東方からガガイモ軍団現る♪ - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方からガガイモ軍団現る♪

2010年07月17日 14:08

IMG_7441.jpg

リンクして頂いてるLepido(LK)さんから先日届いた多肉ガガイモです。
少し前にこちらで採れたタリナムカフラムの種と少しばかりの多肉を差し上げました。お礼にとガガイモ科の多肉植物を沢山頂きました。

上の多肉ガガイモですが暖かい時期に成長する夏型植物だそうです。
「春から夏にかけては蒸れにも強く、非常に栽培し易いです。1年で3倍くらいに増えます。挿し木もほぼ全て発根します。」とはLepidoさんのお話からです。
苗は発根しているものを送ってくださいましたがしっかり根付くまではちょっとサボテンと同じように気を配りたいと思います。

ではひとつずつ簡単にですが私の思うまま、感じたままにですがご紹介します。

前列左からです。

IMG_7432.jpgOrbea sp. Harmonie

成長が早そうですね。そんな勢いを感じます。このHarmonieには深めの稜のようなものがあります。尖がっている部分がガガイモでも葉の退化したものでしょうか。これは、形からして暑さに強そうな気もします。
サボテンではないのでなんですが、稜は身体に陰を作って強烈な日射から守る役目があると聞いた覚えがあります。でもガガイモ自体が暑いのには強いそうなので、この考えはちょっと見当違いか?それでもガガイモも少しは遮光が必要なのか?良く分かりません。










IMG_7422.jpgpiaranthus framesii

これはどこかで見た感じだと思ったら家のテフロカクタスの松笠団扇に良く似ています。小型団扇なんですが雰囲気がそっくりです。こんな感じの物は文句なしに好きです。














IMG_7417.jpgOrbea verrucosa

あまり検索でも国内の情報がないのですが、私が天邪鬼なのでそこにも惹かれてお願いした品種です。
http://anti-matter-3d.com/Stapeliads/Orbea.html こちらでは、花弁が5枚から10枚まで変化にとんだverrucosaが見られます。これはそんな変化もありうる品種だという事ですね。
それとも他のガガイモでもこの花弁数の変化はあるものでしょうか?














次は後ろの列ですがこれはHuerniaばかりを揃えてみました。
Huerniaは多肉ガガイモの中では栽培しやすい丈夫な品種だそうです。
でもどの多肉ガガイモも冬場は注意が必要で室内に取り込んで水を切り、暖かい環境に置くのが良いそうです。
寒さには注意ですね。取り込み時期に気をつけないといけませんね。


IMG_7430.jpgHuernia zebrina

zebrinaはインパクトのある花を咲かせて、とても丈夫な品種らしいです。
名前からして、花模様が想像できましたが、その通りの綺麗な花でした。
早くこの目で見てみたいものです。













IMG_7419.jpgHuernia loeseneriana

細かい刺のようなものが多い品種ですね。身体自体は丸みを帯びて可愛い感じです。ガガイモは成長期の今は緑色ですが、秋から長く日に当てると綺麗な地模様が出てくる品種もあるようです。先端にそれが見えます。














IMG_7427.jpgHuernia brevirostris(蛾角/蛾岳)

あまり背の高くならない群生するタイプのようです。
この花を見ましたがとても綺麗なクリーム色に細かい斑のある花でした。
ぜひ増やしてみたいと思いました。















いかがですか?ガガイモは一度見ると忘れられない面白い姿をしています。  
多肉ガガイモは花にも特徴があります。
あと強烈な匂いのするものもあるようです。
来年はその花を見て、鼻の曲がりそうな独特な香りも確かめたいものです(笑)



それから同じガガイモ科ですが塊根植物も頂きました。これです~



Ceropegia linearis ssp. debilis

IMG_7450.jpg

実生苗の塊根部分
IMG_7446.jpg


これも同じガガイモ科ですがよく知られているハートカズラ(Ceropegia woodii)とは近縁のCeropegia linearis ssp. debilisです。

Ceropegiaの花はハートカズラを育てている方ならお分かりでしょうが、とても変わった形をしています。これもそれと良く似た花が咲くようです。
違いがはっきりしていると所は葉の形ですね。細いですが、松葉牡丹の葉のように肉厚です。
この葉も良く日光に当てると厚みが増すそうです。

ハートカズラもこのdebilisも、その塊根部分が魅力のひとつですね。
今回頂いた二株は株の小さい方はかき子苗で大きな方が実生苗なんだそうです。
実生苗の立派な塊根は何年ここまでになるのにかかっているのでしょうか。素晴らしいです。



そしてこちらはこんな感じに植えてみました。
直ぐに蔓も伸びていっぱいに成ってしまうかもしれませんが、暫くはこのままで楽しみたいと思います。



IMG_7462.jpg

早速玄関先にお披露目しました。
玄関先には多肉達がこの頃急に増えてきましたが、どれもそれぞれ個性豊かで見ていて飽きません。
この後も自分の見える場所で毎日のチェックだけは気をつけてしたいものです。
Lepidoさん、今回は貴重な植物を有難うございました。
これからも宜しくおねがいします。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. queiiti | URL | CHOVQKFM

    リネアリス、つい最近、芋が腐り始め、残った蔓を挿木してなんとか延命を試みていますが、どうなることでしょう。よく似たセロペギア・SPは元気なんですが。

  2. Lepido(LK) | URL | .0I7MpDg

    どうもこんばんは。

    外国のサイトで見ましたが、オルベアは遮光しなくてもいいみたいですよ。真夏によく生長するので、暑さには強いでしょうね。でもちょっと不安なので真夏は遮光してます。
    写真を拝見して思いましたが、ゼブリナは花が綺麗なので、もうちょっと大きい株を送ればよかったかもしれませんね。というのは、挿し木してもそんなに時間がかからずに花が咲きますので。この株ももうちょっと大きくすれば秋頃咲くと思います。
    Ceropegia linearis ssp. debilisのカキ仔ですが、大きくなるといいですね。実験したことが無いのでわかりませんが、肥大するのでしょうかね。

    フェルニアの花は臭いませんが、オルベアはけっこうすごいですよw
    それではまた。

  3. sae | URL | -

    queiitiさんe-93

    日本の梅雨に負けたんでしょうか?
    リネアリスとそのspとではどこが違うのか?それも知りたい所ですね。
    蔓の挿木が成功されるといいですね。
    また手に入れる事も容易でしょうが、そういう気にはなかなかならないと思います。

  4. sae | URL | -

    Lepido(LK)さんe-200

    今回は有難うございました。
    お気に入りに成りそうな予感がします。
    真夏は植え替えたばかりですし、遮光してみます。
    秋ぐらいに初花をもしかしたら見られるなんて、嬉しいですね。
    がんばって、大きくなってもらいます。

    Ceropegia linearis ssp. debilisのカキ仔さんには、
    少し潜ってもらってじっくり大きくなってくれればと思います。

    オルベアの匂いを確かめてみたいものです。
    また、変化のあった時にはお知らせしますね。
    早く花が見たい~です!(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/513-324a65a9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。