白檀の花と春の森林性サボテンの発芽の様子 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白檀の花と春の森林性サボテンの発芽の様子

2011年06月06日 14:53

IMG_0817_20110605095431.jpg
白檀 Chamaecereus silvestrii


白檀に花が咲きました。
蕾は幾つもついていて実はもう何回か咲いていますが、いっぺんには咲かないので一輪ずつの開花で長く楽しんでいます。
それでも一輪で4.5日は楽しめます。
予想していたよりも大きな花で、色鮮やかで綺麗です。こうした朱赤もいいですね。
今沢山子吹きしてますから来年はもう少し何輪かで賑やかに咲いたところを楽しめるかもしれません。



実は紐サボテンに興味を持つようになってそして種も蒔きました。その以前の2月1日の記事はこちらから。
今日はその発芽の様子を撮ってみました。


ヒルデウインテリア・コラデモノニス Hildewinteria colademononis =Cleistocactus winteri

小型で垂れ下がる性質をもつ南米柱サボテン 
暑いときに咲く花で、ボリビア中部が原産地だそうです。*グーグルイメージ検索・・Hildewinteria colademononis

IMG_1017_20110605224027.jpg
これは播種から一ヶ月位で発芽したと思います。
発芽からそれでももう、3ヶ月経った姿です。





ウィルコキア・タマウリペンシスv.ミニマ wilcoxia tamaulipense v.minima  

小型の塊根性サボテン。紐状茎。アメリカ南部~メキシコ南部が原産地。*グーグルイメージ検索・・・・・wilcoxia(これはウィルコキア属全般)

IMG_1038.jpg


この塊根性紐サボテンはなんと播種から4ヶ月たって先日一粒発芽しました。
左下のラベル近くに見えるのがそうです。
でも写真を撮ってこうしてみると、まだゼリーをかぶっているみたいに見えますね。
このまま上手くいくか微妙な気もします。
それと塊根を持つこのタイプのサボテンは銀紐もそうでしたが発芽に日数がかなり掛かるようです。



 

次は春一番で森林性サボテンと呼ばれるものも蒔いたのですがその様子からです。
これらは紐サボテン以上に興味のある方も少ないと思いますが出してみます。

蒔いたのは次のものです。
ドイツのケーレス・カクテーンからの輸入種子です。


WITTIA amazonica (1867)
CHIAPASIA-Disocactus Emiel v.d. Auwera (9100)
DISOCACTUS biformis (8869)
NOPALXOCHIA ackermannii, Disocactus (9533)
APOROCACTUS Mischung (1880)
RHIPSALIS coralloides (3168)
RHIPSALIS fasciculata Madag (3155)
RHIPSALIS horrida Madagaskar (3152)
RHIPSALIS incachacanum (3173)
RHIPSALIS kierbergii (3169)
RHIPSALIS roseana (3170)

発芽はかなりこれもし難いような気がします。
また発芽しても成長も遅いようですし、茎の一枝でもあればそれを挿して増やした方がよっぽど早いと思いますが、中にはその茎一枝でもなかなか手に入らないものもあるのです。
簡単に発芽の様子からですが撮ってみました。


播種日は4月22日


WITTIA amazonica (1867)
IMG_0996.jpg
白くぽちっと発芽し始めたこの姿からが長いです(笑)
もう二週間ほどこのままです。どうした条件で次に進むんでしょうか?

IMG_1021.jpgIMG_1022.jpg
amazonicaの中で右の写真の一粒だけここまで成長したものがあります。
数だけはかなり出てますが後はまだみなぽちっとの状態です。



CHIAPASIA-Disocactus Emiel v.d. Auwera (9100)
IMG_1029.jpg
かと思えば、これは初めから発芽が良かったです。




DISOCACTUS biformis (8869)
IMG_1028.jpg
これは直ぐからカビが出てきました。やってしまったって感じ。



NOPALXOCHIA ackermannii, Disocactus (9533)
IMG_1025_20110606084000.jpg
大輪の花を咲かせるタイプです。名前だけは知っていました。
好みから言えば小輪タイプの方がが好きです。
少しずつ発芽してきました。



APOROCACTUS Mischung (1880)
IMG_1026.jpg
ミックス種子ですが、元気の良い苗が出来そうです。


ここまでは、数はそれなりに多く播種してあります。
・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・
つぎのRHIPSALISは発芽がよくなくて6種類蒔いて今次の3つだけ発芽しています。
またRHIPSALISは1pakずつの播種です。


RHIPSALIS incachacanum (3173)
IMG_1035.jpg


RHIPSALIS roseana (3170)
IMG_1033_20110606093635.jpg


RHIPSALIS fasciculata Madag (3155)
IMG_1040.jpg


普段自分もあまり見かけないようなそういうサボテンを選んで蒔いてみました。
どうせ蒔くならまだ見たことも無いようなそんなものを蒔いてみたい!そんな気持ちがあります。
小さな種からもしかしたらそれも適うかもしれないのですから。夢は膨らみます(笑)

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. YAKUMA | URL | 0p.X0ixo

    こんばんは
    鮮やかな色のお花ですね。
    確かに大きくて見応えがあります。
    長い間咲いてくれると楽しみも続きますね。
    実生からの生育、お世話は大変でしょうが、楽しみが大きいですね。

  2. takoyashiki | URL | -

    こんにちはw
    森林性サボテンすごくいいです!孔雀、葦、蟹~シャコ葉、イースターなどなど!私も大好きで~す!
    珍種(タネ)のお取り寄せしてみたいです!難しそう~

    白檀の花~橙赤色~w一気に同時開花してくれないのは何故なのでしょうか?家でも1輪咲いては枯れのプチポチ咲きで、群開咲きになりません><あ゛~
    実生の泥沼~ぼっちゃ~んww♪落ちそ~ww

  3. sae | URL | -

    v-34YAKUMAさん、写真の白檀は花を手前にアップで撮ってありますからものすごく大きな感じに見えますね(笑)
    実際は、、あぁ~でもこの写真の大きさはあります(笑)
    もっと小さな花が咲くものだと思っていたので大きく感じるんですね。

    実生は毎日が楽しみです。
    生えても生えなくても、やめられそうにありません。

  4. sae | URL | -

    v-274たこさん、そうでした!この手のものが好きでしたよね!
    種を頼む時に誘えば良かったですね。
    でもこの森林性サボテンはやっぱりサボテンだけあって、成長は遅いようですよ!
    いいんですか?それでも~?
    蒔かぬ種は生えぬ!ですから、幾つか蒔けば当たりもありますからね。
    そんなつもりで蒔いています。
    白檀はしっかりした茎にしか花は付きませんね。大株にすればそれなりにいっぺんに咲くような気もします。
    それから今度種を頼む時は一緒にどうですか?お誘いしますね。

  5. roka79 | URL | -

    またまたすごくマニアックな紐サボテンの種を蒔きましたね。Cleistocactusはアメリカで実物を見て感動しましたが、このCleistocactus winteriは紐状なのに花の咲き方が同じなのが
    実に興味深いです。

    最近サボテン以外の多肉の実生ばかりしています…。

  6. sae | URL | -

    e-268roka79さん、Cleistocactusを見てみたけどけっこう大きくなるんですね。
    これは調べたら小型の垂れ下がるタイプらしいです。可愛い感じでよかった(笑)

    私も頂いた種子が主ですが多肉も蒔きました。
    中でも嬉しいのはroka79さんも蒔いたと聞いてるEuphorbia stelletaが一粒ですが発芽したことです。
    今度無事に育っていたら出してみますね。

  7. Shabomaniac! | URL | -

    >どうせ蒔くならまだ見たことも無いようなそんなものを蒔いてみたい!
    めちゃめちゃ同感です。私が種リストから何某かを選ぶときの基準もだいたいそれです^^;。でも、森林サボテンはなんどか試みましたが、なかなかうまくいきません。発芽後、乾燥地のサボテンと同じ管理をしちゃうからいけないんだろうなぁ、とは思うのですが。WITTIA amazonica の青花、楽しみですね。


  8. sae | URL | -

    v-170Shabomaniac!さん、そちらでの紹介記事でこのWITTIA amazonicaを知ったのですが、
    何しろ発芽の気配から次のグリーンの色が出るまでがとても遅いんです。
    ようやく昨日あたりからそのグリーンの色が見え始めてきました。
    これはとてつもなく成長が遅いのかも。それかある程度まで遅くてその後はスピードを増すタイプか?

    それと栽培のヒントをいつも有難うございます。
    着生サボテンの湿度は成長期は夕方からの水遣りもかなり欲しがるチランジアと似ているかもしれないとは思っていました。
    入梅明けからの強い日差しは駄目ですね。
    春から屋外の木漏れ日のようなところが適しているのでしょうか。
    実生も腰水をはずす時季とその後の水遣り加減を注意して、通風も確保しながらするのは今から考えるとこれはとても難しそうです。
    でもやってみますね。面白そうです。
    でもまずは少しでも苗らしい状態に持っていくのに頑張ってみます^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/597-8d3eb58d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。