Archives[ 2011年04月 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方から団扇軍団現る

2011年04月28日 11:54

前々回の記事でウチワサボテンに実生接ぎをしたその後の経過を出してみました。
結果から言うと、根も出ていない団扇の台に実生の青王丸を接いだものですから上手くいくはずもなく、まぁ~さんざんな結果でした。
この記事をご覧になったqueiitiさんがもっと接ぎやすい団扇を送りましょうか?と声を掛けて下さいました。
ぜひお願いしますとお返事してから、何日もたたないうちに荷物が届きました。
今日はその団扇サボテンの色々を見ていただきたいと思います。


それで、三種類の団扇サボテンとひとつの木の葉サボテンが入っていました。

早速こんな感じに植えてみました。




IMG_0246.jpg



わぁ~!こうしてみると無理がありますね~(笑)
大きなプランターにはじめ大丸盆を植えたのですが周りが寂しいので頂いたものをみんな置いてみました。当分はこのままでいきます!
家の増えたハオとかセダムとか植えて少し賑わしてみました(笑)



挿木大丸盆
IMG_0249.jpg IMG_0267.jpg
それで、左の大きな二節になっているのが挿木大丸盆です。大丸盆は以前から気になっていたものでとても楽しみにしていました。
これは挿し木で根がしっかり出ているものを頂きましたので、本当だったら地植えの方が大きくなるそうです。
でもこれから入梅時期に入りますし私に少し自信がなかったのでとりあえず大きなプランターに植えてみました。

実生大丸盆
IMG_0272.jpg IMG_0270.jpg
一番左にある小さな鉢植えはこれも大丸盆ですがなんと実生ものです。とても元気がいい苗で綺麗な新刺が出ています。
ラベルには2010.5月と書かれています。



この大丸盆ですが、成株になるとその葉は一枚で大きなものは30センチもの丸い葉になるそうです。
挿木大丸盆ですがその接ぎ穂は一枚の葉の四分の一を挿したものだそうです。その大きさが分かりますね。
あと、このサボテンはとても色が綺麗です。青白いその色が特徴でしょうか。



つぎは、

食用団扇
IMG_0253.jpg IMG_0269_20110428101436.jpg
右端にいってこれはqueiitiさんの入っているサボテンクラブの会長さんがメキシコへ行った折、スーパーで食用として売られていたのを持ち帰ったものだそうで食用団扇です。今鉢植えにして根出しをしています。これもこのプランターに一緒に挿しても良かったのですが大きくなってから動かすのはどんなものかな?と思いましてこうしてみました。食用団扇ですからとても肉厚ですよ!刺は少ないです。美味しいかな?増えたら食べてみましょう。



真ん中に見える二つの鉢ですが


杢キリン
IMG_0254.jpg IMG_0255.jpg
左側の鉢が杢キリン、これは木の葉サボテンの仲間でサボテンとしては団扇もそうですが原始的な形態のものです。
これは花も楽しみです。楚々として綺麗なんですよね~ 早く見てみたい!そんな気がします。



キリン団扇
IMG_0256.jpg IMG_0263.jpg
そして右側の鉢の二本はキリン団扇これが嬉しいです。実生接ぎには特にこれがむいているそうです。
一本だったものを私がカットして二本で挿してみました。
早く根が出て葉もでてわさわさになって欲しいところです。
それまでにキリン団扇の事とか増やし方や接ぎ方を色々調べておかなくては。


以上ですが、見ていただくと分かると思いますが、キリン団扇の成長待ちで実生接ぎはまだ先になりそうです。
春のサボテンの種まきもしていますが、接ぎ穂として使えるのもまだ先ですし、それまで楽しみにしておきます。

私はサボテンがすきなんですが、とげとげがすごい団扇サボテンも好きなんです。やっぱりちょっと変わっているでしょうか?(笑)
queiitiさん今回も大変お世話になりました。貴重なサボテンを有難うございました。


スポンサーサイト

それでも薔薇が咲く

2011年04月23日 14:35

震災から早くもひと月半経ちます。
いつもの年ならこの時期は毎日薔薇の開花が気になってしかたないのですが今年はあっと言う間に迎えたように思います。

シーズン初の薔薇ですが雨が上がっている合間をみて急いで写してきました。
このオールド ブラッシュは今年も一番乗りで咲いてきました。街角でよく見かける薔薇です。
散歩に出かけた時にでも探してみてください。きっとその地方の薔薇の時期に一番で咲いていると思います。
四季咲き性がとても強く強健で一年を通してよく返り咲いてくれます。
素朴な感じがする、でも可愛い薔薇です。

IMG_0204.jpg


IMG_0207.jpg

Old Blush (Ch)


作出国:中国
作出者:不詳
作出年:1752年以前
系統:チャイナ
別名:Parson's Pink China
花期:四季咲き
花色:ピンク 秋にはピンクブラッシュ
大きさ・花型:中輪・八重




次は薔薇ではありませんが、家で多肉と言えばこれが一番多いんです。

昨年増えた札落ちで作った箱庭センペルの春の様子からです。


                        箱庭センペル
IMG_0218.jpg


IMG_0224.jpg


IMG_0226.jpg

玄関前に盛り土をして作ったので、一応屋外の地植えになります。
日当たりが悪いので徒長していますが、威勢よく子吹きしています。鉢植えのものよりこれは盛んですね。
雨が好きなだけあたりますから開きたいだけ葉が開いてこれではどこかの雑草状態ですね。
子吹きが終わったら今年は植え場所を移動させようかと考えています。




団扇サボテンに接ぐ・・その後

2011年04月19日 20:42

IMG_9858.jpg

IMG_9860.jpg


一ヶ月ほどまえに試しに団扇サボテンを使って上のようにして接木をしたんです。 以前の記事はこちら
それが今どうなっているかといいますとこんな感じです。



IMG_0113_20110419153039.jpg

IMG_0108.jpg


一見して小さくなってるのがわかります。
大きくするつもりが小さくなってどうするんだ!ってかんじです。
乾いて、萎びて、今にも枯れそうなんですがこれは台の方の団扇が根が出ていないからだと思います。
私が無謀にも団扇がまだ発根がしてないのに鉢に植え込んだのです。
団扇サボテンの発根が思った以上に時間がかかっています。予定外です。
接木自体はひとつ駄目になりましたが他のものはそれでも着いたようです。
さて、このあとどうしたらよいものか?
考えて鉢ごとジップ袋に入れて(上の口は少し開けて置きますが)水で霧吹きを時々することにしました。
それでもう少し様子を見てみます。
今回のことでいくら団扇サボテンも根出ししてからした方がやはりいいようなので今幾つか台になる団扇を作っています。
時期ももう少し暖かくなってからの方が良かったのかもしれません。
はぁ~、それにしても大丈夫でしょうか?持ち直すか、だめになるか、五分五分ってところでしょうか。




次はサボテンの実生からです。

種子はブログ「カクタス・へんてこりーな」のqueiitiさんに頂いて蒔いてみました。こんなサボテンです。
このサボテンは塊根を作るサボテンで、普通はあまりお店では見かけないものです。
播種から最初の発芽まで一ヶ月もかかっています。
どうもサボテンを発芽させるのは私は苦手です。と言うか経験が足りないのでしょう。


Wilcoxia poselgeri 銀紐
IMG_0171_20110419153038.jpg

IMG_0170.jpg


30粒播種して今3粒発芽しています。
温度が上がればもう少し発芽すると期待していますが、でもこのまま3粒でもかまいません。
これからを楽しみに栽培できます。
綺麗なお花が咲きますから。いつかこの手にとって見てみたいものです。

秋蒔きメセンのTrichodiademaとSpalmanthusのその後

2011年04月15日 11:05

前々回の記事ではメセンの実生からPhyllobolusとDiplosomaを見ていただきました。
今日は同じに昨年12月に播種したメセンのなかから残りのTrichodiademaとSpalmanthusのその後の様子です。
これも播種から4ヶ月が経ちました。

2010.12.13
2010秋、メセンの種蒔き
 
                        播種数                    現在
Trichodiadema bulbosum        20                    16                   
Trichodiadema calvatum        30                    25                  
Spalmanthus seintilans        25                     3                      


*それぞれ画像は大きくして見て頂けます。


Trichodiadema bulbosum
2月6日                                 4月15日現在
IMG_9578_20110206183147.jpgIMG_0128.jpg



Trichodiadema calvatum
2月6日                                 4月15日現在
IMG_9573_20110206183147.jpgIMG_0123_20110415113444.jpg

上の二つのTrichodiademaは小潅木状に育って中には塊根を作るものがあるようです。こんな感じに小さな盆栽仕立てを目指しています。  


Spalmanthus seintilans
2月6日                                 4月15日現在
IMG_9585.jpgIMG_0120.jpg

Spalmanthusは情報が少なくてよく分からないのですが葉がでこぼこしてきて変化が現れてきました。また秋まで残っていたら出してみたいと思います。


メセンの実生苗を見ていただきましたが、まだまだ小さくてお花が咲くのは順調にいっても来年以降になると思います。

ベランダでは今こんなメセンの花が咲いていますがメセンの花はどの花もとても綺麗ですね。
これは紅葉が残っていて、白い花色がとても映えていると思いました。

  

IMG_0133.jpg
細雪 Delosperma esterhuyseniae



       


ペラルゴニウム バークリーの花

2011年04月10日 19:42


先日からペラルゴニウム バークリー Pelargonium barklyi の花が咲き始めています。
これはいっぺんには咲かないようです。



IMG_0061_20110410072919.jpg
蕾の時はレモンイエロー色していますが、開花につれてだんだん白っぽくなっていきます。
花首が下を向いているのはまだこれから咲く蕾の状態です。
反対に上を向いているのは、もう散った後です。この後種が出来るといいのですが。


IMG_0050.jpg
ちょっとスミレにも似た可憐な花です。期待どうりで満足しています。




次はお花繋がりで、、

リンクして頂いているrokaichiさんがアメリカ旅行から無事に先日お帰りになったのですが、
その旅行先からこんなお土産を買ってきてくれました。
私なら、これを分かってくれると思ったそうですが、
さて発芽しても上手く育てることが出来るかどうか?、、とても不安です(笑)



それで頂いたのは綺麗な冊子と種子なんですが、種子はこの冊子にセットで付いて売られているようです。

IMG_0079_20110410073007.jpg

ワイルド・フラワーの種子
IMG_0078_20110410073002.jpg

This species is a common sight in most North American wild lands and is the state flower of Wyoming.The flower can be elusive to grow and may take 2-3 years to bioom, but is well worth the patience.
この種はほとんどの北アメリカ野生にみられる共通の風景であり、ワイオミングの州花です。
花は成長して開花までに2-3年がかかるかもしれないが、かなり忍耐する価値がある花です。

種子袋に書かれていることはこんな感じでしょうか。
赤い花のIndian paintbrushを調べてみました。

ゴマノハグサ科カスティレヤ属の多年草で、学名は Castilleja affinisと言うそうです。
英名が Indian paintbrush です。


袋の種子の中にはこの花の種とあと幾つかの違った種子が入っているようです。
半分を裏庭に、残りの半分を二つのプランターに蒔いてみました。
まずは無事に発芽してくれることを祈っています(笑)


せっかくですからこの冊子に写しだされている、美しいアリゾナの自然の様子を見てもらいたいと思います。
でも黙って出してしまいますから少しだけ。

IMG_0081.jpg

IMG_0082.jpg

IMG_0087.jpg

IMG_0086.jpg



秋蒔きメセンのPhyllobolusとDiplosomaのその後

2011年04月05日 20:51

昨年12月に播種したメセンのなかから今日はPhyllobolusとDiplosomaのその後の様子です。
播種からもうすぐ4ヶ月になります。

2010.12.13
2010秋、メセンの種蒔き
 
                   播種数                    現在
Phyllobolus herbertii        10                     2
Phyllobolus prasinus        10                      8
Phyllobolus tenuiflorus       10                     7


*それぞれ画像は大きくして見て頂けます。


Phyllobolus herbertii
2月6日                                 4月6日現在
IMG_9569_20110206183148.jpgIMG_0031.jpg
3本あったの2本になってしまいました。それも一本はなかなか大きくなりません。
このまま残ってくれるといいんですがどうでしょうか。




Phyllobolus prasinus 
2月6日                                 4月6日現在
IMG_9581_20110206183208.jpgIMG_0039.jpg
これは初めの頃は茎が細くて、くねくねとしてなかなか立ち上がってくれませんでしたが、思った以上に丈夫なようです。
この後もこのまま育って欲しいと思います。




Phyllobolus tenuiflorus
2月6日                                 4月6日現在
IMG_9579_20110206183146.jpgIMG_0026.jpg
葉がとても綺麗になってきました。でも成長にばらつきがありますね。
少し根際が膨らんできています。




次はDiplosomaからです。
これは一品種しか蒔いていません。
葉の中にはぷつぷつと気泡のようなものが見えます。
とても綺麗なんですが、今はちょっと乾いて水分が足りないように見えます。


Diplosoma luckhoffii 25粒播種
2月6日 15株                                 
IMG_9592.jpg

4月6日現在 12株
IMG_0022.jpg
幼かった時はぷちっとして可愛いい姿でした。今ではしっかりした葉色になってきました。
この後はどんな風に変化していくのでしょうか?楽しみです。



私はメセンの中でもこんな感じのものが好きです。
草メセンと言われるタイプのものはそれに加えて塊根を作るものも多くて好きなところです。
次回は同じ日に蒔いた今日出せなかった残りの3種類がありますのでそれを見て頂きたいと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。