2011年春のアデニウムの実生と2010年秋の実生苗のその後 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年春のアデニウムの実生と2010年秋の実生苗のその後

2011年06月03日 16:28

春からこちら、多肉やサボテンの種を色々蒔いていますがアデニウムも蒔いてみました。
その蒔いたアデニウムは次の三種類ですが、まだ発芽していないものもあります。

播種から今日で一週間経ちました。

Adenium socotranum Golden Bell (S1)     2粒・・・2粒発芽
Adenium socotranum Khao Hin Zon (KHZ)  2粒・・・1粒発芽
Adenium Arabicum Black Giant          5粒→0

Arabicum Black Giantの発芽が渋っています。これは意外でした。
この様子はまた後日まとめて出してみます。


実はアデニウムの播種は今回で二度目です。
一回目は昨年の秋の10月の終わり頃に蒔きましたから次に出してある苗は無事に冬越できた苗達で、発芽から6ヶ月経った姿です。
以前の記事はこちらから。


そしてこれが今の様子です。

IMG_0892_20110602145321.jpg  IMG_0893.jpg

IMG_0945.jpg


左 アデニウム ソマレンセ                   右 アデニウム アラビクム
Adenium Somalense var.Somalense        Adenium Arabicum 


もう少しどちらも太らせたかったのですが出来ませんでした。
でもまあ考えてみるとこの子達はまだ一度も夏を迎えたことが無いのですから仕方がないのかもしれません。
温室も無く、加温はマットでそれにビニールを掛けたりしてどうにか一冬乗り越えた苗達なのです。

それでどちらも10粒ずつ蒔いて、ソマレンセが5本、アラビクムが6本今残っています。
発芽自体はどちらも10粒蒔いて10粒発芽という良い成績でしたが、冬越するうちにだいたい半分になってしまいました
それなのに先日アラビクムの一本が今になって株元がふにゃっとなってしまったのです。
このままでは、また一本減ってしまいます。
せっかく暖かくなってきて、ヒーターともさよならすることができたというのにです。
仕方なく一か八かで根元の柔らかくなってしまったところを少しカットして挿してみました。



IMG_0938_20110603105823.jpg

いま竹串二本で支柱にしてあります
今日で挿してから5日目になりますが傷みは広がってはいないようです。
このまま上手くいって根が出てくれるといいのですがどうでしょうか。
だいたい私が少し暖かくなってきて安心して調子づいて水をあげすぎたのが悪かったんだと思います。
アデニウムはほんとに暑い!!のが好きなんですね!
またアデニウムは新しく蒔いた種の様子などこれからもこの子達の成長と共に出せるように世話をしてみたいと思います。

世話と言えば、以前頂いたサボテンの種を何回か蒔いたことがあります。
あれからもたもたしていると最初のものは夏で2年になるのですが、サボテンの実生の下手さは酷いものでちっとも大きくならないのです。
反省するところは、

真冬でも一年にもならない苗を外に置きっぱなし。
植え替えでは合った土を使っていない。
もっとマメに様子をみてあげる。

こんなところだと思います。
でもせっかく頂いた種で出来たサボテン達を出さないのはあんまりだとこれも反省して今日は出してみます。
これは自分で種を買ったものはひとつも無くて、ご好意からの頂き物の種なのです。
皆さん、少しずつですが大きくなっています。今年こそ世話をもっと気をつけてみます。



フライレアとツルビニカルプス
IMG_0896.jpg
ラベルで竜の子となっているのは亀の子の間違いです。
早く直しておけばいいのに何時までもこのままですみません。

ここではもう少しだけになってしまったツルビニカルプスを主に出してみます。

牙城丸
IMG_0910.jpg


イザベラエ
IMG_0912_20110603161246.jpg


昇竜丸
IMG_0969_20110603161245.jpg

これはフライレアですが一本しかありません。
ペルビラ
IMG_0903.jpg


もうひとつの鉢は

青王丸とミックス種
IMG_0951.jpg

下の二列が青王丸です。
綺麗な黄色い花はこの分ではいつみれるんでしょうか!ほんとに下手ですね。

それで懲りずにまた今年も蒔いてみました。
この次の投稿では春のサボテンの種蒔きから発芽したものを見ていただきたいと思います。






 
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. roka79 | URL | -

    Adenium Arabicum Black Giantというのはナニモノですか???大株になって、しかも葉っぱが黒っぽんでしょうか?それにしても去年10月蒔きのアデニウム成長速いですね!丁寧に世話をした賜物でしょう、私も見習わなくてはいけません。これまでは放置実生でいいや…それが自然なんだから、なんて思ってましたが浅はかな考えでした。

    私もサボテンの実生が下手で成長が遅いですよ。フライレアは全自動実生状態でも上手く行ってるのがありますが。でも青王丸はウチの方が成長速いようです。経験上、大きくなるにつれて用土を少しずつ変えて何度も植え替えるといいと思います(もちろん植え替え過ぎはダメですが)。

  2. sae | URL | -

    e-268roka79さん、こんばんは。
    Black Giantはタイからの直輸入の種子ですが、写真を見ると茎も葉も黒っぽいですね。
    アデニウム成長速いですか!これうまくやれば春までに親指ほどの太さにもなりますと聞いていたんです。
    栽培の施設が充実していればその位になると思います。
    でも株が残ってくれて嬉しいし、これからがいい季節で、楽しみにしています。

    青王丸はこの株以外にも鉢がありますが、育ちが悪いので抜いてみると根が貧弱でした。
    もっと早くに植え替えてやれば良かったと思っています。
    でも今日ちょっと見たら一日で根が長く出てきています。ほんとの話(笑)
    やっぱり手を掛けてやらないと駄目だと反省しています。
    今年はもう一度成長した姿を見ていただけるように頑張ってみますね!

  3. Shabomaniac! | URL | -

    アデニウムも蒔かれているんですね。
    これは耐寒性が乏しいので、私も何度か蒔いたのですが、花が咲く前にどこかで寒さにあたってダメにしてしまいます。
    葉っぱもツヤツヤで花も綺麗、実にステキな植物なんですけどね。
    この成長ペースなら、遠からず開花株に育つことと思います^^。

  4. sae | URL | -

    v-170Shabomaniac!さん、種からの栽培が好きなんだと思います。
    草花ばかりを育てている時期もあったんですが、その時はもっと種まきしていました(笑)
    アデニウムは冬越しが大変そうですね!今年は夏物が多くなってきているのでそれを入れておく温室がどうしても必要になるでしょうね。
    毎年そう思っていましたが、今年はどうしても購入した方がよさそうです。
    それからnyensis RP137がぽつぽつと少しずつ発芽してきていますが、殻をつけている状態の時は移植しても上手くいきません。
    でも殻が取れるのを待っていると、根が赤く傷んでしまいます。困りました~(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/596-a72dfa1d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。