Archives[ 2010年03月 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーブの寄せ植え♪

2010年03月28日 19:52

先日市内の園芸店でハーブの苗を二株買ってみました。
二株では少し寂しかなっと思いまして家のワイルドストロベリーとローズマリーを少し株分して、一緒に寄せ植えしてみました。
それで少しずつ園芸店のハーブコーナーも新苗で賑わってきているようです。
あと野菜の苗もこの頃は随分早くから出始めますね。


早速こんな風に植えてみました。

IMG_5444.jpg  



ハーブも良いものですね~、春になるとこうした香りのするものが恋しくなります。
葉っぱをちょっと摘んで揉んでみれば、香りが立って幸せ気分です!お手軽ですね~(笑)  


l_bee02.gif
l_bee02.gifではひとつずつ簡単にご紹介します



IMG_5351_20100327213357.jpg 【オーデコロンミント】

消化促進、強壮、発汗、鎮痛
花言葉「美徳、貞淑」  
  

名前どうりとても良い香りがします。
香りもですが葉の色にも惹かれました。
ミントですから地下茎でどんどん増えていくでしょうが、
まぁ鉢植えならそう広がって困る心配もしなくて大丈夫で
はないでしょうか。










IMG_5353_20100327224004.jpg 【グレープフルーツミント】

消化促進、強壮、発汗、鎮痛
花言葉「美徳」


このミントは少し葉も大振りで、
葉の表面には繊毛が生えています。
香りはほんとにグレープフルーツの香りがします♪
ハーブティーなどで、
濃い目にしていただくと美味しいそうです。
生育も旺盛で早く収穫出来るようで、お勧めです!








IMG_5352_20100327213356.jpg 【ワイルドストロベリー】

リウマチや膀胱炎、肥満
花言葉「尊重と愛情」


栽培イチゴに対して、野生のイチゴという感じですね。
味は少し酸味は在りますがとても濃くて、
美味しいと思います。
これを食べない人もいるようですが、
沢山出来た時には、ためしに食べてみて欲しいです。
花の時期が長いので、この赤い実が寄せ植えの
良いアクセントになってくれるでしょう。







IMG_5354_20100327213355.jpg 【ローズマリー】

集中力・記憶力を高める
花言葉「記憶」  


ローズマリーは良く肉料理の臭み取りや
香り付けに使ったりしますね。
今回は、寄せ植えにこの細葉が欲しくて植えてみました。
花も長く咲いてくれますし、綺麗ですから好きなハーブです。







いかがでしたか~?
野菜作りをしたいけど場所が無いし!と思って躊躇されている方でも、
こんなハーブなら気軽に楽しむ事が出来ると思います。
香りを楽しんだり、お茶や料理、入浴剤と利用価値もさまざまですが、
ただ鑑賞するだけでもその成長が嬉しいものだと思います。
スポンサーサイト

雨の中のセンペル

2010年03月24日 16:32

雨の日でもベランダでセンペルを見るのがすきです。

今朝は雨のなか撮ってみました。




少しずつ色変わりする魅力的なセンペル達!考えてみると、雨に濡れたセンペルは撮った事が無いような気がします。




Sempervivum


* 巻絹 *

IMG_5411.jpg
急に色が付いてきました。これからもっともふもふして、白い固まりの様に見えるまでになります。





* ラウンド ロビン *

IMG_5419.jpg
ころっとした姿と葉がとても綺麗で素敵な品種です。いい色に染まってきました。





* 雪牡丹 *

IMG_5422.jpg
雪牡丹はこれからもっと天辺に糸を出して雪をかぶったように白く飾ります。可愛い品種です。





* Starshinc スターシャイン *


IMG_5416.jpg
独特の色合いが美しいセンペルです。もっと全体に色が出てくるといいのですが期待しています。
昨年はウォーターマークがとても綺麗に出た品種です。




* Moerkerks Merit モアカークスメリット  *  

IMG_5423.jpg
もっと赤く色付く品種ですがこの色合いも優しくていいです。
とても強健なセンペルだと思います。また子沢山の系統でよく増えてくれます。





 札落ち牛缶センペルもだいぶ色付いて綺麗になってきました。そして盛んに仔吹きし始めています。 

IMG_5427.jpg






l_bee02.gif待ちに待った春が訪れ始めています♪
                   センペルの仔吹きも始まっています。
                 まだ少し先ですが余剰苗プレゼントも考えていますので
その時にはよろしくおねがいします~!

   

サボテン君とよぶけれど。。きっと花も咲く☆ 

2010年03月22日 15:13

初めにこれを言っておいたほうが良いと思われる事があります。じつはうちのサボテン君達まだの状態なのです!

サボテンの花の咲いたところが見れると思った方どうもすみません

それでも見てみたいと思われる方どうぞ見てやってください!! 




菫丸 Notocactus ubelmannianus

IMG_5373.jpgIMG_5374_20100322105457.jpg

三つの蕾は毛むくじゃらで可愛いですね~
上から見ると何かの動物の顔に似ていると思って考えたんですがフクロウの顔に似ていませんか?
菫丸と書きましたが、実は多分なのです。ラベル無しでした。
でも咲いてくれれば直ぐ分かるでしょう。綺麗な花に期待しています!




月世界 Epithelantha micromeris

IMG_5376.jpgIMG_5377.jpg

天辺のとんがりが蕾かどうか?はっきり自信がありません。
まだ家で咲いたことがないのです。
整った刺模様が綺麗なサボテンです




雪晃 Brasilicactus haselbegii

IMG_5383.jpgIMG_5386.jpg

雪晃は赤く幾つもの蕾が見え始めています。
昨年購入した時には、もっと早くに咲いたと思います。
でも家で付いた蕾はとてもうれしいですね。




天城 Ferocactus macrodiscus var. oaxacensis

IMG_5387.jpgIMG_5392.jpg

天城も家での開花は初めてです。
少し株に皺が見えていますが、これから回復してくれると思います。
家でどんな感じに咲いてくれるか?楽しみでわくわくします。
面白い感じの蕾です!




バラ丸 Turbinicarpus valdezianus

IMG_5379.jpgIMG_5381.jpg

バラ丸は小さな株でも咲くんですね~
これも三つ蕾があります。
艶々した蕾がだんだんここにきて大きくなってきました。
これも家で付いた蕾です。いやおう無しに期待は膨らみます。





赤刺羅星丸 Gymnocalycium   
IMG_5395.jpgIMG_5394.jpg

これです問題は。どうもまだ良く分かりません。
私は、蕾が付いているように見えるんですが、なにしろこの株は親で2センチほどしかありません。
天辺付近を見ると蕾ではないかと思うんですよね。どうでしょうか?


きの早い蕾だらけの投稿でしたが、つぎにはきっと咲いたところを見ていただけると思います。
どうか咲くまで気長にお待ちください~♪

河津桜餅!?

2010年03月19日 09:46

そろそろ染井吉野が咲き始めてきているようですが、それを聞いて昨日はワンコと一緒に散歩の途中で見上げてみました。
でもまだ一輪も見つけることが出来ませんでした。あと少しのようです。

下の画像は河津桜ですがこれは何時もの川沿いの散歩コースで一ヶ月以上も前に撮ったものです。




河津桜
IMG_4879_20100318214443.jpg

河津桜の開花は染井吉野より随分早いことが分かります。
そして同じ所で今その河津桜がどんな風かなと分かるように撮って見ました。もうすっかり葉が茂ってきています。


IMG_5330.jpg

昨日は彼岸の入りでした。
普通はお彼岸にはおはぎをお供えします。ですが、私はこの桜の葉を使って桜餅を作って供えてみました。
桜餅に使った葉はこちらから10枚ほど頂いたのですが、この塩漬けが思った以上に難しかったのです。
一見綺麗そうな葉ですが、塩に漬けて次の日に見ると痛んだ所や虫が這ったところでしょうか、黒ずんで出てくるのです。
仕方がないので、もう一回貰ったりしまして二回試みました。
そして葉は市販の桜の葉のような熟成された色までどうしてもいきません。
青みが残った色なのです。
もたもたしてこの桜の葉の塩漬けに一週間以上かかってしまいました。
まぁ~何も分からない素人が作る物ですから、食べられればこんな物でいいのかもしれません。
ただ香りは市販の桜餅と変わらず良い香りもして、餡も自分好みの甘さに出来ますから自分には合っているというところではとても満足しています。
そして出来上がった物がこれです。








今回はレシピは載せていません。
あまりこれを作ってみようと思われる方もいらっしゃらないと思いますので。
ただ桜の葉の塩漬けの方法はこちらを参考にさせていただきましたので載せておきます。
【男の趣肴】http://www.ajiwai.com/otoko/make/saku_fr.htm


IMG_5211.jpg
これが塩漬けの漬けはじめの様子を撮ったものです。


それで、残った餡がまだかなりありますので今日はそれをおはぎにしてみようかと思っています。
こんな時にでもないともう桜餅は作る事はないと思いますが、自分が作ったという確かな記録が残ってくれるのは嬉しいです。
またこの桜餅をつくるのにツイッターである方から楽しみにしていますと励ましの言葉を頂きました。
その事がなかったら、葉の塩漬けのところで、とっくに放り出していたでしょう。その方にはほんとに感謝しています。

またどの季節になるか分かりませんが、その季節に寄せて次のものも考えてみたいと思います。


原種系クリロー四種

2010年03月15日 10:51

クリスマスローズの開花も今が最盛期です。
今日は家にある原種系クリスマスローズが咲き進んできていますのでまとめて出して見ます。



咲き進んでいると言いましたが、このニゲルは今年は調子を崩して良い花が咲きませんでした。

☆ニゲル niger☆
IMG_5263.jpg

niger Helleborus キンポウゲ科 クリスマスローズ属、

それでも株はのこっていますので来期に期待します。
画像は一昨年咲いた時のものです。
少しボケていますが、家のニゲルはほぼ純白です。これは個体差があるようで、赤みが出る株もあります。

IMG_3482_20071226091246_20100315081443.jpg




☆エリックスミシイ Ericsmithii☆
IMG_5309.jpg


Ericsmithii Helleborus キンポウゲ科 クリスマスローズ属、
ニゲル X ステルニー(リビダスXコルシカス)との交配種
シングル斑入り葉。花の大きさ小輪。

エリックスミシイは原種ではありませんが、原種を色濃く残した、クリスマスローズです。
今が盛りです。白が咲き始めの色ですが、だんだん赤みがまして色濃くなります。
花径は小輪と言っても5センチほどあります。一鉢で賑やかに咲いてくれます。



☆リビダス lividus ☆
IMG_5267.jpg

IMG_5301.jpgIMG_5303.jpg 


lividus Helleborus  キンポウゲ科 クリスマスローズ属
耐寒常緑多年草 (有茎種の原種系)
シングル斑入り葉。花の大きさ小輪。
原産地は地中海マジョルカ島原産

リビダス の蕾はころころで、白く粉を叩いてまぶした、キャンディーみたいです。
咲き進んで蘂が開いた時の様子も可愛らしいです。
またその葉の模様も綺麗な品種です。深く3裂した形の葉は表が灰色の網目模様を持つ緑色で裏が紫を帯びた色合いをしています。



☆アーグチフォリウス argutifolius☆
IMG_5273.jpg

IMG_5304_20100315102842.jpg


アーグチフォリウス argutifolius Helleborus  キンポウゲ科 クリスマスローズ属
(別名、コルシカス)
耐寒常緑多年草 (有茎種の原種系)

これは、昨年秋に購入した物で初めての開花です。
大型になる原種で、大きくなると60センチほどになるそうです。
素朴な色と花弁は色々なクリスマスローズを育てていると、かえって新鮮に映ります。


簡単に見ていただきましたが、いかがでしたか?
原種系のクリスマスローズにはハイブリッド種には無い趣があつて、そこに惹かれます。

アイビーの盆栽風

2010年03月12日 11:12

陽気も良くなってくると今まで寒くて手をつけずにいた鉢物の植え替えをしたくなって、これもしなくてはあれもしなくてはと毎日気ばかり追われています。
そんな時、あるサイトさんで盆栽の仕立て方などを分かりやすく紹介されているのを拝見しました。
そちらでは盆栽をそれこそ色々紹介されていましたが、その中で珍しい洋物のアイビーの盆栽も紹介されていたのです。
私はその時長い間植えた時のままほうっておいてある家のアイビーを思い出しました。

それがこれです。もう3年以上経つと思います。これをその盆栽とまでいかなくてもなんとかならないものかと思ったのです。



IMG_5246_20100311205011.jpgIMG_5249.jpg


早速抜き上げて根を洗ってみました。
洗っているうちに株は3つに分かれてしまいました。今回はこの中の一番大きな物を使ってみました。
根は傷んだ所はほとんど無く、綺麗でした。

これを私は普通の園芸用の土で植え込みました。肥料として、マグアンプを入れてあります。
初め根を落ち着かせる為アルミ線で軽くまとめた後鉢底の二つの穴に通して後ろで止めました。
その後土を入れていきますが、根の間までしっかり入るように土を入れて水遣りをして減るとまた土を入れてと、そんな感じでしてみました。
後は家の前から採って来た苔を貼って出来上がりです。



そして記念すべき私の第一号盆栽?はこんな感じに仕上がりました。



IMG_5251.jpg

ちょっと葉も無くて、枝ぶりも格好悪いですが、ほったらかしよりずっと愛着がわきます(笑)
少しずつこの後手を入れていくのも楽しみになるはずです。




それで、これに使った苔ですが家の北側に雨水が流れ落ちる側溝があるのですが、その淵に綺麗なマット状に生えていた物です。
ある方にこれは“スナゴケ”であると教えていただきました。
苔も色々種類があります。
良く見るとほんとに綺麗です。苔だけを使った苔鉢と言うものもあるとそれもその方に教えていただいたばかりです。


IMG_5253.jpgIMG_5262.jpg


本格的にされている方から見ると可笑しな所も色々在ると思いますが(笑)このアイビーの盆栽風をやってみて、ほんとに面白いと思いましたし楽しめました。

この次はもっと勉強して、家の山野草を使ってみようかと思っています。


もう直ぐ一歳です☆牛缶センペル☆

2010年03月09日 15:20

☆牛缶センペル☆


(大きなスチール缶にスプレーで牛さん模様をつけてあります)
IMG_0371.jpg
これが昨年4月3日に撮ったものです。札落ちセンペルの寄せ植えです。
植えつけたばかりを撮ってあります。



IMG_5215_20100309092540.jpg
これが昨日の朝撮った物です。大分いっぱいになって成長しているのがわかります。
でも自分の意図したものとはちょっと違ってきています。
それは、もっと幾何学的とまでは言いませんが、色と形をそろえて統一感を持たせるつもりだったのです。



そこでこの時期でどうかなと思いましたが、思いきって少しだけ植え替えしてみました。それが下の画像です。
どうして今かと言いますと、この後直ぐに子吹きし始めて手がつけられなくなると思ったからです。
初めから品種がわからないものを頂いて植えたのですから、こうなる事は予想できた事ですが、それでももう少しまとまりのある感じしたいと思いました。
でもやってみたもののあまり代わり映えしません。
品種が多くて、メリハリがつかないからだと思います。
夏過ぎの植え替えでの時にはひと品種ごとの数が増えると思いますから、今度は種類を減らして再挑戦します。



これが手直し後 あまり変わり映えしていませんね~><
IMG_5225.jpg

センペルはヨーロッパアルプス地方に多く自生するものがもともとの種類でした。
色々交配されていると思いますが、それでもやはり高山性植物の性質を持っています。
紅葉も秋の日照量と冬の低温で発色してくると思います。
日照は十分与えたつもりですが、気温が高めで雨ざらしな為どうも今一きりっとした色がでてきません。
皆さんのところなら、もっと綺麗に色つくでしょう。
水分も多いので、巻きも緩めで葉も開き気味です。
その中から、それでも幾つか選んでみました。


IMG_5223_20100309155131.jpg IMG_5221_20100309094731.jpg IMG_5219.jpg 
IMG_5218.jpg IMG_5216_20100309094732.jpg IMG_5224.jpg

この次には子吹きして、多分どうにもならない様なめちゃめちゃ状態になると思いますが、その時は欠き子しますのでその前に一度出してみます。またぜひご覧下さい。

一年経って ハオルチア

2010年03月06日 21:15

ハオルチアというものを育て始めて一年ほど経ちます。これまでハオルチアの事をあまり構ってあげていません。
これではいけないと思いまして記録として写真に撮ってみました。
今日はその中からこの3種類です。



ハオルチア チョコボール 万象Xスプリング  

昨年3月
IMG_0277_20090725133346.jpg


現在
IMG_5207.jpg
少しは名前のチョコボールらしく成ってきていますか?
一年前に着たばかりの時には、知らなかったので葉の先を私がこすって剥がしてしまったと思ったものです。
これは葉がオブツーサみたいにつるっとはしていなくてざらっとして、三角ボールの先っぽがすぽっと半透明に抜けて見えています。
大きな株になればもっと綺麗になるかもしれません。
将来有望株だと思うのは、ひいき目過ぎるでしょうか?





ハオルチア 紫陽花


昨年3月
IMG_0287_20090725133425.jpg


現在
IMG_5208.jpg
これは紫陽花という名前に惹かれて買いました。
日陰外置きでかまってやっていないので、伸びて格好悪くなっています。

紫陽花の名前から、一株で微妙な色が出るのかと素人考えで買ったものですが、あながちそれは間違いでもなさそうです。
赤茶色や青黒い色や青っぽい色など良く見れば色々な色が見えます。
もちろん、葉の表面のぷつぷつした白い毛羽立ちが華を添えています。
今年はハオルチアをもっと観察して、育ててみます。





ハオルチア氷砂糖 H. turgida cv. variegata  
                      別名:玉緑錦ツルギダの白斑入り園芸種


昨年3月
IMG_1837.jpg


現在
IMG_5171.jpg
かわいそうな氷砂糖です。
すっかりみずみずしさが無くなって、買った当時の綺麗だった散り斑もただの縞になってきています。
もう一度この後からの葉の成長を見守っていくしかないのかもしれませんが、もう少し構ってやればよかったと反省しています。
ただ元気そうな事だけは、葉数も増えているようなので安心しました。


それで色々自分の気持ちを考えて、もうハオルチアは向いていないと言うか興味を持てないのかもとこれを見ながら考えていました。
でもそれでも成長しているこれらをみればもう少し工夫して気を配ってやればもっと綺麗にもう少し大株にもなったはずだと思うのです。
来年のこの時期にもう一度出してみます。
その時には少なくとも今の「ほおって置いて」ではなく「一年頑張って育てたはずなのにそれでも」ぐらいは言える様にしたいと思っています。


白い塔

2010年03月04日 20:53

IMG_8757_20100304144755.jpg IMG_8764_20100304145054.jpg


購入した時に挿してあったラベルにはオロスタキス【昭和】と書かれていました。
上のものは一昨年に咲いた時に撮ったものです。私はこれを勝手に“白い塔”と名付けて楽しんでいました。
その年には見ての通り見事な花穂で咲いてくれました。

ところがです花が咲き終わって植え替えしたまでは良かったと思ったのですが、大きな誤算をしていました。
これはとんでもなく増えるんですね。
それで昨年はその前の年同様の花を期待していたのに根詰まりで貧弱な花しか咲きませんでした。
がっかりして、写真にも収めてない始末です。昭和に悪い事をしました。反省しています!





IMG_5129.jpg IMG_5132.jpg

今日は失敗の経験を生かしてもう一度、今度こそ上手く行くようにと植え替えてみました。
左が冬越ししたもので植え替える前、それでも4号鉢に植えてあったんですよ!子供が下一杯に付いています。
右が今日植え替えした後です。
皆さんもこれならもう大丈夫と思うでしょう?
でもこれでもまだ心配なのです。と言うのは下を見てもらうとわかるんですが、、


IMG_5141.jpg


もうわさわさ子吹きし始めているんです。これは時間の問題で直ぐに一杯になってしまうでしょう。
また別に移さなくては駄目かもしれません。
しかたがないのでこの後増えたものは地植えにでも挑戦してみようかなと思っています。



次は多肉ではありませんが今咲いている花を二つです。
昨年より投稿が少ないのでついでと言ってはなんですが、出してみます。



まずはクリスマスローズからです。




IMG_5135.jpg
シングル ダークネクタリーです。
花色はアプリコット系のつもりで買ったのですが、まだ株が充実していないのか良い色がでていません。
来年に期待します。


そしてこれは先日購入したデンドロビュームです。
蘭は温室もありませんので、楽に冬を乗り越えられる物がいいと思ってこれとあと、ミニカトレアの二つを選びました。
さて来年も咲いてくれるかどうか?それはわかりませんが、大事にしたいと思っています。
ミニカトレアは花が終わりになってきていますので、今日は出せませんでした。


デンドロビューム Dendrobium “アポロン”

IMG_5142.jpg


消えたセンペルの変わりに~♪

2010年03月01日 21:13

昨年の12月の初め、その日は台風並みに強い風と雨の日でした。

一晩たって次の日の朝、二階のベランダを見れば吊るしていたセンペル寄せ植えの籐のかごの紐が切れて、隅にころがっていました。
植えてあったセンペルはどこかに飛ばされて見あたりません。とてもがっかりしましたが、まぁ他の植物には被害も出なくて良かったと思いながら今度は下の庭を見回すとそこにこれが一枝落ちていたのです。

見ればそれはペラルゴニウムの一枝です。
ペラルゴニウムは持っていなかったのでこれがセンペルの代わりなのか~(笑)と思いつつ早速こんなふうに挿してみました。

二つの挿し穂がとれて、ペットボトルに腰水をして挿してあるところです。


【ペラルゴニウム】
フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属)  
常緑多年草(非耐寒性)
乾燥に極めて強く、過湿や雨を嫌うので、
風通しのいい場所で乾かし気味に管理する
  
IMG_4388.jpg IMG_4389.jpg


そしてこれが今日の様子ですが、挿し穂の様子を見ていますと二本のうち一本が駄目になっているようです。
と言う事はもう一本の緑の葉のものは根が出ていると考えられます。
ゆっくりと出してみました。

IMG_5117.jpg IMG_5118.jpg

とても貧弱な根が二本出ていました。正直少しがっかりしました。
寒い時期なので仕方の無い事なのかもしれません。
根に触らないように気をつけて肥料を入れて植え替えましたので、これで少しは成長してくれると思います。
暖かくなってからの成長と、上手くいった時の開花が楽しみです。
お花はゼラニウムの花に似ていますが、もう少し大きくて豪華な感じです。



それで、去っていったセンペルが植わっていた所に今度もまた小さな多肉達を植えてみました。
まだほんとに小さくて、植え方もめちゃくちゃですが、そのうち格好がつくかもしれません。


IMG_5120_20100301151245.jpg


これが嵐の日に飛んで行ったセンペルです。
画像は二年前のものですがこの後時々子供だけ離していました。
飛んでいってしまう前にはもう少し賑やかになっていました。

そのセンペルですが今日ベランダで目に付いたものを少しですが出してみます。  

IMG_5115.jpg

IMG_5111.jpg IMG_5112.jpg

暖かくなってきて、だんだん綺麗になってきました。
成長も少しずつしているようです。これからの変化に目がはなせません。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。