Archives[ 2013年10月 ] - 薔薇街道

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地むぐり花キリン・・・今年の夏越し成果は?

2013年10月15日 10:11

昨年蒔いた地むぐり花キリンEuphorbia primulifolia は今年も遅かったですが無事に休眠から目覚めてくれました。

こんな感じに。


8月初旬の様子
IMG_6492.jpg

ちょっとだけ地際にお芋が見えると思います。
こんなに小さくてよく冬越しできたものです。




そして成長が見込める夏中はベランダに放置。


それから二ヶ月たった今の様子はというと


IMG_6806.jpg




お芋の太り具合は


IMG_6809.jpg



だいたい夏前の3倍位になりました。
でももともとがマッチ棒の頭くらいしかなかったので、3倍と言ってもまだだいたい直径1センチ(笑)
でもこの調子で頑張れば、5年で10センチ近くも、それも夢ではない?そこまではないかな?
だめにしないように頑張ります!



今日は台風接近に備えてベランダの夏型植物を室内に入れながら片付けました。
ここは台風の被害が多い地域でこれも慣れていますが、今回も無事に通り過ぎてくれることを願っています。

スポンサーサイト

小さなプラ容器でナウシカる!・・シダの胞子栽培・・夏越し後

2013年10月03日 09:42

私のシダの胞子栽培は黄色味を帯びたパウダー状の胞子を100円ショップの蓋付きプラ容器を使って蒔き、密閉した状態で始めます。

胞子栽培は播種から前葉体が現れそして受精して幼葉の胞子体が現れます。
前回の記事にも載せましたが、その前葉体と胞子体はどんなものか調べてみました。

前葉体はシダ植物の配偶体。胞子の発芽したもので、 ふつう緑色の平たい心臓形で大きさは約1センチほどまでになる。仮根を持ち裏面に造精器と造卵器をつける。 扁平体。原葉体。
胞子体は根と茎と葉を持っている。世代交代を行う。胞子をつくる無性世代の個体。造胞体。

前葉体が出てきたところでの投稿は一年前に「小さなプラ容器でナウシカる!・・シダの胞子栽培」として投稿しました。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。


昨年夏過ぎた頃一回目に蒔いたものは次の5品種です。

Blechnum tabulare
Stenochlaena tenuifolia
Cyathea dregei
Pellaea calomelanos ssp calomelanos ?
Osmunda regalis

前葉体までは播種すると幸運にも全て現れましたが、それを維持成長させるのは難しいことでした。
それで夏越しの結果ですが、さんざんなことになってしまいました。
胞子体までになった品種は二品種ありましたが、夏越し後残っているものは 一品種だけです。



次のは8月半ば過ぎから溶け始めてだめになっています。
これは胞子体の幼葉が見えます。こんぶ状の葉は前葉体で胞子体は細かな葉の方がそうです。
もう少し早く気がついていればなんとかなったと思うので、とても残念です。
どんなシダ植物かと言いますと小型の綺麗なシダです

IMG_6175.jpg
Pellaea calomelanos ssp calomelanos ?



そして現在まで残っているのが次の一品種です。


IMG_6707.jpg


IMG_6717.jpg


IMG_6708.jpg
Stenochlaena tenuifolia の胞子体(幼葉) 
Zone:10

まだシダらしい葉にまではなっていませんが、仮根でなく根と茎と葉をもっています。
これまで暑い時期もあつて、肥料らしいものをやっていませんのでこれから少しずつ薄い液肥を与えようかと思います。
この容器で収まらなくなってきましたら初めてポット上げしようと思いますが、植え替え直後の管理もまた難しいのではないかと思います。



ー結果として記録ー

5品種蒔いて胞子体で残っているもの・・・・・・・・Stenochlaena tenuifolia
ほんの少しの前葉体ですが残っているもの・・・・・・Cyathea dregeiとOsmunda regalis
完全にだめになったもの・・・・・・・・・・・・・・・Blechnum tabulareとPellaea calomelanos ssp calomelanos ?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。