クラッスラ、茜の塔とブロウメアナと紅稚児と - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッスラ、茜の塔とブロウメアナと紅稚児と

2009年07月15日 11:51

頂き物クラッスラ、第二弾です!

クラッスラの分布域はほとんど砂漠か草原らしいのです。
家では水はけの良い土に植えてありますが、梅雨の間、出しっぱなしでしたがどうやら大丈夫そうです。
ただ、蒸れには注意しないと一気に駄目になる事もあるようです。
このクラッスラも花を見るよりその葉の面白さの方が勝っていると思いますが、先日出した同じクラッスラのジンバブエなどが小さな白い花をいっぱい咲かせるのを見るとそれもとても可愛いと思います。


茜の塔(クラッスラ・タブラリス)ベンケイソウ科、クラッスラ属
学 名:Crassula capitella
成 育:夏型
原産地:南西アフリカ
IMG_2311.jpg
IMG_2317.jpg
多肉の造形の面白さが良く出ている品種ですね。
葉の一枚一枚はそんなに厚くありません。
もっと赤く色付くようです。上に伸びていくようですが、仔吹きは株元から出ているようです。


ブロウメアナまたはペキュリアリス ベンケイソウ科、クラッスラ属
学 名:Crassula
成 育: ?
原産地:?
IMG_2303.jpg
IMG_2305_20090715102133.jpg
情報の少ないクラッスラです。
でもその枝の紫がかった色ところころとした葉がとても可愛い品種です。
葉の上には白くぽつぽつと粉砂糖を振りかけたように見えるのも特徴だと思います。
冬の紅葉も無事にみてみたいですね。
綺麗な繊毛の持ち主です。



紅稚児(クラッスラ・ロゲルシー)ベンケイソウ科、クラッスラ属
学名 Crassula rogersii
成 育:夏型?
原産地:南アフリカ
IMG_2309.jpg
IMG_2310.jpg
この紅稚児は葉がころころしていて良いですね。
クラッスラは繊毛が生えているものが多いような気がしましたが、これはつるっとしています。
とても綺麗に赤く色付くようで、よく知られています。

多肉植物は栽培し始めて間もないものですから、知らないことばかりです。
この記事の?マークの所もどなたか、ご存知の方は教えて下さると助かります。
また間違いなどもあると思いますので、そちらも教えてください。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ふもっふ | URL | 2j50GQ9.

    茜の塔きれいですね~e-420
    てっぺんが桃色で和菓子みたいですw
    わが家の茜の塔は光の方にあっち向いたりこっち向いたりしてますe-263

    もけもけ。。。ハッ(-_☆)

  2. sae | URL | -

    ふもっふさん、みんなが多肉に嵌るのも分かるような気がします。

    てっぺんの桃色は記事にする前まで気にしてたことなのに、すっかり忘れていました。ほんと、可愛いね!和菓子かぁ~なるほど。

    どこかに、もけもけさんが居るけど、成長が早いのでお嫁入りも早そうです^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/387-a2ba302b
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。