伊賀焼きと一緒にぴち便♪届く・・・ その二 オロスタキス編 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊賀焼きと一緒にぴち便♪届く・・・ その二 オロスタキス編

2010年07月25日 08:55

ぴち便【その二】はよく〇〇蓮華などと呼ばれる事が多いベンケイソウ科、オロスキタス属の植物達です。

今回頂いたものは6種類ありました。
家には今、昭和、薄紅蓮華、 爪蓮華、子持ち蓮華、鶴仙園のOrostachys sp.  の5種類があります。一気に11種類に成りましたがこんな風に頂く機会でもなければなかなか手に入りにくいものたちばかりです。ぴちさん、ほんとに有難うございました。

それで蓮華とよばれるものは凄く増えますね。
なので、どれに植えようか?と鉢にすごく迷いました。
最終的に選んだのは、この植物育成に使うトレーです。格好は良くないのですが、これの他に思いつきませんでした。
これの良い所は、一気に管理できる所です。成長の違いも分かりやすいですし。
でもやっぱり、少し色気がありませんが(笑) なので何時ものようにしかできませんが、石と陶器の置物で仕切って少し変化をつけて在ります。でも今は余裕がありますが直ぐにいっぱいになってしまうかもしれません。



IMG_7598.jpg


では、簡単にひとつずつご紹介します。
これも群生するとまた違った姿を見せてくれるはずですが、記録として残してみます。



IMG_7551.jpgOrostachys Orostachys japonicum sp. 対馬爪蓮華

なんと言っても、この色が良いですね。
始めてみる色合いです。
グレイッシュブラウンな色の多肉植物自体がめずらしいのではないでしょうか?
固体自体はそう大きなタイプではなさそうですが、これもまだ良く分かりません。












IMG_7553.jpgOrostachys polycephala 八頭

爪蓮華に良く似た似た感じの物です。
名前からこれも沢山増えるタイプなのだと思います。















IMG_7560_20100724103358.jpgOrostachys peach perfect

青白色の色合いも美しいオロスタキスです。色付くときっと赤く薄く色が出てくるのだと想像しています。
葉は少し長めです。これも増やしてみたい種類です。















IMG_7567_20100724071631.jpgOrostachys malacophylla ssp.玄海岩蓮華 

これは調べましたら薄紅蓮華とも言うそうです。
ですが家の薄紅蓮華とは今のところちょっと感じが違うような気がします。
晩秋~初春は葉の裏側が赤茶けた色合いになるらしのでこの後の成長で確かめてみたいと思います。








IMG_7558.jpgOrostachys malacophyllus 青の岩蓮華

北日本の山や海岸の岩壁に自生。日本のベンケイソウ科では屈指の美しい姿で、素晴らしい巻き姿です。花は緑白色。これこそ増やしたいですね。
東部シベリア~日本産。














IMG_7564.jpgOrostachys sp.白雪爪蓮華

爪蓮華の白粉バージョンですね。
綺麗で、カチッとしたロゼットが文句なしに美しい!
上手く夏越しさせたいものです。












以上が今回頂いた蓮華達です。ほんとに色々タイプがあるものですね。

次の物は家に以前からあるもので昭和とよばれる種類ですが増え方がどんなものか、見て頂こうと思います。半年あまりでここまで増えています。



IMG_5132.jpgIMG_7589.jpg


こちらは、春にぴちさんから頂いた爪蓮華と子持ち蓮華です。これも少しずつ増えています。
爪蓮華は虫かナネクジじ葉を食べられていますが、そんなことではびくともしません。またふえてくれると思います。

IMG_5538.jpgIMG_7591.jpg

今回の頂いた種類の物はそれぞれ特徴もはっきりした感じでこの後の変化も楽しみです。
オロスキスタスは夏の暑さには弱いものが多いようですが、何とか乗り越えさせて秋の成長を楽しみにしたいと思います。
寒さには強く、ロゼットで越冬する姿も可愛いものもあります。
四季を通して古くから日本では山野草として愛された品種も多いそうです。
大事に繁殖させてみたいものです。

これで、ぴちさんから頂いた多肉の紹介は終わりますが私は自分の植物を増えたら皆さんにプレゼントとして差し上げています。
植物好きの人達はよくご近所でもこのような事をされると思います。全ては植物が可愛いからで、その良さを知って楽しんで貰いたいと言うただその気持ちから出ることですね。
ぴちさんと私はきっと同じような気持ちなのだと思います(笑)

また、オロスキタスの分類に間違いなどありましたときにはお知らせくださると助かります。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ディック | URL | 22hNL7Yc

    sae さんのお宅は鉢がどのくらいあるのでしょうか、などと思い巡らしつつ、拝見しています。
    3月に父が亡くなり、庭の管理もやらなければならなくなって、私道に並べたたくさんの鉢のほか、花壇も増えて、朝晩の水遣りに汗だくになっております。
    梅雨明けしたら、いつの間にか庭はジャングル化!!
    草むしりなんて、追い着くわけがない。1年くらいかけて、全体をどうやりなおしすめるか、考えていかねばなりません。

  2. sae | URL | -

    ディックさんi-68

    こんにちは~
    家の鉢はかなりあります(笑)
    でもこの時期水遣りに15分位ですみますよ。
    ホースでどばどば~っと株元に遣る物がほとんどです。
    多肉は毎日はしませんから。地植えはよっぽどの日で無い限りしません。
    だんだん、要領よくなってくると思います。

    草むしりはしなくていいように車が入ってくる所には砂利を敷いてしまいました。
    防犯にもなっています。
    でも裏庭はちょっと目を離すとぼうぼうで今の時期は草むしりも蚊にさされて大変ですね。
    毎日、朝少し早めに時間を作ってノルマをこなすしかないかも?
    お互いに頑張りましょう~^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/515-70a2301e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。