セント・セシリアと多肉実生その後 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セント・セシリアと多肉実生その後

2009年07月29日 12:10

IMG_2448.jpg

新苗から育てているイングリッシュローズのセント・セシリアに知らない間に大きくなった蕾に気が付いたのが一週間ほど前の事です。
少し前に色が見え初めてきたのでもうそろそろ咲くかな?と思って見ていました。
やはり春に咲いた時に比べれば、花弁は少なくなっています。
カップ咲きが特徴的で見るからに優しそうな薔薇ですが、今の時期は咲き始めると直ぐに花弁が開いて、反り返ってしまいます。
色はソフトピンクそのものと言った感じで、この色を白くすればアイスバーグに良く似ています。
すっきりとしたミルラの香りはそれでも健在です。

下は春にセン・トセシリアがカップ咲きで美しく咲いた時のものです。
IMG_1125_20090729091543.jpg



次は少し前に長雨で腐って駄目になった、センペルの葉の良い所だけ葉挿しにしたもがありました。その後の経過を見てください。

左が挿したばかりの時。右が今です。
やっぱり上手くいきません。四枚のうち二枚駄目になっています。ここまでに12日ほど掛かっています。
それに残った葉も少し変色してきているような気もします。
横に挿してあるのはエケベリア七福神の欠き子苗です。欠き子と言うより、はがれ?こぼれ苗です。
多肉の葉挿しは乾いた土で発根するまで水遣りしてはしないようにして風通しの良い日陰に置いてあります。
でも残りの二枚も多分駄目でしょう。
IMG_2318_20090729114157.jpgIMG_2433.jpg

ついでに多肉の実生のほうも。

左からペペロミア・モンティコラ、アガベ・ネオメキシカーナ、タリナム・カフラムです。
蒔いてから5日ほどでまずタリナム・カフラムが発芽しました。
続いてアガベのネオ・メキシカーナが出てきました。
でもペペロミアにはその様子がまったく見られません。多分これは駄目だと思います。

IMG_2335.jpgIMG_2436_20090729105603.jpg

この後サボテンの実生にも挑戦してみました。
家で採れた緋花玉の種とよそからのバラ丸の種です。
上手く発芽してほしいと思います。
色々な方のブログを拝見すると、ついつい自分もやってみよう!って気になってしまいます。
でもをそんなに増やしてどうするんだ?と思うところもあります。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ディック | URL | 22hNL7Yc

    セントセシリア、春に咲いて、またこの時季に咲くのですか。
    人間は嬉しいけれど、バラの木には負担になりそう…

  2. sae | URL | -

    そのとおりです!

    ディックさん、こんにちは!

    新苗はこんな風に咲かせてはいけません(笑)

    秋までは蕾はとって株を育てるのが普通です。
    でも咲いてしまったので、この後直ぐにカットしました~♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/396-aa3067a4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。