化月間パート2になります。
でも今日はセンペルと一緒に入っていた、エケベリアとクラッスラのことが主で、タイトルがセンペル強化月間となっているのに看板に偽り有りですみません。

まずこんな風に植えてみました。マンネングサが少し違和感がありますけど、それには目をつぶっていてください。どうしても寄せ植えでは緑色のものが少し欲しくなります。
植えつけてお水をあげてから写せばよかったかもしれないですね。少し白っぽく見えていますが、今はもう少し艶々しています。

IMG_0377.jpg
IMG_0381.jpg

今5種類見えていると思いますが、このうち3種が今回のセンペルと一緒に頂いたものです。
これからの成長は私にかかっているのでその3種を個別に記録として載せてみます。

IMG_0378.jpgCrassula orbicularis オルビキュラリス

脇芽を出して、群生する姿が可愛いそうです。増えてほしいなぁ~
葉は柔らかいです。ちょっと栽培が難しそう。








IMG_0379.jpgEcheveria 銀武源

家には白牡丹がありますが、ちょっと感じが似ています。それをもう少しシヤープにした感じですね。
葉色がとても綺麗です。







IMG_0380.jpgEcheveria パウダーブルー

大きくなるタイプらしいです。葉の縁の赤い色がいい。大きくなるタイプのものは持っていなかったので、とても嬉しい。






この寄せ植えが子供が増えていい感じになったらブログのヘッダーに使う写真が撮れるかも知れないと今から楽しみにしています。多肉植物は個別栽培もいいけれど、寄せ植えして色や形の変化を一枚の絵の様にして、楽しむのが素敵だと思います。
このブログのフッターのすぐ上には最新記事にあうようなタグでflickrinを入れています。世界の多肉植物や薔薇、草花などを見て頂く事が出来ます。

あとセンペルの名前のはっきりしているものも頂きました。
センペルは今回は札落ちを主に頂きたいとお願いしました。寄せ植えを作ってみたかったものですから。
ご好意で、そのうえこんなに頂いてしまっていいのだろうかとそんな気持ちが先に来たのですが、いざ見るのも名前を聞くのも初めてなセンペルを手にすればやっぱり素晴らしく、感激しています。

パート3ではこの名前のはっきりしているセンペルを個別に出してみたいと思いますので、またぜひご覧下さい。

センペル強化月間・・パート1

2009年04月03日 11:18


先日園芸店にセンペルを植える鉢を探しに行った“バイクに乗って♪”を載せたのですが、その時に探していた鉢はセンペルに似合いそうな、石作りの鉢でした。
それがどうでしょう?この鉢ともいえない何缶だったか忘れたんですが、あまりにも適当な入れ物がそれを代用しています。思い描いた鉢とは大違い!!

IMG_0371.jpg  

頂いたセンペルのうち、札落ちはこれで暫く育ててみようと思います。
大体似かよったものをまとめて、置いたつもりです。こんな風にするのが夢だったのです。
もう少し綺麗な模様になるように配置したかったけれど、私には難しい!
でもこの缶を見たらお師匠様は怒るだろうな?!

缶は高さ30センチ以上もあるのです。
まずかさ上げに、発砲スチロールをめちゃ入れて、その後軽石を5センチほど入れて最後に多肉培養土を入れたので、見た目より重くありません。
出来上がって嬉しい事にこれが持ち運びに便利な事に気が付きました。手が着いていた!(笑)
たまには嬉しい誤算もあります。

あと、もっとベビーな豆粒センペルもあるのです(笑)
これも札落ちセンペルの赤ちゃんだけどこれは山野草の鉢で缶ではありませんがこんな感じに植えてみました。ちいさいね~♪可愛い!!

IMG_0376.jpg


それから、頂いたセンペルはこの札落ち以外にもあります。後、エケベリアなども。
なので、今月はセンペル強化月間?ですからこのシリーズはパート3ぐらいまでいきたいと思います♪

薔薇の蕾

2009年04月02日 11:05

何ヶ月ぶりになるでしょうか。
久しぶりに薔薇の記事です。今年の薔薇の開花は昨年より家では少し遅くなっています。
少し前の寒の戻りで、蕾の生長が止まったことがその理由だと思います。
毎年一番乗りで咲いてくれるオールド ブラッシュの蕾に色が着いてここまでに成っています。
あと少しで咲きそうですが、昨年より一週間以上遅いでしょう。

オールド ブラッシュ(Ch)  Old BlushIMG_0364.jpg

昨年の投稿記事を見返してみるとやはり5月連休の頃が一斉開花になっています。
本格的な薔薇の季節まであと一ヶ月となりました。
そろそろ害虫と呼ばれる虫達にもお目にかかる日が近いと思います。
アブラムシはすでに新芽にいたものもがあります。
大体アブラムシが寄り付く芽は元気のないものがほとんどです。それを見ればその株の様子もわかります。
家では薔薇の蕾に寄る虫、バラゾウムやシコガネムシでの被害はあまりありませんが、幼虫が葉を食い荒らすチュウレンジ蜂の被害はすごいです。
仕方ありません。薔薇はこれからは虫との闘いです。

次は家の花からです。

昨年この蔓日々草を記事にしました。
皆さんこれを地植えにするとその繁殖力のすごさにびっくりされると思います。
これも鉢植えにしてコンパクトに楽しむ事も出来ます。
花は少し小さくなるような気がしますが、花着きはかえって良いくらいです。
前の年に花の咲いた古枝は根元から取り払ってあります。
場所確保で苦労されているかたも、試してみてください。

ツルニチニチソウ(蔓日々草)別名:ビンカ  
学名:Vinca major キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ属

IMG_0358.jpg


バイクに乗って♪

2009年04月01日 10:23

昨日は天気も良くてバイクに乗って、園芸店にお目当ての物を探しに行くのには絶好の日でした♪
気持ちがよかったです。このままずっと乗っていようかな?って思うぐらい!(笑)
前にも言ったように思いますが、ある場所にさしかかって、その風景と風とでまたこの気持ちに会えたと思う瞬間があります。上手く言えませんが懐かしい季節の香りも感じる事があります。
これからの季節はこれが良い気分転換になるし、風を感じて乗るこの気持ちよさは最高です(笑)

探しにいったのはこちらで一番大きな園芸店に行ってみたのですが、ここになかったら他のお店にひとっ飛びしなくてはなりません。
それで買ってきたのは下のシャガでは在りません。これは家で咲いているものですが今朝一番綺麗に目に映ったので、出してみます。家の宿根草も次々と咲き始めてきて、毎日投稿しないと追いつかないくらいです。なのでとりあえず今日の家の花です。

IMG_0350_20090401042532.jpgIMG_0347.jpg
シャガ(射干;著莪) アヤメ科 アヤメ属 学名:Iris japonica 別名:コチョウカ(胡蝶花)

この花は種は出来ないのですが、地下茎で増えていきます。綺麗な花なのですが、花後が見苦しくなってきた時には、家ではどんどん抜いてしまいます。そうしないと増えて大変な事になります。

前にもどりますが、ここからが本題です。
下の三種類の物を買ってきました。でもこれが目当ての物ではないのです。
なのに園芸店に行けば、手ぶらではおさまるはずも無くですね。
でもこれだけ買っても千円ちょっと 安い!!

IMG_0339.jpg
これはお店に入荷したてだそうです。
これが210円×2=420円

左が エケベリア ドロシーライト これは前から欲しかったタイプで葉が波打つのです。色もとっても素敵です。
右が ?のエイグリーワン セダムのスプリングジェイドに似ているそうです。
大きくなるタイプのエケベリアが欲しかったんですけど、これはどうかな?



IMG_0342.jpg
こちらも安くて380円でした。

ミヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓)キンポウゲ科 センニンソウ属の落葉蔓性植物。
蔓の長さは30-100cm。花期は6-8月
火事の時鳴らした半鐘に花の形が似ているところから付けられたようです。
高山性の植物で、自然豊かな山では見られるようです。こちらの富士山ではハンショウズルが見られるようです。



IMG_0343.jpgIMG_0345.jpg
この薔薇の新苗も入ったばかりで、580円

ブルドネージュは有名な白ブルボンの銘花です。白薔薇好きなので、とりあえず確保!!しました。
こういう顔は現代薔薇にはありません。美しい!!

四季咲き 半蔓性
作出者 Francois Lacharme
作出年 1867年
作出国 仏

以上なんですが、肝心の探し物はと言うと気に入った物がありませんでした。
鉢を探しに行ったのですが、自然な石作りのものが欲しいのです。
センペルのお師匠様の所から、嬉しい春のセンペル便が届きました。
わけあってお師匠様の名前は言えません(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。