夏のアロエとサボテンの発芽後。 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のアロエとサボテンの発芽後。

2010年08月22日 22:05

このトレーの中にはアロエの実生苗が三種類入っています。
頂いた種を播種したのが今年の3月15日ですから発芽してから5ヶ月になる今日の様子です。  

IMG_7847.jpg

これは播種から20日目の様子です。

IMG_5522_20100822102649.jpg




今日は少しずつ固体の特徴が現れているかと思いまして撮ってみました。

IMG_7823.jpg IMG_7824.jpg IMG_7848.jpg  
左から
Aloe ferox アロエ フェロックス(14) Aloe ammophila アロエ アンモフィラ(10) Aloe peglerae アロエ ペグレラエ(1)  

撮ってみてまだ目立った特徴が出てきていませんが、ひとつしか生き残らなかったアロエ ペグレラエがなんとか持ちこたえているのが嬉しいです。
時々思い出したように液肥をやっていますがそろそろ、もっと肥料分のある土に植え替えしたほうがいいのでしょうか。
秋になったらやってみようかと思います。


次はロフォフォラのウバタマの実生の様子です。

IMG_2611_20090810132650.jpgIMG_2613.jpg

ウバタマは鞘に種が出来てもそう数が採れません。
昨年はひとつしか鞘が出来ず11粒蒔いて発芽したのがたった一粒でした。それも冬越しが上手く出来ずにだめにしてしまったので、今年も再度挑戦したのです。


これが今日の様子です。
これは蒔いたのが今年は花が早くから良く咲きまして、6月10日頃ですから、これでももう2ヶ月は経っています。

ウバタマの赤ちゃんはぷっくりしていてとても可愛い姿をしています。
刺もこの時期にはちゃんとあるのです。親になったら刺は見当たらないのにそこが不思議ですね!
IMG_7841.jpg


今年はそれでも発芽率は良かったのですが、途中で思いがけないアクシデントがありました。
今14粒残っていますが、こんなことが無ければこの倍はあったはずなんです。
それでそのアクシデントとは、、これです。



芋虫画像注意!です。





あ!あ!あぁ~~!

IMG_6965.jpg

この芋虫に鉢の上の大部分の苗を食い散らかされてしまいました。
朝の様子伺いの時に偶然はちあわせしたのです。

みなさんもこんな経験はありますか?
CDのプラケースを利用した蓋をしてあっても進入してきていました。軽かったのかもしれません。
おき場所も地面からはだいぶ上に置いてあったのにです。

残ったのは半分ぐらいになってしまいましたが、昨年の一粒を思えばまだ救われます。
それに考えようによっては犯人に会ってよかったのです。会わなかったらきっとこの芋虫は鉢底にでも隠れてこの後もいくらでも食べつくしていたことでしょう。
それに私も意外な経験を積んだということで、これを生かせればいいのでは?と思っています(笑)







関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. イビ | URL | zkVuqknE

    ああーちっちゃいイモムシなのに
    いっぱい食べてる…
    サボテンの実の中の種って収穫時期がよくわかりません。
    赤くなってるってことは熟してるから
    種も収穫時期なんでしょうかー?

  2. sae | URL | -

    e-429イビさん、こんにちは~

    芋虫を見た時には、もう~やられたー!と真っ青になってしまったわけですw
    でも良く見ればまだ半分以上のこっていたのでひとまず冷静になって写真に収めました。
    ウバタマの完熟加減は出来れば鞘が少しはじける(崩れる)まで待ったほうが良いかもしれません。
    今年は少しはじけてからだに種が乗っていたのも拾って蒔きました。
    色は今日の出来立て鞘は薄いピンクでしたから、だんだん色が濃くなるのかもしれませんがちゃんと観察したことが無いの断言できません。すみません。

  3. YAKUMA | URL | 0p.X0ixo

    こんばんは
    まさに、あぁ~という感じですね。
    せっかく楽しみにしていた発芽を食べるなんて・・・
    でも、半分以上残っていたのは良かったですね。
    これからの生長が、これも楽しみですね。

  4. sae | URL | -

    v-34YAKUMAさん、こんばんは~

    ウバタマは好きなサボテンです。
    昨年も蒔いたのですが上手くいきませんでした。
    今年こそはと思っていたところの災難ですが、なんとか残ったので良かったです。
    サボテンの生長は遅いんですが、どんなに遅くても残っていてくれればいずれは親になってくれるでしょう。
    また時々は出してみますので、成長を楽しんでもらえれば嬉しいです!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/520-bb844428
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。