初心者は真似て覚える。(キリンウチワ接ぎの巻) - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者は真似て覚える。(キリンウチワ接ぎの巻)

2011年07月28日 10:17

今回は「初心者は真似て覚える」の(キリンウチワ接ぎの巻)です。・・「初心者は真似て覚える」はシリーズにしようとかと思っています(笑)
実はリンクして頂いているShabomaniac!さんがブログShabomaniac!のほうで今週は「キリンウチワ接ぎ入門」と題して記事にされています。

記事から引用させて頂きました。

一方で、もっと早く大きくしたい。綺麗な花を見たいし、どんなゴツいトゲが出るのか確かめたい・・・
種を蒔いてから5年10年なんて待てないよ、なんて思うことも多々あります。
また、数少ない稀少な種が発芽した時などは、なんとか保存したい、親木にして次の世代で増やしたいと切望します。
そんな時にはやっぱり接ぎ木でしょう。私もかつて伊藤芳夫さんの本で接ぎ木の効用を繰り返し言い聞かせられた
世代でもありますし、接ぎ木の素晴らしさを否定するつもりはまったくありません。・・・
・・・
今回はその実生接ぎのなかで、台木にキリンウチワ(Pereskiopsis velutina )を使った方法を紹介します。

キリンウチワ接ぎ入門
http://shabomaniac.blog13.fc2.com/blog-entry-75.html  



この後の写真付きの記事内容は私のような初心者でも出来るんじゃないかな?とそんな気持ちにさせてくれるほど分かりやすいのです。

早速こちらをお手本に真似してみることにしました。


まずキリンウチワですが春にこれは偶然なのですがリンクして頂いているqueiitiさんから挿し枝をいただいて台木を作っているところでした。
この時思ったのはなんてラッキーな!(笑) これはやらずにはいられません。

キリンウチワは頂いた時はこんな感じでした。

4月28日
IMG_0256.jpg

それが下のように葉も茂って、新しいシュートさえ地際からでてきました。
すごい生命力です!
これが昨日の接ぐ前の姿です。

IMG_1635.jpg

台木のキリンウチワの成長点近くの柔らかいところをかみそりの刃を使って滑らかに削ぎ落とします。
穂木の実生サボテンも根元近くを綺麗に落とします。
こうして切り口が乾かないうちに乗せるのです。手が震えます(笑)
わかるでしょうか?二つの枝の天辺にちょこんと実生サボテンが乗っています。

IMG_1646.jpg


ちょっと寄ってみます。

左がEscobaria marstonii Wolf Hole, Az,
IMG_1643.jpg
Escobaria marstoniiは小型の可愛いサボテンです。花色は白系



右はEscobaria sneedii SB730
IMG_1641.jpg

これは合わせ面の大きさがぴったりすぎたでしょうか?
偶然ほぼ同じくらいの面積のものになりました。
Escobaria sneediiも小型のサボテンですが細くて白い刺がとても綺麗なのです。花色はピンク系

今回は穂木にEscobariaを使いましたがこれは小さいサボテンですし接木すると間延びしてみた感じもよくないそうです。
なぜこれを使ったかと言うとこれが今年の春に実生したものでは数が多く出ているものだったのです。
本当だったら冒険してPediocactusなど接いだら上手くいけば残ってくれるかもしれないし、かえって良かったかもしれません。
これが上手くいったときには次にはそうしてみるつもりです。今回は練習ということにしてみます。
正直言うとちょっと度胸がなかったんです(笑)


それで穂木を抑える糸掛けなしでこのままでいいのです。
この後遮光布代わりに半分に切った茶封筒をキャップのように被せるといいそうです。
鉢には水をたっぷりやりながら静かに養生させて二週間ほどは直射日光には当てないで日陰勝ちなところで管理します。
成功すれば一週間ほどで膨らんできて二週間後くらいには動き出してくるそうです。
上手くいくかどうか?どきどきものですがでももし駄目でもこの台木のキリンウチワの良いところなのですが削りなおして台としてまた使えるそうです。また実生接ぎにはこのキリンウチワが合ってるそうです。

こうしておっかなびっくりの接木を済ませましたが、この後様子を見るのが毎日の日課になるでしょう。
そして結果がどうであれまた二週間後には出してみますのでまたそれまで少しお待ちください(笑)



  
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. YAKUMA | URL | 0p.X0ixo

    こんばんは
    新たな接木ですね。
    私にはよくわかりませんが、ちょこんと乗ったサボテンたちが、今後どのような姿になるのか楽しみです。
    待ってますね~。

  2. queiiti | URL | CHOVQKFM

    早速、お役に立てて嬉しいです。

    私も初めてトライしてみましたが、穂木が大きすぎたようで、2日後にしなびて落ちてしまいました。

  3. takoyashiki | URL | -

    有限実行接木~バッチリですね!
    私は・・・口先ババなので・・・団扇サボ挿したところで・・・後は!来年にしよーモードです><

    いつも楽しみにとても勉強に成ります!イェイw

  4. roka79 | URL | -

    幸いウチにもキリンウチワは何本もありましてw(すごい生命力ですよね)
    これは、「初心者は真似のさらに真似をして覚える」をやらねばなりませんねw

  5. sae | URL | -

    二度目の梅雨のさなか、みなさんご機嫌いかがでしょうか?(笑)

    v-34YAKUMAさん、いつも楽しみにして頂いてありがとうございます。
    上手くいくように祈っていてください(笑)
    ウチワ接ぎのときとは違って今度は台に根が出ていますから、その分確率としては高いはずです。
    これで着かないと泣けてきます(笑)



    e-93queiitiさん、いつも助けていただいています。感謝です~♪
    穂木が大き過ぎない方が良いのですね!
    実生も若い柔らかめなものが良さそうですね。
    queiitiさんもぜひ成功するまでトライしてください。



    v-274takoyashikiさん、人のやることを見て真似するのはそんなに悪いことだとは思っていません(笑)
    どんなことでもやってみないことには分からない事があって、それを知ることが出来るからです。その分苦労をすることもあるけど、これ性分だからなおりません(笑)
    来年の接木を楽しみにしています。
    たこさんならサボテン以外でも接いで成功してしまいそう~(笑)



    e-268roka79さんのところには現にキリンウチワがどうして何本もあるのか?接木をしている訳でもないのに。
    一本がそんなにふえたんですね。ほんとに怖い!!(笑)

    それでキリンウチワ接ぎ、やりましょう!
    やらないことには何も始まらないので私はどんどんするつもりです。
    接木もやってそれから自分にあったものをチョイスするつもりです。
    でもこんな考えだから植物も種々雑多になるんですね。困りました~><

  6. Shabomaniac! | URL | -

    早速の実践編ですね。我が家でもブログ用にあらたに十本くらい接いだのですが、半分が萎びました。幸い、写真をアップしたコピは繋がったようですが・・・^^;。
    ちなみに、去年スクレロやペディオも試しましたが、肉質が柔らかいためか、相性は良かったです。活着も早いようです。

  7. sae | URL | -

    v-170Shabomaniac!さん、早速はじめてみました。
    今日はまだ萎びてはいないようですが、膨らんでもいないようです(笑)
    暑い時期なので、バケツに水を入れて腰水で日陰でしています。
    スクレロやペディオは肉質が柔らかいのですか!
    この次はそれをしてみます。
    やっぱり思い切って今すればよかったですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/610-49356462
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。