ペラルゴの種を蒔く前に - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペラルゴの種を蒔く前に

2011年03月11日 12:18

少し前に注文した種子が届きました。
それは南アの植物とアデニウムですがアデニウムは昨年秋にも蒔きましたがまた違った種類を蒔くつもりでいます。


IMG_9869.jpg

今日はこの中で紙袋にあるペラルゴニウムのトリステの種をとりあえず試しに10粒ほど蒔いてみました。
そしてペラルゴは蒔く前にちょっとすることがあるのですが今日はそれを主に見て頂きたいと思います。

皆さんはペラルゴニウムをご存知でしょうか。これとよく似た感じでもっとよく知られたものにゼラニウムと呼んでいるものがあります。実はゼラニウムもこのペラルゴニウムもテンジクアオイ属(ペラルゴニウム属)の植物で同じ属になります。
主にゼラニウムと呼ばれているものは四季咲き。ペラルゴニウムと呼ばれているものは一期咲きと考えて園芸名で分けて呼ばれています。



これがその塊根ペラルゴニウムのトリステのさく果です。よく見るとほんとに綺麗です。

Pelargonium triste ペラルゴニウム トリステ            *グーグルイメージ検索

IMG_9876.jpg

IMG_9875.jpg


上から見るとよく分かりますが、白い綺麗な毛がねじりを付けて生えています。これは風に乗って遠くまで飛ばされるのに適していますね。

画像で分かると思いますが先の方が膨らんでいます。ここに一粒の種子が入っています。
ここから種子を取り出して蒔くわけですが、自然では鞘が時間をかけて朽ちるのを待って徐々に発芽するのだと思います。でも幾つかの発芽条件を満たした種子だけが発芽できるので落ちた全ての種子が発芽まですることはないでしょう。

私はけちですから出来るだけ多くを発芽させたいと思います(笑)
それで、初めから種子をこの鞘から取り出して蒔きます。
それにはただこれを指で押して種を出せばいいのですが、以前これを初めてしたときに幾つか勿体無くも種を飛ばして、どこにいったのかいくら探してもわからなく蒔き数を減らしてしまったことがあります。
それでまぬけな私も少し学習しまして(笑)このように次の時からビニール袋の中でするようにしました。


IMG_9878.jpg


少し強く両端から押すと縦に割れ目が出来ます。少しずつ押していきます。


IMG_9881.jpg


これが取り出した種子です。色はピスタチオに茶色をのせてぐっと渋くしたような色合いです。


用土の準備は先にしておいた方が良いかもしれませんが、用土は軽めで排水性がよくてなおかつ水持ちも良い土が良いと思います。私はこれをレンジで加熱殺菌しています。
腰水をして何時も表土が湿っている感じです。でも種子がびちゃびちゃなほどの浸かりはだめです。
後はラベルに播種日と粒数を書いて今の時期は室内の温度変化が少ない暖かめなところに置いて発芽を待つだけです。
秋10月に入ってから蒔くと調度よい気温らしいのですが、今の時期でも蒔けない事はありません。
20度から25度ぐらいをキープしたい所です。

IMG_9885.jpg

IMG_9884.jpg


この様にジップ袋に入れると温度を5度ほど上げることが出来ます。
このジップ袋ですが発芽が揃いましたらラップをはずし、口を開けて外気に慣れさせていきます。

さて、上手くいってくれるといいのですが、種が新鮮でも種類によっては発芽率が悪い物がやっぱりあります。
蒔いてみない事にはこればかりは分かりません。
こうしてわくわくどきどきの何日かが始まります。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. queiiti | URL | CHOVQKFM

    とても勉強になりますが、私はニューウェーブな方法は出来ませんので、オールドファッションで行きます。
    それよりも、アデニウム・ソコトラヌムが見えてますが、どちらかで目ざとく見つけたんですね。

  2. sae | URL | -

    e-93queiitiさん、私は若くはないですがそのニューウェーブな方法でいきます(笑)
    きのうあたりから、少しずつ発芽してきています。
    ソコトラヌムですが、たぶんまだ手に入ると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/577-a75f091e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。