川沿いの風景 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川沿いの風景

2008年10月23日 10:23

IMG_8356_20081026211922.jpg
キバナコスモスはもう盛りを過ぎています。
夏終わりごろから咲き始めていましたが今の時期のほうが煩くなくて似合っているかもしれません。
この小さな川の水源は箱根の芦ノ湖にあります。
大事な灌漑用水路ですが今ではこのあたりで利用する農家もすくなくなりました。
夏にはカルガモが親子でいるのを良く見かけましたがこの手すりの上から何人もの人が毎日の日課のように見物していたものです。
この小川は作られたものですがそれでもそこに生きる私達もそうですが色々な動植物が見られます。


またこのフェンスの反対側には地区の老人会の方が管理されている花壇が道沿いに作られていますがここは自転車と人しか通れない散歩道と成っています。
そこにはポーチェラカやひまわりがまだそのまま残されてそれでも少しずつでも花を咲かせていました。そんな中にも季節の花が今咲こうとしています。

これは毎年株が残って見事に咲いているようです。

ぼさ菊
可愛い頭をみな同じほうに向けて、あと少しで咲きそうですね。  
IMG_8354.jpg
IMG_8355.jpg
ぼさ菊は大輪の菊と違ってこのように場所さえ会えば手間要らずで毎年楽しめるようです。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. YAKUMA | URL | 0p.X0ixo

    こんばんは
    芦ノ湖が水源の用水路ですか。
    昔の人は必死の思いで水を確保したのでしょうね。
    ちょっとのぞいてみたくなる水辺ですね。

  2. sae | URL | -

    YAKUMAさん こんにちは~
    この水は元になる芦ノ湖の箱根用水からの水が裾野市を通ってその最後になる隣の市の私のところまで幾つかの堰を通って流れてきていると思います。厳密にはどれだけの水が残っているかは分かりませんが。この後は狩野川から海にです。
    箱根用水は1670年に完成した今の裾野市と芦ノ湖をトンネルで人力だけでつないだものです。
    およそを1280メートルを両側から掘ってもその差は1メートルほどだったようです。
    感心するばかりです。
    昔の人の知恵は素晴らしいと何時も思います。

  3. 阿銀 | URL | mLrVhXOU

    おお~、この用水のことは小学校の授業で習いました。
    機械のない時代にすごいな~と感心したものです。

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. ディック | URL | 22hNL7Yc

    コメントからして、この川沿いの道はご自宅の近くでしょうか。
    近くに川があるのはいいですね。横浜では川がどんどん地下へもぐってしまい、こういう光景が少なくなっています。
    フェンスがまた、ずいぶん洒落て見えます。

  6. sae | URL | -

    阿銀さんいつも突然現れるのでびっくりしてしまいます(笑)
    でもそこが阿銀さんらしい所で好きです♪

    この用水で多くの人がその恩恵を今まで受けていますが
    一人の名庄屋がそれを行動に移す努力をしたからだそうです。
    でもそれももうこのあたりの人でもあまり知っている人はいませんね。
    遠く離れた阿銀さんが知っているのにです。

  7. sae | URL | -

    ディックさん こんにちは~
    横浜のディックさんが住まわれている所ではこんな普通の風景もあまり見られなくなってしまってるとしたら、とても残念ですね。
    年々様子も合理化という名のもとで面白味もなってきていますね。

    田舎ですのでフェンスのセンスも少し派手ですね!(笑)ちょっと浮いて見えます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/234-ed6bb5c5
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。