チラもセンペルも美肌が命! - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チラもセンペルも美肌が命!

2010年02月19日 10:10

先日、買い物ついでに寄った園芸店に珍しくチランジアが入荷していました。
種類は5種類ほどあったと思います。
嬉しい事に半額セールをしている棚にあったものですからおもわず飛びつくように手に取ったのですが、残念な事にラベルなしでした。
それでもこんな機会さえなかなかない地方なのです。2つ気に入った物を選んで買ってみました。
この話には続きの話がありまして、ツイッターに下の写真を出しましたら直ぐに二人の方から同じ品名を教えて頂いたんです。自分でも調べていましたが、はっきりそれによって確信が持てました。大変助かりました。

ツイッターはすごいですよ。今この瞬間にも情報が飛び交っているんです。使い方も人それぞれに色々出来ると思います。覚書のようにも使えますし、情報収集も出来ます。仲の良い友達とのコミニュケーションも出来ます。

それで今日はツイッターが主な話ではないので置いておいて、このチランジアですがその時は写真をあまり撮りませんでした。それで昨日になって幾つかまた撮ってみました。


                             カプトメデューサエ                                                       イオナンタ
IMG_4913.jpg

教えていただいた名前をそれぞれの上に記載してみました。
左の株は壺型チランジアのカプトメデューサエ、右は姿が可愛いイオナンタです。
それぞれこんなグラスの中に入った形でギフト用と言うかそんな感じに作られていました。
可愛いけどグラスはいらないです。その分ラベルを付けてもらいたいですね。そう思いました。
園芸店の仕入れる様子から、どの位の気構えを持って商売をされているかが分かります。
でも仕方ありません。田舎なのです(笑) 需要と供給のこともありますね。


IMG_4948.jpgIMG_4945.jpg

上の写真はそのチランジアの美肌の様子を少しでもはっきりと見てみたいと思いまして、マクロで撮ってみました。
銀葉系チランジアのそのトリコームは少しまくれるように、下向きに無数に付いていますね。
鱗片とも言いますが、ここから水分を夜間吸収するそうです。昼間は水分蒸発を防ぐ為に閉じているそうです。
何気なく今まで触っていましたが、これを見ると出来れば触らないに越したことはありませんね。
もっと扱いに気をつけようと思います。



カプトメドゥーサエ(Tillandsia caput-madusae)

光は中。比較的丈夫な種だが、水は普通(乾燥にも耐えるが、種本来が望む環境ではない)。
気温が高めの時期には通風を意識。
メドゥーサの首という意味。よく見かけるツボ型。


イオナンタ(Tillandsia ionantha )

光はやや明るめ~中。水はやや乾燥~普通。
基本種であり強健。




次はセンペルのなかで私が美肌と思っていものからです。

センペルの繊毛や肌の綺麗な物はタイプも色々ありますが、今日はそのしっとりと潤った肌と細かい繊毛が綺麗なタイプ3種出してみます。
株はあまり大きくありませんがまた春から成長してくれると思います。



*Sempervivum 柔らか、繊毛短め タイプ


【ピンク パフ】Sempervivum Pink Puff
IMG_4984.jpg

これもっと大きな株でしたが、小さくなってしまいました(笑)
でも春からきっと成長してくれるでしょう。
繊毛の美しさと春先の色合いは名前どおりで素晴らしい品種です。
春先になれば葉先にある色がもう少し全体ににじんだ感じに染まりそれもソフトな色合いで、とても綺麗です。





【アップル ブロッサム】Sempervivum Apple Blossom 
IMG_4987_20100218150111.jpg

アップル ブロッサムは葉の形と色合いを見れば見分けられます。
それほど春過ぎの株には特徴があるのです。
ピンク パフよりさらに細かい繊毛と濡れたようなしっとりとした葉の持ち主です。
春になりますと今の濃い目の色から名前のアップルグリーンの色になります。
他のセンペルが色付くなかでアップルグリーンの色は別な意味で綺麗です。好きなセンペルです。




【パシフィックプラムフィジー】Sempervivum Pacific Plum Fuzzy
IMG_4974.jpg

これは上の二つより繊毛が長いですね。もふもふタイプに近いかもしれません。
もう少し色が付くと思います。昨年はそうでした。
名前にもプラムがありますしね(笑)
全体に整った品種だと思います。
パシフィックと名前が付く物には他にもいくつかありますから、それを集めるのも面白いかもしれません。


今日はチランジアとセンペルの美肌の元を見ていただきました。
この次は別な美肌のタイプを出してみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あーちゃん | URL | D1bJ3drE

    saeさんこんにちは。
    イオナンタ丈夫ですよね、永年うちにいるのに最近トリコームにも気づき日光浴させると紅葉することも知りました^_^;
    セダムのもふもふも好きですがセンペルもいいですよね、ピンクパフ名前も可愛~い!
    ウチのはまだどの子もギュッと絞まっていてまだまだですね。

  2. sae | URL | -

    あーちゃんこんばんは~

    日光浴させると紅葉するんですね。
    聞いたので早速やっています^^

    このピンクパフはちょっと小さいから良さが分かりにくいですが
    とっても綺麗になります。
    すごく人気もありますね。また増えてくれると思います。
    私はかなり水をあげるのが好きなんで、こんなに開いてしまっていますが
    今の時期は水遣り控えめで良いと思います。
    もう少し暖かくなってから、十分水をあげてください。
    そしたらあーちゃんのも直ぐにふっくら復活してくると思いますよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/468-ecae97d8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。