メセンと名のつくもの - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メセンと名のつくもの

2011年02月07日 11:04

マツバギク(松葉菊、Lampranthus spectabilis)

IMG_9554.jpg


IMG_9555.jpg


散歩道で見た松葉菊です。
ご存知のように、これもメセンの仲間です。
それにしても、すごい派手な色で咲いていますね。でも、綺麗です!
冬の開花ですが葉はすっかり紅葉しています。
この松葉菊の花はきらきらと輝いてとても綺麗ですが日照が足りないと開きません。
私も松葉菊を何回か家で植えた事があります。でも北向きの日照不足の庭ではこんなこんもりとした感じには育ちません。
この頃では松葉菊は諦めて、春のこれに似たリビングストーンデージーを毎年鉢植えにしてベランダで楽しんでいます。
リビングストーンデージーは毎年のように育てていましたが、いくつか多肉植物を育てるようになってはじめて他にも色々なメセンが在ることを知りました。



実は少し前にこのメセンの仲間ですが幾つか種を蒔いたものがあります。
実生に興味のある方。またどれどれ見てみようか!と(笑) 思われた方は生まれたての苗ばかりの画像ですがどうぞ続きをごらんください。
メセンの種蒔き9種


                           12月13日(播種日)   12月17日(播種から4日後)  2月6日(現在)         

Phyllobolus herbertii                         10           0            3  
Phyllobolus prasinus                      10            0            9
Phyllobolus tenuiflorus                     10            6            7 
Trichodiadema bulbosum                   20            13           16
Trichodiadema calvatum                    30            28           25
Ophthalmophyllum subfenestratum             20            0           0
Ophthalmophyllum triebneri                  25            8           0
Spalmanthus seintilans                       25           10           4
Diplosoma luckhoffii                       25            0          15 
 

では上からひとつずつ簡単に今の様子を出してみます。少し特徴が見えてきているものもありますがまだまだちび苗です。



Phyllobolus herbertii
IMG_9569_20110204184423.jpg



Phyllobolus prasinus 
IMG_9581.jpg



Phyllobolus tenuiflorus
IMG_9579.jpg



Trichodiadema bulbosum
IMG_9578.jpg




Trichodiadema calvatum
IMG_9573.jpg



Spalmanthus seintilans
IMG_9585.jpg
IMG_9587.jpg



Diplosoma luckhoffii
IMG_9592.jpg


残念なのはOphthalmophyllumの二つとも今のこっていないことです。Ophthalmophyllumtriebneriは発芽したのに溶けてしまいました。
他の草メセンは丈夫なような気がしますが、これも地際が弱くひょろひょろした苗では上手く立ちません。
どちらもそれなりに育てるのに難しい時期だと思います。
でも今の時期から丈夫に少しでも大きくしないと夏場に弱るのは目に見えています。
時々液肥の薄いものを全体にミストして、それといまでも殺菌剤もしています。
これから先どれだけ残ってくれるか分かりませんので記録としてだしてみました。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぢぇがむ(deagamn) | URL | lMBqkpAs

    あらら、こんな時期でもマツバギク咲くんですか!
    やっぱしそちらは暖かいんですねえ。。。
    こちらではランプランツスに至っては冬枯れするらしいですし、
    デロスペルマもたいていお休みしてます。
    こちらでこの時期に咲くとしたら細雪くらいじゃないですかね。
    うちのは夏に傷めちゃいましたけどw

    それにしても冬でも容赦なく種蒔きするsaeさんすごいww

  2. rokaichi | URL | -

    松葉菊(Lampranthus spectabilis)も耐寒性松葉菊(Delosperma cooperi)も5年ほど栽培してますが、ランプランサスの方はいくら日に当てても、植え替えないとどんどん花付き悪くなりますね。春になったら植え替えます^^;

    それにしても、マニアックなラインナップですねえw
    Trichodiademaの実生、僕の経験では、この中では一番安心です。
    放置実生でも残存率高かったですよ。Phyllobolus prasinusは、ええと、11月下旬?に蒔きましたが、今6/10ですね。春の間になんとかしないと。

  3. sae | URL | -

    v-323ぢぇがむさん、私の所がいくら暖かい所だからと言ってもこれは、、もしかしたらrokaichiさんが言う耐寒性松葉菊ではないかな?と思います。
    種はメセンに限らず色々蒔いています!
    ただまだどれも苗ばかりで、面白みは私しかわかりません。
    家のものには「業者さんいつ出荷するのか?」と聞かれる始末です。
    じゃまなんだと思う~(笑)

  4. sae | URL | -

    e-268rokaichiさん、これはその耐寒性松葉菊かも、たぶんそうだと思います。
    このラインナップはその、Shabomaniac!さんのサイトを見たからだと思う(笑)
    Trichodiademaは丈夫そうですよね。
    Phyllobolus prasinusは私の方が今の所成績がいいかな(笑)
    でも、メセンの苗はどれも綺麗だけど頼りない感じで、まだまだおっかなびっくりで扱っています。
    ほんとにあの親の姿になるんだろうか?そんな気になります(笑)
    もう直ぐだと思うけど、春が待ちどうしいですね♪

  5. nen | URL | -

    こんばんは!

    ちょっと前にマツバギクがメセンの仲間だと気がつきました(笑)

    沢山撒かれましたね!
    成長が楽しみですよね~(*^_^*)

  6. sae | URL | -

    e-94nenさん、こんばんは~
    nenさんも私と同じですね! 私も一年ほど前に知ったばかりです。
    結構多肉植物でも気がつかずに育てているものがあったりします。
    カランコエとか花月とかサボテンの仲間では孔雀サボテンとか(笑)
    種からは直ぐには苗も大きくなりませんし、場所をとらなくて良いですよ!
    それにどういう訳か実生をはじめてから、株の購入にあまり目が向かなくなりました(笑)
    育ってくれるといいんですが、、がんばってみます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/568-bbeaa6c1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。