クイーン・オブ・スウェーデンと安曇野 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイーン・オブ・スウェーデンと安曇野

2011年05月29日 18:27

IMG_0810_20110529181826.jpg


IMG_0808.jpg

Queen of Sweden クイーン・オブ・スウェーデン (ER)


新苗のERのクイーン・オブ・スウェーデンにひとつ花が咲きました。
実はこの薔薇でなくてヘリテージが以前から欲しい薔薇でしたがヘリテージは蔓薔薇のように伸びるのです。
でも、もうこれ以上蔓薔薇は植えられません。

クイーン・オブ・スウェーデンとヘリテージの共通点はその花弁の巻きの美しさにあると思います。
綺麗に間隔を空けて整然と巻いているところが好きです。

ただクイーン・オブ・スウェーデンが都合が良いことにヘリテージとは違いコンパクトに鉢植えで剪定して楽しめる薔薇なのです。



次は遅咲きの安曇野が少し咲き始めてきました。


IMG_0863.jpg


IMG_0865.jpg
安曇野 (ClMin)


澄んだ赤い色は綺麗です。
満開になった時にはまた付けておきますのでご覧下さい。



最後は薔薇ではありませんが、一ヶ月ほど前にマクワウリの苗二本を購入しました。
薔薇の植え替えで出た土が沢山ありますのでそれを土嚢袋に入れて植えつけてみました。



4月30日   苗の植え付け
IMG_0312.jpg


5月30日   摘心しました。保温のためまだ上部に穴を開けたビニール袋はつけてあります。
IMG_0850.jpg

約一ヶ月経って二日前に6節目で摘心して子蔓をだすようにしました。
マクワウリは子蔓を3本ほど伸ばして、3節目で摘心して、孫蔓を伸ばしてその枝に雄花雌花で受粉させて実をつけさせるのだそうです。
マクワウリはまた実が着いた時にでも出してみたいと思います。
7月のお盆には供えるまでに実ができるでしょうか?初めてなので心配です(笑)




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Shabomaniac! | URL | -

    ここで紹介されるバラたちは、子どもの頃親しんだものとちがって、なんていうか野草の味わいがありますよね。HTって、いま思えば高度成長期の気分にあっていた気がします。あのころの建築物とかとには似合う。高島屋の包み紙とか。でもなんか、今見ると、ムリして気負っている気がして。オールドローズのほうが、かえって今っぽいですね^^。

  2. sae | URL | -

    v-170Shabomaniac!さん、こんにちは。
    オールドローズの良さは自然に風景に溶け込む感じで、気負ってさぁ~作りあげました!ってところがないことでしょうか。
    仰る通りで花や野草を庭に植えるように、そんなつもりでするといいと思います。
    虫が食って葉もぼろぼろになるかもしれませんが、その時には毟って新しい葉を出して気長にまた咲いてくれるのを待つとか、、
    HTは早く言えば、品評会用に沢山その時代には作られて、花の形の隙のない完璧を求めたものが多かったと思いますが、何でも反動は来ますね。
    今はまたオールドローズやオールドローズに四季咲き性を加えたイングリッシュ・ローズなど盛んになっています。
    どの分野も同じ感じに思いますが今は個人の趣味はほんとに人それぞれで面白いですね。
    流行があるような?ないような?そんな気がします。
    情報が溢れかえって、迷ってしまうこともたびたびです(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/595-ef14920d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。