枝分かれするサボテンの実生苗 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枝分かれするサボテンの実生苗

2011年09月04日 14:24

ラベルを見ると6月の初めに蒔いたことが分かります。
他のサボテンと違ってずいぶん育ちが良いのでこれでもう一度植え替えをしてあります。



IMG_2112_20110904131500.jpg




よく見ていただくと分かりますが双葉のすぐ上からまた茎節が伸びてきたのです。
こんなことってあるんですね~びっくりしました。
にょろ~っと垂れ下がっている茎の左にまだ棒状ですが出てきています。
こんなことは良くあることなんでしょうか?
他のも確かめてみましたら育ちの良い苗は出始めてきていました。


IMG_2084.jpg
SELENICEREUS validus セレニセレウス・バリダス




次はもっと自分的にはびっくりした事からです。



銀紐を3月に蒔いて、それから長期にわたってぼつぽつと発芽し最終的に11の発芽でほっとしたのが5月のことです。
その後あまり成長が見られないので植え替えてみたかったのですが暑いこの時期はいじってこじらす心配もあるし、それよりどうか無事に夏越しして残って欲しいという気持ちでいじらないでベランダの日陰になるところに置いてありました。

それでももう3ヶ月は経ちますから今日は記録撮影をしようと鉢をまじまじと見つめました。
そしたらこんな苗が出来ていたのです。
これも上のSelenicereus validusと同じように私には初めてなことでとても驚きました。





IMG_2103.jpg
Wilcoxia poselgeri 銀紐


ちょっと分かりにくいですか~!右下の苗がそうです。
の字になっていますよね。
左側の茎節がまだ出てきたばかりで短いです。いつでてきたのか?全然気が付きませんでした。
これは良くあることなんでしょうか?

実生は色々あって驚きの連続です。
これからも観察を続けていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Shabomaniac! | URL | qFwsiyjI

    どっちも細くてしだれるようなサボテンなので、枝分かれするのでしょうか。リプサリスなんかも、小さいうちから株立ちになりますね。でも、玉サボでもたまに実生してすぐに「双子」になるやつもいます。実生は色々な変化が出てくるのが面白いところ。ペイレスキアの開花も楽しみですね。

  2. takoyashiki | URL | -

    saeさ~ん!毎度楽しく読んでおります!
    SELENICEREUS validus素晴しい花が咲くのですね!
    発芽目から既に分岐が始まるなんて~摘まずに分岐!
    レゲエヘア~に勝手になるなんて!わ~っです!
    どんどん成長群生して意外と早く開花したりして~
    楽しみにしてます!

  3. roka79 | URL | -

    SELENICEREUS validus、花がすごいですね。Michoacan de Ocampoってどこ?って思ったらメキシコ中西部というか割と南の方なんですね。
    Grusonia bradtianaが発芽しているんですが、団扇サボの実生が初めてなもので、玉サボとは違う姿だな~と思ってます。

  4. sae | URL | -

    虫の声が聞こえます♪


    v-170Shabomaniac!さん、
    ペレスキアは私も楽しみにしていますが、天候が良くないからか今日まだそう変化が無くて開花までもう少し掛かりそうです。

    この二つのサボテンのような事は始めて見たのでびっくりしたのですが、玉サボテンでは「双子」ですか!頭が二つになるのですか?シャムサボテンですね。
    実生からだと隠れた遺伝子が突然現れることがあるんでしょうね。
    これからも私の知らないことは沢山ありそうですね。そのうちに現れそうで楽しみです。



    v-274たこさん、
    SELENICEREUS validusは綺麗な花が咲くようです。
    でもこれ、以前プレゼントに出した時には貰い手が無くて無理やり二人の方に押し付けました(笑)
    これを見るとこの鉢にこんなに植えなくてもぎっしりになるかもしれないですね。
    来春の植え替えの時にまた考えてみます。
    でもまず冬越しがありますから、大事に育てたいと思っています。



    e-268rokaさん、
    実はこのSELENICEREUS validusは幾つかの種の中からおまけで選んで下さいと言われてそれから選んだものなのです。
    自分が初めから選んで購入したものでないのですが、かえってその方が選択が広がって面白い植物にめぐり合える気もします。
    どうしても人は好みに偏るので、素晴らしい植物にめぐり合う機会を狭めているかもしれませんね。
    メキシコ南部寄りでは余計に冬越しに気をつけないとだめですね。

    団扇サボの発芽は難しいのにすごいですね!
    発芽苗も形が面白いですよね。
    だいぶ夜が涼しくなって苗も無事に育つのではないでしょうか!
    また拝見するのが楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/622-df5dbe09
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。