Archives[ 2011年08月 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の名前はペレスキア・グランディフォリア

2011年08月31日 09:27

木の葉サボテンの桜キリンとして購入した一本の刺し穂を植えたのが今年の春でした。
少しまえから気がついていたのですが、どうやら蕾が着いて花が咲きそうです。


IMG_2056.jpg

IMG_2059.jpgIMG_2063.jpg
Pereskia grandifolia




一般名:ペレスキア・グランディフォリア(Pereskia grandifolia)
学名:Pereskia grandifolia
別名:
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ナデシコ目サボテン科ペレスキア属
原産地:ブラジル 環境:サバンナ、乾燥した森林
生活型:非塊根性低木 草丈:200~500cm 葉長:10~20cm 葉幅:5cm 葉形:倒卵形 花茎:3~5cm 花色:濃桃 開花期:5~7月の昼間だけ 果実形:梨似 用途:葉は野菜として食べられます。特徴:サボテンの原種、幹・葉腋に棘がある


家に着いた時にはただの棒状の差し枝だったのですが無事に根ついて枝を2本伸ばしました。
その右枝先に蕾が見えると思います。

家のは葉は幅4センチ長さ10センチほどあります。
これは桜キリンの刺し穂として購入しましたがこの株の様子を見ると分かりますがペレスキア・グランディフォリアのようです。
国内では間違ったこの名前で多く流通しているようです。

桜キリンペレスキア・ネモロサ Pereskia nemorosa というものなのです。
これとは違って成長は遅く全ての刺座に強い刺があり(家のは若い茎節には刺がありません)そして葉柄を欠くそうです。

上のグランディフォリアですが花が咲きましたらまた付けておきたいと思います。


次はおなじ木の葉サボテンから少し前かキリンウチワとモクキリンでサボテンの実生接ぎに挑戦していますが、今日はそのモクキリン接ぎのその後の様子を見ていただきたいと思います。
それが傑作なんです!これは一見の価値?がありますよ!笑えますから~!!

でも正直出すのは少し恥ずかしいのですが、前回また結果をご覧ください!と言いました。
女に二言はありません!思い切って出してみます。



これは前回8月10日に投稿したものです。モクキリンに接いで4日目。
IMG_1847.jpg
Toumeya papyracantha SB504 Bernalillo Co, NM

普通モクキリン接ぎはこんな風に上に乗せるのではなくて、モクキリンの先を尖らせてある程度大きくなった苗に差し込むやりかただと知ったのは後からでブログのコメントで教えて頂いたのです。



そしてこれが今の姿です。接いでから20日ほど経ちました。



IMG_2046.jpg

なんなんでしょうか?この姿は!
これは髄?だけで繋がっているんでしょうか?
もう何日もこのままです。
これ、落ちそうに見えるでしょ!でも落ちないんですよね~(笑)少しぐらいの風なら煽られても大丈夫なんです。
それでもよく見ると先の刺の部分が少し成長していませんか?(笑) はぁ~だめですか><

また変化があった時や落ちましたら(笑)ご報告します。




スポンサーサイト

黒い球根の植え替え

2011年08月26日 14:48


IMG_2028.jpg

さてこの真っ黒に見える球根は一体何でしょう。今日は慌ててこれを植え替えました。

全体は次のような感じで品種は違いますが同じ原種系のある種の植物です。



でもよく見ればどうして私が慌てて植え替えたのか?答えが写っています。


IMG_2007.jpg

IMG_2036.jpg


真ん中の鉢を見るとすぐ分かりますね~ そうなんです。シクラメンの花茎が伸びて蕾が着いていたのです。
まさかこんなに早く蕾が着くとは思ってもみませんでした。



左がCyclamen coum 'Album' シクラメン コウム ‘アルバム’・・・これは植え替えましたが球根が萎びているような感じで、もしかしたら駄目かもしれません。

真ん中がCyclamen hederifolium シクラメン ヘデリフォリウム ・・・秋咲きです。冷涼な地域でしたら庭に地植えも出来るほど強健種です。球根の上部からも根が出てくるタイプですから球根を見せない感じで植え込みます。

右がCyclamen graecum シクラメン グレイカム(グラエクム)・・・これは上根が出ないタイプです。球根を半分ほど出して植えつけて球根自体も楽しむことも出来ます。それにかえってこの方が腐りにくくてこの種類には適しているようです。
夏は日陰に放置して雨があたらない様にしておきます。多肉の冬型塊根植物と同じ感じですね。
これは球根としては長生きで20年ほども上手くすれば生きるそうで最大30cmほどの径にもなるらしいです。
頑張らなくてはだめです(笑)

さて無事に咲いてくれるといいのですがコウムが駄目なら早めに買わないといけません。
コウムはだいふ普及してきているようですが他のものなどは昨年は直ぐに売切れてしまいました。

piaranthus framesii改め Piaranthus geminatus subsp. geminatus 開花

2011年08月21日 10:58


ガガイモの piaranthus framesii Piaranthus geminatus subsp. geminatusの
花が咲いたので投稿します。
初めての開花になります。

このpiaranthus framesiiPiaranthus geminatus subsp. geminatus は
昨年7月に頂いた時より一節だけ増えました。
普通でしたらもう少し成長が良いだろうと思います。
ちょっと私の水遣りが少なかったかもしれません。



IMG_1903.jpg
piaranthus framesii Piaranthus geminatus subsp. geminatus


シックな細かなゼブラ模様ですね。
中心は少し突起しています。


IMG_1932.jpg



香りを確かめてみました。
これは感じられませんでした。




IMG_7422.jpg
ちなみにこれが一年前に家に来たとき記念撮影したものです。
やっぱり今のほうが肌もごつく凛々しくなっていますね。少し安心しました(笑)

2011.10.23
追記:品種名に誤りがありましたので訂正しました。
タイトルはコメント頂いていますので改めとしています。

お供え型月世界は重ね重ねのお目出度です。

2011年08月18日 12:26

IMG_1889_20110818104844.jpg
Epithelantha micromeris エピテランサ 月世界



エピテランサの月世界です。
家に来たのはもう二年くらい前のことですが勿論きた時にはこんな二段重の変な姿ではありませんでした。
変化が無かった月世界が急に膨れてこうして今年は種が入った鞘まで付けています。



種が出来たと言うことは花が咲いたと言うことですが、それも撮ってあります。
とっても小さい花でした。でも可愛いいですよ!





IMG_0723.jpg


IMG_0720.jpg

いかがですか~? ピンクでした♪
花も可愛いけれど、刺がとっても綺麗ですね。


それで上の赤い鞘から今日は種を取り出してみました。
水洗いして、乾かして数えてみましたら118粒ありました。


IMG_1893.jpg

そうですよ~!欲しい方にこの種を30粒ほどに分けてプレゼントします。
いつもの様にメール欄からお気軽にお知らせください。

なにかこのことをお知らせするのにずいぶん面倒な記事になってしまいました(笑)


注:8月20日AM8:00 まだ種子あります。受付中です♪
注:8月21日AM6:00 種子プレゼント応募受付を締め切ります。
今回も有難うございました。
 

初心者は真似て覚える。(キリンウチワ接ぎの巻) その後

2011年08月15日 15:49

初心者は真似て覚える。(キリンウチワ接ぎの巻) として7月28日に記事にしてから20日ほど経ちました。
今日はその後として今の様子を出してみたいと思います。
それで結果は?と言うと二本接いで一本付いたようです。



これは前回接いだ時、撮ったものです。
二本のキリンウチワの台木の上にサボテンの発芽一ヶ月ほどの実生を乗せてあります。

IMG_1646.jpg
Escobaria marstonii Wolf Hole, Az,       Escobaria sneedii SB730



それが、一本左のEscobaria marstoniiは一週間ほど経ったころぽろっと落ちてしまいました
残った右のEscobaria sneedii は今のところ大丈夫そうですが、ちょっと接いだ際から赤みが出ていて気になります。
この色はこんな風になるものでしょうか?ちょっと今一相性が良くないのかもしれません。  

IMG_1862_20110814200010.jpg


寄ってみました。
赤みがわかると思います。
それでも刺が接がなかったほかの実生と比べてみると少しは多く太くなっているように思います。
このままどうか落ちないで育ってほしい!そんな感じです。


キリンウチワ接ぎ  接いでから20日
IMG_1863.jpg
Escobaria sneedii SB730 /13,17/ Eddy Co, NM


この他にも出してはありませんが先日接いだものがあります。

実はトウメアのpapyracantha SB504はずーっと発芽しなかったもののひとつですが少し前に一本発芽しました。
これは思いがけないうれしい贈り物です!
一か八かこれを4日ほど前に接いでみました。
それが今回はキリンウチワでなく、モクキリンにです。
なぜかその時そうしてみたいと思ったんです。

初めての難物サボテンと呼ばれるサボテンの種を蒔いて、いくつかの発芽に嬉しがっていましたがやはりそれからの苗の維持はとても難しくて駄目になっていくものも多いのです。
指をくわえてただ駄目になるのを見ているくらいなら、いっそ接木にしてみようと思ったのです。
それがこれです。


モクキリン接ぎ  接いでから4日
IMG_1847_20110814200011.jpg
Toumeya papyracantha SB504 Bernalillo Co, NM


4日たちますが今のところまだ落ちていません。
私の思い付きがどうでるか?
しばらくすればモクキリンとの相性がこれから分かることでしょう。
また変化があったときには上のキリンウチワ接ぎ共々出してみたいと思います。


エキノケレウスとアロハドアのにょろにょろサボテン発芽

2011年08月12日 15:27

蒔いたものは次の通りです。

播種日 7月9日
Echinocereus leucacanthus (Wilcoxia albiflora)
Echinocereus schmollii (Wilcoxia) (Queretaro, Mex)
Echinocereus waldesii RH 119 (Rudi Haas)

播種日 7月9日
Arrojadoa dinae HU 399
Arrojadoa nana HU 578
Arrojadoa penicillata
Arrojadoa rhodantha v. occibaihensis HU 208
Arrojadoa rhodantha reflexa
Arrojadoa aureispina HU 154


私はこんなサボテンも好きです
大きくなるとどんなサボテンになるのか? グーグルの画像検索をみていただくと分かると思います。  

Wilcoxia(Echinocereus)・・・こんな感じ
Arrojadoa・・・こんな感じ

Wilcoxiaは小型でいいのですが、Arrojadoaはかなりの背丈があります。
もし順調に育ったら今からそれを何処に植えようかと(地植えに)悩んでいます。たぶん、まぁ~なんとかなるかなと。それにまだだいぶ先だし



Echinocereus(Wilcoxia)から今の様子です。

IMG_1854.jpg
左上・・Echinocereus leucacanthus (Wilcoxia albiflora)
右上・・Echinocereus schmollii (Wilcoxia) (Queretaro, Mex)
左下・・Echinocereus waldesii RH 119 (Rudi Haas)

一番多く発芽した右上のEchinocereus schmollii (Wilcoxia) (Queretaro, Mex)
IMG_1855.jpg
ちょっとぼけていますが(笑)綺麗な刺です。



次はArrojadoa

IMG_1849_20110812134534.jpg
上段左・・Arrojadoa dinae HU 399
上段右・・Arrojadoa nana HU 578
中段左・・Arrojadoa penicillata
中段右・・Arrojadoa rhodantha v. occibaihensis HU 208
下段左・・Arrojadoa rhodantha reflexa
下段右・・Arrojadoa aureispina HU 154


これも一番多く発芽したArrojadoa rhodantha v. occibaihensis HU 208を
IMG_1859_20110812135939.jpg
ひし形の面に特徴がありますね。



それで少し大きくなったら皆さん可愛いWilcoxiaも付けますからArrojadoaを貰って頂けませんか! しかしどうだろこれ、だれも貰ってくれなさそうな?そんな気もします






耐えるメセンの実生達

2011年08月09日 10:58

初めて本格的にメセンの種子を蒔いたのは昨年の12月のことです。

メセンの種蒔き9種


                           12月13日(播種日)   12月17日    2月6日     現在         

Phyllobolus herbertii                      10         0          3          2   
Phyllobolus prasinus                   10          0          9          7
Phyllobolus tenuiflorus                  10          6          7          7
Trichodiadema bulbosum                20          13         16         14  
Trichodiadema calvatum                 30          28          25        23
Ophthalmophyllum subfenestratum        20          0           0          0
Ophthalmophyllum triebneri              25          8           0          0
Spalmanthus seintilans                    25          10          4          0
Diplosoma luckhoffii                     25          0          15         13 
 


真夏の灼熱地獄のベランダで、それでも日陰の風通しの良いところに置いてこの夏を無事にやり過ごして欲しいと願っていたメセンの実生苗達です。
日中日向は40度越えも珍しくありません。ただ今は耐えてもらうしかないのです。
それでも記録として今の様子を残っているものだけですが、撮ってみました。


4月初旬に撮影                                   8月9日現在

Phyllobolus herbertii
IMG_0031.jpgIMG_1820_20110809101835.jpg



Phyllobolus prasinus 
IMG_0039.jpgIMG_1815.jpg




Phyllobolus tenuiflorus
IMG_0026.jpgIMG_1817.jpg




Trichodiadema bulbosum
IMG_0128.jpgIMG_1809.jpg





Trichodiadema calvatum
IMG_0123_20110415113444.jpgIMG_1812.jpg




Spalmanthus seintilans
IMG_0120.jpg           夏越しできず。




Diplosoma luckhoffii
IMG_0022.jpgIMG_1822.jpg



撮って並べてみるとあまりの違いに分かっているつもりでもびっくりしています。とっても危ういですね~!
それでもこの苗達はまだひと月以上このまま頑張ってもらわなくてはなりません。
無事に残ってくれるといいのですが、私も初めての経験ですから勝手がわかりません。
今は日陰にあるラックの中段に置いてありますが水遣りはいっさいしていません。
でもこのまま残って欲しいと思いますし、秋の成長を楽しみにしています。
それと、もたもたしていると直ぐに秋蒔きメセンの時期になりますね。
種は用意してありますからまた幾つか蒔こうと思っています。

あとDactylopsisの親指姫はここにありませんが夏越し出来ずに少し前に溶けてしまいました。
これはとても楽しみにしていたのにほんとに残念です。



小さなコーデックス♪

2011年08月05日 10:25

IMG_1727.jpg
Pachypodium densicaule 恵比寿大黒          Pterodiscus speciosus 古城

           
この二つはオークションで落としたものです。小さくても可愛くてとてもお気に入りです。
家に来た時にはまだ丸坊主の状態でしたがようやくここまでになってそれらしくなってきたところです。



次の二つは私のしている実生からですがこれはもっと大きな植物です。でも剪定すれば同じようにコーデックスとして楽しめるはずです。


IMG_1732.jpg
Jatropha cinerea トウダイグサ科 熱帯アメリカ産




IMG_1736_20110805085451.jpg

苗が大小見えますが同じものです(笑)
種によってこんなに差がでました。じつは4粒まきましたがまだ2粒発芽していません。
腐ってはいないようですのでまだ期待しています。

根元を写した下の写真は2段階発芽した殻の残骸です(笑)
外側の黒い殻が取れると白いまた殻に覆われていたのです。ピーナッツの茶色の薄皮と同じものですね。
でもこの薄皮が曲者でとても分厚くてなかなか剥げませんでした。
それで腰水を止めて日向に出し、本来の成長にまかせると直ぐに自然に割れて取れたのです。
その時にはもう本葉が少し見えている状態でした。
種には軽く覆土しましたがもっと深く植え込んでも良かったかもしれません。
まぁ~結果オーライと言う事で、実生は色々なことがあって楽しいです。




IMG_1752.jpg
Bursera fagaroides カンラン科 メキシコ産


Jatrophaと一緒に蒔いたもうひとつのコーデックスです。これは情報があまり無いので手探り状態です。
5粒蒔いて4粒発芽しましたが発芽がばらばらで、成長に差が出ています。
どれも本葉が出てきましたので、肥料分のあるものに植え替えようと思っています。
葉がとても綺麗な植物です。




最後はセンペルのオーマイに花が咲きましたのでやっぱり花も好きなので。
いつ見ても思うことはセンペルの花は蕊の描く姿が素敵だなぁ~と言うこと(笑)

IMG_1744_20110805085450.jpg

散歩道で見た‘四季咲きねむの木’

2011年08月02日 15:42

IMG_1703.jpg


IMG_1702.jpg


また咲いているのを見て、はじめて四季咲きねむの木という木があるのを知った日



殻割りして無理やり発芽させたfloccosaのその後

2011年08月01日 14:31

この春にAustrocylindropuntia floccosaを蒔いたのですが、実はこの種は殻割りして無理やり発芽させたのです。
その時はこんな感じで発芽?したのです。

IMG_1446.jpg
Austrocylindropuntia,
72.214-floccosa /17/ Makusani, Peru, like snow drifts



それがすごいんです。発芽から一ヶ月経つのにまだ生きているんです。でもあまり格好がよくありませんがと言うかグロっぽいかも?

私は平気ですが、一応次から二枚はグロ注意です!


IMG_1690_20110801095248.jpg


いかかですか!双葉?のひとつが欠けている様にも見えます。
でもこれは移植する時に見たのですが根はしっかり出ていました。
動かしても結構丈夫で弱らなかったです。
ひとつへんだな?と思うところはサボテンの発芽直後の苗は細い茎があってその上に双葉を広げる格好です。
これは見ていただくと分かりますが茎が細くないのです。
こんな苗ってウチワにあるでしょうか?ぜんぜんわかりません。
それからひとつ期待してもいいかな?と思うことがあります。
なにか中心から出始めてきているみたいに見えます。

IMG_1693.jpg

本葉が出てきているとしたらいいのですが、、いずれにしてももう少し観察しないとわかりませんね。
乞うご期待!!です(笑)



追記:8月8日 今朝の様子。少し葉が大きくなってきたようですが、1枚しかでてきません。
ただ言える事は確実に育っている!と言うこと。 なんて素晴らしい!(笑)

IMG_1806_20110808095641.jpg





次は同じに蒔いて発芽したオプンティアの仲間ですが、これは結局7本発芽して今4本あります。こんな感じです。

IMG_1682.jpg
Opuntia,
1104.19-imbricata SB99 /18/ Manzano Mts, NM, dark purple flowers


オプンティアも発芽して双葉を展開した頃に移植して株元を乾かしぎみにしたほうがいいような気がします。
なので上のこれも3本ほど駄目にした後、あわててこれに移植したものです。
移植の時は気持ちトレーの隅に植えてみました。腐らないようにおまじないみたいなものです(笑)


IMG_1651_20110801043851.jpg

上の右端にあるものに寄ってみました。
これは双葉のひとつを私が傷つけてしまったですが成長にこれくらいなら影響はないようです。
特徴的なもしゃ毛が可愛く見えてきています。


もしゃ毛は大きくなると無くなるのでしょうか?
以前queiitiさんに頂いたimbricata 鬼子角があります。産地は違うと思いますが同じimbricataだと思います。




それを今年の冬に株の脇あたりから腐らせてしまって、良いところだけ取って何本かに分けて挿してありました。
ようやく少し前から新葉が出始めてきて安心したところです。

ほら!小さいうちはやっぱり同じようなもしゃ毛が出ています。

IMG_1654.jpg

これはもう少し大きくなった時には今度は地植えにしたいと思っています。
赤紫色の綺麗なウチワの花が咲くんですよね。今度こそ!気をつけて、ですね。
私は今度こそ!って言うのが多くてほんとに学習しなくてだめですが。

それで初めに出したfloccosaですがまた変化があったときに出してみたいと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。