フライレアとツルビニカルプスとロフォフォラの実生 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライレアとツルビニカルプスとロフォフォラの実生

2009年08月11日 10:08

はじめてのサボテンの種蒔き!

今月初めサボテンの実生で検索していたら偶然「種あげます」と言ってらっしゃるサイトさんに行き着いて、こうしてフライレア 9種とツルビニカルプスの種4で13種類も頂いてしまいました。

それでフライレア を早速蒔いてみました。
フライレア は採種してから蒔くのが早ければ早いほど発芽率が良いそうなんです。
大体一ヶ月経つと発芽率が半分まで下がってしまうそうです。

フライレア ってどんなサボテンかと言うと大人になっても2~4センチほどの小さなサボテンです。
そして自家受粉するそうです。ただその花は閉鎖花に成りやすそうす。
でも小さくて可愛いし、たまにでも咲いてくれれば余計に嬉しいはずです。
でもまだ続きがありまして、調べましたら花色はほぼ黄色だそうで、黄色の花のサボテンが上手くいけば一気に9種類もになってしまう!(笑)まぁ、そんなことにはならないと思いますが、、
知らなかったので、こんなに貰ってしまったのです

 =フライレア リスト=
  ・豹の子
  ・亀の子
  ・小獅子丸
  ・チキターナ
  ・士童
  ・ラルー
  ・ペルビラ
  ・シュロッセリ 
  ・ブエネケリ

驚いたことに蒔いた次の日には、もう4種類も発芽し始めました。
フライレア は早熟なんだそうです。発芽の早さもそれを物語っているような気がします。
これで4日目になりますが、今こんな感じです。

ちょっと見にくいですが、小さなまん丸な物が黒い種から殻を割って出てきました。
IMG_2583.jpg
IMG_2584_20090810103532.jpg
IMG_2608.jpg
ほかのサボテンの種の発芽の様子を知らないのでなんなんですが、フライレア はみんなこの“H”の印付きで、可愛い顔をしています  

緑色のものと薄茶色のものが見えますが、上の薄茶色のものは若しかしたら、茹で上がったか日焼けしまったのかもしれない。ちょっと心配しています。それともこんな風になる種類かも?
まだ芽の出ていない物は、チキターナと士童があるけれどもう出ないかな?
ラベルが逆さまですが、気にしないでください。挿したら名前が見えなくなってしまうので、やむなく逆さまにしました。もう一度書くのがめんどうだったので(笑)

出来れば二度に分けて蒔けば失敗が少なくなるかもしれませんね。
この種はそれが難しいところがありますが。
またこの後の様子も変化があった時には載せてみたいと思います。

他にもまだ昨日蒔いたものがあります。
それは頂いたもう一つ品種のツルビニカルプスと家で採れた鳥羽玉の種を蒔きました。

 =ツルビニカルプス=
  ・長城丸
  ・昇竜丸
  ・牙城丸
  ・アロンソイ

今回はプラスチックのケースが無いこともありますが、何かで代用できないかな?と思ってこれを使いました。

IMG_2623.jpg

卵ケースの浅いほうに穴を幾つかそれぞれ開けて、深いほうには水を入れてあります。
上手くいくといいのですが、、

そして最後は、、

 =ロフォフォラ =
  ・鳥羽玉

家のウバタマに種の入った鞘が出来たのを見た時にはびっくりしました。
でも蒔きたくてもこれが成熟しているかどうか?分からなかったので、ベランダの刺の柴犬さんに成熟具合の見極めかたを伺いました。柴犬さん、有難うございました。
アドバイスを参考に女は度胸で鞘を開いてみるともう真っ黒な種が見えます。

IMG_2611_20090810132650.jpgIMG_2613.jpg


この後種を軽く水洗いして、果肉の様な物を取って乾かしました。
一鞘で11個の種が入っていました。一鞘の数として、多いか少ないかちょっと分かりませんが、家で採れた種を蒔くのは特別な思いです。早速蒔いてみました。

IMG_2620.jpg


これはペットボトルでしてみました。少しはエコに成っているでしょうか。


色々蒔いてみましたけどどの種蒔でもそうですが、この後の管理も手探り状態です。
でもそれもとても楽しみでわくわくします。
何事も経験ですから、少しずつでもサボテンの実生も上手になれればいいと思います。
またの幾つかのツルビニカルプスとの鳥羽玉が発芽しましたら、投稿しますのでご覧ください。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 弁慶 | URL | ZJmJft5I

    種まきって楽しいですよね~♪
    発芽したての愛らしさは自分で種まきしないと味わえないですもんね。
    毎日覗き込んで、顔色見ながらいろいろと試行錯誤するのもまた楽し。
    ついつい撒きすぎちゃいます。笑

  2. sae | URL | -

    “ぼけ?”まくっています!

    弁慶さん、こんばんは~

    サボテンの種蒔は知らないことばかりで、楽しいです。
    まだまだしたくなってしまいますが、そのサボテンじたいが良く分らないのにそれでもいいのか?と思うところもあり、ちょっと考えてしまいますが、、でも楽しいからいいか!!(笑)

    だいたい、フライレアをラファイレア、ツルビニカルプスをツルビニビニカルプスって投稿する私です(笑)気が付いて直しておきましたよ!弁慶さん、気が付いた?(笑)

  3. 柴犬 | URL | pPz8.2iQ

    お役に立てずすみませんー(笑)
    自分のだったらもう大丈夫だろうっていう感覚でやっちゃうんですけど。
    たしか兜の実生でもH模様は見られます。
    このくらいの茶色はよくありますし、フライレアは色の濃いものが多いので駄目になっていかなければそれほど問題ないかと思います。
    果肉の多いものは洗うのに手間がかかるんですよね~。
    実生を何度かやって自分の環境でのポイントをつかむと失敗が少なくなりました。

  4. sae | URL | -

    柴犬さん、だいじょうぶですよぉ~
    十分参考にさせていただきました。
    あれから少しして家のウバタマの鞘を見たら、くたぁ~っとなっていたんですよ!
    ほんとだ!くたぁ~となってるじゃん!というわけで、それを理由にして(笑)わくわくしながら、
    カメラに撮ることだけは忘れず、バシッと毟ってしまいました。

    その後気が付いたら、毛の中に種が在るのを発見しました。
    鞘にならないで、種が出来ることがあるんですね!知りませんでした。
    なんでも、経験しないと駄目ですね。

    そうですが!兜さんにもH模様が!(笑)じぁ~きっと早熟でしょう!!

    言われるように自分の環境でのポイントをつかむまで、何回かやってみないと駄目なようです。
    そうやすやすとはいかないようです。
    でもとても楽しくて、止められそうにないです。
    本当に今回もアドバイス有難うございました。たすかりました♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/402-b99c957b
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。