Archives[ 2011年09月 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のWITTIA amazonicaの実生

2011年09月27日 09:32

春に森林性サボテンを幾つか蒔いたのですがその中でも一番発芽を楽しみにしていたのがWITTIA amazonicaでした。
ですが発芽したのは一本で、そしてその一本もその後の成長が上手くいかずに駄目にしてしまったのです。


それで今また再挑戦していますがやはりこの種子は難しいです。
なにが難しいかと言いますと発根はわりとそれでも早くて播種から4.5日もすれば種の端から白くぽちっと根が見えてくるのです。
でもそれからの発芽(双葉が出る)までがとても長く掛かります。
春の時は白く見えていた根も二週間以上そのままで、その内に色が茶色を帯びて終いには小さく消えていってしまったのです。

その原因も分からないままこうしてまた蒔いてみたのですが、これが今回の様子です。



春の時と違って今回は播種数は少なく25粒です。
播種してから発芽まで時間が掛かることが予想されていましたので初めから蓋をしない開放式でしました。
腰水には殺菌剤を入れてあります。
あと発芽がある程度進んできた所で早めに腰水を止めています。



播種日2011.9.14 25粒→4粒
IMG_2242.jpg

IMG_2243.jpg

WITTIA amazonica (Disocactus amazonicus)    ・・・・こんなサボテン



WITTIA amazonicaの明記で種子を購入していますが、WITTIA属は現在Disocactus属に分類されているようです。
そのDisocactus属の特徴のひとつに葉の淵に沿ってずらっと蕾を付けることが挙げられますがこのamazonicaはその中でもとても珍しい綺麗な青紫色の花を咲かせることで知られています。

こうしてどうやら今回はどの種も芽が少し立ち上がってきていますので双葉の展開まではいきそうですがこの後の成長はとても遅い気がします。
前途多難な予感がしますがこのまま順調に生育すればまず当面の問題は冬越しです。
少し寒さに弱いらしいのです。


追記:10月4日 双葉が開きましたので付けておきます。

IMG_2303_20111004154031.jpg





そして写真はとってありませんが同じく次の森林性サボテン二種も同日に蒔いてみました。



播種日2011.9.14 25粒→4粒
CHIAPASIA Disocactus nelsonii Hybr
ピンクから紫がかった綺麗な花を咲かせるはずです。
花が少し大きくなれば花数は落ちますね・・・こんなサボテン



播種日2011.9.14 25粒→3粒
ACANTHORHIPSALIS monacantha v samaipatana
オレンジ色の花が特徴の可愛い連なりです・・・こんなサボテン


いままで蒔いた森林性サボテンの発芽率は私が下手なせいかもしれませんがあまり良いものではありませんでした。
育ちも一部のものを除いて良いと言える物は少ない気がします。
ではなぜ蒔くのか?
自分の手で初めから育ててみたいから!それが一番の気持ちです。
発芽から開花までになるのに上手く育って、いったい何年かかるのか?
途方もない時間が必要だと思いますが幾つか蒔けばその中から家が気に入ってくれるものも出てきてくれるのではとそんな都合の良い期待もしています(笑)
これからもよく観察して世話を怠らなければいつか花が咲くかも?ですね。



最後にサボテンではありませんがお花をひとつ。
原種系シクラメンのヘデリフォリウムが満開近くになってきましたので出してみます。
まだ葉の出る気配はありません。
9月の初めに一輪咲いてからここまでに20日ほど経っています。


IMG_2260.jpg
Cyclamen hederifolium シクラメン ヘデリフォリウム


スポンサーサイト

花アロエと実生色々

2011年09月20日 11:26

花アロエと言ってもアロエ属でないのは皆さんご存知だと思いますが、お花がもうすぐ咲きそうです。


IMG_2202.jpg

IMG_2199_20110920105532.jpg
花アロエ


何日か待っているのですがなかなか開きません(笑)
でもこれをみると綺麗なお花が咲きそうなので楽しみにしています。




次は今度はアロエの実生からです。


播種日6月4日
IMG_2206.jpg
ALOE howmanii


これは茎立ちするタイプのアロエのようです。
頂き物の種子からですが始めてのタイプで楽しみにしています。
これまであまり成長がよくありませんが涼しくなってきましたので元気になってくれると思います。




ついでに今日はまだ他にも春から発芽した苗の様子を出していないものがありますので見てもらいたいと思います。
それがどうしたわけか成長に差が出ているものばかりなのです。



ホーディア(ガガイモ科)の生後2ヶ月の大中小です。これで成長の過程がよく分かります(笑)  Hoodia ruschii・・グーグルイメージ検索


播種日7月9日
IMG_2208.jpg

IMG_2210.jpg
Hoodia ruschii





同じくジャトロファ(トウダイグサ科)の大中小(笑)

これは茎が太くなって大きくなるとのことなので大と中は本葉が何枚か出たところで摘心してあります。
これからも剪定が必要だと思います。



播種日7月8日
IMG_2213_20110920105658.jpg
Jatropha cinerea




またまた同じくブルセラ(カンラン科)の大中小




播種日7月8日
IMG_2230.jpg

IMG_2222.jpg
Bursera fagaroides

ちょっと根元の土をよけてみました。
出来ていますよ!小さくてもお芋はいつ見ても素敵ですね~(笑)
これからの成長が楽しみです。


確かまだ見ていただいていない実生はあると思いますが....今日はここまでです。



秋蒔きメセン・2011

2011年09月16日 10:20

実はメセンの種まきを9月10日にしました。
少し早いかな?と思いましたが気を急がせる何かが(これまた何時もの感ですが)あったのです(笑)

あと一日辛抱すれば、この発芽したての苗ももう少し楽にしてあげられるかもしれないです。
明日からは台風の影響もあって少し気温が下がるようです。

早いものでは3日目から発芽し始めてきました。
でもそれから次のがなかなか発芽しなくてやっぱり蒔くのが早すぎたのか!それとも種の保管が悪かったか?と、とても気をもみました。

実際は発芽もぽちぽちと少しずつしていたようです。
実は老眼で苗がよくみえていなかったらしい?のです(笑)。
それに玉物メセンと呼ばれるものの芽だしは糸の先が出てくる感じなのでとても細いのです。
次からはきっともっと早く分かるようになると思います。


それで蒔いたものは次のメサから取り寄せた20種類です。


Conophytum,
1412-burgeri RR1265 /10/ Aggeneys (Fujiyamopsis), wonderberg
1412.1-burgeri SH 409 Aggeneys, giant hersey kiss
1412.3-burgeri Aggeneys, MBB 3337 glass paperweight
1430.4-maughanii ex Japan, beet red when old, cold helps
1430.411-maughanii 3 k e Pofadder, translucent pink-red balls
1430.46-maughanii Kouberg, reddish bodies

Fenestraria,
1506-rhopalophylla ssp aurantiaca 'Fireworth' huge orange fl

Imitaria,
1526.6-muirii PB1268 Kareevlakte, brownish windowed globes

Mestoklema,
1778.45-macrorrhizum short thick trunk, white flowers

Ophthalmophyllum,
1789-australe SB2011 Banke, Platbakkies, pink-grey icey windows
1798-herrei SH639 Breekpoort, TL! greenish grey windows, pink fl.
1798.76-latum SB1108 Klipbok, red, green, or ochre
1798.78-aff latum SB1495 Jakkalswater, pale dwarf form
1801-maughanii ssp armeniacum N Aughrabies, flat apricots
1803-maughanii (Conophytum) gets brilliant red in winter
1804-maughanii Witsand, Namibia, red tinged bodies

Sphalmanthus,
1861.12-tenuiflorus stumpy caudex, super pink-green flowers

Titanopsis,
1870.15-calcarea Oorlogshoek, beautifully ochre
1871-fulleri /18/ small leaves, many dots, warts tinged red
1874.9-primosii ex Storms, very nice, pink-yellow flowers


IMG_2162.jpg

個々の発芽の様子はもう少しはっきりした時点でだしてみたいと思います。


初秋の庭

2011年09月12日 20:19



今日は中秋の名月が見られるとのことで少し前にわんこの散歩がてら見にいってきました。
川沿いのいつもの散歩道はそこにくると少し開けています。
まだ暗くなって間もなくだったので月の位置は低かったのですが東の空にそれは綺麗に見えました。
まん丸な月は一年で何回か見ているはずですがやっと合えたようなそんな充実感を味わってきました。

この頃それでも朝晩少しずつ涼しくなってきました。
庭の花もまた元気を取り戻してきているようです。
目新しい花はありませんが家の花からです。



IMG_2146_20110912093003.jpg


IMG_2147.jpg
ハナトラノオ





IMG_2065.jpg
ハゼラン

裏庭の隅で年々勢力を伸ばしています。






IMG_2150.jpg
ティーローズの蕾






IMG_2152.jpg

IMG_2154_20110912093002.jpg
Cyclamen hederifolium シクラメン ヘデリフォリウム

花弁が少しねじれるのが特徴のようです。






IMG_2059.jpg

IMG_2159_20110912192418.jpg
Pereskia grandifolia ペレスキア・グランディフォリア

草花ではありません。木の葉サボテンですが少し前に蕾だったものがようやく咲きました。
 



箱庭アロエに実生苗を植えてみるの巻き

2011年09月08日 14:09

北側玄関前の箱庭アロエを作ったのが今年の春のことです。
ここは以前センペルの地植えの場所でした。センペルの成長はそこそこ良いのですがなにしろ北側なので綺麗な色が出ませんでした。
それでセンペルを諦めて、家の裏庭に古くからあるアロエを持ってきて変わりに植えることにしたのです。
綾錦は丈夫なアロエです。もう何十年と家にいると思います。
やっと表のそれも一番目に付く玄関先で日の目を見ることになったのです。

その時の様子です。

2011.5
291531943.jpg

アロエだけでは少し寂しいので、庭から石とセダムを持ってきてあります。

それが今どんな風になっているかといいますと。


IMG_2129.jpg
周りのセダムと多肉が気持ち良さげに陣地を広げてきています。

IMG_2133_20110908123839.jpg
これが一番大きい綾錦。直射日光が当たらないので色付きはありませんがそれなりに綺麗だと思います♪
写真には撮ってありませんが花も咲きました。



それで実生のアロエの苗ですが昨年3月に蒔いたので一年半になります。
何人かの方に差し上げたのですがまだこれだけ手元にあります。
こうして置くわけにもいかないし、ベランダはだんだん手狭になってきていますから思い切って半分ほど植えることにしたのです。

IMG_2122_20110908123819.jpg



これがAloe ferox アロエ フェロックス一番多く発芽して育っています。丈夫なんだと思います。
この苗だけかすかに一本線ですが斑が入っています♪
IMG_2124_20110908123818.jpg


これはAloe ammophila アロエ アンモフィラ次に多く発芽したものです。繊細な葉が好きです。
IMG_2125.jpg


この可愛いのはAloe peglerae アロエ ペグレラエお気に入りは一本しかありません。
なのでこれは地植えにはしません。ちょっと冒険できないです(笑)
IMG_2126_20110908123817.jpg


それで早速植えつけてみました。こんな感じになりました。

IMG_2137.jpgIMG_2135.jpg

IMG_2138.jpg


これを見ますと苗はまだとても小さくて心もとない感じがしますね。
でもこれでこのまま冬を乗り越えさせます。
様子を見ながやってみますが、上手く冬越し出来た時には来春になると思いますが出してみます。
箱庭主の綾錦に守られて意外と上手くいくような気もしますがどうなることでしょう。

枝分かれするサボテンの実生苗

2011年09月04日 14:24

ラベルを見ると6月の初めに蒔いたことが分かります。
他のサボテンと違ってずいぶん育ちが良いのでこれでもう一度植え替えをしてあります。



IMG_2112_20110904131500.jpg




よく見ていただくと分かりますが双葉のすぐ上からまた茎節が伸びてきたのです。
こんなことってあるんですね~びっくりしました。
にょろ~っと垂れ下がっている茎の左にまだ棒状ですが出てきています。
こんなことは良くあることなんでしょうか?
他のも確かめてみましたら育ちの良い苗は出始めてきていました。


IMG_2084.jpg
SELENICEREUS validus セレニセレウス・バリダス




次はもっと自分的にはびっくりした事からです。



銀紐を3月に蒔いて、それから長期にわたってぼつぽつと発芽し最終的に11の発芽でほっとしたのが5月のことです。
その後あまり成長が見られないので植え替えてみたかったのですが暑いこの時期はいじってこじらす心配もあるし、それよりどうか無事に夏越しして残って欲しいという気持ちでいじらないでベランダの日陰になるところに置いてありました。

それでももう3ヶ月は経ちますから今日は記録撮影をしようと鉢をまじまじと見つめました。
そしたらこんな苗が出来ていたのです。
これも上のSelenicereus validusと同じように私には初めてなことでとても驚きました。





IMG_2103.jpg
Wilcoxia poselgeri 銀紐


ちょっと分かりにくいですか~!右下の苗がそうです。
の字になっていますよね。
左側の茎節がまだ出てきたばかりで短いです。いつでてきたのか?全然気が付きませんでした。
これは良くあることなんでしょうか?

実生は色々あって驚きの連続です。
これからも観察を続けていきたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。