花の本 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の本

2008年02月19日 11:05

IMG_4632.jpgこの本は内容もそうですがそのカラーも素晴らしかったのでご紹介します。
もうお持ちの方もいらっしやると思いますが、値段のわりにとてもお買い得だと思いました。
私のような初心者でもこの一冊在れば十分わかる様に説明されていますし、なによりクリスマスローズのお花がとても綺麗でした。
ぜひ本屋さんで一度ご覧ください。







この頃では本屋で買う本といったら、薔薇の本とあと山野草の本、宿根草の本、つまり植物の本しか買っていません。そんな自分に気が付いたのです。何時からこんな風になってしまったんだろうと考えてみたのですが、もう10年は経ちますね。こんなことでいいのでしょうか?分かりません。こうなる前はそれでも少しは人並みに色々読みました。これではいけませんね。と反省しつつそれでもまた買ってしまいました。

今ではネットで色々見たいお花も見られますし、調べる事も出来ますが、本を見る、読むと言う事はそれとは一味違った楽しさがあると思います。自分の手の中にそれが在るという喜びを感じます。じかにその存在が在るという事は、大事な事だと思います。ですから私は本屋では選ぶだけで長く立ち読みはしません。自分のものになったその本を家でゆっくり楽しみたいのです。





・・・・・次は久しぶりにいえのメダカです。元気です♪・・・・・・


早く春になって卵を沢山産んでくれないかなぁ~と思っています。

IMG_4666_20080218225714.jpg IMG_4679.jpg
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 涼虫 | URL | -

    こんばんは~!

    こんばんは~!
    私も最近は植物関連の本を良く買います!本だと仕事の休憩時間でも読めるので、1年未満で9冊位買ってしまってます!
    メダカ・・・ヒメダカですよね?!
    昔、クロメダカを購入し育ててましたよ!

  2. 冬虫 | URL | mQop/nM.

    うちにもその本ありますよ~

    交配は、とにかくやってみないと始まらないですものね!どんな花が創れるか判らないけど…オリジナル品種とか思うだけでドキドキします。
    クリローは、交配でも3年…交配の実生選抜には更に3年とか考えると時間が必要に感じるけど…。交雑が進んでない分、掛け合わせでの形質予測がし易い気がします。
    冬虫は薔薇でやってますが、、、こちらは、最短だと1年で結果はわかりますが…交雑が進みすぎてて形質の予測が困難なのが辛いです。
    結果はどうあれ…やらないと始まらないですよね!めざせsaeオリジナル!!…冬虫も頑張るよ~

    メダカ…ヒレの形で雄雌の区別がつくらしいのだけど、、、うちの子、、やたら雄が多い気がします。…今一区別の判断に自信がもてない、、、汗

  3. sae | URL | -

    こんにちは!

    涼虫さんへ

    花の本、月刊誌まで入れるとすごく買っていると思います。
    月刊誌は昔の本を見ると面白いですよ。
    大体出てくる植物はあまり変わりありません(笑)それでも何年も買っていました。
    涼虫さん、一年間にそんなに買ってもまだまだ欲しくなるでしょう?きりが無いですね!
    でも捨てられなくて今に山のようになりますね・・きっと(笑)

    メダカは結構飼われている人がいますね。家のはそう!ヒメダカです。
    最近までクロメダカ、ヒメダカとあるのを知らずに飼っていました。とても可愛いです。

  4. sae | URL | -

    オス、メスが分からない件について(笑)

    冬虫さんへ

    クリローの交配は楽しみです。
    結果が分かるのにまず3年・・それまで私の熱が冷めなければいいのだけれど(笑)
    でもまぁ、のんびりした所もあるし、ブログが続いているかの方が問題かも(笑)
    冬虫さんの交配した薔薇はいつか見せてもらえると思っていますが、今年の春には、まだ無理でしょうか?楽しみです。

    メダカ、オスメス良く分かりません。
    こまった~!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/117-d8f06d31
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。