Archives[ 2012年04月 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のサボテンの種蒔き・・その2

2012年04月28日 16:58

色々なサボテンがありますが、この春に蒔いたサボテンの種類はそう多くありません。
蒔いたもののだいたい半分がオプンティア類が占めています。
残り半分をAncistrocactus、Ariocarpus、Echinomastus、Pyrrhocactus で分けて少しずつ蒔いた感じです。

春のサボテンの種蒔き・・その1」ではたった一芽だけ発芽したPyrrhocactus umadeaveとオプンティア二種を見ていただきました。

今日は残りの中からEchinomastusと前記事のあとから発芽したオプンティアがありますので見てください。
オプンティアは13種類蒔いて、一ヶ月経って4種類が発芽したことになります。
発芽率の悪さは分かっていても改めて思ってしまいます。
ならば止めればよさそうなものですが、好きだから仕方ありません。



オプンティア以外の発芽の様子はこんな感じでそう悪くはないと思います。


IMG_3925.jpg



蒔いた中で思ったとおり発芽が悪いのはやっぱりEchinomastusです。
二種類しか蒔いていませんがこれです。


IMG_3916_20120428111031.jpg
左 Echinomastus acunensis  short dense reddish grey spines
右 Echinomastus mariposensis  SB412 W. Brewster Co, white-grey sp


オプンティアで新たに発芽したものは




IMG_3923.jpg
Opuntia erinacea SB1422 nw Mohave Co, Az, hairlike sp

これは三本出ています。根の潜りが良くなかったのですが、いじるのをためらっているうちにこんなびろんびろんな姿になってしまいました。
それでもようやく殻が取れ始めてきて双葉を展開してきました。




IMG_3927.jpg
Opuntia erinacea v ursina  Yucca Valley, CA, long white hairs
二日前から一本ですが、発根してきました。
これも根がちょっと潜りが悪そうです。



こんな風に春になるとサボテンの種子を蒔いています。
でも本格的に蒔き始めたのは昨年からです。
昨年の実生苗はまだまだ小さくて、冬越しから残ったものは豆粒サボテンばかりの状態ですが可愛いものです。
皆さんもサボテンの種蒔きをしませんか!
5月なら丁度いい時期だと思います。

スポンサーサイト

萌芽

2012年04月24日 16:30

多肉芋は水遣りしなくても時期になると自然と萌芽するんですね~
でもこれを待ってからの植え替えはほんとうだったら遅いんでしょうね。


今日はあわてて朝から幾つか植え替えてみました。



IMG_3884.jpg
タリナムカフラムTalinum caffrum スベリヒユ科 タリナム属

タリナムカフラムは二株あるんですがこの大きい方はまだ萌芽していません。
小さい方が萌芽しているのでこの大きい方も植え替えました。
だいぶ貫禄が出てきたようで、とても嬉しいです。





IMG_3894.jpg

IMG_3896.jpg
イポメア プラテンシス Ipomoea platensis ヒルガオ科 イポメア属

三株あるうちの一番大きなものです。
でもお芋の大きさから見てこの鉢では大きいような気がしませんか?
でも、このプラテンシスはこれでいいのです。





IMG_3877.jpg
シンニンギア・ツビフローラ Sinningia tubiflora イワタバコ科 シニンギア属

これは頂き物です。少し塊根が見えるでしょうか。
無事に萌芽してほっとしています。
イワタバコ科特有の綺麗なお花が咲くようです。




少しずつでもこれからも順調に育って欲しいものです。






家でも多肉のお花が幾つか咲いています。



IMG_3856.jpg
細雪 Delosperma esterhuyseniae メセン科 デロスペルマ属



IMG_3899.jpg

IMG_3898.jpg
鳴戸,鳴門,磯の松 Crassula multicava ベンケイソウ(Crassula)科 クラッスラ属



IMG_3888.jpg
花アロエ Bulbine frutescens ブルビネツルボラン科(ユリ科)ブルビネ属


花は小さめですが、でも集まると可愛い表情を作って見せてくれます。



最後にクイズです。
上の丸いお芋ですがこれは何だと思いますか?
当たった方にプレゼントします(笑)
植えつければこれでも萌芽すると思うんですけどね。かっこいい鉢植えができる気がします。

IMG_3904.jpg



春の主に多肉の種蒔き・・その2 ‘毛深いアロエ’

2012年04月20日 13:13

今日はまたまた実生からで、代わり映えしない記事ばかりで花も無くすみません。
5月になれば薔薇の季節で、それまでは多肉とサボテンの種蒔き経過の記事になると思います。


今日は春の主に多肉の種蒔き・・その2としまして、アロエからです。


アロエは10種類を蒔いてみました。


これはメサの種子です。各袋半分ずつ蒔いてあります。

Aloe comosa  (short trunk, nice pinkish leaves)  →0
Aloe dhufarensis  (stays small, soft leaf, coral-red fl) →1
Aloe polyphylla  (16/ spiral forming rosette) →10
Aloe suprafoliata  (long distichous leaves on juveniles)  →8
Aloe tomentosa  (very hairy green flowers) →3 ・・・・こんなアロエ 



次は別会社のものでこれは頂きもなんですがマダカスカル、ソマリア系アロエとか呼ばれるものです。

Aloe betsileensis 10粒→8  
Aloe macroclada 10→8
Aloe orientalis 8→0
Aloe bosseri 10→0
Aloe lavranosii (=Aloe splendens) 9→1・・・・こんなアロエ


リストの中の太字で出してありますものですがちょっとかわったアロエが発芽しました。
これを興味を持ってみていただける方はそう多くはいらっしゃらないとは思いますが、アロエにあまり興味のない方もこれを見てこんな変な変わったアロエもあるんだと知っていただければいいかなと思います。

変わったアロエとはAloe tomentosaとAloe lavranosiiのことなんですがこの二つのアロエは原産地が同じイエメンのようです。
そしてもう一つ同じ特徴としてリンクしてあります画像を見ていただくとわかりますが花に毛が生えているのです。
またお花の色も一般的に良く見かける木立アロエなどのあの色とは随分違っています。
これを見たとき、アロエにも草花にも負けないくらい綺麗な花が咲くものがあるんだなぁ~と驚きました。



それで、前置きが長くなりましたが発芽の様子です。
アロエの発芽したての子葉ですがどれも似たり寄ったりで蒔いた本人以外はたいして面白みはないかもしれません
それと蒔いた本人は間違えないとは思いますが、それでも本葉が出るまではラベル無しでは見分けるのはなかなか難いと思います。
でも一応記録として今回の発芽したものを順に出してみます。大きな画像のものがその毛深いアロエです





IMG_3828_20120420125739.jpg
Aloe dhufarensis  stays small, soft leaf, coral-red fl
ようやく一粒発芽し始めたところです。



IMG_3807_20120420103759.jpg
Aloe polyphylla  spiral forming rosette
これは前回記事にした時の倍ほどに増えています。
ぽつぽつと発芽しました。


IMG_3818.jpg
Aloe suprafoliata   long distichous leaves on juveniles
とても元気そうな苗になっています。




IMG_3825.jpg
Aloe tomentosa   very hairy green flowers

このアロエが綺麗な花を咲かせる変わったアロエの一つです。
この子葉はちょっと変わっています。葉色の緑色が少しうすく、でも肉厚で先が少し曲がっているのです。
これが私の環境からそうなるのかどうか?ちょっと分かりませんが3本とも今の所そんな感じです。
これからも観察を続けてみます。



IMG_3823_20120420112747.jpg
Aloe betsileensis
マダカスカル、ソマリアアロエは温度を下げるのがちょっと怖くて加温し続けています。
なのでどうしても徒長しやすくなっていると思います。



IMG_3821.jpg
Aloe macroclada




IMG_3809.jpg
Aloe lavranosii (=Aloe splendens)

これがもう一つの花に毛が生えている面白いアロエです。
これはまだ一本しか発芽していません。
見ていただくと分かりますが、色もとても薄いのです。
一本なので何ともいえませんが、あまり強光下では耐えられない気がします。
本葉が出てきても様子をみながら日光に慣れさせるしかないかもしれません。


今日はアロエばかり見ていただきました。
このアロエ達はちょっとこの後の管理も難しそうですがまた見ていただけるように頑張って栽培してみようと思います。
それから、今発芽していないものでこの後発芽した時にはまた画像を付けておきます。


春のサボテンの種蒔き・・その1

2012年04月16日 12:37

今年もサボテンの種蒔きをしました。主にOpuntia ウチワサボテンを数多く蒔いたのですが、蒔いてから二週間ほど経ちますがやはりなかなか発芽しなくてやっぱりウチワサボテンの発芽は手ごわいです。

やっと2種類が発芽しました。発芽と言っても根が出始めたところですが見てください。


IMG_3770.jpg
ウチワサボテンばかりこれには蒔いてあります


種子はこんなタッパーを使い蓋をしポリ鉢で腰水をして常温で蒔いています。
昨年と違っている所といえば今年は種をぺたっと置かないで横にしてタイヤ型のものなら半分沈めるような感じで蒔いているところとウチワサボテンは蒔いてから少しすると種の周りにゼリー状の膜ができるものがありますがそれが消えた頃腰水を捨てて種の上から綺麗な水で流してあります。
そしてもう一度殺菌剤入りの腰水にしてセットし直しました。


発芽の様子ですが、期待は大きくてもウチワサボテンはそう簡単には発芽してくれません。
二種類しか出ていないのです。
この後も出てくるものがあることを期待しています。




一つ目はこれはとても綺麗な花が咲きます。
刺も無く地肌の色も綺麗な有名種です。



種子はこんな面白い形をしています。

IMG_3796.jpg







IMG_3786.jpg

IMG_3746.jpg
Tephrocactus alexanderi v geometricus   DJF319 e Loro Huasi, Cat

左上の種子が発根しています。これを見ると根の出るところが分かるような気がします。
下の写真の真ん中下にある種に口のように割れている部分がありますがきっとそこでしょう。
この部分を土の中に入れ込むか?出した方がいいのか? 色々悩む所です(笑)




もう一つはこれはもう古くなると茎は木質化して大きく育ってそれこそウチワサボテンの見本みたいなそんな感じになるはずです。
今年はなんでもいいので、ウチワサボテンの発芽を見てみたい!そんな気持ちから色々なタイプから選んでみたもののひとつでした。
発芽して順調に育った時には貰い手を捜さないとならなくなる。そんな品種です。
でも花色はピンクでとても綺麗なはずです。


種子はこんな形です

IMG_3764.jpg




IMG_3781.jpg

IMG_3780.jpg
Opuntia pilifera  FO-144 pink flowers, hairy pads




次はOpuntiaからではありませんが、メサのリストを見ていて目に留まって蒔いてみたくなったサボテンです。


IMG_3792.jpg
Pyrrhocactus umadeave  Tastil, Salta 2500m         ・・・・こんなサボテン

自生地の風景を見て、いいなぁ~と思ったのです。
開けた大地に大きめなそのからだをみせて、朴訥飄々としたその雰囲気を見たときなぜか嬉しくなりました。
きっと発芽しにくいんだろうなとは思っていましたが、やっぱりまだ一本しか出ていません。
かなり大きくなるサボテンなのに出た芽は小さいものでした。
きっと成長も遅いのではないかと思います。


今日はサボテンの発芽から三種類見ていただきました。
多肉の種蒔きもそうですが面白いものが発芽しましたら、またその2として出してみたいと思います。




ソテツ Cycas sp. Thai Silver の実生に挑戦

2012年04月11日 11:52

ご近所には日本蘇鉄を鉢植えでメインツリーのように玄関先に置いてあるお宅や、広い庭なら地植えになっていたり、こちらではそれは特にそう珍しいものでなく時々見かけます。
国内でも沖縄はおいても冬の暖かい所としては知られていますのでヤシなども見かけたりします。
地植えはともかく鉢植えされているものは年季が入ったものなど株元周りも太くごつく、とてもいいものだなぁ~と思って見ていました。
春が訪れ暖かくなってきますと散歩道でも冬の間は目に付かなかったこれらの植物も気になり始めます。

蘇鉄も実生してみたいな~!植物のことになんでも好奇心旺盛な私はそう思ったのです。
この種子も何時も種子を購入する先から譲って頂きました。栽培上の色々なアドバイスも頂いています。



Cycas sp. Thai Silver サイカス タイ シルバーとは・・・こんなソテツ



IMG_3720.jpg



上画像の種子は果肉をもうすでに綺麗に取り去りさらに給水済みのものです。この状態のものが届きました。
ここまでするのにも大変なことが想像されます。
中には見本のすでに発根している種子も頂いています。殻割れ始めているものも半分ほどありました。


発根までは次のように管理します。


IMG_3677.jpg

ジップ袋に個別に入れ(個別で管理することでカビなど出たものを他に移さないようにする為)用土はココピートを洗い絞ったものに殺菌剤を溶かして加えてあります。
置き場所はこれは室内の暖かいところに置いておきます。




IMG_3681.jpg

これは割れ初めて来たものです。

種子の丸い方側に横に割れるようです。






IMG_3711.jpg
Cycas sp. Thai Silver サイカス タイ シルバー ソテツ科・ソテツ属  発根開始の様子


そして、丸い頭の先の方にちょろっと舌を出すように発根が開始されます。
時々はジップ袋をチェックして、殻がわれ始めていないか、根が出始めてきていないか、カビてはいないか、様子を見るようにしています。




少し発根が進んでくると先が曲がり初めてきます。
次は用土に置いてみます。



IMG_3713.jpg

これは超ロングプラポットとして売られている鉢にセットしてあります。
根がとても長く伸びるのでこの位の長さの鉢はどうして必要になるそうです。
このポットサイズは9cmx高さ20cmほどあります。

右側のポットの種子ですが見本にと初めから発根しているものを頂いたものです。



IMG_3716.jpg

実は殻割れし始めたものは大体発根するようです。
種子は10個と頂いた1個を合わせて11個あるのです。
次からはこんなロングスリット鉢8号でまとめて管理すると楽だと教えていただいたのでそうするつもりです。
3個目の発根してきたものを乗せてみました。幾つかひび割れてきていますのでまたたのしみです。

この後の発芽ですが、根が小指くらいの太さになると初めてでてくるそうです。
早くて半年後、から一年半くらいは掛かるようです。
気の長い話ですが、何本か初葉が出てきてくれればそれでも寄せ植え管理でさわさわとした観葉植物として来夏あたりは楽しめるのを期待しています。




春の主に多肉の種蒔き・・その1

2012年04月07日 14:52

3月終わり頃から多肉植物とサボテンの種子を蒔き始めました。
少しずつ発芽しはじめてきたものがありますので、発芽初めの様子などをご紹介したいと思います。

種子は三種ともメサガーデンからのものです。



まずアロエの中でも栽培が難しく超難物と言われているようですが、このアロエからです。



IMG_3648_20120407133902.jpg

IMG_3658.jpg
Aloe polyphylla (3602.5-spiral forming rosette)

アロエ ポリフェラは18粒蒔いて今4粒発芽しています。
このアロエは日数をかけてぽつぽつと発芽することもあるようですので、この後もまだ幾つか出てきてくれることを期待しています。

播種は種蒔き用土に腰水殺菌剤入りで覆土なしです。温度は家の室内常温管理(朝方10度位から日中20度ほど)でしました。
蒔いて初めの頃の3月終わりまでは気温も低すぎたのか気配がありませんでしたが4月に入って暖かい日が2.3日続いて発芽しました。

実は種子は半分残してあります。夏越しが上手くいかなかった場合は秋にもう一度蒔いてみるつもりです。




次は、オトンナの種子です。




IMG_3660.jpg
Othonna cakilifolia (1961.58-cakilifolia Spektakel pass, notched leaf, purple flowers)

オトンナ カキリフォリアは発芽自体は早かったのです。3日ほどで出てきました。
4本ほど出ましたが、そのあと二本溶けています。
これも冬型植物のようですが、発芽にはある程度の温度が必要かもしれません。
タッパーにポリポットで種蒔き用土に腰水殺菌剤入りです。これには軽く覆土をしています。

双葉ですが、葉裏が紫がかっています。花の色に似た茎色をした苗などは草花の種を蒔くとよく見かけますが、双葉の色にそれが見られてびっくりしました。
これはきれいな紫がかった花が咲くようです。
かなり双葉は柔らかく、この後も危うい感じがしますし、もし育ってもしっかりした塊根ができるまでの初めての夏越しは難しそうにも思います。
やはり安全を考えて秋蒔きの方がいいかもしれません。




最後はユーコミスの頂き物の種子です。

ユーコミスはパイナップルリリーと言われて良く知られています。


IMG_3661.jpg
IMG_3662.jpg

Eucomis vandermerwei (1930.4-vandermerwei Steenkampsberg, speckled leaves, super flower) 

ユーコミス バンデルメルウェイはなかなか発芽しなくて気をもみましたが、日照を長く取って温度を少し上げてみた所発根してきました。
蒔いたものの大体全て発根してるとおもいます。
播種は種蒔き用土に腰水殺菌剤入りで、覆土はしていません。

これは小型のユーコミスで鉢植えで楽しむのにもぴったりだと思います。
葉色と花色とも綺麗なもので、葉には斑もありかすかに波打つようです。
ヒヤシンス科の球根植物ですから開花には何年もかかると思いますが、大事に育てようと思います。


今日はメサガーデンの種子から3種類の種蒔きの様子でした。
この後も発芽してきているものがありますのでまたその2として出してみたいと思っています。



庭の春

2012年04月03日 10:12

IMG_3624_20120403094922.jpg

IMG_3622.jpg
Antirrhinum majus キンギョソウ(金魚草) ゴマノハグサ科





IMG_3612.jpg

IMG_3615.jpg

IMG_3616.jpg
Muscari neglectum ムスカリ ヒアシンス科 ムスカリ属





IMG_3619_20120403095041.jpg

IMG_3620.jpg
Viola sororia cv. Freckles  ヴィオラ・ソロリア・フレックルス スミレ科 スミレ属




家の庭も少しずつ花が咲いて春模様になってきました。
でも今日はこれから強い春の嵐がまたやってくるようなので急いで何枚か撮ってみました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。