河津桜餅!? - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河津桜餅!?

2010年03月19日 09:46

そろそろ染井吉野が咲き始めてきているようですが、それを聞いて昨日はワンコと一緒に散歩の途中で見上げてみました。
でもまだ一輪も見つけることが出来ませんでした。あと少しのようです。

下の画像は河津桜ですがこれは何時もの川沿いの散歩コースで一ヶ月以上も前に撮ったものです。




河津桜
IMG_4879_20100318214443.jpg

河津桜の開花は染井吉野より随分早いことが分かります。
そして同じ所で今その河津桜がどんな風かなと分かるように撮って見ました。もうすっかり葉が茂ってきています。


IMG_5330.jpg

昨日は彼岸の入りでした。
普通はお彼岸にはおはぎをお供えします。ですが、私はこの桜の葉を使って桜餅を作って供えてみました。
桜餅に使った葉はこちらから10枚ほど頂いたのですが、この塩漬けが思った以上に難しかったのです。
一見綺麗そうな葉ですが、塩に漬けて次の日に見ると痛んだ所や虫が這ったところでしょうか、黒ずんで出てくるのです。
仕方がないので、もう一回貰ったりしまして二回試みました。
そして葉は市販の桜の葉のような熟成された色までどうしてもいきません。
青みが残った色なのです。
もたもたしてこの桜の葉の塩漬けに一週間以上かかってしまいました。
まぁ~何も分からない素人が作る物ですから、食べられればこんな物でいいのかもしれません。
ただ香りは市販の桜餅と変わらず良い香りもして、餡も自分好みの甘さに出来ますから自分には合っているというところではとても満足しています。
そして出来上がった物がこれです。








今回はレシピは載せていません。
あまりこれを作ってみようと思われる方もいらっしゃらないと思いますので。
ただ桜の葉の塩漬けの方法はこちらを参考にさせていただきましたので載せておきます。
【男の趣肴】http://www.ajiwai.com/otoko/make/saku_fr.htm


IMG_5211.jpg
これが塩漬けの漬けはじめの様子を撮ったものです。


それで、残った餡がまだかなりありますので今日はそれをおはぎにしてみようかと思っています。
こんな時にでもないともう桜餅は作る事はないと思いますが、自分が作ったという確かな記録が残ってくれるのは嬉しいです。
またこの桜餅をつくるのにツイッターである方から楽しみにしていますと励ましの言葉を頂きました。
その事がなかったら、葉の塩漬けのところで、とっくに放り出していたでしょう。その方にはほんとに感謝しています。

またどの季節になるか分かりませんが、その季節に寄せて次のものも考えてみたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. queiiti | URL | CHOVQKFM

    桜餅は買ったものしか食べたことがありません。
    さぞ、美味しかったでしょうね。
    三河では桜と言えば、花見だんごなんですが、そちらにもありますか。

  2. YAKUMA | URL | 0p.X0ixo

    こんばんは
    桜餅ですか。
    サクラの葉の香りがいいですね。
    これも季節感ある食べ物です。
    saeさんの挑戦、楽しみにしています。

  3. sae | URL | -

    queiitiさん、こんばんは~

    この桜餅、自分で餡を練っていますから餡が固めで水っぽくなくて、
    自分の口には合います(笑)
    そちらの三河はお花見にはおだんごですか!
    こちらは花見だんごという習慣はないような気がします。
    所変われば色々なんですね~
    お酒好きな方がおおっぴらに屋外でお酒を飲めるお花見も、あと少しですね♪

  4. sae | URL | -

    YAKUMAさん、こんんばんは~

    やっと出来た桜餅は、香りもしてそこそこいけました(笑)
    どうせ投稿するなら、季節ものが良いと思っています。
    また無い頭が、そのうちにそれでも閃いてくれるのを待って、
    投稿出来ると思います。
    また期待に沿えるようにがんばります♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/477-ad6e16c0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。