イエロー・ママン・コシェと呼ばれて - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエロー・ママン・コシェと呼ばれて

2008年05月31日 15:00

IMG_6880.jpg

IMG_6864.jpg

IMG_6877.jpg

IMG_6873.jpg


Souv de Pierre Notting スヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタン 別名イエロー・ママン・コシェ

樹高:1m
花色:イエローブレンド
花径:中輪
香り:中香
作出年:1902年

この薔薇は1864年に作出されたマレシャル・ニール(ティー・ノワゼット)をお母さんとして、
1893年作出のママン・コシェ(ティー・ローズ)をお父さんとして生まれた、ティーローズです。

お母さんのマレシャル・ニールは蔓薔薇の様に伸びる大輪の淡い黄薔薇です。
お父さんのママン・コシェはと言うと、中輪でピンクブレンドの優しそうなティーローズです。
私は偶然にもお母さんのマレシャル・ニールを持っていますでその子供はどんな子なのか開花をとても楽しみにしていました。

それで咲いた花ですが、第一印象は結構黄色が濃いんだな!と言う印象を受けました。
ゆったりと咲くその花はママン・コシェがこうだろうと直ぐ察しが付きます。
それと赤みがかった新葉はマレシャル・ニールそっくりなのですが、その花芯にアプリコットを滲ませて咲いた顔にも似合ってとても綺麗だと思いました。
それを考えると、お母さんのマレシャル・ニールの特徴が花色に強く出て、その身体と顔つきはお父さんのママン・コシェ似といったところでしょう。いい子が生まれたものです(笑)

香りはこれだけはお母さんのマレシャル・ニールを受け継いでいます。マレシャル・ニールほど強くは香りませんがすっきりしたティー香があります。ママン・コシェはほとんど香らないそうです。
これでおかあさんは花色だけ?とか思われないで役目を十分果たしたと思います。

なにかこのスヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタンの話より親の話ばかりになってしまいました。
ひとつの薔薇を手に入れるとその薔薇の背景に興味をもってしまいます。
この薔薇の事は、画像を見て分かって頂けると思いました。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 冬虫 | URL | mQop/nM.

    本来は、つるママン・コシェみたいなの創りたかった?<作出者

    なにより…名前のノッタンが可愛すぎ~。
    冬虫にはノッタンがツボに来ました!
    もう、自分の中のこの子の愛称は"のったん"で決まってしまった。

    閑話休題
    えっと、名前を言われなければ…レディ・ヒリンドンかと思いました。
    花が咲いてるそばから、次のシュート(ステム)を伸ばすタイプなのね…汗
    …うーん、それより背景の広そうな庭が羨ましいぞ~

  2. sae | URL | -

    夢の蔓薔薇"のったん"

    そんなに喜んでもらえてよかったわぁ~(笑)
    ノッタンはノッティンと言ってる人が多いいのだけど、
    私は購入したところで書かれてある表記にしました。
    ノッタン!のったん!ノッタン!のったん!・・いい感じ!♪(笑)

    流石冬虫さんだね。そうかぁ~蔓を創りたかったのかもしれない!そんな気がする
    ね!考えれば考えるほどそお言う事かも知れない!
    そうだよね。わざわざティー・ノワゼットをもってくる訳があったんだよね。うぅ~んなるほど。

    家の庭はひどい時には車4台に占領されます。
    せめて早く子供だけも独立してもらいたいです!

  3. おやじ | URL | JalddpaA

    saeさん こんばんは~♪

    ご無沙汰しております。m(__)m

    マレシャル・ニールの黄色とママン・コシェのピンク色で掛け合わせると・・・・。
    強いほうの色が出るのですね。
    ママン・コシェに香りが無いのは知りませんでした。(^_^;)

    素敵なバラの数々も羨ましいのですが
    冬虫さんもおっしゃってたように“背景の広そうな庭が羨ましい”です。
    広い所でのびのびとバラを育ててみたい。。。
    ドリームで挑戦です。
    当たればの話ですが・・・。(笑)

  4. sae | URL | -

    おやじさん、もう直ぐ百合の季節♪・・ですね!

    おやじさん こちらこそご無沙汰してすみません。
    薔薇の開花の時期は投稿するのに手一杯で、
    なかなか伺うまで出来ませんでした。

    薔薇の交配は予測できない事が起きそうで、そこが魅力ですね!
    皆さんのブログを拝見しても、交配してらっしゃる方も前より多いいような気がします。
    でも後に残る薔薇が出来るのにはおやじさんのそのドリームで挑戦して当たる確率と同じぐらい大変かも?・・しれませんね。
    でもツキというものがあるしね!私は全然当たった事がないので駄目だけど、親父さんは(奥様かな?)あの牛肉も当たったし(笑)ドリームで挑戦してドリームが現実となる人かもしれませんよ!
    ところで薔薇がひと段落したら今度は何で投稿しましょうかねぇ~
    おやじさんはユリの蕾が大分大きくなってきているんじゃないですか?
    楽しみがまだまだ続いて良いですね。また見せてもらうのが今から楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/183-9ab9e574
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。