雅楽の舞の盆栽に挑戦 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雅楽の舞の盆栽に挑戦

2010年10月08日 23:30

IMG_8368.jpg

IMG_8369.jpg

カネノナルキ(金のなる木、学名:Crassula ovata)カゲツ(花月)、オウゴンカゲツ(黄金花月)
ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物(シノニム:C. portulacea)

和名はフチベニベンケイ(縁紅弁慶)とも言うそうです。
秋から冬にかけて葉の淵が赤く色ついて綺麗になります。


家の金のなる木はもう十年以上は経っているものです。株元はがっちりとして、幹の節々もかっこいいと思っています。

でも今日はこの金のなる木の事ではありません。

今年のまだ寒い日が続いている2月の始め、私は地元の園芸店で幾つか多肉を買ってきたのですが、その中に下のこれも入っていました。



ポーチュラカリア属【レディアフラー】別名 雅楽の舞

今年2月購入時の様子です
IMG_4851.jpg


今年二月に買ったその雅楽の舞はその後すごい勢いで伸びて増えていくので、折々に空いたプランターに挿し木して増やしていました。
IMG_8367.jpg

それで金のなる木と我楽の舞とどう関係しているかですが、一ヶ月ほど前私はある多肉植物の本を図書館で借りてきました。
その本の中にこの雅楽の舞を使った盆栽が載っていたのです。
丁度、上の金のなる木を小さくまとめたそんな感じで、もちろん鉢は盆栽鉢でとてもいいなぁ~と思ったのです。

ならば、何年かかるか分かりませんが今から準備してみようと考えました。思い立ったら、やらずにはいられないのです。


IMG_8379.jpg IMG_8363.jpg

でもやると言ってもまだまだ準備の段階です。
鉢上げして、摘心して今は枝数を増やしながら、太らせています。
これでも挿し木したての時より少しは太ってきたと思います。
針金かけはしなくてもこれから選定しながら枝をえらべば面白い姿になるのでは?と思ってしていません。
今は苗状態でまだまだはじまったばかりで、まずは少し寒さに弱いポーチュラカリア属ですから無事に冬越しさせる事が第一ですね。
そして来年の秋頃には盆栽鉢への植え替えもできて、少しはそれらしくなっているでしょうか。
また無事に春を迎えて成長を見ていただける様に頑張ってみます。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぢぇがむ(deagamn) | URL | lMBqkpAs

    うほ♪タイトルに釣られてやって来ました~~w
    へええ、プランターに挿すほど伸びたんですか。。。(@_@;;
    ノーマル銀杏木も雅楽の舞も、うちじゃ全然成長しないですよ。
    水も肥料もロクにやってないっていうのもありますけれど^_^;
    ポーチュラカリアの盆栽ですかあ。。。
    四つ並んだ左下の子なんか、既に小さい鉢でプチ盆栽風にできそうですよね。
    saeさんのお住まいの地域って結構南ですから、日当たりさえ良ければ
    冬でも案外どうにでもできちゃいそうな気もしないでもないですね。
    こっちだとホームセンターの外売り場で瀕死になってたりしますけど^_^;

  2. sae | URL | -

    v-323ぢぇがむさん、こんにちは~
    四つ並んだ左下の子ですか~ そうですね、これでやってみましょう~
    冬場ならそう大きくならないと思うので、春まで可愛い姿で窓際で楽しめそうな気がします。
    雅楽は普通の土に挿してありますが大きくなりました。
    銀杏木は本にも載っていましたが、渋くていいですね~
    何気ない多肉も大事にするとそれなりに立派な姿になってくれるものがあるようなきがします。
    雅楽もそんな風に育てればいいなぁ~と思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/531-4d040008
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。