Archives[ 2009年09月 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーリーの薔薇をみて

2009年09月30日 10:20

咲いている薔薇から~・・・
             美しい白のティーローズ・・・

IMG_3187.jpg
IMG_3188.jpg

ニフェトス Niphetos (Tea) 和名:白黄

名花ミセス・ハーバート・スティーブンスの片親です。

花色:ホワイト
樹高:1m
四季咲き性:◎
耐寒性:○
作出年:1843
鉢栽培:◎
花の大きさ:中輪


ベランダで~・・・
        雨に濡れるアーリーの薔薇・・・

IMG_3202.jpg
IMG_3201.jpg

オーギュスティーヌ アレム Augustine Halem (E・HT )
 
花色 :シルバーピンクにオレンジ.弁裏ディープピンク
     ディープカップからオールドローズ咲き
花径:大輪
香り:強香
樹高:80cm
作出年:1891年Guillot Filsフランス



昨日から雨が降ったりやんだりしています。こうなるといやおうなしに秋めいて、でもその美しい季節は駆け足のように過ぎ去って季節は冬へと向かっていきます。秋は植物にとっては、暑かった夏が終わって冬前のほんのひと時の休息時期です。
毎日の世話に明け暮れていますがこれは終わりの無いお世話で、いつも満足できたと言える事がありません。

薔薇も草花も秋に咲く花は春色と少し違ってどの花もしっとり色濃く見えてきます。
気温が下がればゆっくりと色を乗せて咲いてくるからかもしれません。
花持ちも良くなって、咲く花の種類は春より少ないからかもしれませんが、じっくり鑑賞できます。

春に購入した物ですがカラスミセバヤが咲き始めてきました。
家のミセバヤの中では一番乗りです。

IMG_3212.jpgIMG_3215.jpg

カラスミセバヤ Sedum cauticola 'Ruby Glow' ベンケイソウ科

初冬になるともっと葉色が黒くなるようです。どんな風になるのか楽しみですね~
ミセバヤの中でも早く咲く品種のようです。


スポンサーサイト

季節が来れば

2009年09月28日 10:06

ブログのお友達には長野の方がいらっしゃいますが、もう金木犀の開花を記事にされていました。
あぁ~もうまたそんな時期になるんだ、一年ってほんとに早い!と、思いますね。

それでと言うわけでもないのですが、昨日は良い天気でしたので少し早い秋を近くに探しに行って来ました。探すといっても私の場合は木の実です。それも主にどんぐりです。
昨年はこのどんぐりと自然の材料を使って木の実の工作を幾つか作りました。
動物を真似た物が多かったのですが、飽きもせず今年も何を作ろうかとまたそんな気になっています。

++拾った木の実の色々++ 

IMG_3177.jpg
落ちていた木の実の中には去年物の茶色いどんぐりが見えると思います。
工作にはこの色の物が適しています。
あとどの位したら青い木の実が色変わりするでしょうか?
それまでに私も何を作ろうか色々考えなくてはなりません。
それが何時も苦労する所ですが、出来上がればどんな物でも嬉しいです。
またアイデアが浮かんだ時に作ってみたいと思います。


次は木の実の写真一枚では寂しいので、牛缶センペルと家のワンコです。


夏越し後の牛缶センペル(大きな缶にスプレーで外側に牛さん模様を入れてあります)
IMG_3074.jpg

IMG_3191.jpgIMG_3192.jpg
やはり幾つか夏越しでなくなってしまいましたが、それでも上手く夏越し出来た方だと思います。
うっすらと色の残っている物もあります。中には仔吹きしている物もありました。
これからどんどん綺麗になって、来春そのピークを迎えるでしょう。
札落ちセンペルでも私にとっては宝物の様なものです。
センペルをこんな風に、これはかなり大きいですがもっと小さめでいいと思います。気軽に楽しんで出来るのがいいところです。自然風に石や他の多肉などと合わせて作るともっと面白い物が出来上がると思います。
家に来る方も、なにこれ!可愛い!!と言ってくれる方もいらっしゃいます。



そして家のワンコもたまには♪
相変わらず、プリンは優しいお母さんぶりを発揮しています。
IMG_3172.jpg

IMG_3173.jpg
プリンはもう直ぐ7歳、その娘のももはこの夏で4歳になりました。

大人になったハオルチア

2009年09月25日 20:17

デシピエンス×ボルシー ( Haworthia decipiensxHaworthia bolusii ) 
アロエ科(Aloaceae) ハオルチア属(Haworthia)

5月
IMG_1344_20090925132328.jpg 

IMG_3147.jpg IMG_3141.jpg
皆さんのハオルチアを見て私も少しベランダでいじめて見ました。
すごい変わりっぷりですね!ノギも長くなってもけもけになっています。
もちろん、一目で色の違いは分りますが、これは日に焼けているんでしょうか。
精悍さが出てきたと思います。葉数も少し増えているようですから、このままで栽培してみます。



つぎはディシピエンスv.ミノールですが、先日沢山仔吹きしたのを見て子供を毟って別にしましたら、とたんに親株の威勢が良くなって、あんたはミノールじゃぁないの!と疑いたくなるほど葉を伸ばしています。
今までとても窮屈だったのだと思います。

ディシピエンスv.ミノール (decipiens v. minor)

今年3月初めに購入した時。まだとても小さかった。
IMG_9962_20090925195019.jpg


上の子が半年でここまで成長して子供一杯つけました。
IMG_3012_20090925131933.jpg

下半分ぐらい子供が着いていたのでその子供6個を外したらさぞや小さくなるかと思ったのですが、それが以外に親はかなりの大きさだった。子供に押されて小さく見えていたんだと思う。
そして清々した今の様子のです(笑)
IMG_3131.jpg 

周りには子供を外した時に剥がれた葉を置いてあります。
上手くいけば葉挿しでも発根するかもしれないと思って。
今までの経験で草花では親の周りの土に挿し穂を挿すと割りと発根率が良かったので。
これはハオルチアに当てはまるかどうか分りませんがどうでしょうか?
それと子供を外したのでこの株も少し絞っていじめてみます。どんな風に変身してくれるのか楽しみです。購入時の色に戻ってくれるでしょうか。 

それで分けた子供は今根を出させています。
もう少ししたらお嫁に出します♪みなさんまた貰ってやってください。 
今こんな感じで、養成中です。
IMG_3167.jpg



初秋

2009年09月22日 10:57

IMG_3072.jpg

まだ一つしか咲いていませんが、ERのスノーグースが咲き始めてきました。
下の方にはチュウレンジ蜂に食べられて葉が何も無い所が見えると思います。
この薔薇はとてもこの蜂に好かれるのです。これだけ残っているのは良い方です。

Teaのニフェトスは、とても綺麗な蕾の形をしているのでちょっと撮ってみました。
蕾はティーローズ特有の形です。

IMG_3116.jpg
IMG_3121.jpg

次はガーデンシクラメンの蕾がだいぶ大きくなってきています。
もう園芸店では開花株が出ているのにびっくりして早速家のを見てみました。
IMG_3122_20090922093932.jpgIMG_3123.jpg
まだ色がはっきりしませんが確かピンクだったと思います。
赤もありますが、それはまだまだの様です。
でもあと一ヶ月もしないうちに咲き始めてくるでしょう。
ガーデンシクラメンはとても丈夫ですね。

きょうあしたと地元の秋祭りです。
毎年お彼岸に在るので何時もてんてこ舞いしています。
なのに投稿とは! 色々後の予定がありまして(笑)




赤い淵

2009年09月20日 10:11

若い頃は映画が好きで片っ端から見て回っていた頃があった。
後はもっぱらテレビの深夜映画を見ていたのだけれど、今になるとその記憶が怪しくなっている事に気が付いた。
と言うのは記憶にある映画「赤い河」は白人男性とインデアンの娘のお決まりの叶えられないロマンスだったと思うのだけど、今日になって「赤い河」を調べたらジョン・ウェイン主演の西部劇だった。この映画では私の中の記憶の映画とは違うとはっきり言える。
私が思うにジョン・ウェインは恋愛映画にはおよそ似合わない。偏見かもしれないけれど。

それでなぜこんな事をいうかといえばその好きだった映画「赤い河」をこの記事のタイトルをつけたときに思い出したから(笑)
では私の記憶の中の映画の題名はいったいなんだったんだろう??

すっきりしませんが思い出せない映画の題名は置いておいて
今日は家の多肉の中から赤い淵の美しいものを3種類紹介します。



“Echeveria 花ウララ”
IMG_3110.jpg IMG_3109.jpg
夏からこっちで大きく綺麗な子になった。雨ざらしなのにしみ一つ無い。少し粉がはげている所も見えるけれど、淵の色は赤茶の濃い色でかなり肉厚な葉をシャープに見せている。これからどんな風に変わるのだろう。

“Echeveria  パウダーブルー”
IMG_3105.jpg
頂き物のパウダーブルーも無事に夏越しできて一安心しています。縁どる赤は少しぼやけるのだけれど、色を添えてくれる大事なものですね。
このパウダーブルーは雨ざらしでは無理なことが分った。染みを作ってしまったので何とか成長期に仕立て直してあげたい。

“Sedum sieboldii  ミセバヤ” 別名:タマノオ(玉の緒)
IMG_3098.jpg
IMG_3099.jpg IMG_3101.jpg
ミセバヤに花芽が出来てもう直ぐ色もみえそう。
家から里子に行ったあの子達も花芽が着いただろうか。
真ん丸い葉の淵には綺麗に糸がけされた赤い色が着く品種です。
毎年虫に葉を食べられることがあるけれど、今年は被害が少なくて今の所綺麗。

色々な多肉植物がこれから色着く季節ですが、ミセバヤの紅葉は知っていますがエケベリアのこの二つももっと色濃く紅葉するんでしょうか?楽しみです。




ちょっと次はサボテン実生のほうを、

ようやく頂いた青王丸の発芽が始まったのが少し前からです。
これは二回目に播いた物ですが、それでも一安心しました。
青王丸はあまり暑い時期のは駄目なような気がします。サボテンの種播きは25度から35度位が適期だと聞きましたが、一回目ではやり方が悪いので水温も意外なほど上がっていたのだと思います。
今は播きどきに丁度いい頃ですね。


IMG_3086.jpg IMG_3096.jpg
                           二つのとんがりが出来た可愛い形をしています。  
IMG_3068.jpg
この黄色い線で囲った物が二つほど混じって発芽しています。これはどうみても青王丸ではないと思うんですが、なんでしょうね?
観察を続けてみます。



季節の便り♪

2009年09月17日 10:52

センペルがご縁でお友達になったヨッシィさんから季節の香りと共に色々な植物を頂きました。
ヨッシィさんは楽天の方でお花ブログをされていますが、そのライフスタイルはとてもパワフルで明るくて素敵な女性です。

大きなダンボール箱で届いた荷物の中にはと言うと、、
IMG_3037_20090916100304.jpg
向こうに見えるのは“紅茶の屑”で私が草木染をすると言っていたのでこれはどう?染めるのに使えない?と送ってくれたのです。なんでも西製茶所さんと言うお茶屋さんの物だそうです。
綿はまだ実が弾けませんが、出来たら早速紡いで染めてみたいと思います。
この紅茶屑はとてもいい香りがします。少し手に持って揉むと余計に甘い香りがするのです。
紅茶本来の香りはこんなにまったりとしたほのかな甘い香りなんだと思いました。
これは他のハーブと組み合わせてサシェになると思います。
初め浴用の香りに良いかな!と思いましたがヨッシィさんが何回か試すと色が強くて浴槽によくないとの事なので、工夫して色々に使ってみるつもりです。

左の可愛い袋はの伝統の生姜糖菓子です。これ、とっても美味しかった。懐かしい味がしました。

そしてかごの中の柑橘は“すだち”です。

そのすだちですが沢山頂いたので幾つか使って、すだちの粒々入り和風ドレッシングを作ってみました。
IMG_3039.jpg
ー材料ー
すだち
サラダ油
醤油
お酢

玉ねぎ みじん切り
すだちの皮 みじん切り





これがとってもいけるんです!! 
すだちは癖があまりなくて使いやすいですね。
香りは勿論素晴らしいですし、つぶつぶがいいと思いました。それに皮は苦くないんですよ!

そして肝心の植物達ですが、これです!!


IMG_3042_20090917085514.jpg

この二つはポット入りでしたので植え替えました。でも直ぐいっぱいになりそうです。
それで左が雲南桜草で右がプリムラ・シネンシスです。
二つともこれからのお花で、楽しみです。

そしてて前のスリット鉢に綺麗に植えられて到着したのが、★ヨッシィxセンペル軍団★とハオルチアサラダ葉です。
センペルはみんな私の持っていないものばかりです。
左上にちらっとわざとらしく見えている花は少し色が寂しいので上のほうから一枝引っ張ってきました。今が盛りと咲いているシュウカイドウ(秋海棠)です。

IMG_3045.jpg
IMG_3054.jpg

上のものはPタイトワットと言って頂いたセンペルの中でとても綺麗だと思ったものです。繊毛が美しいですね。
この中にはヨッシィさんが他のブロガーさんから以前頂いて思い入れのある大事な品種も分けていただきました。
これからはセンペルにはいい季節ですから来春の色変わりまで、しっかり育てたいです。

ヨッシィさん、紅茶のこととても嬉しかったです。それからセンペルも他のお花も大事に育てますね。

皆様最後までお付き合い頂いて有難うございました。

秋薔薇!?のブルーとピンク

2009年09月14日 12:54

IMG_2989.jpg

フロリバンダのスイート・ ムーンが真上を向いて咲いています。
ちょっとうっかりしてもう少し前のいい時を撮りそこねました。
まだ今の時期ではこんな風に花弁が直ぐに開いてしまいます。


IMG_2992.jpg

これはアーリーハイブリットのレディー・アーシュラですが、この薔薇は暑さを苦にしません。
いつもの事ですが、花弁の端のくるっとした所が可愛い薔薇です。
ただこの薔薇、少し背丈が高くなります。

朝晩大分涼しくなってくれば薔薇も少しずつ元気を取り戻しているようです。
それでもまだスイート・ ムーンは色が乗っていません。ピンクの薔薇だと言われればそう見えてしまう色ですね。



次は多肉の実生に挑戦中なのですがこの二つの様子です。
一つ目はこれです。

タリナム・カフラムと言ってスベリヒユ科の仲間で、ハートカズラの様に塊根が出来る面白い熱帯アフリカ原産の植物です。
これは7月半ばに播いて本葉がでてきたところです。
(8月14日)  
IMG_2555_20090914095101.jpg
下が今日の様子ですが、摘心していないので一本立ちです。このままではまずいのでこの後本葉4枚ほど残して摘心して施肥しました。これからはもう少し日当たりのよい所に置いてみます。
IMG_3025.jpg


これはアガベ・ネオメキシカーナですが期待させてくれる本葉が出てきています。
(8月14日)
IMG_2554.jpg
それがこれですが、ようやくアガベらしい形になってきました。
アガベ・ネオメキシカーナはネオと言う様にメキシカーナの後に出来たタイプなはずですが、どこがネオなのか?(笑)小型になったということなら良いのですが。それでもアガベはあまり大きい物は家では無理です。でも大きいのもかっこいい!ですけどね。
これからがとても楽しみです。
IMG_3020.jpg
上の二つの実生ですがここまでに二ヶ月ほど掛かっています。
また変化が在った時には載せてみます。



秋になれば・・多肉が元気♪

2009年09月11日 10:54

IMG_2977_20090910105143.jpg

いい季節がやってきました!
多肉も元気になってきたように思います。
でも夏でもエケベリアは良く仔吹きしますね。

これは“白牡丹”の可愛い子

IMG_2979.jpg  

これは“七福神”の可愛い子

IMG_3015.jpg
  

あと名前の分らないものが二つこれはエケベリアではないかもしれないけど、
風で名札を飛ばして分らなくなってしまったものがあります。
これと
IMG_2980_20090910155247.jpg
これ!
IMG_2981.jpg



ハオルチアでは
Haworthia
decipiens v. minor  ディシピエンスv.ミノール
が困ったことに

3月
IMG_9962.jpg

7月2日
IMG_2146.jpg

9月11日 今日
IMG_3012.jpg

すごく仔吹きしています。
でも考えてみればこれの名前にminorミノールと在るのですからこんな風になりやすい事はわかったはずですね。
ミノールって確か小さいとか?そんな意味だったはずです。
これで親株の大きさは限界なのかもしれません。
あとは仔吹きして群生する気がします。


実は昨日からお知らせ欄を見ていただくと分ると思いますが第二回余剰苗プレゼントを始めました。
上の名前の分らない二つの物がはっきりしていれば今回の余剰苗プレゼントにこれも出したかったのです。
頂きものが大多数なのですが種類も増えてきていますから一つずつをあまり大株にできません。
それで夏越しした中から元気に増えてきた物は秋めいて良い季節になってきましたのでプレゼントします。
今回は6種類です。希望される方はメールでお知らせ下さい。
ディシピエンスv.ミノールもあまり増やす気もありませんから欠き仔直後になりますから根はありませんが欲しい方にはお分けします。

ところでもうそろそろセンペルに本格的に水遣り開始していいかなぁと思うんですが、
今日あたりこの辺はまだ最高予想気温が29度もいくらしいのです。


秋になれば・・・手仕事

2009年09月09日 10:03

先日綿を紡いで草木染した糸がありました。その時の記事はこちら

数日前から家には職人さんが入っていて、お茶とかお話?とか少し忙しいのですがそんな時に限って何かをしたくなる性格なので染めた糸でこんな物を作ってみました。

良く言えば手作りの味が出ていると言う感じですが、まぁ~一言で言えばへた!(笑)


IMG_2968.jpg



紡いで染めた糸


ウコンで染めた糸がいちばん量が多かったのでそれを使いました。
もっと紡ぐのが上手くなりたい!!もちろん編み物の腕前もですが
でも私の守護星は金星で美の女神、アフロディテなはずなのに見放されたかな!(笑)


それで肝心の家の綿の実は今どんな感じかと言うと、、

IMG_2996.jpg

実が大分大きくなってきました。
ぷりっ!、ぷりっ!です♪
綿はガクが三枚でしたが、実は4つに割れるようです。
この理に適わない作りはとても面白いと思いました。


秋になれば・・フライレアとツルビニの生後一ヶ月

2009年09月06日 09:59

「カクタス・へんてこりーな」のqueiitiさんのご好意で頂いた、

フライレアとツルビニカルプスの種を蒔いてから一ヶ月経ちました。

今日は少し植え替えて見ましたので、記録として出してみます。

用土は下に市販のサボテン用土にマグアンプを少し入れて、その上に赤玉の極小を殺菌済みで敷いてあります。

春までこれでいいでしょうか。そのつもりなんですが。



=フライレア=

全て30粒ずつ頂いて蒔きました。蒔いた時と発芽の様子はこちらから
これは植え替え後です。
IMG_2948.jpg

発芽の良かった物

・豹の子    30→27
・亀の子    30→12
・ラルー     30→23
・シュロッセリ 30→30 
・ブエネケリ  30→27

発芽の悪かった物

・ペルビラ  30→1
・チキターナ 30→1
・小獅子丸  30→2
・士童     30→4


=ツルビニカルプス=

これは牙城丸が66粒で他のものは50粒ずつ蒔きました。蒔いた時と発芽の様子はこちらから
これは植え替え後です。
IMG_2970.jpg
IMG_2975.jpg
これは長城丸の画像ですが、この中では一番今成長が良いものです。
これから他のものもこんな色になっていくのでしょうか?

  
・長城丸   50→7
・昇竜丸   50→15
・牙城丸   66→10

発芽の悪かった物

・アロンソイ  50→2


発芽の差はありますが一応全ての種が発芽しました。
アロンソイの発芽ですが駄目だと思っていましたが、2個発芽しました。これは良かったと思います。
この次の投稿にどれだけの苗が残っているか?どんな風に成長しているか?
またその時どんな風であれまた出しますのでぜひ見ていただければと思います。



次は「たまには出してあげないと!」と何時も思っては後回しになってしまっているベランダのサボテンの中からこれです。

IMG_2967.jpgIMG_2962.jpg
家の“金鯱”はまだほんとにちぃっちゃいのだけど、お気に入りです。
綺麗な新刺が出てきています。
ふわふわのアレオーレも触れないけど、触ってみたい。
アレオーレって言い方初めて使ってみました^^

IMG_2953_20090905152933.jpgIMG_2954.jpg
これは頂き物の“短毛丸”、今になってまた花を咲かせそうです。
頑張ります。今度はその花の香りを確かめたい。


IMG_2950.jpgIMG_2951.jpg
最後に仔吹きし始めた、“精巧丸”です。とってもユニークな仔吹きだと思いますが、  
何か壁から顔が出てくる様なそんな風にも見えませんか?ちょっと気持ち悪い?
でもこのサボテンの刺は一度見たら忘れませんね。私は好きです。



二階のベランダの元気なサボテンたちですが、置き場は夏の間中薔薇の葉陰になるようなところで、木漏れ日がさすところに置いてありました。ここは雨も避けれます。
少しずつ秋めいてきましたから、これからは様子を見て十分に日光浴もさせてあげたいと思います。




種蒔きは神頼み!

2009年09月03日 10:32

9月になりました。
昨日などはそれでも最高気温28度とだいぶ下がっていますが、曇り空だったからかもしれません。
それでもまだこの先天気の良い日などは30度を越す日もあるでしょう。
そんな中でも二階のベランダのサボテン達はこの環境が御気に召しているらしく、すこぶる元気です。


今日は頂いた種の実生の経過と地植えのウチワサボテンがまた花を咲かせましたので見てください。

実はこの青王丸の種は「濾過一ファントムのAnything Goes! 」の濾過一ファントムさんから頂いた大切な種で、嬉しくてその時は意気揚々と記事にして出しました。それが今、こんな始末です。  

濾過一ファントムさん、すみません!!
やっぱり私はとてつもなく種蒔きが下手です。
まぁ、女ですからそれも仕方ないかな?と、、

たった一粒の選ばれたその雄姿をご覧下さい!!そうは言ってもぼけてしまっていますがこれ以上寄れません。

これってにょろ~っと白い物が見えていますが根っこ?それじゃぁ~逆さま?わかりません!!
IMG_2903.jpg  

しかし、まだ種を残してありました。用心に(笑)
でもそれも発芽しなかったら、もう笑い事では済みません。もうそれこそ神頼みの心境なのです!


lin_tombo1.gif



裏庭のウチワサボテン
IMG_2922.jpgIMG_2906.jpg

裏庭の名前の分らないウチワサボテンにまた花が咲き始めてきています。
何時の剪定のこぼれ葉か?根付いて小さな苗があちらこちらに出来ています。

今日は蜘蛛の巣を払おうとしてうっかりこの気高いサボテンに触ってしまいました。

抜けにくい刺はこれがウチワサボテンだということを改めて思い知らされ、

「普段何も構ってくれないのに気安く触るな!」といわれたような気がします。

右の画像は今年の一番花の様子で、色鮮やかです。
IMG_9098.jpgIMG_2037_20090903091124.jpg



剪定前その2 ヒグラシが鳴く

2009年09月01日 09:51

IMG_2854.jpg
IMG_2874.jpg
IMG_2883.jpg

スヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタンの夏顔です。
今回はサーモン色を滲ませて咲いています。
この薔薇は、どの季節でも綺麗にしっかりと咲いてくれます。

スヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタン(Tea) Souv de Pierre Notting 
別名イエロー・ママン・コシェ

樹高:1m
四季咲き性:◎
花色:イエローブレンド
花径:中輪
香り:中香
作出年:1902年



IMG_2860.jpg
IMG_2861.jpg

マダム・メラニー・ウィルモは今回がはじめてのお目見えです。
春から何回か咲いていますが、今ひとつ特徴の無い感じで出しそびれていました。
でも流石名の通ったティーローズです。この時期他の薔薇が弱っていても綺麗に咲いてくれました。
とても顔付きが愛らしい薔薇ですね。

マダム・メラニー・ウィルモ(Tea) Mme Melanie Willermoz

樹高:1m
四季咲き性:◎
花色:ホワイトピンク
耐寒性:○
作出年:不明
鉢栽培:◎
花の大きさ:中輪


次は庭の幾つかの薔薇の実を見て貰うように、カットしてきました。
一番大きな実はイングリッシュ・ローズのゴールデンセレブレーションですが小さな物とではこんなに大きさが違います。

薔薇の実

IMG_2869_20090901091209.jpg

左からゴールデンセレブレーション、コーネリア、スノーグース、バレリーナです。
微妙に色も形も違いますね。
スノーグース、バレリーナの実は綺麗に色付くので少しカットしないで置いてあります。
クリスマスの頃重宝します。


今日は早朝ヒグラシの声を聞きました。
カナ・カナ・カナ・カナ・・・っと鳴きますね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。